11月1日 墨東喰ったん

所用で都心へ。昼は,カタヤマで牡蠣バター焼きエビフライカニコロッケの盛り合わせとオムライス。またもフライからバター焼きに日和り,大振り牡蠣はとろりプリプリと美味。オムライスの具は牛肉と匙からはみ出すクシ切り玉ねぎ。鶏には甘酸っぱいトマトが合うけれど,牛にはデミグラスか醤油を忍ばせる方が相性佳しと見た。牡蠣フライとオムライスを食べる宿題はまたも繰越。
食後駅へ引き返しがてら商店街を歩く。13時過ぎには閉めてしまう食堂,中華料理屋のオムライス,余りにレトロでお店の人を呼び出すのが申し訳ないようなパン屋など,ポイント多々。雨が降り出し切り上げたが再訪必至。
鮭塩焼き,きゅうり糠漬,おみおつけ(豆腐,ほうれんそう),お餅(海苔)

11月2日 尾張良ければ全て良し?

昼は自転車で星の華へ,担々麺と悩みつつ麻婆豆腐のランチ。出身のお店の味の傾向に似ていると言うか箸で食べても塩気を感じる,レンゲで餡をタップリ掬うとかなりしょっぱいかも。
ぶり大根(鰤かま,大根),ホットサラダ(スティックセニョール,豚肩ロース,かぼす),かぼちゃバタ煮,おみおつけ(茄子,長ねぎ),ご飯

11月3日 11月には3連休はない

車で買い出し後,昼は自宅でじゃがいも入り焼きそば(豚肩ロース,じゃがいも,キャベツ,玉ねぎ,ピーマン,蒸し麺)。麺線の太さの割りに弱かったが,別途蒸して加えた北あかりが甘い。
午後,駅前で配偶者のコートを見立て,お茶を飲もうとしたが喫茶が見つからずチョコレートケーキを購入。中のクリームもガナッシュ風でコーティングがしっかり掛かっているため,総体にカッチリ固めた感じ,オペラの端正さクラシックの素朴を愛するものであります。
餃子(豚挽き,キャベツ,長ねぎ,生姜,皮),蒸し鶏のサラダ(鶏むね,長ねぎ,にんじん,きゅうり,かぼす,胡麻),おみおつけ(わかめ,三つ葉),ご飯

11月4日 海鮮海戦開戦

昼は,今年も吉例につき牡蛎メニューのレバンテへ。殻付き生牡蛎に始まり,チャウダーとミネストロン(トマト風味かと思ったら意外や澄ましスープ仕立),シャンパン風味グラタン(シャンパンのかすかな酸味とコクがソースに乗って今回の一押し),ホースバック(ベーコン巻パン粉焼き,ウースターの下味が効いている),インペリアル(カレーソース殻焼き,昔ワシントンで食べた炒め玉ねぎにカレーを加えたソースは絶品だったんだけれど),〆にピラフ(バターに醤油ベースのソースが合う)。
食後フォーラム敷地の骨董市を冷やかし,イトシアのドーナツとおかめの行列,FF5の魔法の塔と力の塔みたいな新しい丸ビルと新丸ビルなどを見ながら有楽町から大手町へブラブラ抜ける。
鮭味噌漬け,お浸し(ほうれんそう,三つ葉,きゅうり),おみおつけ(わかめ,豆腐),ご飯。当然のごとく夕餉にもお腹空かず。

11月5日 かっぱっぴーで関係ねぇ

所用で都心へ。午後から私用の別件で合羽橋へ。昼はその前に定食屋さんで手早くカレー,玉子とソースを掛けたいような今時見事な黄色い甘いライスカレー。そういうのも嫌いではなかったりする。
親子丼(鶏むね,玉ねぎ,玉子),お浸し(ほうれんそう,かつおぶし),お澄まし(あおさ,切板麩)

11月6日 ざわざわおざわ

所用で都心へ。遅朝に日暮里のおがわで春菊天そば。出汁が淡色で塩気も薄いので,余り衣アブラが強くない具の方が合うかも。
昼はかさいで鰆西京焼きのお弁当を購入。大振りの切り身に野菜主体の煮物とカボチャサラダ,雑穀ご飯を入れればなかなか優秀。
ほうれんそうとじゃがいものグラタン(ほうれんそう,じゃがいも,玉ねぎ,トマト,ベーコン,チーズ,牛乳),玉子焼き,糠漬(きゅうり),お澄まし(豆腐,あおさ,長ねぎ),ご飯

