11月1日 犬が西向きゃ尾も西向くサムライ

所用で都心へ。昼は,先週徘徊時に見掛けた貝専門店の週1回のみランチを目指す。が,開始時刻を間違えていたため既に影も形もなし。所用先へ向かう途中,くう福にカキフライが出ているので入る。さっくりフライにレモンを絞って熱いご飯,付け合せの野菜も美味。
小川町の交差点まで来たら,とびん屋のカレーの看板あり。前から夜の部が気になっていたお店の上,カレー歴20余年とか書いてあれば矢張入るでしょう。チキンカレーをお願いする。サラリとして辛さは左程激しくないが鍋から皿によそう段階で既に香り高いソースに,スプーンでホックリと身を剥がせるほど煮込んだ手羽元とじゃがいもで満足。当初狙っていたランチは貝カレーだったらしいので,牡蠣とカレーと2軒合わせてリベンジってなところでしょうか。
夕刻,大喜でタンメンセット。今日はちょっと胡椒が強く出るスープの印象ながら,やはりこの麺と野菜の取り合わせは旨し。
サンドイッチ(ハム野菜,チーズ野菜:野菜はキャベツじゃがいもにんじんのソテー)

11月2日 ちっちゃくたって一人前

所用で都心へ。昼は出遅れ,神田駅へ向かって1本裏道のコワンへ入ってみる。きのこのキッシュは温めてありフィリングの加減も良い。ラタトゥイユとにんじんサラダが添えられ色濃い野菜が十分,特ににんじんサラダは極短い太目の千切りにんじんが意外なおいしさ。カフェめし侮るべからず。食後にパイ物続きかなと思いつつ頼んだりんごタルトは,生の薄切りを並べて焼き上げた酸味が軽い生地に合って心地良い。アーキテクトの事務所別設計例がファイルでズラリと揃えてあったり,お店の人がソムリエの資格を持っていたり,ちょっと変わったお店。
刺身,煮びたし(青菜,キャベツ,油揚げ),おみおつけ(あおさ,じゃがいも,ねぎ),ご飯

11月3日 いっそ11月13日も祝日にしてみるとか

買出し後,昼は自宅で塩やきそば(牛小間,白菜,にんじん,ねぎ,ピーマン)。
豚丼(豚ロース,豚バラ),煮びたし(白菜,ほうれんそう),おみおつけ(さつまいも),ご飯。2種類の肉をグリルで焼いて合わせ丼にしてみました。

11月4日 光る海はBフレッツの歌と思ってる子供もきっと多い

でもエイトマンって,本編のストーリーや関係者のエピソードを含めて,光に満ちているというより陰影が深く暗いと思う。
本日Bフレッツ工事。で,昼は在宅作業と雑事と工事立会いの合間を縫って肉まんを頬張り終了。

鶏にんにく焼き,煮びたし(ほうれんそう,油揚げ),野菜汁(大根,にんじん,京芋,ねぎ),生牡蠣

11月5日 土曜の動揺

上の子供の学校の用事。ルクレールでパンを購入,クリームパンと調理パンなど。
スパニッシュオムレツ(玉子,じゃがいも,玉ねぎ),豚のトマト煮(豚肩ロース,玉ねぎ,トマト缶,2色ピーマン),サラダ(きゅうり,水菜),スパゲティ(ブロッコリ,にんにく)

だんだんご飯(鮭,海苔),ゆかり和え(ほうれんそう,にんじん)

11月6日 穴子クンより海老サンの方が実在しそうな気がする

昼は買い出しついでにきみ吉。いつもと変わって,穴子天重にかけそば。配偶者は小海老天丼にもりそば。
ステーキ,野菜のチーズ焼き,サラダ,おみおつけ(豆腐,わかめ,ほうれんそう,ねぎ),お赤飯

