9月1日 本当に新学期

とは言え月曜の一昨日からback to schoolモードではあるのだが。東武柏駅構内の普段は京都の食パン屋が出ている所でホグワーツ学校物語邦版第5巻を出店で売っているのを見掛ける,遺憾ながら嵐のようにお買い上げにはなっていなかった模様。
昼は波里宝の前を通りかかったら開いていたのでそのまま入るでしょう。マグロブツ定食をお願いしたところ,肉じゃがのお鉢ではなく蓮根の天婦羅だった。あの肉じゃが好きなんだけど(献立貼り紙でも消してあったので仕様変更か)。ってソモソモは天婦羅屋さんなんだからね。
鯖南蛮漬け(鯖,にんじん,ルッコラ,玉ねぎ),煮びたし(てごろ菜,油揚げ),おみおつけ(茄子,わかめ),ご飯
オムレツ(青菜チーズ),豚肉ソース焼き,にんじんとピーマンのオカカ煮,ご飯(わかめふりかけ)。

9月2日 なさそうでないもの天婦羅カレー(そう言えば天婦羅入りカレー南蛮はあるよねぇ)

昼はA-ryuでカレー御膳。お椀のご飯と別盛りのチキンカツカレーであった,ソースはくっつり煮込んだ味。刺し身サラダは酸っぱ味立ち過ぎで夜のオツマミはともかく昼のオカズにはならず。小鉢は結構らしい味だったんだけど,意あってと言うとあんまりか。
玉子炒め(鶏,椎茸,ねぎ),棒々鶏やっこ(鶏,豆腐,青瓜,にんじん,みょうが,胡麻),おみおつけ(わかめ,庄内麩),ご飯
焼きそば(豚小間,玉ねぎ,キャベツ,にんじん,ピーマン)

9月3日 Staying Power

所用で都心へ。終了後根津方面を流すも,食べようかなと向かうお店の戸口に頭ハネで他のグループが入っていく繰り返し。そんなこんなでPASA,MATOKKOと逃し,押さえに行こうと思っていたリトルカトマンズがどうしても見つからない。
で,前に何個所かで見掛けた一力へ。見た所色の褪めた縞の日除けに店内の様子が覗けないガラス戸が至ってそそらない,入ると色遣いの悪い花柄ジュータン敷きフロアにゴチャゴチャ訳分からん容器だの小物だのが詰まった店内がこれまた更にそそらない。が,いただいたラーメンは,スープの自然な澄んだアマさ,麺の捩れ縮れの小気味良い律動,と感動モンの旨さ。懐かしいと感じさせる要素満載でありながら,同時に今日食べても美味いを成立させているのである。こうなると,麺汁を口にするまでのそそらな感連発も,却ってカタルシスを呼ぶための導入儀式みたいなもんですらある。
で,駅前でパン屋さんを覗いたらぶどうパンは棚に並んでおらず買えず。そのまま常磐線へ。プラスマイナスやや不完全燃焼かな。
鮭塩焼き,添え野菜(キャベツ,オクラ),煮付け(里芋,にんじん,ごぼう,こんにゃく),おみおつけ(わかめ,なす,ねぎ,みょうが),ご飯(五穀米入り)
サラダ(コンビーフとルッコラ),さつまいもとにんじんのバター煮,ぶどうパン

9月4日 以下若竜家,若星家,若鯉家,若燕家,若巨人家の順でありそうにない(あったらいやだ)

買い出し後,昼はわかとらや。何と配偶者の方が先月位からずっとサジェッション出していたのだが,上の子供は連れて行くに忍びなく下の子供は単に連れて行き難かった。で,ラーメンを注文。配偶者はバラチャーシューメン,どっちが食べてもいいかなでメンマチャーシュー丼。チャーシューを1枚バーター,バラは薄切りベーコンがチャーシューになったような詰まった旨味と脂っこさ(最初喜んでいた配偶者のバラも途中から仕事になった模様,そんな予感がしてサルベージできるようシンプルにラーメンにしておいたのである)。丼は焼きメンマに惹かれたのだが,香ばしいというより焦げっぽいゴマたっぷりのメンマで,これはこちらが途中から半分仕事(配偶者がバラチャーシューに忙殺されていたせいもある)。
サンドイッチ(ジャーマンチーズ:じゃがいも玉ねぎピーマンコンビーフチーズ,ブルーベリージャム),ぶどうパン
鰤塩焼き,青菜ひたし,切干大根煮(切り干し,にんじん,厚揚げ),おみおつけ(わかめ,じゃがいも),ごはん