11月7日 トッぽいポっと出のロッポンギ

森美術館以来新館オープンの続く,でも行きにくい六本木。赤坂から引っ越したサントリー美術館へ鳥獣戯画展を見に。目玉の甲巻が一番手前に展示されているため,いきなりボトルネックで渋滞。別の階にあったその他関連周辺の絵巻が面白かったが,やはり巻物は拡げてナンボ。導線応対も含めもう1つ快適とは言い難し,来年巡回予定のロートレック展は年内の名古屋で行こうと決意。
神谷町まで歩き,途中吉田茂の小展示なども見て(色が付いてはいけないからか,親族のうちでも元外相関連の写真その他掲示はなかった),昼はニルヴァナム。バイキングだが,南インドならではのメニューにビリヤニなど凝った料理も入っているのが楽しい。ドーナツ状のワダを辛い野菜スープに浸すと美味でお代わり。
刺身(めじまぐろ),ピーマンおかか炒め,スープ煮(ソーセージ,キャベツ,にんじん,玉ねぎ),ご飯

11月8日 11月もRでアール

所用で都心へ。昼は14時回ってエリーゼでオムライスに牡蛎フライのトッピング,思わぬ所で宿題を果たす形。玉子の中身が白っぽくバターライスのようだった,トマトっ気は上掛けのケチャップで十分だったけれど,炒め込んだ味とはまた別モノ。
牛コマ大根鍋,きゅうりもみ。上がりに雑炊。にんにく醤油に大人は黒胡椒を挽き入れるスパイシー鍋。

11月9日 特記事項ナシ

所用で都心を1日ぐるぐる。秋葉原スタートで久々に二葉のあさり天。昼は所用先近くの寿司屋でちらし丼,びっくりするほど盛りが良かった。
チゲ風うどん(牛コマ,大根,白菜,長ねぎ)。昨夜残りの仕立直しを1人分,上がりに玉子。

11月10日 運動会終わって文化祭

下の子供の学校の行事,雨で日程組み換えのため午後も急遽手伝いに。昼は一旦帰宅,昨日仕込んだイクラのチェックを兼ねイクラとろろ丼(イクラ,山芋,細ねぎ)におかか海草汁(鰹節,とろろ昆布,黒海苔,もずく)。
タンドーリ手羽元,サグチキン(鶏むね,玉ねぎ,にんにく,生姜,ほうれん草,ヨーグルト),トマトココナツチキンカレー(鶏むね,玉ねぎ,にんにく,生姜,トマト缶,ココナツミルク),サブジ(カリフラワ,ブロッコリ,じゃがいも),ライタ(胡瓜,ヨーグルト),きゅうりのレモンサラダ,タイ米ご飯。上の子供のリクエスト献立。

11月11日 しぐれにやさぐれる

寒く強い雨の1日。朝はご飯を炊き,青菜と揚げのお汁に浅漬けでイクラを食べさせる。昼は昨夜の残りカレーをアレンジして,チャパティ擬きを焼いて食べる。
スープ煮(キャベツ,玉ねぎ,じゃがいも,にんじん,ソーセージ),サラダ(きゅうり,トマト),ご飯

11月12日 2学期4回目の代休?

所用で都心へ。朝は政吉そばで小えび冷やしおろし。淡いがうまい汁と大根おろしに揚げ立てプキプキ小えびで,個人的には小えび付けより好み。
昼は丸屋で牡蛎南蛮。ちょい甘み強目の汁に負けぬ旨味の大振りプックリ牡蛎を楽しむ。牡蛎の天ざるがあったのは珍しいかも。もともとメニュー豊富なお店で,鍋焼きも10種類位,冷やしも力や玉子焼きなど不思議なラインナップ。
鮭照焼き,お浸し(ブロッコリ,おかか),おみおつけ(じゃがいも,わかめ,長ねぎ),ご飯

