5月1日 皐月の真夏日

午前中下の子供関連の用事の後,所用で都心へ。前回は入りそびれたDDTでハンバーグ,外も暑いが店内は鉄板の熱で更に暑い,そして1人で焼いているお兄さんが多分1番暑い。そのせいでもないだろうが焼きながら塩を結構タップリ振っている。店内ほぼ満員しかも食べ始めていない人が多く,頼んでから出来上がりまで存外掛かった。
刺身(鰹),栃尾揚げの納豆はさみ焼き(ねぎ,青菜),おすまし(青菜,麩),ご飯

5月2日 連休前に小雨の予感

いきなり10℃近く下がり肌寒い1日。所用で都心へ,既に連休モード入りの仕事先が多いゆえデスクで骨休めしているようなものである。昼は過橋米線。黄色いアブラが浮かぶ熱々の濃いスープが大き目の丼になみなみ,塩気は淡いが胡椒が効いている。オプションの太麺にしてもらったら,柔らかい中にムチィと押し戻す弾力。表面がツルっとしているので味をはじきやすい。限定の汽鍋で仕上げた魚も気になったが,店内は麻婆豆腐が一番人気の模様。隣の人のを見たら,赤より黒を帯び花椒が強力そうな確かに魅力的な面構えであった。
かしわでへ自転車を出したら,連休中は水曜も営業するそうで取り越し苦労。帰路,前に1度見かけて探していた洋食屋さんを再発見確認,ラーメンの夜鳴き屋宮田が店名を変えてメニューも少し変わった模様。
ラムステーキ,揚げ焼きジャガイモ,野菜バタ煮(ブロッコリ掻き芽,にんじん),おみおつけ(豆腐,ねぎ,蕗),ご飯

5月3日 静かな連休の始まり

どこへ遠出する予定もなく,通常の週末の如くクルマで買出し。昼は戻りがてら関西風お好み焼きのじゅうじゅへ,矢張以前の気象大学そばから移転されたお店とのこと。牛筋焼きがあったので思わず頼んだら,おいしいけど濃い味でランチよりはビールのお供が合う。配偶者は豚玉そば入り,下の子供は豚玉。シンプルな豚玉が存外生地の柔らかさを引き出していたりして。
さわら塩焼き(大根おろし),筍煮物(筍,鶏),あえもの(ほうれんそう,きゅうり),おみおつけ(豆腐,あおさ),豆ご飯。上の子供一時帰宅に併せて,初夏の和風でまとめてみました。

5月4日 かえるじゃないよあひるだよ

昼は上の子供関連のお顔見知りでバーベキューパーティ。摘みになりそうなハム類を途中で仕入れて提げて行ったが,用意のご馳走がドッサリ。焼き物は牛串,野菜焼き,焼きそば。それ以外に乾き物,こんにゃく炒り煮,一口豚角煮,白菜漬物などなど。ダブルヘッダーの予定があるので,思いっきり飲み食いできなかったのが残念。
夕刻から,近所の親類宅でお誕生日の会食。連休中で出前が頼みにくく手巻き寿司。鯵,かんぱち,平目,縁側,赤身,トロ,いくら,とびこ,海栗。きゅうり,香の物,玉子,青じそ,海苔。魚卵類以外はほとんどいただく。他にサラダ,筍と鶏の煮物,豆腐のすまし汁。食後に高野のケーキと紅茶。高野ブランドで期待していたよりは酸味の立った苺だったが,スポンジはシットリフンワリ柔らか。

5月5日 少子化の下の子供の日

10時位から配偶者は所用,子供どももそれぞれ落ち着き先あり,自転車を出して地元をフラフラ(もうちょい早く皆さんハケてくれると遠征も出来たのにねぇ)。昼はPORCHで,生ハムと野菜のトマトソース。ピーマンに南瓜などが入ったトロリとしたトマトのソースをパンに絡める,もうちょい肉っ気があっても良かったかな。 もう1軒と思ったが,トマトの濃さ塩気の強さで存外お腹が落ち着き1軒で終了。
かき揚げ(にんじん葉,しらすぼし),酢の物(蒸し鶏,きゅうり,トマト),盛りそば(ねぎ),筍おこわ(筍,油揚げ)