11月7日 健康法師は生臭坊主

所用で都心へ。昼は成光で半チャンラーメン。店内7〜8割が炒飯絡みの注文のため,係りの中年女性が鍋を振り通し(オヤジさんではなくオバさんの方が炒め物担当というのも珍しいかも)。ラーメンは醤油の濃い鶏スープが懐かしく,次はメニューにあった月見チャーシューメンにしてみようかな。
夕刻ナイトクダワラに一瞬立ち寄り,生牡蠣と鱈白子に抹茶割りでいたく満足。ところがギッチョン,実は自家製からすみが本日一押しだったらしいのである。メッセージをもらったが後の祭,なべていずれのことにも先達はあらまほしきものなり。
刺身(かつお,めじまぐろ),ブロッコリと豆腐の玉子とじ(豆腐,ブロッコリ,ねぎ,玉子),おみおつけ(さつまいも,ねぎ),ご飯

11月8日 並んでnight and day

所用で都心へ。昼は北千住へ,昨夕に引き続き徳多和良。本日は桜海老かき揚げ丼と穴子丼から穴子をチョイス,フワリ軽い甘さが好ましい。お浸しに利かせた芥子,お新香のミョウガも風味良く,船場汁といただく。
煮もの(ブリかま,大根,京芋),刺身(いなだ),おみおつけ(ねぎ,あおさ),ご飯

11月9日 家系家風

昼は王道家で。ラーメンに玉ねぎと生玉子,更に唐辛子やビネガーといろいろ加えても土台のスープがしっかりしているので楽しめる。
ローストチキン,アスパラ菜とにんにくのスパゲティ,ミニトマト,パン。困ったときのローストチキン,あまり連発すると有難味が薄れるかも。

11月10日 会津万歳団

所用で都心へ。昼は北千住へ。会津地鶏の親子丼をお願いする。噛み締める肉質の正身はもちろん(腿かと思ったら胸肉だったらしい)厚味のある皮部分もプリプリと美味。
刺身丼(サーモン,いなだ,帆立,かに,イクラ),野菜汁(大根,にんじん,里芋,ねぎ)

11月11日 オイスタジンガー序曲

所用で都心へ。昼は配偶者と待ち合わせ,レバンテで牡蠣三昧。店内はお気楽お手軽なコーヒーテラス調だが,季節の牡蠣メニューには定評あり。2人で生牡蠣,牡蠣のスープとチャウダー,牡蠣フライ,牡蠣ピラフ。フライはサックリ衣に柔らかな牡蠣の身。ピラフは和風仕立て,バター風味のお米に牡蠣と醤油の香りと旨味。
隣の国際フォーラムでは,ハリーポッター最新作の試写会でえらい人出。今回はメガネや帽子マフラーで装った観客は見掛けられなかったような,ってハリー君自体が既に少年越えて青年に近付いてるからなぁ。
スープ煮(鶏もも,ベーコン,キャベツ,にんじん,玉ねぎ,じゃがいも),パン

11月12日 同様の土曜

昼は買出しがてらパルクでオムライス,滑らかな薄焼き玉子でやや腰高にくるまれたチキンケチャップライスでいつものお味。配偶者はランチのオムレツ,上の子供もオムライス,下の子どもはスパゲティミートソース。
鯖塩焼き,肉じゃが(牛小間,じゃがいも,にんじん,玉ねぎ),おみおつけ(アオサ,麩),ご飯

11月13日 昼のラーメン夜のラーメン

昼は代々木へ,普段は新宿で深夜営業のお店が代々木めじろで特別営業とのことで久々のラーメン遠征。ラーメンは九州ベースながら,魚の風味を添えた豚骨スープと滑らかな細麺でサラリといただく。チャーシューは厚味があって柔らかな肉質で美味。いったん外へ出てお顔見知りと話し,お腹と行列が落ち着いた所でスイーツのチーズケーキを頂く。ココアパウダーで書かれた文字も入った力作だが,豚骨ラーメンと合わせるなら,もう少しメリハリ付けて力を抜いたスッキリ水物デザート系でも良かったかも。
コロッケ(ひき肉,じゃがいも,玉ねぎ,にんじん,パン粉),キャベツ,あえもの(青菜,かつおぶし),おみおつけ(わかめ,ねぎ),ご飯

11月14日 久々の新店(しかも麺類,でもラーメンにあらず)