9月5日 胡乱ならざるうろん

昼は買い出し後クルマでうどん市へ。実は,家内の意見がまとまらない時とか遺恨があってオブジェクション出まくりの時とかに緊急避難的に入っているような。冷やしおろし饂飩とかき揚げ丼セット,配偶者はかき揚げ天ざる,上の子供はカレーうどん,下の子供はたぬきうどんにかき揚げの具を分ける。
ラムチャップ焼き,煮びたし(青菜,切干大根煮の残り),なすと胡瓜の梅和え,おみおつけ,ごはん

9月6日 Some Rain Must Fall

所用で都心へ。終了後,先週見つからなくなったリトルカトマンズを再度見に行くが,住所を照らし合わせた所全然別種の食べ物屋になってしまった模様。未食じまい。東大の側(菊坂下?)のパイ屋さんが夜店通り沿いに支店開いて賑わっていた。これまた先週買えなかったぶどうパンは本日お店自体お休み。
当てが外れて流していくうち,自家製ハム屋さんを見つけて購入。で,不二食堂が意外と簡単に見付かりカレーライスの定食(結局カレー食べたって落ちかい)。非常に濃いい店内に濃いい常連さんで珍しく浮いてしまう程だが,しっかりポッテリ煮込まれたルゥは美味。付け合わせの両目玉焼きに甘く濃い切り干し煮まで平らげ大満腹。4号線(?)沿いに三ノ輪へ出てついでに南千住まで歩いて常磐線。
鰹のっけ,さつまいもと栗の薄甘煮,きゅうりもみ,素麺茄子味噌付け汁。なんで変則な献立になったかと言うと,ご飯を研いで炊飯の代わりに保温ボタンを押すという痛恨のミステイクのせい。
玉子焼き,煮びたし,南瓜とさつまいもチーズ焼き,ご飯(海苔)

9月7日 買い食いの密かな楽しみ

昼は買い出し帰りに大きなメンチカツを2つ購入(幼少時メンチ文化圏にいなかったため未だに珍しい食べ物),軽く焼いた食パンにキャベツと挟み2種類のソースで食い分け。作業に嵌まって14時過ぎだったが,2軒行ったお肉屋さんいずれも揚げ鍋の火を落としていた。夕刻から復活のよし,デリカ類買わないので知らんじゃった(よって購入したのは揚げ置き,トースターで焼き直したら十分美味かったけど)。
鯖塩焼き(大根おろし),煮びたし(抜き菜,水菜,油揚げ),茸炒め,おみおつけ(茄子,わかめ,ねぎ),栗ご飯
サンドイッチ(ボロニアソーセージきゅうり,玉子にんじん,玉子水菜)

9月8日 冷やしが終わった後の残暑は詰まらない許せない

所用で都心へ。昼はフライパンでトルコライス。赤スパはハンバーグ,カツは塩味白スパで悩ましい組み合わせ。時分外れの強火か,ハンバーグに焼き斑焦げ,チャーハンもガサついたのが残念。
ジローは開いていなかったので,ペリカンでパンを購入(重みがあり荷物だが頑張る)。かっぱ橋抜けて入谷経由で南千住へ。一昨日同様竜泉を通ってもハム屋がどちら側か分からんのが方向音痴,とは言え歩いている途中でチーズケーキ専門のケーキ屋を見つけて購入。帰宅後おやつに食べたら,焼きチーズはみっちりドッシリ,レアチーズはベリーが忍ばせてあるのがキュートでした。
鶏鍋照り(鶏もも,ほうれんそう),酢の物(きゅうり,蓮根),さつまいもと栗の薄甘煮,おみおつけ(豆腐,茄子,ねぎ,わかめ),ご飯
南瓜ハムロール焼き,おかか煮(にんじん,いんげん),玉子焼き(チーズ),ご飯(わかめふりかけ)。一昨日のハムのうち,ボロニアはチョイ練り物臭さがあるがビアハムは美味,特に炙ると一層甘く香ばしい。