5月6日 天知る地知る人見知る

所用と言うか私用で都西へ。文通あたりがコミュニケーションにおける閾値相当なんじゃないかと自省すること甚だし。
昼はホテルのティールームでオムライス。夕刻からゆかりのバーベキュー。エビ,茄子,アスパラ,にんじん,ラムロース,豚トロ,牛ロースとカルビ。お肉がタップリあってさすが老舗だが,タレが一色で食べあぐねたのが残念。
カレーライス(豚切り落とし,玉ねぎ,にんにく,じゃがいも,にんじん,トマト,牛乳),サラダ(トマト,きゅうり)。吉例によりカレーを仕込む。

5月7日 Not too shy shy(Antsの皆さんって何してるんだろう)

上の子供関連の集まりで松戸へ。枝豆,サラダ(きゅうり,トマト,レタス,春雨,スモークサーモン),鮎塩焼き,煮しめ(筍,里芋,にんじん,蓮根,こんにゃく,絹さや),新ごぼうの唐揚げ,稲荷寿司。自家製のご馳走をタップリ用意していただく。新工夫のメニューの一方,稲荷寿司が毎年変らぬ美味。これ位のお付き合いになると落ち着くのである。
コロッケ(ジャガイモ,玉ねぎ,にんじん,合挽き肉,パン粉,玉子),繊キャベツ,刻みトマト,おみおつけ(庄内麩,あおさ),ご飯

5月8日 旅行したわけでもないのに気怠い連休明け

所用で都心へ。昼は幸貴でわんたんめん。穏やかな煮干にツルリと滑るワンタンの皮が美味。
近くで菓子パンを購入。和菓子屋さんの前にいたら,ちょうどお豆腐屋さんが色の濃いおいしそうな油揚げをドッサリ袋で持って来たのを見て,フラフラ入って稲荷寿司も購入。台東区近辺には寿司用揚げのOEMをしているお豆腐屋さんもあるらしい,ちと気になる。
総武東武線周りで帰宅。久々に船橋で降りたら,えらくお店の並びが変っているようでどこに何があったのやらサッパリ分かりませんでした。今度チェックに行かなくては。
キャベツのトマト煮(キャベツ,玉ねぎ,トマト,ベーコン),茄子と鶏肉のチーズソテー(鶏胸肉,米なす),キャベツとしらすのパスタ(しらすぼし,アンチョビ,キャベツ,玉ねぎ,にんにく,ほうれんそう入り生パスタ)

5月9日 TXでGO!

所用で都心へ。朝停電で常磐線は大幅ダイヤ乱れ,急遽TXに乗り秋葉原周り。乗り換え券の処理で改札がごった返していたが,そこはパスネットの有り難さでスルー。
昼はゆやまで肉つけうどん。もともと極太で粉の詰まった麺だが,洗って冷やすと特にゴシっとした触感。お店の人も心得ているのか,お客さん1人ずつに固いですと念を押していた。
秋葉原を抜けて新御徒町から青井へ。名古屋うどんを見かけて入ってみる。柏辺りには増尾にもあるが,いずれも名古屋と言いながら,味噌煮込みにこだわらず蕎麦から中華まで一式ある地場のお店。きしめんは,やや濃い目醤油の出汁にツルリとした麺。付近の商店街を歩いてから駅へ戻り,流山おおたかの森まで。本日期せずして往復ともTX経由。
はんぺん(大根おろし),納豆(万能ねぎ,温泉玉子),瓜揉み(はぐらうり,水菜,梅干,かつおぶし),おみおつけ(アオサ,水菜,チンゲン菜),雑穀入りご飯

5月10日 りはあより100倍おそろしい?

