2月1日 花粉が飛んで春がやって来る

所用で都心へ。昼はくう福で和牛ハンバーグのランチ,店内満席その半分は待ち状態で結構時間が掛かる。肉生地とトマト風味のソースと両方塩気が効いていて総体しょっぱめ。銀紙包み焼きで滑らかフックラなお肉だけに惜しかった。
煮物(青菜,厚揚げ,筍),うどん(玉子,ねぎ)

2月2日 わらさとわかしはどちらが若い?

昼は久々のトクダワランチ。わらさ漬け丼とはたはた醤油焼きから漬け丼をチョイス。つぶ貝煮付け野菜たっぷりの船場汁と共にいただく,ブリほど油がないだけに漬かりが深目だったかな。12時前で漬け丼売り切れ,後は銀だら煮付けにスイッチされた模様。
鶏じゃが,おろしあえ(青菜,トマト,大根卸し,かつおぶし),おみおつけ,ご飯

2月3日 軽い機敏なカルビ何枚要るか

かしわでの買出し後,昼はくらちゃんへ。大人はロース定食,本来カルビ派だがこちらのロースはお気に入り。タン塩,はらみ,カルビ,レバ刺,キムチ盛り合わせを取り足し。下の子供には半ライスを頼み,キムチ以外を分ける。
鰤塩焼き,菜焼き(油揚げ,白菜,山東菜),酢の物(トマト,あおさ),おみおつけ(もやし,ねぎ,玉子),きのえね飯(炒り大豆)

2月4日 ホワイトカラーエグゼキューション

昼は餅を焼き,大根卸しのからみもどきと海苔巻で食べる。
ビーフシチュー(牛バラ,玉ねぎ,にんじん,じゃがいも,芽キャベツ,プチヴェール,野菜ジュース),コールスロー(キャベツ,玉ねぎ),ご飯

2月5日 ガンプもジョブスも愛したリンゴ

所用で都心へ。昼は更科へ行ったらお店に入りきらず,フラフラ歩いて見掛けた錦へ。入って鶏そばを注文しながらチト予感がしたのだが,西新橋の港屋に似ている。あれほどギミック過剰ではないものの,妙に小洒落た立ち食いの店内。カエシとラー油のきつい付け汁に,ポクポクに煮くたした鶏肉と矢鱈大量の繊切り海苔白胡麻,大盛りの麺は太く硬くグミグミした触感。
何となく納得できずに,結局更科で二色盛り。色白の細い麺は何だか長くて手繰るのが大変だったが,サラリとした麺を甘口ながらスッキリした汁でいただく。ちなみに期間限定メニュー2種あり。"ホリーフランキー東京タワー蕎麦(キツネとタヌキとときどき海老天)"と"華麗なる一族蕎麦(揚げ餅海老天入りカレー南蛮)"だそうな。老舗の割りにお茶目な駄洒落,まぁ更科と変わり切りの二色盛りを"錦盛り"と語呂合わせしているので元々そういうのが好きなのかも。
納豆刺身丼(刺身切り落とし,納豆,ねぎ),煮浸し(白菜,ほうれんそう,油揚げ),おみおつけ(アオサ,もずく,ねぎ)。切り落としは中トロ,赤味,わらさ,いかなど。

2月6日 そんな失言レストランいろんな大臣がやって来る

在宅でいろいろ作業。昼は半熟玉子入りビーフシチュー丼,って一昨日の残りの焼き直し煮直し。
豚ソテー(キャベツ,トマト),ほうれんそう浸し,鮭汁(大根,じゃがいも,ねぎ,生鮭ハラス切り落とし),ご飯

2月7日 カレーの街拡大中

所用で都心へ。昼は所用先の方とご一緒に,台湾料理屋の跡に新しく入ったシャゴリカでチキンカレーランチ。確か浅草が本店の筈で南インド料理とも看板にはあったが,クリーミーというかコッテリして辛さ塩気とも結構強いソースにナンかターメリックライスの組み合わせだった。
ぶり大根(ブリあら,大根),トマト浸し,おみおつけ(豆腐,ねぎ),菜飯(大根葉)

