2月1日

午前家の回りで用事があり半休。用事を済ませ,柏駅のキオスクで本日発売の東京一週間を買ってひがしへ。ご主人がカウンタにいたお客さんを紹介してくれた。そのSNさんはご自分のサイトの飄逸な風情とは裏腹(?)に正調好男子。おしょうゆのラーメンをいただき,話しているうち電話があってMZさんが来る。いえ〜〜〜〜〜ぃでした。仕事で敵前逃亡状態になってしまってすみません。

2月2日

2000年2月2日。別になんてこともないけれど,二の字二の字で良い感じ。
それは良いけど午前またも用事。半休ついでに(どういうついでだ)大久保へ回り竈へ。電車の時間を長く見過ぎて着いたらまだ先客なし。半分オープンエアの1F通り抜けは近所の専門学校の通学路になっているらしく,やたら若い衆が通り過ぎ見世物状態。こいつは並んでくれるだろうと思っていても,"この店並んでるよなー"と噂しながら行ってしまう。11時半を少し回って開店,堂々1番で入店。燻製玉子入りのラーメンを食べる。思っていたよりもこってり複雑なおいしさ。ただ,吹き抜けで立っている間寒かったらしく少しはなぐずで,肝心の燻製の香りと香ばしさが十分に分からなかった。いずれ暖かい日にリベンジということで。
まだ少し時間があるので懲りずに高田馬場へ。べんてんに並ぶものの結局時間切れであきらめてオフィスへ行った。やっぱり行列店2軒はちょっと横暴だった。

2月3日

久々にまる1日出社。昼は皆とはせ川へ,カキフライがあったのですかさず頼む。やはり大振りでジューシーでおいしい。

2月4日

スターティング・オーバー。バッターがとうとうアウトになって,ウーとサイレンが鳴っている感じ(何が?)。
午後半休して帰りがけ,大喜でラーメンを食べた。状況はさておいておいしい。ここ2ヶ月ほどなんかこのパターンが良くあるな。

2月5日

昼は車で買い出しがてら,先週右折できずに行き損ねた讃岐うどんの成味へ。久し振りに行ったらメニューが変わっていた。変わりうどんのキムチがなくなってカレーが入っていたのが,辛いもの同士交代で何かおかしい。上の子供は新しもの好きでカレーうどんを早速頼んでいる,一口もらったらなかなかおいしかった。

2月6日

第3回ドンブリサミット。途中休憩を挟みつつ,1時半から10時半までかかって食べたお店は,ばりこて(町田/成瀬,博多),正ちゃん(町田/鶴川,尾道),天童(稲城/南多摩,山形),らいおん(府中/豚骨しょうゆ),日向屋(千歳船橋/宮崎)。店の場所のラーメンの地方も見事にバラエティに富んでいる。これだけ充実したのは,西側迎撃のみなさんのおかげ。何よりも発案,集合の労を取られたMKさんのおかげ。1日クルマに載せていただいたうえ駄弁にも付き合って下さり,本当にありがとうございました。なお,詳細は東京ひがしがわラーメン特別編で。

2月7日

昼は神田へ走り八島へ。昨日あれだけラーメンを食べているのに(食べているから?)勢いが止まらない。肉わんたんのわんたんめんを食べる。初めて食べたときより麺が固目スープが軽目(薄いのではない)で,すっきりおいしく完食できた。カウンタの並びで塩ラーメンを頼んだおじさんが,ご主人からひんぎゃの塩の講釈を受けていた。

2月8日

昼はまたもやラーメン,またもや神田に走りさくらへ。900円相当のメニューが600円になるサービス券を配っていた(使えるのは来週から)。この前満席であきらめたときは玉子と大盛り無料サービスをしていたし,やはり神田二郎はじめお店が込み合う地帯の新店は大変なのだろうか。紅ショウガなど他の二郎系列では出ないトッピングも始まっている。ラーメンを野菜大盛りで頼み,野菜の柔らかいショリショリ感を楽しみ完食いたって満足(ジロリアンでないからかな)。オフィスに戻る途中,裏道を通ったらちょっと来そうなカレー屋さんを見かける。