所用で都心へ。昼は北綾瀬まで歩いて行ったら波は定休日,当面無休と聞いていたがいつの間にか月曜になったらしい。綾瀬に引き返したが,13時過ぎで香味亭は既に終了。ふと思いついて亀有へ周りJazz38へ。まんぼうカレーのビーフをお願いする。ビーフシチューかと思うほどコックリ煮込んだ黒く艶のあるソースで,オムライスの中も酸味の立った濃いトマト味。ボリュームと味の濃さ両方で満腹。連食を目指していたのにラーメン運がなかったが,0番線に初めて乗ったし気になっていたまんぼうのカレーも確認したし,終わり良しと言うことで。ちなみに,Jazz38は亀有駅前アリオ地下のレモンツリーから更に改装されたお店。一時はまんぼうカリーハウスも同フロアにあったらしい。総じてアリオができてからリリオも対策が大変なんじゃないだろうか。
カルビガーリック炒め(ねぎ,スナップえんどう),もやしナムル(ごま),おすまし(アオサ,にんじん,万能ねぎ),雑穀入りご飯

5月11日 恨みの椰子の樹

所用で都心へ。昼はお知り合いの記録を見てキッチン竹乃子へ。ハンバーグオムレルヒレカツをチョイス,やや小振りだが3種盛り合わせでボリューム。ポテトサラダやドレスされた生野菜,カツに芥子がしっかり添えられるのも嬉しいハンバーグのソースもクドクなく,いずれもふんわりした上がり。お店は見た目色あせた感じでかなりイケてないのだがあなどれない。
振ったり止んだりの雨の中またもTX方向へ歩き,佐竹辺りで買い食いモード。商店街の中の洋菓子屋でジャムロール,通りに出たパン屋で小さな円盤状のマドレーヌ風,駅蕎麦の和菓子屋で稲荷寿司と赤飯など購入。
ぶりカマ塩焼き,ぶり子煮付け,似びたし(キャベツ,にんじん,さつま揚げ),おすまし(アオサ,ねぎ),赤飯と稲荷寿司。

5月12日 ランランランチ

所用で都心へ。昼は久々のトクダワランチ,レアアイテムかもしれないミックスフライを引き当てる。肌目の細かいパン粉でしっかりさっくりあがった衣,緩めのマヨネーズで合わせたキャベツと玉ねぎのサラダを一緒に食べると極々サッパリしたタルタルソースのような相性の良さ。滑らかな色白の里芋煮付けと鯖の船場汁は,盛りの良いご飯のおかずになる出汁のウマさ。
鶏のカリカリ焼き(鶏もも,トマト),煮びたし(キャベツ,さつまあげ),ぶり子煮付け,和え物(青菜,きゅうり),おみおつけ(),雑穀入りご飯

5月13日 恒例土曜の鍋料理

上の子供の学校関連の行事,あともう1ヶ月ばかりのご奉公。昼はお弁当,おかずは中華盛り合わせ。海老入り玉子にチリ風味トマトソースの掛かったもの,春巻き,鶏唐揚げ,焼売,肉団子,麻婆茄子など。
鶏鍋(鶏もも,焼き豆腐,ねぎ,キャベツ,水菜)。少し甘味も入れた濃い目加減のお出汁で煮て,生玉子を溶いて食べる。上がりにうどん。

5月14日 別れの汽笛

昼は自転車で上の子供関連の行事を見に行く途中,ターチャンを覗くもオープン前。ならばジャンジャーオへ回ってカオパッ,目玉焼きの下は,炒り玉子と鶏やトマトなど大振りの具が入った長粒米のチャーハン。存外辛くなくアブラも強くなく,ランチでは一番食べ易い品かも。無事行事を見に行き,やはり見に来ていた知り合いに帰路ジャンジャーオを紹介推薦,味の皇は場所だけ知っていたそう故やはりお薦めする。
帰路,常磐線周りに人だかり。どうも旧車両引退で最後の走行だったらしい。
かじきパセリソテー(かじき切り落とし,パセリ),酢の物(トマト,はぐらうり),豆ご飯,おすまし(豆腐,アオサ,ねぎ)。豆ご飯はドッサリ炊いて近くの親類縁者にも献上。