9月9日 救急車の日九九の日重陽の節句

昼は,自転車で流していて見掛けた味彩へ。見掛けより広くて趣味の装飾品満載で喫茶だか食堂だかラウンジだか分からない造りの店内。メインはコロッケに野菜果物の付け合わせ,具沢山のおみおつけ,竹輪と根菜の煮物,青菜の小鉢,胡瓜と大根の漬け物。ご飯は薄く色の付いた粒が混じって最初吃驚したが,玄米だった様子。食後にはコーヒーと自家製らしいシンプルなスポンジのケーキまで付く。味は普通においしいが,矢張何ともカテゴライズ出来ない不思議なランチだった。
刺し身(ハマチ),煮付け(大根,にんじん,油揚げ),おみおつけおみおつけ(山東菜,えのき,ねぎ),ごはん
サンドイッチ(サラダにチーズ,サラダにハム:サラダはじゃがいも,にんじん,いんげん,きゅうり)。昨日購入したペリカンのパンで上の子供はバンズ,下の子供は小ロール。

9月10日 あの蕎麦らしい相鴨をもう一度

午前中下の子供の園の作業。昼は自転車で足を伸ばし,おば田へ。新松戸から増尾へ移ったって何処だろうと思っていたら,元のトミザワの蕎麦屋の位置であっさり見つかる。鴨セイロをいただいたが,何だか鶏のような大人しい味で麺線はやや乾きを感じさせる。矢張この辺りだとそば園が一番鮮烈だったなぁ。
サーモン漬け(サーモン,のり),じゃが煮(ハム,じゃがいも,にんじん,玉ねぎ),酢の物(きゅうり,蓮根),きゅうり漬け物(きゅうり,昆布),おみおつけ(山東菜,庄内麩,ねぎ),ご飯
バンズサンド(ツナサラダ;にんじん,蓮根,きゅうり),ブロッコリのチーズロール

9月11日 杉檜が続く二期作よりまし?

先月末位からずっと喉と鼻の調子が悪く,終わり掛けとは言え馬鹿が引く夏風邪と思っていたらどうやら秋の鼻炎らしい。今年は春も軽かったから忘れてた,針葉樹と(多分)稲科植物の花粉症二毛作なんて。
ほぼ終日上の子供の学校の作業。昼はお弁当。通常の箱弁だが,モヤシ炒めがおっそろしく大量に入っていた。
カレーライス(牛,玉ねぎ,じゃがいも,にんじん,トマト,牛乳),サラダ(セロリ,茎ブロッコリ,きゅうり)。と言うわけで出掛ける前に煮ておいたカレー。

9月12日 いっそトップとビリを当てる投票券はどうでしょう

昼はすずめ庵へ。鴨丼セットはもり,ミニ鴨丼,野菜かき揚げ,煮物,おつけものと盛り沢山。鴨丼半分弱と揚げ物煮物の野菜は下の子供に食べさせる。配偶者はひつまぶしセット,上の子供はカレーうどん,下の子供はざるそば。
鯖塩焼き,厚揚げ煮(厚揚げ,切干大根,にんじん),きゅうり漬け物(きゅうり,昆布),おすまし(みょうが,わかめ,車麩),きのこご飯(白まいたけ,えのき,しめじ,生しいたけ)。キノコ駄目ピープルがいるため,炊き込みではなく混ぜ込みご飯。

