7月1日 後半戦突入

既にヘロヘロ,ゴングとともにダウンの予感であります。
所用で都心へ。昼は昨日買いそびれたいがらしへ,穴子ご飯と迷った末特製弁当。詰まってくると弁当が増えるのは順当として,手軽に手繰れそうなラーメンがガックリ減るのは,ラーメンは普通の食事から半分趣味活動の領域へ振れているからであろう。どの店でどのメニューを食べるか延々迷った上,食べた後には印象感想を記録しなくちゃいけないのは,余裕がないとキツいのである。あるいは,好物を断って仕事のヤマに臨むと言う古風な心持ちが何処かにあるのかも知れません。
キムチ牛すじ麺。残業後外で寄る気力が無くて,帰宅後作り置き牛筋煮をベースに素麺を食べる。
おむすび(梅のり,鮭のり),青菜おかか和え,玉子焼き

7月2日 この際球場命名権を買ってオリックスの本拠地を"Livedoor本当は球団を買いたかったスタジアム"にしちゃうのはどうでしょう

所用で都心へ。昼は神田酒蔵,本来ショットバーだが昼はテイクアウトでチキンカレーを出している。昨日お弁当を買って逆側からオフィスへ戻る途中見掛けて早速トライ。サラサラとしたソースは香味野菜の風味が立って美味。もしかしたら,昔チラっと聞いた"神田にあるバーのカレーが美味い"というのがここだったのかもしれない。
ラム炒め(ラム,空芯菜,ピーマン,ねぎ),冷やしトマト,おみおつけ(さつまいも),ごはん
ゆでソーセージと青菜サラダ,揚げじゃがいも,ミニトマト,パン

7月3日 恐怖の駄目駄目団

上の子供の学校の用事でほぼ1日。昼は近くで買って来てもらったオムスビ,食べそびれなかっただけ良しとせねばなるまいて。夕刻,送ってもらう車中で知人から久々の電話。訝りつつ出たら"今湯島のお店に来ているけどお薦めメニューはなんだっけ?"との由。ガックリしながらもりそばとつけそばの差梅しおととりそばの違いなどなど説明,同乗者一同の大笑いを食らう。
カレーライス(牛すじ,じゃがいも,グリーンアスパラガス,トマト,玉ねぎ),サラダ(おかひじき,きゅうり,トマト,ツナ)。朝仕込んでいったもの。
五穀米むすび(のり,梅干し),青菜入り玉子焼き

7月4日 heart of class

上の子供の関連の集まりで松戸へ。先週から出突っ張りでかなり疲弊気味であっても,ハレーション起こしそうな日射の中,折角出て来た序でに新しいお店はないかとウロウロするのは既に業に近い。とは言え,手作りのお料理をドッサリいただき(今年も稲荷寿司がグッド),話も盛り上がって良うございました。
ステーキ,生野菜,おみおつけ,ごはん。

7月5日 箱入りですから

所用で都心へ,いよいよ追い込み。昼は矢張押し押し,GAIAで目新しいお弁当を売っていたので買って戻る。いーらいふの100%植物性ヘルシーボックスランチ,一見肉団子風の大豆蛋白と茶豆のオロシ合え,一見鶏削ぎ切り風の小麦蛋白甘酢餡,キンピラ,もう1つミニオカズ,シンプルなポテトサラダ,おつけもの,玄米ご飯。蛋白はちょっと麩かシリアルグラノラみたいな食感ですが,普通の具沢山弁当としておいしく食べられます。
刺し身(まぐろ,帆立て),サラダ(じゃがいも,きゅうり,赤ピーマン,レタス,トマト),おみおつけ,ご飯
サンドイッチ(ハム野菜,チーズ野菜)

