4月1日 真っ赤に燃える大嘘だから4月の魚は恋の季節なの

所用で都心へ。昼は日暮里で山形そば。以前は休み時間切れ終了で3度目の正直。一番人気らしい肉付けそばは,甘じょっぱく胡麻のタップリ浮かんだ肉入りの温かい汁。色黒不揃いな短い太平麺線は,見た目よりボソつかず噛み応えがある。江戸蕎麦の粋とはおよそ逆だがなかなか美味。他にこんにゃく山菜煮のおかずと味ご飯がサービスのオプション。
三ノ輪へ抜けてオオムラでパンをいろいろ買い,南千住から常磐線。
鯖塩焼き,添え青菜,豆腐と白菜煮(豆腐,白菜,にんじん,玉ねぎ,鶏スープ),おみおつけ(じゃがいも,わけぎ),ご飯
チキンサラダロール(ゆで鶏,セロリ,青菜),ぶどうパン

4月2日 下が皿と下が石で結構印象が違う

久し振りに総武京成線系統を乗り継ぎラーメン。津田沼まで行ったら必勝軒は不定期休み,久々だと矢張こうなる。勝田台へ回りまず丸長,代替わり後初めてでサービス係に徹している先代ご夫婦の姿が印象に残る。親の愛是に優るはなし。つけそばBは,甘辛酸どころではなく苦味すら感じるほどにスパイスの効いた付け汁。麺も汁に負けないためか,厚みの増した形状で粉の密度が詰まって滑らかさが減った分コシのある生地。
駅北側へ回って一力屋へ,思っていたよりロードサイド然とした気取らない店内。券売機に加えて写真入りメニューがあるのは,複数系統あるだけに親切かも。しょうゆ味の黒まろは,豚骨が出ながらフワリと軽さのあるスープ。九州に比べると水分が多くボソつかない滑らかな生地のストレート細麺と良く馴染む。
常盤台まで京成線,さくら祭りとは言え並木はまだツボミ。葉桜の昨年とは逆に1週早かったか。北小金まで歩き,こーであるパンを買って常磐線。
刺し身(きはだ×2),揚げ詰め焼(栃尾油揚げ,チンゲンなばな,塩鯖ほぐし),さつまいも煮,鶏スープ(セロリ,ほうれんそう),ご飯

4月3日 Accidental cooking

買い出し後,昼は自宅で。買ってきた玉子を取り落としパック片側にヒビを入れたため,急遽玉子消費メニュー。子供どもは残りご飯でオムライス(鶏もも,玉ねぎ,にんじん,玉子),大人は麺を茹でてカルボナーラ風スパゲティ(ベーコン,鶏もも,玉ねぎ,にんじん,セロリ,玉子)。
煮物(筍,鶏),おひたし(青菜,かつお),筍ご飯,おすまし(豆腐,姫皮,わかめ)

4月4日 桃の節句と端午の節句の間だからと言うお約束のオヤジギャグ

所用で都心へ。昼は秋葉原へ工具の買出しついでにジャイヒンドへ。本日からコックさんが1人里帰り中とかで,昼はバイキングのみだったのが残念。チキンとダールのカレーをごっそりいただく。
戻りがてら松楽の前を通ったら新メニューらしき水餃麺があるのでいただいてみる。ムッチリした皮のおいしい餃子だったが,汁麺に浮かべるにはワンタンの方が馴染みが良いよう。ちなみにワンタンメンもメニューになっていた。矢張後はシューマイが欲しいなぁ。
カレーライス(豚モモ,玉ねぎ,じゃがいも,にんじん,トマト),サラダ(水菜,きゅうり,トマト)
サンドイッチ(ハム野菜,ツナ野菜,ジャム)