2月8日 地味な地元を地道に回る

在宅でひたすらいろいろ作業。昼は駅前に出るも,14時回っていたため選択肢が一気になくなる。こういうところが都心と違って,田舎なのさ。結局帰宅後いんちきな焼キソバを作る。
途中通り過ぎた気になる新店など。岷山の後のハンバーガー屋は内装工事中。線路際をずっと行ったところのカフェはランチ臨休。ルンビニの元の店の近くのチベットネパール料理だった所がフレンチかワイン飲み屋になっている様子。展はチャイニーズ寄りメニューの新店を開く様子。シャリマールがラジェスタリだったか別のインド料理屋になっていたが,がメニュー構成などはあまり変わっていない様子。
サーモンハラス塩焼き,納豆,菜の花煮浸し,おみおつけ(豆腐,ねぎ,アオサ),ご飯。

2月9日 カレーの街さらに拡大中

所用で都心へ。昼はマーマーカイで酸辣麺,中太麺に赤いスープは塩気控え目。青菜やにんじんも含めて野菜たっぷりでヘルシーですわな。
所用先に戻る途中,新しげなカレー屋パンチマハルを見掛け,つい入ってキーマカレー。調理に油ッ気をまったく使わないカレーソースはヘルシーであるわな。って連食してたら何の甲斐もないか。一見お汁たっぷりのソボロ煮風で,じんわりとした鶏の旨味でベースがスッキリしているため,スパイスの辛味香味が際立つ。トッピングは生トマト賽の目と枝豆,薬味は荒微塵の玉ねぎピクルスで,鶏挽き1色でも単調にならずに食べられる。ご飯の代わりに麺に絡ませたメニューもあるので,次はこれだな。
アベベーカリーで下の子供のおやつに,ココア味のクルクルロールへいへいほーを購入。前はバニラというか普通のスポンジに白いクリームもあったような気がするんだけれど。
鰆塩焼き,菜の花煮浸し,いなだ刺身,蓮根きんぴら(蓮根,にんじん,胡麻),豚汁(豚切り落とし,大根,にんじん,じゃがいも,長ねぎ),ご飯

2月10日 ブラリと言うには歩き過ぎ

作業の合間で茫然自失,さながら持ちつけない大金にうろたえる貧乏人,当然の平和に戸惑う戦乱の世の人のごとし。さらに配偶者下の子供とも外出外泊でますます予定は空白の1日。
とりあえず野田線に乗って馬込沢のつけ麺目黒屋へ。表面ツルツルの極太麺で味が乗りにくいため,麺を啜っている分には感じなかったが,付け汁が塩辛い。加えてチャーシューメンマの具が更に塩辛い。普通盛300gだが小盛200gでもよかったかなと思いつつ麺を片付けたら,口が草臥れてスープ割りは頼まず。久々の遠征の割には釈然としなかったが,駅前の無添加パンと本日特売の甘味屋のおむすび稲荷寿司が良い感じで,買い食い編は当たり連発。
再度野田線に乗って増尾で下車。中原の林を越えて歩き,ジョアキーノで週中用のチョコレートを購入。苺タルトと週末限定シュークリームも本日のオヤツにゲット。調子に乗って大回りで光が丘サッカー場脇から歩いて帰宅。
夕刻,千住か旭町の立ち飲みを覗いてみるチャンスだが,昼間の余波でお腹が空かない上脚もパンパン。自宅で中落ち山掛け,ナメコ煮と大根卸し,生のり酢の物など酒の肴程度。

2月11日 ふらんすはあまりにとおし

連休2日目。埼玉近代美術館の巴里の憧憬展を見に,常磐各停武蔵野線京浜東北線と乗り継ぎ北浦和へ。連休中で会期が明日までゆえ混雑が心配だったが,モジリアニが出ている本家エコールドパリの展示室以外は落ち着いて見られた。企画の勝利というか国内収蔵品を主にうまくまとめた展示,モネの積み藁など購入時には評判だったのだろうなと言う品もさりげなく飾られている。パリ訪問組は薩摩治郎八夫人や金子光晴など歴史風俗興味の方が先に立つが,一連の長期在住非パリ組とでも呼ぶべき作群が印象あり。
昼は住宅地のハンガリー料理の出るカフェカロチャで,ホワイトソース添えミートローフのランチ。ピラフは白いご飯のようで不満だったが,添え野菜がカブ大根にんじん茄子ズッキーニなどいずれも歯応え塩気とも良い加減で美味。
折角なのでもう1軒何か入りたいとお腹ごなしに駅前をウロウロしたが,結局断念。駅近くの鄙びた和菓子屋さんで稲荷寿司を買って帰ったら,これが意外なヒット。タップリしたお揚げがくどくなく,シットリ程良い甘辛で大層好み。
ビーフカツ(牛切り落とし,玉子,パン粉),繊キャベツとにんじん,煮びたし(菜の花),おみおつけ(ねぎ,わかめ),ご飯。おつまみに蒲鉾。配偶者,大阪から富山に回ったお土産にハート型蒲鉾なる珍品を買ってくる。これをどうしろと。