所用で都心へ。昼は前に見掛けたバイキングのカレー新店を目指すが,余り食べられなそうにないお腹加減。向かいにこれまた新しそうなイタリアンのお店があったので入る(後で尋ねたら前は港区の方にあって小川町ではオープン1ヶ月位らしい)。モツァレラトマトのスパゲティなど良くあるメニュの下に,マグロスモークと揚げ茄子を軽いクリームソースで合わせたペンネと言った面白い組み合わせも。そのまた下にあった茸とナスのクリームソースラザニアを選択。名前通りトマトはなくクリームソースだけでややコッテリ目しょっぱ目だが,茸とナスにチーズが合わない訳もなく,猫舌忘れてハフハフといただく。自家製らしい胡桃入りの茶色っぽいパンも美味。お代わりをお願いしたら,今度はフォカッチャが出された。違うパンを出して貰えるのは良いが,ちとアブラ濃いので逆に先にフォカッチャならもっと良かったな。これで後は良く淹れたデミタスのコーヒーでもあれば十二分。
刺身(ぶり,鯵,〆鯖),きんぴら煮(れんこん,にんじん,ごぼう,胡麻),おみおつけ(白菜,ねぎ,あおさ),ご飯
サンドイッチ

11月15日 名物に旨いものありなのか

所用で都心から横浜へ移動,展示会の搬入設定日。昼は梅蘭焼きそば,去年は中華街で通りの縦横間違えてお店まで辿り着かなかったのである。1年越しリベンジの焼きそばは,思っていたより盛りが良く餡掛け部分が脂っこい。最初は賄いとか偶然とか家伝郷土料理の類から発生していろいろ工夫を重ねたのだろうけれど,今はもう形が出来上がってしまった一皿かな。
帰路,乗り換えの北千住で一瞬途中下車。〆鯖,ふぐ皮煮凝りでタッチアンゴゴーナイトクダワラ。〆鯖は身の紫がかった桃色が残るほどのほのかな酸味で,一般の〆物とは一線を画す。
鶏おろし焼き(いんげん),おみおつけ,ご飯。配偶者本日よりメインランドチャイナへ。上海蟹は子持ち雌から雄の旬とやら聞く。中華付いてますな。
サンドイッチ(きんぴらサラダにハムチーズ,ジャム)

11月16日 横浜名物おっとんとん

所用で横浜へ,本日から展示会本番。昼は本丸亭へ。済んだ甘い塩味のスープにプルルとした麺は美味,つい帆立ワンタン入りを頼んだが余計に具を入れない方が濁りの出ないスープを楽しめるかも。そのワンタンは大振り帆立入りだが挽き肉餡と2つ別物,折角中華街のお側だから貝と肉が渾然と混ざった造味を見せて欲しいなぁ。以下重箱の隅として,頻繁に冷水を注ぎ足してくれるのは良いけどそもそもコップが小さ過ぎ,一部メニューの変形丼も食べにくそう。ついでに看板の横浜元町の文字が妙に気になる,本店是本厚木ならん。
その後ウチキパンでいろいろ買い込む。最早旨いもの巡りと化しているような。
カレーライス(豚肩ロース,玉ねぎ,にんにく,しょうが,じゃがいも,にんじん),サラダ(きゅうり,トマト,レタス,ブロッコリ,玉ねぎ)
オムレツ,いんげんと油揚げおかか煮,ご飯

11月17日 横浜たそがれ野毛やさぐれ

引き続き所用で横浜へ。昼は14時をずっと回りササクレ気分で野毛へ。前を行くオヤジ2人連れは,居酒屋の名前を列挙して,あそこはまだ開いていないとここは肴が少ないと算段中(この時刻から呑みの相談とは羨ましいような)。センターグリルでカップのスープと特製オムライス。万事大盛り大様なところが味でございます。
またも途中下車してナイトクダワラ。寄せ豆腐は梅とわさびの薬味でフンワリ滑らかほのかな豆の甘味,豆腐花そこのけ。にしんの酢じめはほのかな塩気と酸味でサラリとしたアブラと旨み,サーディンヘリング三舎を避けるべし。
刺身(中とろ),ほうれんそう浸し,れんこんキンピラ,おみおつけ,ご飯
サンドイッチ(チーズ,ジャム×2)

11月18日 粥を食べては戦ができぬ?