4月5日 店内9割が突撃中

所用で都心へ。昼は太目の麺が食べたいとトツゲキラーメンへ。季節メニューの付け麺を頼んでみたら,付け汁が冷やし中華仕様の甘い酢醤油で浸すにはチト食べ辛かった(ちなみにご主人は例の渋い声で足りなかったらお汁足しますからと言ってくれたのだけれど)。冷やした野菜の具と熱々排骨揚げに甘酢タレがからむところは宜しい。
カツオ玉子ご飯(カツオ刺身,玉子,ねぎ,のり),煮びたし,おみおつけ
トマト煮(ソーセージ,玉ねぎ,にんじん,ピーマン),玉子焼き,菜飯

4月6日 食べて体力を付けても花粉症は治らない

所用で都心へ。昼はくう福でとうふのカレー。みじん野菜と餡掛けでまとめた和風麻婆豆腐風だがちゃんとカレーにもなっている。ご飯との相性は当然宜しい。お隣の人が食べていたえびフライも,ポテトサラダを子持ち風に着せてありおいしそう。
司町角の福そばだったところが花ごよみになっていた,路麺路蕎麦も個人店はキツいのだろうなぁ(秋葉原店も結局開いているところに行き逢うことがなかった)。かき揚げ蕎麦は薄口甘目の汁,かきあげは小振りだが厚みがあり海老がプリリと美味。
サーモンバタ焼き,じゃがいもグラタン(じゃがいも,玉ねぎ,牛乳,チーズ),ミネストローネ擬き(トマト,にんじん,玉ねぎ,キャベツ,大豆,鶏もも,茹で豚),バゲット
ロールパンサンド(ハムチーズ青菜,ピーナツバター)

4月7日 汽笛一声カレー食う

所用で湾岸新都心へ。昼は湾岸でない都心への移動ついでに新橋ガネー舎でなすチキン。新橋も存外カレー屋さんが多い。大振りの具を活かしてポトフの如くいただいたが,実は茶漬けか雑炊の如く全体一体に掻き込む方が旨いんじゃなろうか。
このところ暴食気味ゆえ夜は帰宅後蕎麦を茹でる。トロロ大根おろしに,鮭ほぐし身タラコと揉み海苔を散らす。
ロールパンサンド(ハムポテトサラダ,チーズポテトサラダ,ブルーベリージャム)

4月8日 ぴかぴかの新入生vsへろへろの受験生

午前中下の子供の学校の用事。終了後所用で都心へ,途中志乃多寿司で茶巾稲荷海苔巻き詰め合わせを買っていきデスクで昼食。稲荷の甘さにガリの辛味が好対照。
午後,所用でまた湾岸新都心へ。夜はまた帰宅後冷やし蕎麦。本日は,帆立貝柱アボガド大根おろし。上から揉み海苔とイクラ。

4月9日 アニメタルの入っているカラオケがあるらしい

上の子供の学校の用事,家の者共用にはトマトとベシャメルの2色ソースのマカロニグラタンを用意して出発。昼はアミーで塩やきそばロールとめんたいチャパタを買っていって合間に食べる。
用事終了後,一同で飲み会。1次の料理のおいしい飲み屋からカラオケを経て立ち飲みまで。

4月10日 春は苦味と心して喰え

昼は買い出しついでにクルマで映月庵へ。春の野菜天ぷら。蕗の薹など山菜野草のアクの苦っぽさが半ば旨味に変わり,塩でサクサク。田舎蕎麦と共にいただく。配偶者はセイロの重ね,上の子供はとろろセイロ,下の子供はセイロ。
ラムチャップ,揚げじゃがいも,ミニトマト,お浸し(ほうれんそう,手ごろ菜),おみおつけ(わかめ,豆腐),筍入り赤飯。食後にいちごケーキと紅茶。2日遅れのお祝いで,メインは本日の主役のリクエスト,赤飯は近くの縁者にも届ける。

4月11日 グリルとキッチンとダイナーってどう違うのか

所用で都心へ。昼は,入谷のキッチンビクトリヤでハンバーグとカニクリームコロッケのランチ。何となくドミグラスベースのソースがたっぷり掛かっているのを期待していたら,焼き汁をメインに合わせたソースであっさり目。
博多三社祭の前を通り掛かったので,しょうゆ豚骨の雷。都央から東寄りで昼間から九州豚骨が食べられるお店はうれしい。お店の人も良い感じ。
まぐろ納豆(ねぎ),煮浸し(青菜),おみおつけ(わかめ,じゃがいも),ご飯