2月12日 人間は考える脚である

と思うほど歩き回った連休。結局最終日も上野公園をウロウロとことこ。
うっかり化学博物館の展示の話をしたら,下の子供猛烈に見に行きたがる。そんなにダイオウイカが好きだったのか。仕方がないので常磐線で上野へ。建物の前まで来たら長蛇の列,企画のミイラ展の当日券購入は40分待ち。そんなに皆ミイラが好きなのか。常設展はすぐに入れるとのことで,お目当てのダイオウイカを無事鑑賞。ミイラ展の指定入場時間までの暇潰しに常設展に流れる人が多く,結構の混雑。下の子供が結局ダイオウイカより気に入ったらしい4,5階の科学体験は順番待ちやら故障修理中やらが多発。思う存分科学する心を涵養できたか微妙。しかし,かつて今の日本館だけだった頃のひたすら標本と展示が並ぶ棚の向こうは亜空間か異次元にでも通じていそうな深閑とした空気が記憶に残っているが,総体に随分フレンドリーというか賑やかに楽しく見せる館内に変わっていた。剥製がズラリと並ぶ3階辺りが僅かに昔の雰囲気を漂わせているかも。
昼は上野で駅弁を購入,入館前に園内ベンチで食べる。お決まりのシウマイ弁当,下の子供は万世カツサンド。
スパゲティミートソース(合挽き,玉ねぎ,にんにく,にんじん,ミニセロリ,トマト,野菜ジュース),コールスロー(キャベツ,にんじん,玉ねぎ,ミニセロリ)。出掛ける前に仕込んでおいたソースと早く茹だる生スパゲティでささっと。

2月13日 アナゴ君の名前は何なんだろう

所用で都心へ。昼は押し押しでいがらしの穴子ご飯弁当。今日はいつものご老人でなかったので,思わず風邪でも召されましたかと尋ねる。幸い別状ないよし。
帰路,北千住でさつま揚げを買おうとしたらマルイシ増英の場所が更地になっている。まさかと思いつつ隣のふらんすやにパンを買いに入ったら,移転先の地図が置いてありメデタシ。どうせだから地図見ながら行ったら,市場の前で宿場町通りの旧店舗跡から1駅近く歩く。お店の人も気にしてオマケを入れてくれる。
茹でソーセージ,スパゲティカルボナーラもどき(パンチェッタ,玉ねぎ,ほうれんそう,パセリ,スパゲティ),サンドイッチ(トマト玉子,ハム野菜),サラダ。ふらんすやのサンドイッチで変わりお子様ランチ風。

2月14日 ジェイムズ・ブラントの歌詞を検索したらジョー・コッカーの歌詞が出てきた

今頃yourebeautifulかいってバレンタインの日。
在宅でいろいろ作業。昼は大ハマチでタイミングを逃し,蕎麦を茹でてナメコ大根卸しトロロもずく入りの冷やしで食べる。夕刻,駅前へ買出しで一応ちょっとおごった和牛ロースとヒレなど購入。菓子売り場は昨日がピークだったのか然程混んでいなかった。
ビーフステーキ,添え野菜(オーブンフライポテト,にんじんとスティックセニョールのドレッシング),煮浸し(白菜,ほうれんそう,京がんも),おみおつけ(あおさ,ねぎ,庄内麩),ご飯。和牛の旨味は脂の甘さと再確認。