11月13日 みなとみらいの巨大ツリー

折角海際なんだから,船を止めてイルミネーションすると訴求力ありかも。
所用で都心へ,さらに毎年この時期恒例イベント準備で横浜へ。移動のタイミングによっては野毛辺りで食べる手もあったが,準備が忙しく昼はデスクでお持ち帰り。御所車で詰め合わせに稲荷寿司を1つ入れてもらう。白板でない黒くて薄い柔らかい酢を含ませた昆布をかぶせた鯖寿司が美味。
イクラ親子丼(サーモン柵,いくら,海苔),お浸し(青菜,胡瓜),おすまし(ねぎ,麩)

11月14日 空を越えて星の彼方に鉄腕イナオ

所用で横浜へ。昼は,昨年見つけきれなかったキクヤへ。牛バラ野菜キーマカレーを頼んだら,辛さは大丈夫ですかと尋ねられる。無論OKだが,むしろ塩辛さが強く,単体で啜るにもご飯に塗すにも後半きつかった。どうやらクローブカルダモンと塩気の組み合わせに弱い模様。
鶏ソテー(鶏もも),煮浸し(青菜,にんじん,油揚げ),おすまし(わかめ,長ねぎ),ご飯

11月15日 只今訪欧中

昼は,浅草で棒箱巻組合せのお寿司と芋吸い。468でヨーロッパと読む店名は駄洒落のようだが,複数系統のお知り合いが揃って褒めていたお店で矢張美味。
穴子は骨切りをして身の高さを出したちょっと鱧のような仕立て,香ばしく歯触りが良い。鯖も身が厚くフワントロンとした食感,締めるにせよ生身を残すにせよもっとキシッした食感の鯖を食べ慣れていたので一瞬驚いたが,酢塩共に控え目で鯖ならではの旨味。巻き寿司も芯の玉子焼きに色白に煮含めた干瓢が良い味。芋吸いは出汁が上品で力強い。夜はハリハリやすっぽんの小鍋を初め一品料理もあるので,次は是非。
鰆粕漬け,鰤照り焼き,煮浸し(白菜,鰹節),おすまし(豆腐,青菜,長ねぎ),ご飯

11月16日 シー再度海そば横浜

朝からハンドキャリーがてら横浜へ。都心へ戻りがてら遅朝に白楽の味奈登庵で盛りそばと穴子天,マイナー駅ゆえこんな時でもないと行きにくい。茹で立て細手生麺は普通盛りが既に一般の大盛り,その上に富士山盛りなる巨大三角錐メニューもある由。天ぷらも注文後衣を付ける揚げ立て。とは言うものの,太柔茹で麺と揚げ置き天ぷらを醤油の濃い汁で殺して食べる路麺も好きなんだなと再認識。
都心で作業後,遅い昼は四谷の角萬へ。お目当ての牡蠣蕎麦はまだで代わりに鴨南蛮。細手の麺線は冷たい方が似合う気もするが,チィっと焼き目を付けたすき身が美味。ってこの1週間は同じようなものを繰り返し食べていた気がする。って海の傍でなくて海の蕎麦ですか。
すきやき(銘柄牛ロース切り落とし,豆腐,下仁田ねぎ,しらたき,玉子),酢の物(きゅうり,トマト,大根卸し),ご飯。業務多忙日の定番お鍋,肉葱を奢りザクを絞りすき焼き。

11月17日 面々麺々の1日

昼は自宅で焼きうどんを作る。昨日の残り牛肉と白菜で醤油を割った和風ソース
ラザニア(合挽き,玉ねぎ,大蒜,にんじん,ピーマン,トマト,牛乳,チーズ),マリネサラダ(カリフラワ,きゅうり)

11月18日 木枯らし1号GO GO GO

買足しの買出し後,昼は大和田で重ね鰻重。最初開店まで時間があるかなと思ったら,あっと言う間に満席待ち列。鰻山椒香の物は変わらず香りが鮮烈,一方ご飯は湯気が切れきらない感じで好みではちと柔過ぎ。と言うことで,国産鰻の食後,本日より配偶者中国へ。
煮浸し(牛切り落とし,豆腐,白菜,ねぎ),きゅうりもみ,おすまし(あおさ,麩),ご飯