4月12日 毎日お昼に2軒ずつ行ってはいけません

所用で都心へ。昼は,鶯谷のいらっしゃいでキツネ,甘辛煮ではなく白い揚げの細キリが乗るキザミのタイプ。関西風饂飩とのことだったが,割合ゴッチリとした捏ね粉の重い麺線でした。
角煮擬き(豚三枚肉,筍),青菜ひたし,スープ(筍,にんじん,ねぎ,わかめ,玉子),五穀ご飯。
ミニホットドッグ(ソーセージ,ポテトサラダ),サンドイッチ(チーズきゅうり,ジャム)

4月13日 鮨葵という店名がどうしても"スシ わさび"と読めてしまう誤変換

所用で都心へ。昼は,鶯谷と日暮里中央辺りの葵でつけ麺。頼んでからミニやカレーも気になる。付け汁は,香油が多目に浮かび節粉が入って加減は甘口。麺は中太で表面ツルツル,ためか結構濃い味付けの汁だが麺を食べるとそれ程感じない。
その後元々気になって探していた洋食屋さんの前を通る。先程ミニにしておけばと言う所だが,この際お店に入りオムライスにエビフライ添えを注文。オムライスは,やや厚味のある薄焼き玉子で色味ともに淡目のケチャップご飯を巻いてある。エビフライがウスターソースだけは寂しいと思ったら,マヨネーズで合わせた玉子を子持ちに抱いたタルタルソース内蔵型フライでした。
ちなみにタイトルのお寿司屋さんも都心神田錦町小川町辺りに実在しますがまだ入ったことはありません。
鶏ソテー,煮びたし(チンゲンなばな),おみおつけ,ご飯。そう言えば,ちんげんなばなと書いてあるとつい"ちんげんバナナ"と読めてしまう誤変換もあるな。
サンドイッチ(ハムキャベツにんじん,チーズきゅうりポテト,ジャム)

4月14日 親ばかチャンリンさんりんぼうず

所用で都心へ。早目上がりの予定が休みの人の代打で炎上,ランチタイム返上。弁当を買いに出るも,お連れがいらしたため遠征ならず手近ホカ弁で幕の内。踏まれたり蹴られたり。
牛肉ソテー青菜添え,鮭と鱈子のスパゲティ,サラダ(きゅうり,黄ピーマン)
菜飯(大根葉,ごま),鶏じゃが(鶏もも,じゃがいも,玉ねぎ,にんじん)

4月15日 金曜仏滅カンガルー

下の子供の用事だが引き続き所用炎上中につき,後詰を頼んで都心へ。昼はまたもズレまくり。立ち食いで素早くというお連れのご要望につき,神田そばでかきあげそば。
牛丼(切り落とし,ねぎ,こんにゃく,玉子),青菜ひたし,おすまし
鰤塩焼き,酢の物(蒸し鶏,わかめ,きゅうり,長芋),おみおつけ(青菜,わかめ,筍),ご飯

4月16日 ホロ苦い大人の味甘い子供の味激辛い大供の味?

クルマで買い出し。昼はパルクの前を通ったら,ランチがビーフカツですかさず入る。チト衣がはがれやすいのが難だが,ドミグラスベースのソースが掛かって結構。道の駅で野菜を買うついでに沼南の親子丼のある鰻屋を探そうかとも思ったのだが,元沼南町側はまだ元柏市内並み地番表示になっていない故,またのトライに。
カツオのっけもり(大根おろし,壬生菜,青小葱),小松菜ばなの胡麻あえ,筍煮物,おみおつけ(筍,わかめ,豆腐),ご飯。泥付き筍を茹で,花付き小松菜も珍しい。しかし下の子供にはホロ苦さが絶賛大不評。