2月15日 路地裏に王道あり

在宅でいろいろ作業。昼は流石に煮詰まり外出,王道家へ行こうとして横道を抜ける途中で見つけた栖へ。お薦めの鯛焼魚定食。一見塩焼きのような色味だが,さっとくぐらせた生姜醤油の風味が良い。ヒレかまの付け根など微妙なアブラっ気もあり美味。山掛けマグロの小鉢をサービスしてもらい,きゅうりワカメにイカと長芋を少々加えた酢の物,キャベツサラダ,豆腐青菜のおみおつけ,ふっくりご飯と質量とも満足。住宅街の細道沿いと場所が分かりにくいのが難だが,6号沿いの四谷大塚の裏辺りが目印。
炊き込み御飯(しらすぼし,にんじん,干椎茸,れんこん),さつま揚げと白菜煮,のりすい(のり,おかか)

2月16日 cava? me so?

所用で都心へ。昼は,13時をかなり回り菊水へ。限定はとっくに売り切れで鯖味噌。半身に近い鯖が2切れとタップリなのはうれしいが,甘辛味が濃い。煮汁が濃いところに,余り脂っ気のない鯖をかなり煮込んであるため中まで味が染みている。ご飯に煮汁を掛けて食べてもおいしいと書いてあったが,とてものことに無理。水道橋まで歩いてアベベーカリーでチーズパンとくるくるロールを購入。
刺身(サーモン),和え物(菜の花,大根卸し,しらすぼし),鶏手羽と白菜のスープ煮,ご飯

2月17日 cava? so bad?

昼は明隅庵しまへ,前を通りかかって気になっていた蕎麦屋。せいろはやや薄手でホシの入る麺線に澄んでいるが塩気強めの汁,薬味以外に桜海老入りの揚げ玉が付いてくる。温かいたぬきそばもあるが,天ぷらそばはないのが不思議。
豚角煮(ほうれんそう),スープ煮(大根,白菜,ねぎ,蟹ほぐし身,玉子),冷やしトマト,ご飯

2月18日 東京はとバス観光名所マラソン

スタートとゴールが違うついでに42.195km直線勝負ってどうでしょう。国内だと北海道ぐらいしかコースが取れなそうですが。
風邪気味の人たちもいるゆえ,昼は自宅でスパゲティを茹でる。玉子と野菜のカルボナーラ風とトマトにハム野菜の2色。
豆腐豚バラ煮(豚バラ,木綿豆腐,筍),梅風味和え(大根,きゅうり,にんじん),おみおつけ(さつまいも),ご飯。昨日の角煮に豆腐を足す。

2月19日 青魚定食日記に改名すべきかも

所用で都心へ。昼は本日限定鯖味噌に釣られて大越へ。濃い煮汁だが,アブラ乗りの良い身をサラっと炊いてあるため身に味が染み込み過ぎず,毟り身に適宜煮汁を補ってご飯で食べると良い加減。ただ半月大根が鯖と一緒に煮てある所へ,小鉢も大根の甘辛醤油煮だったのは残念。鰯天ぷら定食だったら丁度良かったかな。
チキンカレー(鶏もも,鶏手羽先,玉ねぎ,にんにく,しょうが,トマト),サブジ(じゃがいも,ブロッコリ),ライタ(きゅうり,ヨーグルト),ご飯。週末鶏スープの残りでチキンカレーを仕込む,コリアンダーとクミン風味。キャベツがなかったのが残念だが野菜はコリアンダーとカルダモン風味。

2月20日 自宅で麺類日記になるかも

在宅でいろいろ作業。昼はトクダワランチとか思っていたらトンデモ発奮,うどんなど茹でて食べる。
買出しに駅前を通ったら,波利宝の前に黒枠のお知らせが出ていた。お名前から見ていつも揚げ鍋の前におられた女将というかご主人らしい,かなりのお年ではあったが。似たようなお店が増えるJR駅前の密かな小さい良いお店だったのだけれど,当面休業される由。
煮物(鶏もも,しらたき,ねぎ),お浸し(菜の花,ほうれんそう),のりすい(海苔,長ねぎ),ご飯。大人のおつまみに牡蠣辛煮,汁ごと柑橘絞り汁と掛けると飯が酒の肴化。