9月13日 敬老の日の振り替えはてっきり13日だと思ってた

ハッピーマンデーにこだわらずに,いっそ秋分の日後に動かせば4連休でよっぽど使えるのに。所用で都心へ。昼は所用先の皆さんと所用先への来訪者の皆さんとご一緒にミオポストへ。ほうれんそう入り手打ちパスタのキノコ入りラグー,幅と厚味は1度に1本フォークに巻き切れるかどうかという代物(ソースもトマトで跳ねそうだったし,ショートパスタの方が食べ良かったかも)。生ハムで出汁を取ってあるらしいコンソメスープ,サラダ,コーヒー。個室風に区切られたスペースだったせいもあって,サービスがしばしば斜めになるのがチト気になった。
刺し身(はまち),かぼちゃの胡麻揚げ,酢の物(はやと瓜,蓮根,トマト),大豆もやしと牛肉重ね蒸し煮スープ,ご飯
スパゲティナポリタン(玉ねぎ,にんじん,ピーマン,ハム),ミニハンバーグ(玉ねぎ,パン,牛乳),茎ブロッコリ塩茹で。公約した手前朝挽き肉を捏ねる,がミニバーグなら意外に短時間で出来るもの。

9月14日 彼等はそれを我慢できない

ほぼ1日近く上の子供の学校関連の行事の用意にお付き合い。昼はぱっとサイゼリヤ,ドリアなぞ食べる。労力技能も時間も提供するのはやぶさかでないけれど,お昼ご飯がつまんないのはイッチャンつらい。
ねぎまぐろ,煮物(いわし揚げ,じゃがいも,切干大根,にんじん),おみおつけ(車麩,あおさ),ご飯
ハヤシビーフ風(牛切り落とし,玉ねぎ),南瓜煮,ピーマンチーズ焼き,ご飯

9月15日 光るもの必ずしも青魚ならず

所用で都心へ。昼は大喜へ,13時回る頃で名残の冷やしもゴマダレ冷やしも売り切れ。久々のつけそば。今日は付け汁の油が更に多かったような,上面に切れ目なく3mm位の層に浮いていた。具が小さな笊に乗る盛り付けに変わっていたが,茄子煮は相変わらず好きな味。
鰯寿司(鰯,みょうが),稲荷寿司(油揚げ,にんじん,蓮根,ごま),おみおつけ(わかめ,ねぎ,水菜)。残り物片付けを兼ね稲荷寿司と思っていた所,鱗が残る鰯を見掛けて購入(ホントは〆鯖作りたかったんだけどね)。鰯を捌いて締めて握りと押しの中間風(ホントは鯖寿司作りたかったんだけどね)。酢飯がもうチョイ柔目の炊き締めだとモット食べ易かったかな。
サンドイッチ(ツナににんじん,ビアソーにセロリ)

9月16日 豊芦原瑞穂邦で1,2を争って多い字地名かも

昼は新田の壷で長浜ラーメン,駅名はニッタではなくシンデンであると改めて認識(そう言えば手賀沼近辺なぞxx新田yy新田だらけだよねぇ)。豚骨スープはトロミがなくサラサラだが辛味を加えても負けない。卓上にいろいろグリコのオマケがあるのも面白いが,その中から大蒜クラッシュを入れたらググンと正に目覚しい変化,生丸1片に迷ったけれど矢張入れて正解。ときにクラッシャーに残りがちな繊維質の薄皮は,どう片付けるのが本場のお作法なのでしょう?
当初目標店は別にあったのだが,時間違いで開いていなかったので先に壷で1杯いただいた訳。で,前まで行ってみたら窓から苦手なメーカーの麺箱。麺少な目の長浜とは言え食べた直後でもある。この際お腹ごなしで方向転換と線路沿って団地抜けて途中で吉例により迷ってテコテコ歩いて行ったら,獨協大学脇の栄龍軒は閉っていた。曜日時間的には開いているはずだったけど,連休控えて遅夏休みだったのか?
まぐろ納豆(まぐろ,ねぎ,納豆),煮物(さつまあげ,大根,にんじん,ごぼう),和え物(ミニ大豆もやし,ごま),おみおつけ(わかめ,庄内麩,ねぎ,水菜),ご飯
サンドイッチ(鮭缶とサラダ,ポークソーセージとサラダ。サラダの中身はじゃがいもにんじん水菜)。

