東京ひがしがわ喰うわ呑むわ
(日本橋人形町)


来福亭

中央区日本橋人形町1-17-10
土曜日曜祝日休み。11:30〜14:00/17:00〜21:00

人形町の交差点のやや南東,人形町通りを挟んで甘酒通りの向かい側を入った先すぐ。電車の場合最寄駅は東京メトロ日比谷線/都営浅草線の人形町。都営浅草線の水天宮寄りA2出口を上がって,そのまま進んだ先右手すぐ。白い暖簾にも見上げたお店の壁にも店名が嵌め込まれています。隣が親子丼で有名な玉ひでなので,その案内行列が目印になるかもしれません。


創業明治37年という古い洋食屋さん。どのお料理も小振りでシンプルな盛り,フライ物ソテー物に白いご飯ではなくオムライスを合わせるような小さな贅沢も楽しい。

ハヤシライスは,小振りの丸皿に盛られて出されます。トロミのないごくサラサラした明るい朱赤色のソース。甘いトマト味にヒリっと来るほど胡椒が利いた独特のバランス。ご飯はムックリと白く光る炊き上がり。
季節限定の牡蠣バタ焼きは長皿に中振りからやや大きめの牡蠣が数個並び,レモンとパセリが色合い。衣がない分ボリュームも色合いもカキフライより地味ながら,軽く粉をはたいて表面を閉じ込め,プックリとした火の通しで牡蠣のジュースを煮詰めるというか凝縮しています。バターの塩気と香りでそのまま食べても,レモンを絞っても何も加えることはない旨さ。

店内は入口すぐに叩き,広い玄関なのか狭い客席なのか悩ましいスペースの左手に2人掛け相当の小さなテーブルが2卓。奥の厨房につながる通路を挟んで右手には急な階段。4人位のグループだと靴を脱いで上がる2階の座敷もありますが,自分では通ったことがありません。総じて余り大人数で押し掛けるお店ではなく,1人ふらっと入ってきた同志が相客で掛けているのを良く見かけます。
サービスは小柄な年配の女性,複数人数いらっしゃるようですが客席側に主に出てくるのはお1人。厨房の中は声はすれどもこれまた姿を拝見したことがありません。

ハヤシライス700円。牡蠣バタ焼き1000円。ヒレカツ1000円。ご飯250円。ポタージュ400円。オムライス700円。チキンライス。ポークライス。

(2007/10)


お店のリストへ戻る