科学って楽しい
総合目次


 まあ、このページはわたしの趣味ページなわけですが、どういうわけか、ここにリンクを張って下さるすばらしい方の中にはここを科学系のページと紹介してくださり、おまけに科学論なんて書いてくださっている方もいます。
 となると、なんとか期待に応えようと思うわけですが、そもそもここが科学系のページに見えるかというと、見方によってはそうなるのかとも思います。天体写真のページはそのものずばりだし、紙飛行機のページもそうですし、機械猫のページは動物学です。ちょっと違うのが楊枝彫刻と車でうろうろですが、いったいどうなんでしょう?
 とりあえず、自分で実際にやってみて、いろいろ観察するのが科学の基本ならば、わたしの体験を羅列したこのページは科学系のページということになるんでしょうね。そもそも科学の基本は現象の観察から始まるわけで、これは理論物理学にしても一緒です。
 数式とかは現象を記述して他人に説明するために使用されるだけのものであって、自分が観察する事点では、たとえ科学といえども数式は必用でないはずなのです。
 どうも近年の理工系離れという現象は数学アレルギーから来ているのであろうとわたしは思いますが、まず、科学とは自分の経験を面白がって観察することが基本です。
 それを他人に伝えるときに数式を使うのが便利であれば、改めてそこで数学を勉強すればいいんであって、自分自身が科学するために数学を覚えていないからということで科学を敬遠するのはせっかくのチャンスをフイにすることになります。
 というわけで、科学への入り口を数学と思っていた方、すこしは気が楽になったんじゃないですか?
 そうです。本当は科学って楽しいものなんです。みんな子供の時から、知らず知らずのうちに科学してたわけです。
 例えばたこ上げでどうやったらうまく飛ぶか、コマ回しでどうやったらいいかを観察して遊ぶ。道ばたに咲く雑草の花を観察したり、はいずり回るアリンコをながめたり。これは、全部立派に科学です。
 最近良く指摘されていることですが、最近の理科教育の問題は、実験をおろそかにすることです。思いだしてみるとわかるでしょう。理科の実験がいかに楽しかったか。


ご意見は以下に必要事項を記入の上、送信ボタンを押して下さい。
頂いたご意見はホームページに転載します。
お名前:(半角カナでの記入はできません)

E-mailアドレス:

性 別: 男性 女性

掲載の可否: 必ず 不可

ご意見:(半角カナでの記入はできません)



たわごと目次に戻る
総合目次