デザイン機「三輪車」組み立て
図面ダウンロード
135kgケントに印刷
AGケントに印刷
図面内のスケールと紙目方向に従い印刷してください。
画像ファイルはA4版相当で作成してあります。

機体概要
 この紙飛行機は2001年の第8回ジャパンカップのデザイン部門に出品した作品です。
 一見すると飛行機iに見えませんが、実はよく見ると、割とオーソドックスな複葉先翼機だということがわかります。
 まず、三輪車のサドルとステップに相当する部分が複葉主翼で、ハンドルとペダルが複葉先翼に相当します。
 モチーフの三輪車の形を崩さないギリギリの範囲で飛行性能も追求したものであり、十分に調整すれば10秒近い
滞空時間を示すことも可能です。ジャパンカップ本番では6秒の記録を残しました。
 これの形は遠くから見ても一目で三輪車ということがわかるので、実際に飛行しているときの美しさは比類無いものがあると
思います。

部品の説明
 (1)〜(9):胴体
 (10):主翼(ステップ)
 (11):主翼裏打ち
 (12):先翼(ハンドル)
 (13):上翼
 (14)(15):垂直尾翼(後輪)
 (16):先翼(右ペダル)補強
 (17):先翼(左ペダル)補強

組み立て手順
 注意:部品切り出しはハサミだけでは不可能で、カッターが必要です。

1)主翼と主翼裏打ちを接着します。このとき、垂直尾翼を接着するのりしろに接着剤が着かないように注意。
  また、接着時に上反角も決めておきます。低翼であるため、上反角は30度となっています。
2)胴体部品を接着します。
 (1)部を中心として、順番に偶数番号は右側、奇数番号は左側に接着していきます。
 (5)と(6)を貼り付けるときに、ペダル部分が車輪内部の支柱に接着されないように注意。
3)主翼両側に垂直尾翼の車輪を接着します。接着一は、車輪中心より上、直径の3分の1くらいです。
4)左右のペダルの下に補強材の(16)と(17)をそれぞれ接着します。このペダルの上反角は0度です。
5)先翼(ハンドル)の(12)と上翼(サドル)の(13)を導体のそれぞれののりしろに接着します。
6)主翼と垂直尾翼の一体となった部品を導体ののりしろに接着します。
7)接着剤が固まったら、細い丸ヤスリなどで、前輪下部のカタパルトフックを深く削り込みます。
8)主翼には僅かにキャンバーをつけます。
9)クリアラッカーを吹いて完成です。

 最適な重心位置は未だに決定できていません。とりあえず、この組み立て状態である程度の重心はとれてます。

総合目次|紙飛行機の部屋目次