4月17日 4月にやっても五月賞(だから番狂わせが。。。)

町内の総会から直接夜外出の配偶者日程に合わせ,昼はウチメシ(皐月賞もリアルタイムで見られそうになくお気の毒)。素麺を茹で,鶏グリル野菜盛り合わせと食べる。野菜はトマトと青菜。
午後,昨日の続きで自転車を出し元沼南方面へ。吾城屋でおろし蕎麦。やや出汁の加減が強目だが,シッカリ麺線と合って美味。紫芋の天ぷらをひと口サービスでいただき,蕎麦湯のお茶受け。
国道16号から入ってすぐ先に洋食レストランができていた。富士見軒とあったが柏駅前にあったお店と関連あるのだろうか。開業がかなり古い年号だったのに比して店舗が非常に新しい所は,どうもそれらしく思えるのだが。
雑炊(鶏,にんじん,大根,ねぎ,玉子),冷やっこ,煮びたし(壬生菜,小松なばな,油揚げ)

4月18日 さぁー次いってみよーってガンガン喰えたらいいですね

所用で都心へ,更に湾岸へ。昼は乗り継ぎを利用して長介,店内には前期のドリフのポスターが貼ってある。和風の名乗りに対しかなり油コラーゲンともこってりと出たスープだが,長芋入りにしたら色止め下味かポン酢めいた酸味が乗ってややスッキリ。それでもボディブローが利いたのか,隣の路地で由美さんのカレーなる興味深げな屋台風のお店を見つけるも流石に入れず。
牛と大根のスープ(牛すね,大根,ねぎ,筍),青菜の玉子とじ(青菜,玉子),きゅうりと長芋和え,ご飯。そう言えば長芋連投ですね。
サンドイッチ(ツナキャベツ,桃ジャム,ピーナツバター)/p>

4月19日 始まりはいつも愛,きっかけはフジテレビ,だったのか?

そのカゲで波風なくAdobeがMacromediaを買収。アプリメーカーがWinのメーカーを凌駕するとはついぞ思わないが,FrameMakerを使っているので人事ではない。Macromedia製品とはバッティングしないものの,そもそもAdobeに買収された後PageMakerに隠れてずっとマイナーな存在ゆえ,このままなくなっちゃたらどうしようパオパオパ。
所用で都心へ。昼は大喜で新メニューの味噌もりそば。甘味の利いた味噌ダレにアブラを浮かせ挽き肉を忍ばせたモッタリした味,冷めてくるとアブラもあってややクドく触るかも。個人的には,冬からの限定だった汁麺の味噌の方が良いかな。今回は同じく太麺で梅しおもりそば,細麺でつけそばの塩味と3種類新メニューがあるので,残り2つもいただいてみなければ。
鶏チーズ重ね焼き,ブロッコリ,だんだんご飯(鰹昆布椎茸佃煮,のり)
豆入りトマトシチュー(牛バラ,ベーコン,大豆,にんじん,玉ねぎ,トマト),サラダ(壬生菜,きゅうり),ご飯

4月20日 どこかにつちのえもあるんでしょうか

所用で都心へ。昼ははまって,つちのとでお弁当。カレイ甘酢餡,春雨炒め,切干煮。ご飯は上に親子丼風味の具が乗っていたのだが,肝心のお米がちと炊き上がりに難だったのが残念。
茹で豚の胡麻ダレ(豚バラブロック,春キャベツ),スープ(にんじん,椎茸,青ねぎ,わかめ),菜飯
和風スパゲティ(ハム,ベーコン,青ねぎ,小松菜,たけのこ),オムレツ