11月19日 星に偽装はないものを

もう一寸遠方で,目指していかないと辿り着かないようなお店が入ってても面白かったけれど。
所用で都心へ。昼は,生駒軒で玉の井オムライス。鍋に溶き玉子を流し片面が固まったところで半熟面を上にして半球状に被せた中央に,ペットリとトマトが絡むご飯。薄焼き玉子にパラリとピラフ様ライスの正典オムライスとはおよそ逆張りだが,中華風風味の澄ましスープと食べると存外旨し。食後にはコーヒーのサービスもあり,次は是非店内かなりの割合の人が食べていたカレー湯麺かな。その後商店街を覗きつつ,京成線に付かず離れずで北千住まで。途中,稲荷寿司と薩摩揚げのお店を1つずつ見つけて結果良し。
ミニおでん(薩摩揚げ,厚揚げ,白滝,大根),牛肉ソテー(牛カルビ切り落とし,ピーマン),糠漬け(胡瓜,にんじん),白菜浅漬け,ご飯

11月20日 柏のかはカレーのか

午前中子供の学校の用事へ。昼は改装後初めての印度,銀皿に盛るカシミールを見かけて入る。黒味を帯びた赤色のソースと固目白飯に相の手の甘酢ラッキョウで,極辛ながらサラサラいけるが,食中の香り食後の辛さがもう少しスキっと抜ければ。
焼き厚揚げとお浸し,白菜浅漬け。牛切り落とし煮を使って子供はカレー饂飩,大人は残りご飯のカレー雑炊。

11月21日 蹴球も野球も北京へGO

引き続き子供の学校の用事。昼は,トクダワランチの積りが痛恨の水曜日。おかめやで天ぷらランチ,町屋寄りで食べた後前を通るため気になっても入ったことがなかったお店。小振りの海老と細長く切った烏賊に南瓜茄子人参で,銅鍋の胡麻油で揚げ立て。2切れ付いた南瓜が甘く,茄子は果肉の汁気をサクサク衣が包む。大振りな人参の青紫蘇巻きが面白い。牡蠣や帆立の磯部巻きもあるので巻き物好きなのかも。
煮物(鶏むね,大根,ほうれんそう),納豆,焼海苔,胡瓜糠漬け白菜浅漬け,おみおつけ(落とし玉子,長ねぎ),ご飯

11月22日 学校窮食

所用で都心へ。昼はまるいちでわんたんめん,黒っぽい醤油にワンタンがツルリと嬉しい。温州軒でラーメン,こちらは明るい色にハッキリした旨味。懐かし系をいただくことが最近多いですね。
夕刻,北千住を少しぶらついてから蜂の巣へ。敢てパテをリーンに焼き上げマヨネーズソースにも胡椒を利かせた,切れのあるお酒に良く合うシャープなハンバーガー。白ビールを一緒にお願いしたがウィスキー,バーボン辺りであってもイケそう。

11月23日 今年最後から2番目の3連休

常磐線で水戸方面へ,まず石岡で下車。朝日屋で懐かし味の醤油ラーメンを食べた後,昭和初期や江戸のレトロな商家を見るうち次列車までの1時間がすぐに過ぎ,最後は駅まで駆け足。途中炒り豆菓子を購入。市の文化財である建物で営業している蕎麦屋と,何故か稲荷寿司のある喫茶店は次回の宿題に。
水戸駅から歩いてすずきへ。チャーシューがあったのですかさずチャーシュー麺。薄切りながら脂身部分と肉の白身の対比が楽しい。ランチ終わり近かったが,次々入ってくる人がかなりの確率でダメ元でチャーシューある?と尋ねて,あると言われると意外そうにチャーシュー麺を頼むのがおかしかった。
最初は徳川博物館でも寄ってみる積りだったが,市立博物館でガラス瓶の展示があったので予定変更。都内のグラスシヰアターからの出展多々あり。気になっていたが行きにくいエリアの個人博物館で,まさか水戸で見ようとは。
ささみチーズカツ,サラダ(キャベツ,グリーンアスパラ,ミニトマト),変わり山掛け(メジ鮪ヅケ,長芋,アボカド),おみおつけ(わかめ,豆腐),ご飯。ご近所のご親戚で子供ども共々ご馳走に。