9月17日 其於母影

昼は中庸へ。ラーメンは,明るい醤油に強いて言えば鶏メインのスープと言い,細手ほぼストレートでサラリとした麺と言い,丁寧なチャーシューと言い,出しゃばり悪目立ちするところがなくて,それこそ中庸を以ってその善最たるものとす。逆にチョイと突出するなり濃ゆくしてみるなりしないと,イマドキあるいは場所柄ゆえアピールし難いかなというのは心配。それやこれや,それにつけても丼を見た時麺汁を啜った時食べ終わった時に思い浮かぶのは,正しく今は中堅どころか重鎮の盛りのあの面立ちの一等最初のその面影。
例によって当初はもう1軒出来れば井之上屋辺りと思っていたが,参照した地図が古かった(何せさいたま市誕生以前のブツである)。線路挟んで南北に同じ地名があるのに気付かず歩き回ること半刻,一旦諦め掛けてから再度転進して走って1軒目は間に合ったが,2軒目以降は矢張タイムアウト。と言う事で,2日続けて伊勢崎線のお世話になって1軒だけいただく結果に。
鮭塩焼き,薄切り肉じゃが(じゃがいも,にんじん,玉ねぎ,糸コンニャク,牛切り落とし),和え物(ミニ大豆もやし,水菜,ハム),おみおつけ(茄子,葱),ご飯
ポークソーセージ,ピーマンと南瓜のチーズ焼き,ぶどうパン+ごまアーモンドパン

9月18日 やはりthree strikesでアウトでしょうか

昼は買い出しの後,餃子の王将へ。ジャンクでもドカンと食べたくて,酢豚とミニチャーハンと餃子。コテコテにケチャップの甘い酢豚がいっそ甘酸っぱく懐かしい。炒飯は固より食べたかったのだがもう1つ。配偶者はニラレバ定食に餃子。下の子供は餃子にミニラーメン(喰いっ振りで後から考えたら餃子にミニご飯セット辺りが最適解か)。
鰤塩焼き,煮物(青菜,油揚げ),涼盤三糸(ハム,きゅうり,トマト,白キクラゲ,春雨),おみおつけ(わかめ,ねぎ),ご飯

9月19日 "〜にすぎない"の例文,エンドウマメをにすぎない

昼は買い出しの後,サルーテ・ダ・エンドウへ。ランチは日替りパスタが2種,メイン肉魚が2種,前菜サラダメインデザートの有無でセットが計4種。メニューにおけるツーバイフォー工法,無駄打ちがなくて仕入れ仕込みは効率良さそう。その内,前菜サラダパスタパンデザートコーヒーのセットを選択。
パスタは,じゃがいもブロッコリカリフラワーのアンチョビ風味スパゲティ。配偶者はモッツアレラトマトのスパゲティ。前菜盛り合わせは,ひいかトマト煮,しめじマリネ,南瓜ソテー,オムレツ,もう1品(失念,ハム系統じゃなかったか)。悪くはないんだけれど,全体に兎に角オイルどっさり。前菜のマリネソテーから素材の色の滲んだオイルがタップリ滴っていたが,パスタも大量のオイル。いずれも結構塩気酸味を利かせてあるのにアブラを強く感じたので,相当の量かと思われる。自家製のパンはチーズが乗った小円盤状で,単体でワインの当てになりそうな味だがパスタのお供にはチョイ主張あり。で,留めのようにデザートはペースト状のクリームに松の実がドッサリ乗ったタルト,冷果でなくタルトのままとしても水気の多い柔らかな果物遣いでサッパリ息を入れたらどうかなぁ。
鶏胡麻から揚げ,煮びたし(水菜,梅干し),漬け物(小茄子,きゅうり),おみおつけ(里芋,ねぎ),ご飯

9月20日 横断幕じゃなくって糾弾幕

昼は自転車でくらまへ。相鴨の胡椒風味そばをいただく,胡椒が強いのは名前通りとしてスープの調味がきつくなっていたのが残念。塩には随分こだわっているようなんだけれど。具の鴨は皮下にも柔らか味があって,葱と良く合う。帰路,駅前へ回って見たら,青木商店の後の桜吹雪が風に舞う(だっけ?)は大分出来上がっていた。
ハマチ刺し身,〆鯖,五目煮(切り干し大根,にんじん,ごぼう,糸こんにゃく,栃尾油揚げ),ひたし(小松菜),おみおつけ(なす,ねぎ),栗入りおこわ。敬老の日,栗をせっせと剥いたおこわを炊いて近くの親族へ持っていく。ついでに〆めて食べられる鯖を見掛けて急遽作成追加,こちらは半尾近く1人で食べる。