4月21日 キングオブジャンクロメーン

所用で都心へ。更に午後から湾岸へ。昼は移動の間に。大手町の変貌に吃驚さ迷いつつ,昔懐かしリトル小岩井でナポリタン。麺が太くトマトの甘さが少ない分,先日のさぼうる2よりも記憶の中の赤いスパゲティ原型に近い。ほとんど男性の多数顧客が行列を作る茹で置き炒めスパの店として,ジャポネと双璧。個人的な記憶では,醤油味(ジャポネとかジャリコとか)は色白大人しいリトル小岩井に対し炒めが香ばしくただの醤油とは思えないショッパミが利いたジャポネ,ナポリタンは小松菜入りと変則なジャポネに対し具がオーソドックスなリトル小岩井,タラコは上乗せで食べ難いジャポネに対しタップリ全体に混ぜ込んであるリトル小岩井,だったような気がするのだが。ちなみに,これまた噂のアイテムお持ち帰りナポドッグは残念ながら在庫が切れていました。
帰路,電車の乗り継ぎが悪いのでいっそ南船橋から京成野田線と乗り継いでみる。途中折角なので,マルキンベーカリーとLittle Breads To Goでそれぞれ何種類かパンを購入。
サンドイッチ(キャベツきゅうりハム,桃ジャム,マーマレード)

4月22日 往年のおやじギャルも掛け値なしのオバサンになっているであろう今日此頃

所用で都心へ。更に都心へ,昨日に引き続き大手町のお上りさんである。所用が引っ張りジャポネは既に長蛇の列で断念。Dean&Delucaに入ったら何だかつまらない,洒落た洋物食品店独特のワクワク感がない。一応パンをいくつか買ったが,これはと言うのはメゾンカイザーのキャラメルパイ位だったかな。甘さの裏の香ばしいホロ苦さは宜しいが,もうチョイ小さい方が最後まで楽に食べ切れそう。
釈然とせず帰路大喜でうめしおもりそば。なんとなく繊切り胡瓜かと思っていたが,叩き様のブツ切りである。なるほど熱い付け汁の中でも煮えずに歯応えを残すにはこの形の方が宜しかろう。梅風味でキレがあり先日の味噌もりそばとは対照的,付け汁が冷えてもスッキリいただける。これから暑くなると更に真価を発揮しそう。ただ,酸味とのバランスか太麺仕様か加減が強く,後でかなり喉が渇いた。贅沢を言えば,麺を浸して食べてシックリ,スープで割らずともジンワリ,そんな付け汁がお値打ちでございます。
バンズサンド(チーズロールにハム野菜,レーズンロールに桃ジャムとマーマレード)

4月23日 口中の春膳上の花

昼はむねかたへ。配偶者と合同でばらちらしをお願いする,2人前からなのでずっと気になっていたが頼めなかった。ややあって2人前と言うにも大きな鉢にタップリの散らし寿司,具は鮪(中トロ),白身,いか,イクラ,飛び子,穴子,かんぴょう,錦糸玉子。魚類は程良く下味が付いて,全体を頬張れば馥郁爛漫個々の具をつついて繊細新鮮である。
筍スープ煮(筍,鶏もも,ねぎ),青菜と豚炒め(小松菜,豚切り落とし),和え物(きゅうり,トマト,大豆煮),ご飯

4月24日 家中の春台所の花

昼はおうちごはん。鰹昆布椎茸軸で付け出汁を作り,素麺を茹でる。にんじんの葉ににんじん本体と鶏肉でかき揚げ,到来物のやわらかかまぼこ(ハンペン風だがあれほどブワブワと甘くない)もあわせて揚げる。
刺し身(まぐろ赤身,中トロ,ねぎトロ),煮びたし(青菜),おみおつけ(わかめ,じゃがいも,ねぎ),ご飯。解体販売

4月25日

所用で都心へ。昼は所用先の皆さんとイタリアンでご会食。トマトのリガトーニ,トマトとチーズのピザの盛り合わせランチ。かぼちゃスープ,グリーンサラダ。そう言えばこの店,小川町は改装してピザも扱うようになったが,赤坂の方はどうなっちゃったんだろう。
納豆(ねぎ,玉子),煮物(青菜,たけのこ,油揚げ),おみおつけ(麩,あおさ),ご飯
豚と野菜のカレー風味煮(豚切り落とし,キャベツ,玉ねぎ,スナップえんどう),にんじんとさつまいもアッサリ甘煮,ブリオッシュ