所用で横浜へ。遅朝と言うか早昼と言うか,謝甜記で鶏粥に油条。前に食べた記憶より米粒の密度がシッカリあって,もともとの塩気もシッカリ。油条もしっかりした生地でアブラが切れ,パンと焼き麩の間のような香ばしさ。ランチはまた出かけようと悪い目論見で小ポーションにしたが,結局その後夕方まで食べそびれる。夜新橋辺りで降りてカレーかラーメンと思っていたが,いざ搬出まで片付け延々JRに乗ったら,流石に疲労困憊で大人しく帰宅。まぁメッセやビッグサイトに行くより,余禄が楽しいけどね。
さつま揚げ,ハンバーグステーキ,粉ふき芋とブロッコリ,かぶらの梅合え,おみおつけ(わかめ,豆腐,ねぎ),ご飯
サンドイッチ(ハム野菜,オムレツ野菜)

11月19日 久々の地元で新店(でもラーメンぢゃない)

買い出しで駅前に出たら,ヨーカドー裏に茶の子がオープンしていた。野々下に続く2店目とのこと(開店しばらくは柏の新店の方に集中する由)。鶏挽き肉ときのこのカレー。サラダには名物の燻製玉子とチーズが添えられ,1口スープ付き。セットとは謳っていないがミニセット以上の充実。店内もブラウン系ベースに柔らかなライティングで大人向けカフェのお洒落で落ち着いた内装。でも,どちらかと言えば自宅風の室内で和風のご膳をいただける流山店の方が好きかな。
カワハギ煮付け,中落ち,納豆,ほうれんそうのキンピラあえ(蓮根,ベーコン),おみおつけ(あおさ,ねぎ),ご飯
オムレツ(ルッコラ),にんじんサラダ(マスタード),チーズパン

11月20日 本日蟄居以下同文

昼は自宅でカレーうどん,さりげなくカレー続き。
鶏すき(鶏ひき肉,鶏もも,豆腐,ねぎ,青菜)。甘辛味を生玉子で食べて,上がりに雑炊。

11月21日 おすもうさんはくいしんぼう

所用で都心へ。昼は,夜はチャンコの店になるゆすらでシラス丼。大根を用意しているのでてっきりオロシを組み合わせた冷たい具かと思ったら,サイコロよりやや小さ目に切ってシラスと炒めている。柔らかく塩気のあるシラスに,軽く火が入って水気を保ちながらサックリ柔らかい大根が釣り合って思いがけぬ美味。今回は青じそ繊切りが香味だったが,柚子でも面白そう。
刺身,煮物(京芋,油揚げ),おみおつけ(ほうれんそう,ねぎ),ご飯
油揚げ甘辛煮と海苔ご飯,にんじんといんげんのゆかり和え,青菜入り玉子焼き

11月22日 蟹卵原理主義対蟹脚覇権主義

所用で都心へ。昼はふらふら歩くうち神田まで来てしまい,スッカリ時間外れの伊勢で親子丼。久々だったけれど鶏の身割下とも昔食べた時に比べると迫力がないような。ちゃんと掻き込まずにいただきましたが。
配偶者本日無事帰国。チャッカリ上海蟹を食べてきたらしい。松葉越前あたりの長い脚を抜いて食べることを好むズワイ主義者には余りご縁がないかも。
刺身(いなだ,カツオ,中トロ),鶏じゃが(鶏もも,じゃがいも,にんじん,蓮根),おひたし(小松菜,芹),おみおつけ(あおさ,庄内麩),ご飯。
のり玉弁当,小松菜といんげんのナムル

11月23日 後は天麩羅があれば完璧

お昼はちょっと贅沢してむねかたへ,お誕生日スペシャルである。大人は日替わり特選,上の子供は鮪づくし,下の子供は漬け丼。肌目細かく艶やかなネタとシャリに満足。
しゃぶしゃぶ(牛ロース,豚ロース,豚もも,かに脚,牡蠣,豆腐,白菜,水菜)。スペシャルその2,上がりに素麺。

