8月1日 時の過ぎゆくままにってas the time goes byかい?

昼はそごう地下の知味斎,時分外れと思ったら存外待つ。酸辣麺は餡掛けに炒めアブラが乗って,なかなか冷めず。
22時頃に胡麻風味の冷やし稲庭うどん。
サンドイッチ(コンビーフ野菜,ピーナツバター,ブルーベリージャム)

8月2日 Still crazy, still in love

佳人薄命名牝短命。
昼はまたも押し押し,柿の葉寿司に野菜ジュース。
スペアリブ煮(スペアリブ,トマト,玉ねぎ,黄ピーマン,じゃがいも),お澄まし(豆腐,あおさ,ねぎ),ご飯
ストロガノフ風(牛切り落とし,玉ねぎ,黄ピーマン),いんげん塩茹で,南瓜ソテー,ミニトースト

8月3日 外に出れば8人の敵ピッチに入れば15人の敵

昼は稲庭切り落としで付け麺を作る。
中落ち納豆(細ねぎ,中落ち,納豆),酢の物,おみおつけ(キャベツ,わかめ),ご飯
牛丼,いんげん塩茹で

8月4日 東京でF1って首都高バトルですかぁ

昼は買い出し後,宇田川へ。改装して手前に駐車スペースを広く取り,洒落た内装になっていた。大人はうな重の上,下の子供は親子丼。前はもっと膨らみがあって甘口で旨味のあるタレの鰻だったような。丼には堅飯とは言え,水気を含み切らないコチ飯だったのも残念。もしや進化してしまったのか。
豚冷しゃぶ(豚薄切り,豆腐,茗荷),焼き栃尾揚げ(長ねぎ,青菜,かつおぶし),素麺(青紫蘇)

8月5日 志賀直哉の蕎麦とか武者小路実篤の鰻とか

昼は,ランコントルで白樺派のカレー。黄色く辛味のあるサラサラのソースに,大切りの鶏と地場の根菜。甘味にほていやの抹茶ソフトミニ,思っていたより淡い緑だがお茶の香りは高い。ちょうど八坂神社の夏祭りで屋台が多数出ていた,炎天もあって今年の流行はシロップ掛け放題のカキ氷らしい。
さごし塩焼き,野菜天(かぼちゃ,なす),酢の物(きゅうり,トマト),冷奴,おみおつけ,ご飯

8月6日 東京日本橋資生堂

所用で都心へ。昼は日本橋本町ビル裏にあるシセイドーでカツカレー(本当にそういう名前)。ふんわりオムレツにポテっとしたチョイ辛ルーが合う,おみおつけが付くのが如何にも定食屋さん。
ばらちらし(鮪,サーモン,帆立,白身,いくら),澄まし汁(青菜,豆腐)
サンドイッチ(野菜オムレツ,ピーナツバター),ミニトマト

8月7日 小マメな地元めぐり

昼はとがわで豆々弁当。献立表で期待した鰯煮はほんの1口だったが,地味でも仕込みに手間が掛かった品々の盛り合わせ。近くに良さげな新店あり,今度行ってみなくては。
鶏とちんげん菜炒め,冷しトマト,冬瓜澄まし煮,鮭ご飯(鮭,いくら,三つ葉)
豚丼(豚切り落とし,人参,玉ねぎ),黄ピーマンソテー

8月8日 はっぱふみふみ

竹橋でカルティエ・ブレッソン展,何とか滑り込みで見る。最初期作品から既にその芸風と言うかスタンスがぴたりと決まっている所が凄味。
昼は美術館お向かいのクシガーデンかなとも思ったが,日本橋へ抜け天龍餃子で半炒飯と餃子。炒飯と添えスープは脂っこく塩辛い,餃子は大振りの野菜がシャクシャク。タンネでパンを買って帰ろうと思ったら夏休みでした。
鶏スープご飯(蒸し鶏,錦糸玉子,椎茸,三つ葉,海苔,胡麻),冷しトマト,浅漬け(胡瓜)
サンドイッチ(ハムチーズきゅうり,ピーナツバター)