9月21日 長い間風邪引きでお粥って食べていない

秋の花粉症がキツめかなと思ったら,実は風邪だったらしく珍しくお腹に来た。が,所用で都心へ。昼は何かアッサリ軽くと思いながら決まらないよ病になり,結局神田駅前までフラフラ行って共栄軒で日替りランチ。初期の予定と全然違ったが(どこがアッサリ軽いんだ),甘酸っぱいトマトソースの掛かったお肉をパクパク食べて結果オーライ。追加でスープかおみおつけがあったら更に充実感倍増なんだけどな。
スープ煮(ブロックベーコン,じゃがいも,にんじん,玉ねぎ),五目煮(切り干し大根,にんじん,ごぼう,糸こんにゃく,栃尾油揚げ),トマトサラダ,ご飯
青菜入り玉子焼き(小松菜),煮物,栗ご飯

9月22日 重々普段から優柔不断

風邪が抜け切らず天候も宜しからず。出掛けようか迷った末,昼は自宅でスパゲティ。キノコ納豆タラコ入りタマゴベースの邪道な王道。
サイコロステーキ(ヒレ),添え野菜(サラダほうれん草,玉ねぎ),五目煮(切り干し大根,にんじん,ごぼう,おみおつけ(庄内麩,わかめ),ご飯
かぼちゃのチーズ焼き,3色ピーマンのおかか和え,焼豚菜飯

9月23日 (来年の)寒さ暑さは彼岸から

昼はクルマで買い出しついでに松葉町のおのみちへ,代替わりしたての広島風お好み焼きのお店(なぜ尾道なのかは不明)。鉄板のサイズ目一杯で同時に作ったせいもあったか,下の薄皮がややグシャついていたのが難。
焼き鮭とイクラのごはん(海苔,ごま,ねぎ),煮物(切り干し大根,にんじん,ごぼう,糸こんにゃく,里芋),サラダ,野菜汁(大根,にんじん,じゃがいも,ベーコン)

9月24日 オリックス近鉄KOBE大阪ブルーバッファローズvs楽天ライブドア仙台グリーンリーブズってダメ?

昼は自転車で買い出しついでに,新柏の味遊へ。ばらちらしを頼んだら,何だかえらく時間が掛かる。で,鮨飯が甘口の上,水気をまとったよう(炊き上がりで蒸らしが切れていないご飯の様)。具の魚は漬けで下味が付いているタイプではなく,醤油とワサビが添えられている。前に通り掛かって気になっていたお店だったんだけれど,ちょっと残念でした。
刺し身(いなだ),五目煮(切り干し大根,にんじん,ごぼう,糸こんにゃく),和えもの(青菜,焼豚),おみおつけ(わかめ,ねぎ),イクラ,ごはん
鶏手羽元天火焼き,揚げじゃがいも,ミディトマト,おむすび(海苔梅おかか)。下の子供の遠足で行楽弁当モード。

9月25日 昭和は遠くなりにけり

午後から上の子供の学校の用事,その前に買い出し。お昼はそのまま西周へ,鰻丼をいただく。ドッシリした持ち重りが好きさ。
朝,偶然配偶者とハヤシライスの話をしていたら(早矢仕有的氏はどう見ても宛て字みたいだとかね),本日を以って日本橋丸善屋上ゴルファーズスナックは閉店だったそうな。日本橋店全体の改装のためだが新装後も戻ってこないらしい(OAZOにはレストランもあるが,メニューがちょっと違うらしい)。まさに屋上屋を架す温室みたいな店舗と結構良いお値段するメニューのギャップも魅力のうちでした。
かつおのっけ(鰹さく,大根おろし,青紫蘇,青ねぎ,ゴマ,ノリ),ミニトマト,キャベツスープ煮(キャベツ,玉ねぎ,にんじん,ベーコンブロック),ご飯