11月24日 国産ジャパンカップ

朝ご飯を炊いて,上の子供に自家製2色イクラと海苔,お浸し(ほうれんそう),おみおつけ(じゃがいも,長ねぎ)を食べさせる。
下の子供は弁当持ち,サンドイッチ(サラダハム,サラダチーズ),サラダは繊切りのキャベツにんじんと胡瓜。
総員それぞれ外出後,昼は麗園で米粉。やや太目で透明感があり滑らかな麺線に醤油ベースの汁勝ちで春雨っぽくもあるが,豚海老烏賊野菜の具がたっぷりで美味。小籠包も頼んで満腹。
鮪刺身(大トロ,中トロ,赤身),煮物,浅漬けサラダ(白菜,胡瓜,カボス),おみおつけ(じゃがいも,ねぎ),ご飯

11月25日 牡蠣の月続きでアール

昼は,買出しついでにクアトロで牡蠣の味噌クリームスパゲティ,配偶者はオリーブオイル風味の季節野菜のスパゲティ。チャウダー風のソース自体は非常に美味だが,麺への味乗りがもう1つ。細麺か逆に幅広で表面に味の絡みやすい手打麺が良かったのでは。
ハンバーグ(牛挽き,豚挽き,鶏挽き,玉ねぎ,パン,玉子),じゃがいもソテー,お浸し(ほうれんそう),おみおつけ(),お赤飯

11月26日 あったらコワいカレー饂飩にミニカレー丼のセット

所用で都心へ。昼は,やなぎはらでカレー。お盆にはカレーの深皿に加えて,小さな青菜浸し,煮物小鉢,おみおつけ,お漬物まで乗って,まさにカレー定食状態。ちなみにちゃんと福神漬が別途添えてある。麹町も四ッ谷駅歩き越すといろいろ面白いお店があるかも。
イクラ丼(イクラ,海苔),刻みきゅうり,野菜汁(キャベツ,にんじん,長ねぎ,厚揚げ)

11月27日 返す返すも牡蠣の月でアール

昼は栖へ,牡蠣フライがあったのですかさずお願いする。
スープ煮(牛タンぶつ,大根,長ねぎ),焼き魚(かじき粕漬,鮭塩),煮浸し(ほうれんそう,キャベツ,にんじん,厚揚げ),ご飯

11月28日 食堂風雲録

昼は食堂でキムチ豚玉丼。以前に比べると随分と空いている気がしたのは,直近にできた格安設定の別の食堂の影響か。
すき煮風(牛切り落とし,白菜,長ねぎ,にんじん,豆腐,白滝),お浸し(青菜,きゅうり),ご飯。下の子供は落とし玉子にして黄味交じりのお汁にご飯を混ぜた雑炊風で食べる。

11月29日 再三再四牡蠣でアール

昼は波利宝へ,牡蠣を天丼ではなく定食でお願いする。大振りの牡蠣4つか5つに小エビの掻き揚げと茄子隠元舞茸でボリューム十分,ボッテリしないのでフライ衣のカリカリがなくても食感が軽い。小鉢はさやいんげんをツナで青く塩炒め煮したもの。良く漬かったお新香,おみおつけにご飯で満腹。
かじきまぐろムニエル,煮浸し(青菜,油揚げ),おみおつけ(豆腐,わかめ),ご飯

11月30日 千住専従班撰集

午後から所用で都心へ。昼は行き掛けのトクダワランチ,桜海老掻き揚げとカツオ漬けの丼2択から,揚げ物マニアの方が羨ましがる一品ではあるが鰹をチョイス。鼻にツンと来る辛味のタレが刺身に染み飯粒に絡んで美味。小鉢の海老芋煮は薄味でネットリ,鯖の船場汁はねぎとなめこだったがこれは矢張大根短冊が出会いか。
夜,Mixiコミュニティのオフで千住ホルモンに。ジュワジュワちりちりと七輪で焼くホルモンの盛り合わせ,特にしょうちゃんこと小腸は白く透き通った脂身ミッシリながら口に残らずお腹にもたれない。切り口に角が立つほどシッカリしていながらトロリと血の甘いレバ刺しも,これまた秀逸。東京豚Xや牛ハラミも良かったが,小腸とレバのコンボが余りに強力。千住界隈徘徊を好む皆さんとのお話も愉しく満足。


過去記録月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