8月9日 さらばストロングスタイル

所用で都心へ。昼は竜泉の角萬で冷やし肉南蛮。冷しというか生温というか,甘じょっぱい葱肉入りの幅広太麺。ユルさも含めて郷土伝来食の如く根の付いた自然体。南千住へ周り,いろいろ購入して常磐線。
鶏網焼き,煮付け(がんもどき,青菜),おすまし(あおさ,ねぎ,麩),稲荷寿司,海苔巻き。がんもどきと寿司類は昼間買ったもの。
サンドイッチ(ハムチーズ玉子焼きじゃがいもにんじん炒め),ミニトマト

8月10日 勝ちもいらなきゃセーブもいらぬワタシャも少し毛が欲しい

風邪薬は有名だけれど,毛生え薬にも制限薬物が入ってたとは。髪ならぬ身の知る由もなし。
昼はこの前見掛けた和ダイニングSomaへ。小ポーションながら刺身天ぷらと盛り沢山。ただ天ぷらの海老は凡庸,今なら蓮根隠元辺りの野菜だったら嬉しいのに。最後の方,店内混み合うと急にオペレーションがばたついたのも残念。
自転車でかしわで,葉ものはほぼ売り切れ。やっぱり午前中でないと駄目かな。
豚バラ網焼き(トマト),煮付け(がんもどき,青菜),おすまし(長ねぎ,にんじん,筍,三つ葉,麩),ご飯
玉子焼き(チーズ),青菜胡麻まぶし(ちんげん菜),段々弁当(海苔,かつおぶし)

8月11日 手に汗握る夏休み

配偶者帰省前の立寄り先お土産調達にハンスホールベックへ。当然ついでにお昼も。前菜のパテとハムサラダは塩気と旨味が利いて,ビールか白ワインが欲しい逸品。ローストポークは塩気がシッカリ染みているが肉のテクスチャはかすかに生々しく,付け合せポテトサラダの酸味が合う。配偶者は牛の煮込み(ドイツ名失念),甘さ酸っぱさのあるワインのソースにムチィとしたじゃがいも茹で団子が如何にもそれらしい。ご主人やら青年やらが多く店頭に出ていたのは,近くから通うらしき女性陣アルバイトの夏休み余波かな。
刺身,煮付け,おみおつけ,ご飯

8月12日 夏休み前の夏休み

配偶者下の子供と出立を見送り,休み前の節季働き。昼は実はラ好きではない子供を慮って芳蘭へ。大人は芳蘭焼きそば,下の子供は叉焼炒飯。後半辛子と酢でアクセント,食べ切れなかった炒飯を浚って満腹。
夕刻,あさひ町スタンドへ。お勧め3種盛りは,秋刀魚南蛮漬,鰯つくね,秋刀魚有馬煮。鷹の爪もみじおろし実山椒と,ヒリヒリ主張がぶつかり気味か。ヒリヒリと言えばお目当てのカレーは残念ながらなし。帰宅後,買い置きの鰻白焼きで雑炊。

8月13日 夏休みライスもの紀行

帰省前の寄り道旅行へひかりで出立。東京駅では駅弁に一部行列,混雑路線を外した売店で定番万世カツサンド。途中豊橋の稲荷ずしが気になるが,下車すると次の豊橋停まりのひかりは1時間待ち車内販売はなしで,今回は見送り。
米原でしらさぎに乗り換え,最初の目的地武生に到着。昼はヨコガワ分店でボルガライス。正直特製ソースで炒めたご飯に,もう少し滑らかさがあればなぁ。上乗せのカツは薄手ながらさくさく,チャンスがあったら今度はビーフカツにカレー辺りをお願いしてみたい。神社参道脇のお店も味わい十分,ちなみに本店は既に閉じて久しいらしい。
次の目標はおろしそば。市街地に散在する洋風化粧建築を見ながらいくつかおぼしき所を回るも,閉店定休お店の人がいないと振られ続きでつる庵へ。ザル盛りの厚手平打ち色黒の蕎麦に,大根の風味とかすかな酸っぱさを感じる卸しがたっぷり入った薄加減の出汁。地元の人が頼むセットは玉子綴じカツ丼が人気なのは意外な自然体なら,ミニ蕎麦はごく当たり前のようにおろし蕎麦が選ばれるのもお土地柄。
隣の無人駅まで歩き福井鉄道で福井市役所前へ。ソースカツ丼の総本山へ行くはずが,連食徒歩暑気当たりで食欲が出ず(去年もこのパターンありましたね)。そもそもカツコロッケ類にはソースより醤油だしねぇ。JR駅へ回り田中屋で白アイスクリーム,モナカ皮とあっさりサラサラしたアイスが楽しい。甘泉堂で水まんじゅう,薄いシロップ漬けでやや甘かったがツルリとした葛を楽しむ。
サンダーバードで金沢へ移動。駅前のゲートが非常に不気味でウルトラQのモンスターを呼びそう。近江町市場は時間外れの上改築中。夜は自由軒でオムライスにクリームコロッケ添えのプレート。牛を使ったしょうゆベースのご飯だそうで,いみじくもコンビーフとぎゅうそぼろの味。サラダのトマトをその場で切り薄皮を剥く手際はよろしい。金沢のホテルで泊。