2月21日 そもそも都庁舎が気に食わないに違いない

都知事選は多士済々ですねぇ,と嘯く千葉都民。
下の子供の学校の用事。昼はどうしようかなとおもっていたら,やなぎやの日替わりランチが鯵フライと鶏唐揚げ。すかさず入ってお願いする。身の分厚いアジフライは下味も控え目,芥子があればは贅沢か,唐揚げはやや色白フックリした薄衣で柔らか。小鉢は油揚げにんじん入りの切干大根,香の物は白菜,おみおつけは豆腐に豚汁の流れか長ねぎと根菜混じり。付属品がやや味濃い目かなとは思ったが,ご飯の炊き加減も良く満足満腹。
煮物(鶏もも,しらたき,ねぎ,青菜),ねぎまぐろ(中落ち,長ねぎ),おみおつけ(じゃがいも,ねぎ,菜の花),ご飯

2月22日 2の字2の字のあひるさん

昼はクワトロへ,帆立と春野菜のクリームソースのスパゲティ。コライユがむちむちポクポクして楽しい,普段だべるのは大抵刺身仕様で貝柱だけなので。貝の出汁が出たクリームソースが絡んだ野菜も濃い味。
ばらちらし(サーモン,平目,いくら,玉子,のり,胡麻,青紫蘇,万能ねぎ),おすまし(庄内麩,わかめ,ねぎ)

2月23日 本日設立恐竜を活かしたまちづくり課

昔,モスモスの架空選挙ポスターのキャッチに"恐竜の来ない街づくり"っていうのがあったけれど。現実が超えちゃいましたね。
所用で都心へ。昼は押し押し,吉例につきいがらしで穴子ご飯。
めかじき味噌漬と粕漬け,青菜ひたし,おみおつけ(油揚げ,大根,にんじん,じゃがいも,ねぎ),ご飯。めかじきは自家製。

2月24日 ハルキムラカミ的スパゲティ生活

昼は自宅でスパゲティを茹で,カルボナーラとアンチョビ風味で食べる。
湯豆腐(豆腐,塩鱈,白菜,春菊ねぎ)。敷いた昆布の出汁と鰹醤油のたれを使ってご飯で雑炊もどき。

2月25日 さよなら星の王子様

昼は自宅で子供はうどん。大人は冷たいトロロの付け蕎麦。
牡蠣と鱈鮭のバター焼き(牡蠣,塩鱈,生鮭),あえもの(トマト,きゅうり,青菜),おみおつけ(豆腐,ご飯)

2月26日 不都合なバベル

下の子供の学校の用事。思ったより長く掛かり昼は13時回って展でアジアンセット。レモンを絞りながら香草の浮かんだフォーを啜る。まなべの横を通り掛ったらまだ開いていて比較的空いていたので入って,ざるうどん。麺がやや太くなり,噛むとコシというかムミョーンと弾性のある押し返しがある。暫く行かなかった間にひやがけが通常メニューに入っていたようだが,残念ながら現在はお休み。夏場に向けて期待だな。
納豆(ねぎ),まぐろぶつ,煮びたし,おみおつけ(豆腐,わかめ),ご飯

2月27日 さよなら雲のじゅうたん

所用で都心へ。昼はマグロアボガド丼なるものを買ってみたら,具はともかくご飯がどうしちゃったんだろうと思う炊き上がり。14時回って大喜で,とりわんたんめん。いずれも鶏のチャーシューとわんたん,味玉子,白髪と小口の2色のねぎ,メンマ,小松菜と盛り沢山の具に,ピロピロとした幅広縮れで透明感のある麺が楽しい。鶏チャーシューは胡麻,鶏ワンタンは柚子。異種の風味が共鳴して膨らむとまではいかないが,輻輳してゴチャ付かないのは流石。
ローストチキン,添え野菜(芽キャベツ),サラダ(トマト,サラダほうれんそう,胡麻),バゲット。時間がないのでフィリングなしの簡単ロースト。

2月28日 2がつはにげだした! こうかはばつぐんだ!

所用で都心へ。昼は大連飯店でBランチ。材料味付けが対照的な2色の炒め物を楽しむ。
チキングリル,サラダ(じゃがいも,にんじん,玉ねぎ,ハム),トマトスープ,サンドイッチ(玉子サラダ,野菜)。ベーカリーアベのサンドイッチを主食にワンプレート。


過去記録月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