4月26日 寸暇を惜しんで地元発掘

下の子供の学校の用事で休み。こむぎやでパンを購入,なるほど駅の東西どちらから回っても不便な所にあるが,老舗の製粉所直営ゆえ新鮮な小麦粉を生かしたサックリ素直な焼き上がりのパン。
昼はまざーぐーすでBランチ(カニコロッケと刺身盛り合わせ,店名の印象に反し和食メインである)。出入りがざわざわして落ち着かない。時分で混むのは仕方ないのだが,近辺と比べてやや高目設定ながら美味しいお店なのであれば,最後までじっくりいただけるのも値段の内にしては。
ローストチキン(じゃがいも,ブロッコリ),トマトサラダ,スパゲティ(ミックスハーブ,ほうれんそう,壬生菜)
チーズ入り玉子焼き,煮びたし(ほうれんそう,油揚げ),五目煮(大豆,昆布,鰹節,にんじん),ご飯

4月27日 モスモスって全部で何号あったんだろう

所用で都心へ。昼は押し押しで完全食べそびれ。モスで新製品パオチキン。甘味噌ダレはなるほどそれらしく出来ているが,炙り目辺り蒸し饅頭様の生地が一部変に固いのが食べていて気になる。ズレたついでにもう少し待って匠味頼んでみる手もあったなぁ。
スープ煮(牛バラ,大根,蓮根,ねぎ,筍,菜花),和え物(鰹,きゅうり,トマト),甘煮(さつまいも,にんじん),ご飯。鶏スープ
サンドイッチ(ごまパンにオムレツハムクレソン,胚芽パンに桃ジャム)

4月28日 I'm Being Merged (and acquired)

昔矢鱈転勤が多いからI'm Being Movedの略だという洒落があったのですが,Lenovoになっちゃいましたね。
所用で都心へ。昼は大喜で塩つけそば。麺線が細く汁をたっぷりまとう分,そのまま後で飲める位の柔らかな加減の付け汁。別添えの具も摘んで楽しく,3種類のニューフェースの中で一番お気に入りかも。
カツオ納豆(鰹,ねぎ,海苔),煮物(筍,にんじん,蒟蒻),おみおつけ(あおさ,ねぎ),ご飯

4月29日 18金位のゴールデンウィーク

配偶者は原稿締切,子供どもは暦通り登校なので,ピカピカの純金週間にはなりゃしないのである。お休みの昼は単独行で松戸の二郎へ。ヘタレゆえ小ラーメンでブタも増やさないが,休日で後の所用もないので思い切りニンニクコール。思っていたのに比べて倍くらい入り,最後は結構臭く辛くなった。おいしく食べ切ったが,そろそろコッテリドッサリ系は食べる時の体調や前後のメニューを選ぶかも。と言うことで連食は大人しく諦め,こむぎやでパンを買って帰宅。クリームパンは家内一部で絶賛賞味中なのである。
鶏鍋照り(鶏もも,レバー,黄色ピーマン,ねぎ),青菜ひたし,おみおつけ(あおさ,ねぎ),赤飯。お誕生日のお使い物に赤飯を炊いたため,残りの献立の日常性にもかかわらず赤飯。

4月30日 赤の食品群が大好きさ

かしわでで野菜の買出し後,昼はくらちゃんへ。タレが甘口1種しかないなど細かい設定には欠けるが,流石に肉は肉屋。食べでのあるハラミ,霜降りのアブラが甘いカルビ,分厚くコシがあってシナヤカなタンと満腹満足。ランチを注文すると,100円でプラスできるキムチナムルもなかなか。
ネギとろ,煮物(筍),煮びたし(青菜),おみおつけ(わかめ,筍),ごはん。夕方駅前に買足しに出て解体のカマをゲット,スプーンと切り出しで中落ちをドッサリ拵える。
かやくご飯擬き(油揚げ,にんじん,こんにゃく),スナップえんどう塩茹で,玉子焼き


過去記録月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