8月14日 結果旨けりゃすべてよし

急遽突発作業が発生,本日予定のハントンライスとんバラ定食金沢ラーメンはキャンセル&スキップ。ご実家に連絡を入れ朝の列車で移動。
途中高岡南口の今庄そばで朝ご飯にチャンポン,長崎名物ではなくソバとウドンの2色入りというもの。左右に入れ分けた麺は,しっかり1玉ずつあり相当のボリューム。淡色やや甘口に塩気強目の汁はどちらにも合うが,具がねぎだけだったので玉子を追加。ついでに富山駅改札寄りホームの立山そばで,夏期限定冷やしおろしそば。丼も冷やされ,色黒太目のしっかり麺線に醤油を勝たせた冷たい出汁とたっぷりの大根卸し。元々人気の駅蕎麦だが関東立ち食い蕎麦好きにも納得。冷しおろしは立山の文字入り蒲鉾が乗らないのだけが残念。
配偶者ご実家に先乗り到着,作業対応を済ませる。買出しにクルマを出していただき,ついでにお昼のおかずにふくらぎ刺身を購入。炊きたてご飯とおみおつけでいただく。
握り寿司(鰤,赤身,サス,白身,烏賊,甘海老,白海老と海栗,いくら),子供ども用にはサビ抜きにカッパ巻きと稲荷寿司も。盛り合わせ(白海老空揚げ,牡蠣フライ,鮭鰆西京焼き,玉子袱紗焼き)。枝豆,かにサラダ,花野菜サラダ,お澄まし。別途合流のご親戚も合わせ11人の会食。時間の余裕で部屋の設営からサラダおすましの用意まで済ませ結果オーライ。

8月15日 夏休み進行中

昼は,お参り後一同で地場のレストランへ。雑炊ランチは,かに雑炊に茶碗蒸しモズク酢一口甘味の胡麻団子など。皆さんは海老フライ,ヒレカツ,揚げ物に茶蕎麦のセットなどそれぞれに注文。
夜はご親戚宅にお呼ばれで地元の名産牛のすきやきを囲む。自家菜園のミニトマト,きゅうりが新鮮。

8月16日 夏休み更に進行中

一足先に戻る上の子供を見送りがてら,昼は空港の喫茶食堂で白えび掻き揚げ入りの温かい氷見うどん。配偶者は冷しうどんセット,上の子供はカレー,下の子供は鶏唐揚げランチ。
刺身(フクラギ,鯵),鮭鰆西京焼き,お浸し(ほうれんそう),椎茸ソテー(生椎茸),おみおつけ(豆腐,ねぎ,わかめ),ご飯。焼き物は盛り合わせの残り温め直し。

8月17日 ETCをめぐるエトセトラ

車で帰宅,かまめし購入を諦めて慣れた上越周り。柏崎柿崎間で路面が上下しているのが不気味だったが,昼食含め休憩を挟んで6時間程で着いたのは上等。昼は赤城高原SAで鶏まいたけ弁当と焼き鯖寿司を購入して分ける,まいたけ入りの醤油飯が美味。下の子供はカレーライス。
トマトスープ(トマト,玉ねぎ,キャベツ,ハム),ツナとマカロニのキャセロール(ツナ缶,牛乳,チーズ,玉ねぎ,赤黄ピーマン,マカロニ),きゅうりサラダ。ありもので簡単に。

8月18日 ダンボールなんか混ぜないように

クルマで買い出し。昼は作業入りを見越して買っておいたかしわでのおむすび。おかか入り胡麻まぶしが存外美味,齧るたび胡麻が落ちるのが何だか勿体ないんだけれど。
煮込みハンバーグ(牛挽き肉,豚挽き肉,玉子,パン粉,玉ねぎ,トマト缶),粉ふきいも(じゃがいも),サラダ(きゅうり,青菜),おみおつけ(豆腐,ねぎ,わかめ),ご飯