2月9日

昼は皆を連れて昨日見かけたカリー(カレーではなくカリーという旗が出ていた)のトプカへ。ムルギ(インド風のチキンカリー)の食券を貰おうとしたら,辛いのは大丈夫ですかと尋ねられた。他の皆はこれでびびったのか欧風を頼む。なるほどかなり辛い,固目のご飯でサラサラ食べられるから何とかなった。欧風の方はシチュー風でそんなでもないだろうと思っていたが,後から聞いたら十分辛かったそうな。

2月10日

昼は大喜へ,とりそばをお願いする(MZさん効果ともいう)。普段しょうゆばかりでとりそばも3回目か4回目くらいだから,塩ダレの遷移は実は分からない。スープは上品で強力。塩味も柔らか(まさしくそこが新タレかな)。スープの残りにごはんを混ぜるのは一応我慢して,スープをおかずにごはんを食べるとこれがまたおいしい。
船橋のラーメン屋さんはどこ?と唐突に知人に聞かれた。特にラーメン好きでないほとんど神奈川県民に近い奴がなぜ?と謎めく。やり取りの結果,日向屋のことだと判明。船橋と言えばまず千歳船橋だよと言い張っていたが,そんなこと千葉県民には通じないぞー,認めないぞー。結局教えてあげたけど。

2月11日

3連休初日,今日のお昼は自由にしていいよと協定ができたので1人で松戸方面へ。北松戸で降りて美春まで歩く。トンコクという新メニューが気になったが,やっぱりおしょうゆ(それを言ったらそもそも札幌系なので味噌の方が表芸)。待っていたら大立者がお3方店に入ってきた,びっくりして座り直して半分あいさつしかけて止める。はたから見たらまるきり挙動不審である。特選しょうゆを夢中で食べていたら,いきなり名前を呼ばれて驚く。いつのまにかHさんが奥の席に座っていた。こういうのを巷間テレパシーと呼ぶのかな。しかし,ハンドルで呼びかけられるのは相当気恥ずかしい,本名に近いからまだましなはずなのに飛び上がってしまう。
お店を出てひがしまで歩く。1組出ると入れ替わり,ぎりぎり行列が並ばない感じで満席。キムチチャーハンを食べる。新年会で他の人のを味見させてもらったけれど,自分で丸ごと1皿食べるのは初めて。おいしかった。

2月12日

アゲインスト・オール・オッズ,9回裏放映終了後に逆転といった感じ(だから何が?)
昼は地味に家できつねそばを作って食べる。夜はバレンタインディナーの前倒しで,バケットとワインを買ってきて鶏のクリーム煮を作る予定だったが,この際大奮発でしまってあったフォアグラも開けるシャンパンも開ける。当然の帰結ながらちょっと飲み過ぎ,明日も休みだからまぁいいかな。

2月13日

昼は太昌苑で焼き肉,ハラミのカルビにレバーのおまけが付いて満足。上の子供は冷麺を頼む。自分も含め,周りの冷麺好きは女性の方が多いような気がするけれど,気のせい? そう言えば,この前牛骨ラーメンを初めて食べたときは,冷麺のような澄んだコンソメのスープを期待していて外してしまったな。

2月14日

昼,増尾で用事がある。野田線ついでに鎌ヶ谷まで乗り越し,博士ラーメン別館に入ってみる。なかなかあやしそうだが,ラーメンはおいしかった。甘味で好き嫌いが決まりそう。ちなみに自分では料理の甘いのは概して苦手だが,大丈夫だった。本館では,一緒にやっているタイ料理のアレンジでトムヤム風味のラーメンもあるらしい。再び野田線に乗り増尾で下車して目的地まで歩き,用事を済ませて今度は新柏へ歩いて出た。初期の予定では江戸川台あたりでもう1軒と思っていたが,歩き過ぎでくたびれたのか食べる気が失せてしまった。柏で降りておとなしく帰宅。

