東京まんなかランチ
(本郷近辺)


万定フルーツパーラー

文京区本郷6-17-6
休み不明

東大正門前。本郷通り沿いに進み本郷郵便局を通り越した次の露地を入るとすぐ,立て看板が見えます。お店の建物も看板もちょっとタイプスリップ気味のレトロな雰囲気で,そこがお値打ちかも。


カレー,ハヤシともに深目の洗面器状の皿の片側に白いご飯が盛られ,反対側にソースがたっぷり注がれた染め分け状態で出てきます。学生街のお約束で盛りは非常に良いです。大盛りは食べ切るのが大変そう。
ハヤシはちょっと変格。煮込みスタイルの色の淡いソースに,薄切りではなく角切りのお肉(いわゆるカレーシチュー用の形状)が入っています。甘目でちょっと口が飽きてくたびれてしまう。お行儀悪しながら,仲の良い人間と行ってカレーとハヤシを途中で交代すると,気分転換でまたおいしく食べられます。
ハヤシと色違い状態のカレーは,けっこう本格。良く煮込んである喫茶店のカレーです。
どちらにも付いている福神漬がなんだか変わった味。口代わりにならなくてかなしい。

店内は,丸くカーブしたカウンタが8席くらい。テーブルは2人がけが1つ,4人がけが4つくらい。くらいというのは,植木鉢や雑貨がごちゃごちゃ立て込んで置いてあり店内が見渡しにくかったため。

カウンタの中はおじさんが1人で調理とサービスを兼ね,テーブルを見るサービスのおばさんが1人。

カレーライス800円。ハヤシライス850円。大盛りは100円増。カレースパゲティ850円。ハヤシスパゲティ900円。その他フレッシュジュースが300円内外。

(1999)


お店のリストへ戻る

明月堂

文京区本郷4-37-14
休み不明

本郷3丁目の交差点(かねやすのある交差点)から本郷郵便局のある側へ4,5軒目。郵便局側から見ると,ビルの外壁に明月堂と金の文字で入っています


古くから続く老舗のパン屋らしい。本郷に勤務先があった頃から存在は知ってたけど,しばらく和菓子屋さんだと思ってました。

カレーやジャムなど具を包んで焼いたり揚げたりした菓子パン,コッペやバンズにコロッケやサラダなど具を挟んだ調理パン,どちらも一通り揃っています。パン生地がやや甘いので,アンパンなど甘いパンか,逆にハムカツや焼きソバのようにソース味のしっかりした具の方がなじみが良いようです。
熊の手形も懐かしいジャムパンとクリームパンが,1個100円であるのがうれしい。クリームパンのクリームは白っぽくて固め。趣味としては,もっと黄色くて卵っぽい方が好き。でも,どちらも最近あまりベーカリーで見かけないので,とりあえず買いです。これも懐かしい甘食もそそる感じ。どうも一番の名物らしいです。

懐かしいといえば,薄いマチなし紙袋にパンを入れ,両端を持って口をクルクルねじってくれます。袋のデザインも擬古調で電話小石川局と書いてあるけれど,番号だけしっかり今の8ケタになっているのがお茶目。
遠方から遥々とまでは行きませんが,ひょっと前を通ったときに買うのは良い感じ。最近入ったのも,いそがばまわれを諦めて帰る途中でした。このままでは食べそびれるので,オフィスでパンでも食べようと買ったわけ。

菓子パン調理パンとも1個100円台。一番高いメンチカツあたりで200円するかしないかです。

(1998)


お店のリストへ戻る

ローケンベーカリー

文京区本郷2-25-9
休み不明。昼だけかもしれません。

本郷通りの壱岐坂上より1つ本郷寄りの交差点(あさひ銀行の角)を西(白山通りの方)へ入り,すぐ左側。一応高い位置に突き出し看板は出ていますが,ほんのドア1枚位の間口で仕舞っているとどこがお店か分かり難い


ごまパンは,ごまがタップリ。デニッシュ生地に層状の練りゴマが折り込まれ,上にもトッピングしてあります。他にはコロッケバンズやサラダコッペなどの調理パンなども具がしっかり入っています。

奥はコンクリートのタタキで天火や捏ね台がある様子。手前の通路のようなスペースに小さなガラスケースを置き,若い女性が1人でお店番をしています。

大体100円台だったと思います。

(2001)


お店のリストへ戻る