8月19日 あらかじめ漬け込むのは段取りチキン

昼は駅前に買い足しついでに王道家でつけ麺,暑さに負けてラーメンが頼めず。
タンドーリチキン擬き(鶏もも肉,ヨーグルト,にんにく,しょうが,スパイス),サグチキン(鶏むね肉,ほうれんそう,玉ねぎ,にんにく,しょうが),サブジ(カリフラワー,じゃがいも,玉ねぎ,にんにく,しょうが,トマト),ライタ(胡瓜,にんにく,ヨーグルト),胡瓜とトマトのレモンサラダ,タイ米ご飯。上の子供のリクエストでインド風カレー。

8月20日 久々の通勤電車でGO

午前は作業後上の子供と買い物&ランチ,午後から所用で都心へ。時間の都合で北千住へ出て昼にしたら,徳多和良玉寿司共に本日ランチ休み。柏屋で上天盛り。花揚げではなく黄色いぷっくりした衣,かぼちゃ茄子も大振りで海老は巨大。およそ粋ではないが,これはこれでおかず風の旨さ。麺も盛りが良くて満腹。
刺身(鰹),野菜チーズ焼き(茄子,かぼちゃ,赤黄ピーマン,玉ねぎ,チーズ),瓜揉み(青瓜),お澄まし,ご飯
玉子だんだんご飯(炒り玉子,海苔),ピーマン炒め,ミニトマト

8月21日 わが心草原に?

所用で急ぎ都心へ。昼は,昨日ランチ休みだった徳多和良で秋刀魚の塩焼き。去年の初秋刀魚もこちらでした。
鶏じゃが,酢の物(なまり節,青瓜,大葉),おみおつけ,ご飯
サンドイッチ(ハムチーズ),ブロッコリ塩茹で,ミニトマト

8月22日 佐賀キター(w

最後は球場の磁場がひずんで亜空間になってたんじゃないかと。
昼はまがーり。メインはラムボイルの黒オリーブピューレ添え。グリルや煮込みに比べ羊の香りがはっきりした肉に極微塵のオリーブ,添え野菜がオクラで好き嫌いのある人には非常に危険なメニュー。タリアテッレの枝豆南瓜クリームソースは,対照的に穏やかな甘みのある味。枝豆が色触感塩気の1石3鳥なアクセント。デザートはレモンのタルトとバニラのアイスクリーム,滑らかなレモンのクリームがキュキュっと甘酸っぱい。
鮭親子丼(サーモン,いくら,海苔,細ねぎ),おみおつけ(キャベツ,じゃがいも,ねぎ)
焼きそば,目玉焼き,ブロッコリ塩茹で,ミニトマト

8月23日 AランチBランチ海老ランチ

昼はスエヒロのランチが海老ピラフと聞いて,地の利で駆け付け。前から食べてみたかった主菜に,おかずのメンチカツもビッグサイズで大満腹。Mさんありがとうございました。
鶏野菜そうめん(鶏もも,ねぎ,茄子,南瓜),ミニトマト
サンドイッチ(コンビーフ,キャベツ,にんじん),ミニトマト

8月24日 隠し球Tシャツが欲しい

監督がベースを投げるTシャツセットも良かったけれど。
所用で都心へ,午後から渋谷へ。昼はチャーリートンミン。スープが以前の淡い黄金色と違って,茶色というか醤油色。スープの量が多いのもあって,以前はつんもり盛られていた叉焼葱和えも葱がバラバラ散っている。食べ始めればスッキリうまみのある味わいは変わらないが,何がなしやるせなし。
Bunkamuraで"ルドンの黒"展。後年の七宝の色彩をはらんで深まる黒。見上げるか伏せるか,闇の中のまなざしは前方正面を見据えることは少ない。
鰹のユッケ風(鰹,卵黄,長ねぎ,生姜,大蒜,サンチュ),トマトの冷菜(トマト,玉ねぎ,セロリ,大蒜),牛肉とモヤシの重ね蒸しスープ(牛コマ,卵白,もやし,長ねぎ,大蒜,にんじん),ご飯
コンビーフ丼(コンビーフ,玉子,玉ねぎ,ピーマン,海苔)