2月15日

御徒町方面に用事ついでに走って行って大喜。ラーメンを食べる,やっぱりおしょうゆおいしいなぁ。
夕方,配偶者が帰宅するなり,茂助食べてきたと言う。感想は,昆布が入っていたと一言(昆布キライなのである)。オフィスからそこそこ歩いて食べてきたのにそれだけ? うーむ,ラーメンねたで家族に後れを取るとは,とムキになってどうする(後日談,詳しく聞き直したら茎ワカメと間違えていたらしい,固めの海藻なべてダメなのである)。

2月16日

昨日,オフィスの他のメンバーは,小松屋へ行ったらごまラーメンというまたも新メニューが出てたので,食べたそうだ。麺ではなくスープに入っているらしい。うーむ,ラーメンねたで同僚に後れを取るとは(とムキになってどうする)。
で,今日は寒いねと言いながら佐々舎へ。すかさずかきなべ。他の皆が頼んでいた豚角煮もおいしそうだったんだけど,2月中はやっぱオイスターでしょう。

2月17日

朝,以前1回だけ見かけてその後探していた玄米でランチの出るカフェを見つける。ある路地を境に根津側と新お茶の水側に分けて探していたのだが,何のことはないその路地の奥だった。
昼,早速同僚と前まで行くが満席。近くにあったすみれというビストロパブ(というにはやや和風かな)に入る。

2月18日

新しい作業の資料を探しに神保町へ。ついでにおもだかや1号店に入る。実は初めて,なるほどこういう味だったのかぁ。3月末に近くへ移転するとのよし。新1号店という名称がなんだか変だが,動いたことは明示したいし3号店とは呼べないしというところですね。

2月19日

昨日PS2の予約から,そのまま4時くらいまでネットで遊んでいたため激ねむ。昼はクルマを出して買い出しがてら。流山まで行っても良いよと言われたが,所用が多いので近くでき伝へ。2月いっぱいのつけ麺を気にしつつ,やはり熱いスープのねぎラーメンにする。白髪ネギを和えた辛いタレがスープに混ざるので,普通のラーメンの方が好みかな。

2月20日

配偶者は今日から3月初めまでアセアン各国出張。仕事以外にいろいろある時機なので2週間弱抜けられるのは正直かなりきつい。だからじゃないけど,今回はエスニックラーメン(もどき)は教えてあげなかった(別に向こうは聞きたがってないとの説もある)
昼はごはんを炊いて子供とおとなしく玉子で食べた。

2月21日

昼,すごくおなかが空いた人がいたため近江屋でパンの食べ放題にトライするつもりだったのだが,勘違いで神田店は飲み物のみお代わり自由だった。いったん外へ出て思案しているうち,勝漫へ行こうとの提案。通り沿いに歩いていったらちょうど席が空いていた。かきフライと迷った末,ロースかつを食べる(先週と言ってることが違う)。おいしかったので結果オーライ。

2月22日

昼は二三太楼,中華丼とミニラーメンのセット。中華丼の餡掛けぐあいがおいしい。
夜はチビ太の試食会でひがしへ。MZさん,CAさん,後からHKさんと小じんまりしていたが,お店はずっと賑わっておりおでんは他のお客さんにも人気だった。大根が絶品。じっくりだしと味がしみていて,しかもしゃっきりしていてみずみずしくひっからくない。煮立て過ぎず,鍋で味を含ませてあるよし。こんにゃく,豆腐と総じて淡味のものが相乗効果でとてもおいしくなっていました。

2月23日

午前中ものすごくおなかが空いている,ということで今日も御徒町方面へ走る。えぞ菊へ入りヤングラーメンを頼むも,お店の人にやんわりスケールダウンを示唆される。つい日和って,味噌ラーメンにチャーシュー追加に変更。しょうゆでないのはノスタルジーにつられたから。量は問題なく完食できたけれど,味の濃さ(何かが突出した味付けというのではなく全体に濃い)がきつかった。これも1つの加齢現象でしょうね。