11月24日 西瓜と天麩羅はともかく,蟹と牡蠣はゴロ合わせのような気がする(広島鳥取あたりで困るじゃないか)

所用で都心へ。昼は押して出そびれ,十穀和長でおむすび,鶏唐揚げと和風ツナ。鶏唐上げはガーリック風味のマヨネーズが絡めてあり,熱々握りたてだったのが特に美味。ちなみに先客の若い衆は迷うことなく大声で梅と鰻を注文していたが,アンチャンそれは食い合わせだよ。
鶏カリカリ焼き,トマトサラダ,おみおつけ(白菜,京芋,細ねぎ),ご飯

11月25日 おや,この丼旨いねぇ

所用で都心へ。かなぁり疲労困憊,昼は千住で親子丼,今回はどこの地鶏と言うものではないが其処はトクダワランチ,サラリとした加減でプックリトロリと火の通った鶏と玉子にご飯の炊き上がりも良く,専門店にも勝る出来栄え。いっそいつか牛丼があったら是非食べてみたい,と言ってみる。
刺身,煮びたし(白菜,青菜,油揚げ,おかか),おみおつけ(さつまいも,ねぎ),ご飯

11月26日 アーモンドグリコチョコレートは1粒でもう1度余計においしい

昼はイタリアンのリクエストを受けて,まがーりへ。手打ちパスタの狩人風,控え目のトマト風味にむっちり厚味のある麺。配偶者はクリームと茸のショートパスタ,上の子供はガーリック風味のスパゲティ。デザートも一口ながら,柔らかい生地と甘味でお食後に格好。
シーフードマリネ(生牡蠣,サーモン,帆立,蟹,玉ねぎ,ミニトマト,プリーツレタス),ローストビーフ,花野菜天火焼き,おみおつけ(豆腐),お赤飯。お誕生日スペシャルも3度目。食後に栗風味のチョコレートケーキ。

11月27日 あったらコワいけど食べてみたい大籠包

昼は買い出し後,クルマを回して芳蘭へ。チャーシュー炒飯に,取り分け分の餃子と小籠包。アブラの切れた炒飯はパラリもっちり。配偶者は牛肉餡掛けご飯,上の子供は鶏のお粥。
牛肉のソース焼き(玉ねぎ,2色ピーマン),おひたし(ほうれんそう,水菜),おみおつけ,ご飯

11月28日 やっぱり謎なカフェめしにおけるカレーの多さ

所用で都心へ。昼は出遅れに月曜定休が絡み,北千住で次々振られる。前から気になっていたアサリ食堂で野菜カレー。カレー粉が強い辛口でチョイ苦手タイプだったが,煮物小鉢が付いておみおつけはお代わりまで勧められるサービスの良さ。で,すぐ隣のカフェのお店にもやっぱりカレーのランチメニューがあるらしいのが気に掛かる。
ぶり大根(聖護院大根,ぶりアラ),ぶり刺身,おみおつけ(じゃがいも,ねぎ),菜飯

11月29日 うどんは柔らかなツルミとネバリヌメリが身上かも,と四国の先生も仰っておられます

所用で都心へ,昼は行き掛けに北千住。えぼだい塩焼き,あれば刺身に転んでしまうので焼き魚は初めてかも。やや小振りだが1尾付け,塩が程好く回った身にレモンを絞っていただく。漬かりの良いかぶの漬物とわかめ豆腐の汁。小鉢の小振りな赤貝(サルボと言うらしい)はコックリ甘辛で,お酒があればねの味。
夕刻は大喜でタンメンセット,すっきりコクのあるスープにいろいろ小鉢小丼を平らげ,お顔見知りとお話してちょっとデジャヴ。

11月30日 走る士の次は走る師

昼は王道家,麺少な目に生玉子は最近の定番化。スープ麺とも手堅くウマい。
刺身(まぐろ,中落ち),煮物(青菜,白菜,大根,油揚げ),おみおつけ(ねぎ,じゃがいも),ご飯


過去記録月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