8月25日 今日は三越明日は伊勢丹

午前中買出し後,昼は下の子供のリクエストでクワトロへ。秋鮭とナスときのこのタリアテッレはクリームソース,1足お先に秋のパスタ。配偶者は渡り蟹のパスタ,下の子供は大定番カルボナーラ。開店直後で余裕だと思っていたら,食後急に立て込みばたつく。ジュース1つにしても手間の掛かる丁寧な供し方ゆえ致し方ないのではあるが。
スープ煮(鶏もも,白瓜,茄子,トマト,ねぎ),青菜お浸し,3色そぼろご飯(鮭ほぐし,鰹そぼろ,炒り玉子,海苔)

8月26日 寿司≠Riceですか

昼は,ご飯を炊いて山掛け鮪丼。本鮪の皮アラすき身と鉢鮪の腹身に青海苔。
グラタン(鶏もも,),サラダ(トマト,きゅうり,玉ねぎ)

8月27日 美しい改造内閣?

所用で都心へ。昼はやまいちでロースカツのランチ。元の勝漫のご主人(揚げ場に立っていた人)が新たに始めたお店。カツの味わいは変わらないが,脂の絡んでいない部分の肉がやや吝く固かったのが残念。猛暑で豚も身が細ったのか。三ノ輪周りでいろいろ購入後帰宅。
焼き鮭,煮付け,おみおつけ,ご飯
玉子焼き,茹でソーセージ,ブロッコリ,ミニトマト,海苔だんだんご飯

8月28日 マゴマゴ馬込沢

昼は田能久でつけ麺。この前1度行ったパン屋さんが本日お休みで残念。
ミートソースパスタ(合挽き,玉ねぎ,トマト),ハム,サラダ(じゃがいも,きゅうり,玉ねぎ),サンドイッチ(玉子サラダ)
ツナそぼろご飯,さやいんげん,ミニトマト

8月29日 黒い頭のとんがったえんぴつが一本だけで森羅万象

所用で都心へ。午後から目黒へ。池田で塩付け麺,くど目の塩気甘味と魚粉が出汁の旨さを逆にマスク。食べたいのは濁音のづゅる麺でなく清音のつゅる麺だったのか。通りを渡った田丸でラーメン。甘みのあるスープの仕立ても古いタイプだろうしチャーシューもしょっぱいけど,クキっとした麺にスープの泌みたキャベツが食べやすい。
目黒区立美術館で"線の迷宮"展,馴染みのないジャンルだけに大きく異なる画風画材の広がりが新鮮な驚き。英国の大学図書館を描いたシリーズは,知の集積あるいは時間の堆積そのものの如し。
刺身(鰹),煮付け(厚揚げ,小茄子,いんげん),おみおつけ(じゃがいも,キャベツ),ご飯
ハム玉子むすび,チーズ玉子むすび,ミニ

8月30日 いわしはいいわし

昼は波利宝でいわし刺身のランチ。煮付け小鉢,ポテトサラダ,野菜の具沢山なおみおつけ,古漬けと充実のラインナップ。メインのいわしは,3枚卸しを上下にして縦割り目を入れた大振りでしっかりした身を加減酢でいただく。食べていて,ふとメニューの異動も腑に落ちると思いつくことあり。
ハンバーグシチュー(合挽き,玉子,パン粉,玉ねぎ,じゃがいも,にんじん,いんげん,トマト),瓜のサラダ,ご飯
焼きそば(ハム,キャベツ,玉ねぎ,ピーマン),いんげん塩茹で

8月31日 日本全国カツオ君危機一発

月初が週末で猶予が2日あるが,伸びたら伸びただけ遊ぶのがカツオ君というもの。
所用で都心へ。遅目の朝食は途中でベーカリーあべの玉子サンドとコンビーフサラダサンド。シンプルな玉子サラダが柔らか白パンと合う。昼はTacoDerioのAセットをチキンタコスで,チリは全体がペースト状にこってりで食べ応えあり。シェルの選択肢が小麦粉の柔らかい皮だけなのは残念。
刺身(いなだ),お浸し(ほうれんそう),瓜もみ,おみおつけ(栃尾揚げ,ねぎ),ご飯
ミニチーズバーグ,野菜ソテー,ミニトマト,ご飯(ゆかり)


過去記録月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