9月26日 求ム春夏生マレ

昼は栄月庵へ。涼しいより肌寒く,あれば巻繊でもと思っていた位だが,冷しおろし天が9月一杯と書いてあれば今年の名残につい頼むでしょう。濃いカエシ出汁にカリっとした小海老ザックリ卸しの出会いは矢張。配偶者は鴨セイロ。下の子供はタマゴ綴じウドン,蕎麦同様の醤油の濃い出汁だがシッカリした中太の饂飩麺と合う。いずれ冬には鍋焼き饂飩にもトライしてみる手かも。
鵞鳥パテと生野菜(ミニトマト,チコリ),鮭といくらのマリネサラダ3種(大根マヨネーズ,きゅうりドレッシング,アボガドチリ),ミートローフリング,温野菜(カリフラワーとじゃがいものチーズ風味,にんじん),おみおつけ(わかめ,ねぎ),おつけもの(蛇腹胡瓜,梅紫蘇茄子),お赤飯。お誕生日の会食,メインはお祝い主賓のリクエストによる(当初はハンバーグだったが8人分はチョイ手間なのでまとめてミートローフ)。食後にお持たせのチョコレートケーキとコーヒー。

9月27日 タマゴが先かケチャップが先か

所用で都心へ。昼は終了後,Loup de Merでオムレツ載せドライカレー。本当はオムライスが食べたかったのだが,13時半以降限定で少し早かった。ドライカレーはピラフではなく,白いご飯に結構トロミのあるキーマタイプ。洋風としては相当スパイシーで切れ濃くの美味。ただ,オムレツの味わいがほとんどマスクされてしまいそうなのは,表面艶々のきれいな紡錘系で中はトロリと滑らかな見事なタマゴの焼き上がりなだけに勿体無い。
何となくオムライスにウラミが残ってフラフラ歩いていたら,前に通り掛かって気になっていた尹を見つける。で,ケチャップオムライスは炒めご飯の自家製っぽい味。しかし,カレーとオムライスの梯子は流石に満腹。
鶏天火焼き,ひたし(水菜,小松菜),五目煮,おみおつけ(じゃがいも,わかめ),ごはん
サンドイッチ(スパニッシュオムレツ,ブルーベリージャム)

9月28日 マルドメな1日

自宅で作業,昼は付け麺を作って食べる。昨夜の天火蒸し副産物(と言うかグレービー仕立で食べた残り)の焼き汁ベースで反則気味だが,流石に天然の濃厚鶏味。
納豆(ねぎ,海苔),刺し身(鰹),かぼちゃ煮,おみおつけ(豆腐,青菜),ごはん
サンドイッチ(ツナサラダ,玉子サラダ,ブルーベリージャム)

9月29日 マルドメな2日目

自宅で作業続き,昼は買い食いモード。近くの肉屋さんで芋コロッケとメンチカツを1枚ずつ揚げてもらい,熱々を刻みキャベツにソースマスタードでトーストサンド。
秋刀魚塩焼き,みぞれ和え(大根おろし,きゅうり,青菜,いくら),かぼちゃ煮,おみおつけ(わかめ,麩),小豆五穀ごはん
サンドイッチ(鶏挽き肉,キャベツ,じゃがいも,にんじん),ブルーベリージャムとチョコレートペースト

9月30日 オムライスってつまり男飯

所用で都心へ。やや引っ張って作業の後,Loup de merへ,週頭に食べられなかったオムライスに見参。なるほど焦げ目はなくかと言って生でなく,プルルンとした黄金色に巻き上げられた玉子。中のご飯も鶏玉ねぎ茸の具とトマトでパサ付かずベト付かず,周囲の玉子と一緒に食べると美味美味。胡椒がやや効き加減だったのが唯一予想外だったが,これはオイシイ大人のオムかも。
食後秋葉原から湯島方面へ。途中プリンタの備品を購入したこともあり,大喜は既に中休み。松嶋屋は階上の中華屋さんも含めビル全体が改装へ。電気街通り沿いに中川屋の2号店ができていたのも目新しかったが,何より驚いたのはドンキホーテが出来ていたことでした。
スープ煮(ベーコン,キャベツ,玉ねぎ,じゃがいも,人参),和風サラダ(きゅうり,わかめ,トマト),秋刀魚ごはん
カレー風味焼きそば(ソーセージ,玉ねぎ,にんじん,ピーマン)


過去記録月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