2月24日

午後,上の子供の授業参観で早退。最後の授業参観なので是非お越し下さいと今朝の本人の口上(ずっと最後のナントカが続いてるんだけどね)。
時間が結構きついので,とにかく柏まで帰る。紅龍でわんたんめん,担々麺の方がいけるかもしれない。

2月25日

午後,下の子供の予防注射で半休(いまだにポリオ生ワク)。地下鉄に乗る前にこの間入れなかったBlossomへ。おかずは肉か魚の主菜に野菜の取り合わせでしっかり味にボリュームあり,玄米ごはんも小丼並みの大きなお茶碗にたっぷりよそってある。本来は雨の日のサービスだそうだが小さなアイスクリームもいただいた(サラっとした口当たりでしかも濃いカスタード味)。予想以上に満腹満足。予想通りだったのは,ゆっくりしていること(1人でシーケンシャルに作っているので是非もないが,ランチタイムで2回転できるかどうか),お話好きだったこと(特に扱いモノのこだわり,ラーメン屋さんでもときおりあるかな)。
駅について子供を拾って乳母車で押したら会場まで40分かかり,ぎりぎりセーフ。帰りにどこか面白そうな買い出しはできないか物色するつもりだったが,風も冷たいしそのまま帰宅。

2月26日

午前中,下の子供を見てもらって買い出しへ。大勝へ回ってお持ち帰りを求める。2組買って,1組は子守りのお礼にあげる。スープをそのまま詰めてもらえるため手に下げて来るのは重かったが(何Kgあったんだろう),お店でいただく味にかなり近くて驚き。昼食に作ったら,夕方まで家の中が煮干しただよう大勝さんの店内の匂いだったのも驚き(換気が良くないのかな)。

2月27日

下の子供を連れて買い出しへ,途中から寝た子を抱き袋に入れたので大した物は買えない。それもあって早目に帰宅,昼は肉そばを作って食べた。

2月28日

朝起き抜けにとらさん会議室を見たら玄の支店開店情報あり,行かなきゃ。会社に行ったら今度は同僚が典座のビラをくれる,携帯の機種を取り替えたらなぜか袋に一緒に入っていたのを持ってきてくれたよし。ありがたや,行かなきゃ。
昼休みになるのを待って,周りの人と連れ立って典座へ。フォンドボーの方が自分が思っていた(以前別のお店でこんなふうなのかなと勘違いした)牛スープのイメージに近くておいしかった。後で聞いたら,話していたのを聞きつけて他の課の人も行ったらしい。2種類食べたのが社内中に知れてしまった。

2月29日

昼,連れ立ってとり常へ行く。なんだかとても混んでいた。満席のうえお膳が出ていない人が大半で,けっこう待った。なんであんなに混んでいたのだろう(自分も含めて皆が行ったからか)。途中で先々週の安近短を思い出したが,その後もあったのかな。続くときは続いて出るから。
今月中(つまりは今日中)に上げておきたい作業で残業シフトを敷いてあったが,存外片付いてしまう。馬橋で降り,明日の朝のパンを買ってからひがしへ(今日のは所定の行動でありません)。お店に入ったら,HJさん(今日の主客),KGさん,FJさん,MZさんが既にテーブルにいる。チビ太とビールをいただくうち,CAさん,KOさん,SAさん,HAさんが見える。お店の奥半分占めてしまったのは申し訳なかったな。途中でKOさんたちは別件で大喜へ立ち,GRさんなど学生グループとほぼ入れ替わりになる。大喜も多彩なメンツが集まると聞きそそられたが,いくら何でも逆戻り過ぎ。
ちょっと顔見せ程度で帰るつもりだったのに,そこは味,主,客の三拍子揃ったひがしマジック。スープ切れ前のおしょうゆラーメンまでおいしく食べて帰宅。


月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