5月15日 いざとなったら久保に高原の変装させて連れて行く

きっと海外の人は見分けが付かない,でも一応ブンデスリーガだからドイツの人は流石に分かるか。泣く泣く手放した掌中の玉田も無事選出,前大会出場後精彩を欠き続けた元チーム同僚の轍を踏まぬように。
所用で都心へ。昼は所用先の方とKitchen Ishigakiで春野菜のハヤシライス。野菜はズッキーニや色ピーマンお肉も塊で,夏野菜のビーフシチューと言う方が実態に近い。非常に盛りが良く,珍しく食べ切れず。次はすぺシャリテらしい蕎麦粉クレープかな。
ねぎま玉子とじ(かじき切り落とし,玉子,ねぎ),刻みトマト,おすまし,雑穀入りご飯

5月16日 インスタントリプレイ

午前中下の子供の用事,午後から所用で都心へ。昼は行き掛けに大喜へ。降りみ振らずみで涼しかったせいか,時刻は遅いが鶏冷やしあり。トロミのつくほどの鶏スープに滑らかな平打ち麺。具も鶏2種ツマ薬味風の極細切りねぎきゅうり青葉など賑やかだが,後半ゴチャ付くかも。これだけのスープと麺なら,思い切り絞り込むか別盛りでいただくのも個人的には良いなぁ。
夕刻から上の子供関連の所用で錦糸町押上へ。終了後他の皆さんとモスバーガーでお茶。移動中にバウムクーヘンの製造元が直販しているのを見つける。前に話に聞いて気になっていた所らしくすかさず購入(後でオヤツに食べたら懐かしい甘さと口当たりでした)。で,モスでは限定中華春雨海老バーガーを食べたが,素材が味落ちしてきているんじゃないかと懸念。調理法捻り過ぎとか組み合わせ突飛過ぎというのは,昔も偶さかあったのだが。

5月17日 墨東ウロウロ

所用で都心へ。昼は浅草橋シモジマで所用の買い物。その後,錦糸町で昨日気になっていた稲荷寿司を購入(後でオヤツに食べたら,甘じょっぱいお汁が滲むほどタップリ沁みていた)。昼食はきっちんミドリのハヤシライス。オムライス狙いだったが玉子トロトロ型らしいのでハヤシに変更。注文が入ってからフライパンでソテーした具にトマトとルーを絡めて作っていくのを見るのも楽しい。
北千住を最終目的に徒歩で北上。東向島駅手前でSweet Sanctuary ISOの前を通る,店名見るとつい9000とか14000とか数字が浮かんでしまう。モノトーンの店内外装と対照的にあでやかなケーキが一杯,付近の景色とミスマッチな位。
これまたなぜ東向島にあるのか謎な東武博物館へ。駅隣接の立地を生かして,実際に入線する電車をホーム床面より低い視点から見られるウォッチングプロムナードが面白い。東武限定ながら昔の車両や,別料金100円で自分で運転できるジオラマもあり。万世橋がクローズしてお嘆きの方は是非。歩いた後博物館の中をウロウロしたら結構草臥れ,大人しく東武線に乗り込み北千住へ。ホームで気が付いたが,東向島駅って昔の玉の井駅だったのね。
茹で塩豚,スープ煮(キャベツ,にんじん,じゃがいも),トマトソースマカロニ(ジャンボ貝型マカロニ,トマト,玉ねぎ,チーズ)

5月18日 午後ゴロゴロ

所用で都心へ。昼はかがり火を目指したが見つからず,久々の決まらないよ症候群に嵌る。結局仲御徒町まで歩いてサカエヤでチキンカレー,けんちん汁が終了していたのは残念。帰路,南柏一心でたこ焼きオリジナルソースマヨ掛けをオヤツに購入。クリーミーで旨味のある生地に具も程好くオイシイたこ焼きと思ったのだが,自称蛸好きの下の子供は何故か1つ2つしか摘まず残りを全部引き受けることに。流石にお腹一杯
茄子と豚肉の炒め(米茄子,万能ねぎ,茹で豚),スープ煮(キャベツ,新たまねぎ,にんじん,じゃがいも),枝豆豆腐,ご飯。豆腐は薄緑の色合いに惹かれて買ってみたが,ズンダ餡をどうかしたような甘さが下の子供に大不評(もしや彼奴は好き嫌い多いのか?)。

5月19日 かぶと虫コロコロ

所用で都心へ。昼は所用先の方と藍へ。刺盛定食にしようと面って入ったが,ハヤシライスに代わってカレーライスがあったら矢張頼むでしょう。盛り付けも含めカレー丼風の甘味のあるトロリとしたルー,具の海老と帆立もたっぷり。例によってサイドのサラダが秀逸,シャキシャキのレタスとトマトのドレッシングに,マカロニとポテトに塩もみきゅうり玉ねぎを合わせたマヨネーズの組合せでカレーと同じ位の丼にタップリ。
千駄木からファーブル昆虫館へ。住宅地の中を探していて,えらく派手な蛍光イエローの配色を使った家だと思ったら,そこがまさに昆虫館でした。展示は小振りなので,ホールで講演などがある時が良いのかも。
日暮里へ抜けてハムソーセージとパンを買い,常磐線。いつものパン屋さんだが,今日もレーズンパンがなかったのは残念。あれもう作るのやめちゃったのかなぁ。
刺身(めじまぐろ),煮物(筍,蕗),胡麻和え(おかひじき,きゅうり),おみおつけ(栃尾揚げ,アオサ),ご飯

5月20日 日本郵政の祖ではない

午前中買出し,昼はそのついでに西周でうな重。
午後から上の子供の学校の用事,その後関連の会食×2。
カレーライス(豚小間,玉ねぎ,じゃがいも,にんじん,にんにく,牛乳),サラダ(トマト,きゅうり)。例によって例の如くカレーライスを作っておく。

5月21日 チバ・ラギ

昼はカンパーニャへ。守谷ふれあい通り沿いにあるお店と同じ系統らしい,パンのクーロンヌとか結構筑波茨城系統のお店がある柏市内であります。チーズオンチーズとマルゲリータのピザ,カルボナーラのスパゲティ,サラダとライスコロッケ。矢張少々多過ぎでした。チーズオンチーズはビアンコタイプで,もう1枚のトマト味パスタの玉子クリーム味とちょうど良い変化。その後駅前に歩いて少々買い物。
刺身(カツオ,サーモン),ごま和え(にんじん葉,きゅうり,トマト),煮物(筍,蕗),おみおつけ(筍,新じゃが,小松菜,栃尾揚げ),ご飯

5月22日 スルガ堪忍

所用で都心へ。昼は,改装再開後の駿河でロースカツ。セットのお盆がなくなり,浅漬けも付かなくなり,何より怖いほどに店内を仕切っていた年配の女性がいなくなった。富士山の見えない駿河の光景の如く違って見える。
豚照り焼き(トマト),煮びたし(小松菜,しらすぼし),冷奴,おみおつけ(アオサ,小松菜,庄内麩),ごはん

5月23日 グローバルこき使われ

所用で都心へ。昼は御徒町のかがり火へ,前回見つけきらなかったリベンジ。げそ天うどんにランチサービスの半熟玉子天。なるほどイリコ出汁だが醤油色が結構合って甘いのが不思議な感じ。麺も捩れがあって細目,温かいせいもあってやや弱いかな。ランチより夜呑みながらの方が良いのかも。
漬け丼(まぐろ,玉子,ねぎ,海苔),和風サラダ(きゅうり,トマト,青菜),おみおつけ(ねぎ,小松菜,庄内麩),ご飯

5月24日 1人時差ボケ時差攻撃

所用で都心へ。昼は魚鉄で刺身盛り合わせのランチ。〆鯖鯵小肌とヒカリモノがたっぷりで美味。
稲荷寿司,海苔巻,太巻き盛り合わせ。澄まし汁。暑さ当たりでややへばり気味,九段坂上で購入した盛り合わせ寿司で簡単に。

5月25日 Eastward HO!

午前中下の子供関連の用事。午後から所用で都心へ。昼は名残のひがしでのりしおワンタンメン,澄んだスープに拡がる海苔を一緒にスルリと含む。この所行き難かったのでご無沙汰していたけれど,稲毛には何とか伺えるかなぁ。
おでん(さつま揚げ,ごぼう巻き,豆腐,大根,こんにゃく),雑穀茶飯

5月26日 土曜に続いて金曜の鰻

在宅作業。昼は芳野屋でうな丼。変形で蓋のないドンブリ,タレの味も軽目。
しゅうまい(豚挽き,ねぎ,ぎょうざの皮),アスパラの中華風サラダ(アスパラガス,いんげん,ソーセージ,胡麻),おでん(大根,蒟蒻),おみおつけ(ねぎ,アオサ,豆腐),ご飯

5月27日 柏新店発掘中

用事の後,買出し前にクルマで昼はWATANABEへ。以前くらちゃんの帰りに見掛けてその後探していたが,思っていたよりずっと呼塚交差点寄りでした。日替わりランチからチキンソテーのトマト茄子ソース,配偶者は同じく日替わりでポークソテーのトマトキャベツソース,下の子供はオムレツハヤシライス。皮目をサクサクに焼いた鶏モモ1枚にトマトソースを掛け,輪切りソテーの茄子を添えてある。オレガノが利いてトマトのシャープな味でイタリアン風味。1口貰った豚の方は,脂身とキャベツの甘味でより馴染み易い味。子供の分を1口貰ったら,ハヤシソースには香味料の癖があり,野菜のコンソメも胡椒風味が強いので総体大人味だったかな。
鰤フライパン照り焼き,和風サラダ(サラダほうれんそう,きゅうり,トマト,ちりめんじゃこ),おみおつけ(京芋,大根,ねぎ),梅菜飯(大根葉)

5月28日 デリラに鬣を抜かれないように

昼はあさひでつけめん。かなり付け汁がしょっぱい,それも醤油より魚醤のようなピリりとしたしょっぱさ。
鱈パン粉焼き(鱈,にんじん葉,パセリ,パン粉,マヨネーズ),スティックセニョールのチーズ焼き,ほうれんそうオムレツ,生トマトソースのスパゲティ(トマト,玉ねぎ,パセリ)

5月29日 腹ふくるる思いなり

所用で都心へ。昼は所用先の方と一緒にふくるる。きじ丼と生海苔うどん。生海苔が意外とゾロリと噛み切りにくく,アオサ青海苔位の方が麺と絡まってスルリと口に入るかな。
納豆(ねぎ),じゃこ浸し(小松菜,わさび菜,ちりめんじゃこ),茄子煮もの,おみおつけ(あおさ,ねぎ,玉子),雑穀ご飯。東北の納豆というのを買ってみたら,今どき結構匂いから強力。一方,一緒に買ったしば着けの方は甘酸っぱい加味が強くて残念。

5月30日 梯子はせずじまい

所用で都心へ。午後は中村橋の練馬区美術館へ,初期の目標は油絵だったのだけれど版画がいろいろあって見応えあり。
昼は,途中下車して桜台丸長で野菜タマゴつけめん。帰路,椎名町でまた途中下車して南天で冷やし肉そば,肉も冷たいが良く煮込んだ脆い柔らかさ。商店街が広さと言いお店と言い楽しい。キッチンのメニューに,オムライスにトンカツとドミグラスソースを掛けたものがあり。更に,ドミグラスソースのハンバーグとタルタルソース添え魚フライにカレーライスと赤いトマトスパを盛り合わせたものもあり。流石に満腹で入れなかったが,トルコライスの幻影がチラリとよぎる。いずれ再訪しなければ。歩いて池袋西口へ出て山手線,考えてみたら丁度往年の池袋モンパルナスの近くまで来ていたのに。
塩焼き,青菜ひたし,茄子煮浸し,おみおつけ,ご飯

5月31日 日本橋は老舗だらけ

所用で都心へ。昼は久々の八島で肉ワンタンメン,矢張1人だとピークタイムが大変そう。その後所用を挟んで人形町へ周り,マツムラでパンを買ったついでにサンドイッチをパーラー部でおやつに摘む。挽き肉サンドがほのかなカレー風味で意外にイケる,そのうちお弁当の要る日にトライしてみるかな。
ラムにんにく風味炒め(ラム,玉ねぎ),梅風味和え(きゅうり,トマト,ほうれんそう,小松菜),冷やし茄子煮,おみおつけ(新じゃが,アオサ),ご飯


過去記録月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