7月6日 山に依りて船を求む

所用で都心へ。昼は買物がてら搬入がてらで秋葉原へ,がんこの冷やしが食べたくてさりげなく誘導を図るも購入先から外れていると却下,松楽は1人は推したが1人がバリエーションが淋しいと却下。で,活力屋へ(まぁ初見だからそれはそれなんだけど)。醤油ラーメンは,アブラと粉節抜いて冷ましたら正味の所は大人しそう。塩スープを1口味見させてもらったらバーチャルリアリティなまでのエビ風味,殻を煎って粉にして作るエビフリカケを思い出した。
そうめん。会場で遅くなったため武蔵野線の本数がなくなり,寄り道の気力はもとよりなくって,帰宅後取り置き出汁で温泉玉子素麺。
鮭ご飯(鮭ほぐし,のり),おかかあえ(水菜),スペインオムレツ(じゃがいも,赤ピーマン)

7月7日 七夕バタバタ

所用で湾岸へ,朝から気温が余りに高いため武蔵野線は空調がてんで効かず。電車を降りてもビル風が涼しいどころかドライヤーの温気のよう。普通じゃないと言うか,何か悪意執念の類を感じる暑さ。
昼は,都心へ戻りがてら真好味へ。流石に外に待ち列がない。逆療法の如く辛味噌食べてスープに負けないくらい真っ赤にうだる。同じ事考えている人が多かったのか,一時は店内全員が辛味噌の状況あり。前回に比べ妙に甘く感じたのは,暑さと発汗で舌がブレていたのか。
ハンバーグ(ブロッコリ,赤ピーマン),おひたし(小松菜),おみおつけ,ごはん
玉子焼き(チーズ,海苔),炒め煮(赤黄ピーマン,栃尾揚げ),枝豆ご飯

7月8日 元祖と本家があるのが老舗の常

所用でまた湾岸と都心を移動。昨日と別径路で,昼はせんば自由軒で2色盛りのハーモニー。本質は玉子掛けご飯であって,そこにカレーやトマトの風味が付いていると考える方が腑に落ちる。ただし結構良いお値段である,イメージとしては大阪安いでっせぇなんだけど。
帰路,寿司折りを買って家で摘む。
サンドイッチ(ハンバーグ玉ねぎピーマン海苔,青菜オムレツ海苔)

7月9日 All in all free (Come out, come out)

所用でまたまた湾岸へ。都心へ翻斗切って途上でコソっと食べる手が今日は効かず,1日会場詰め。場内食事施設は混んでるわ高いわ多分旨くないわで,昼は飲み物だけでスルー。これなら子供どもに持たせたんだから,もう1人分弁当詰めとけばってのは後のマツリ。
夕刻,とにかく終了撤収後。ご同行の皆さんと寿司屋で夕食兼用ビール。回り過ぎ。
コンビーフロコご飯,かぼちゃチーズ焼き,いんげんと水菜の塩茹で

7月10日 最後の総星戦

東西対抗戦になっちゃったらモウいいよ,日本シリーズもなくなるのかよだよなぁ。ちなみにこちらは当初から東西対抗オールスターを行うJ1,所属某黄色球団は監督交替で早くも語録量産の兆し。勝ち点を量産して下され。
作業は昨日で一段落付いたが,そこはそれ。上の子供の学校関連でほぼ1日,昼はあいのお弁当をいただく。鶏の紫蘇巻き,鮭照焼き,切り干し煮(にんじん油揚げ),ピーマン茄子の酢油漬け,ごはん。おつけもの。お手製オカズ盛り沢山に喜んで食べていたら,他にもファンが居るコトが判明。やっぱこれだよね。
鮭いくらご飯(サーモン刺し身用,いくら,青じそ,細ねぎ,海苔,胡麻),煮びたし(水菜,ほうれんそう,油揚げ),おすまし(わかめ,とうふ)

7月11日 餃子の宇都宮が鬱飲屋と変換される不思議

昼は映月庵へ,季節の味覚冷やしおろし天。一段濃い目の汁はセイロに比べても辛口スッキリ加減,小えび天のプリプリ薄甘い身を引き立ててまたよろし。配偶者も同じ。上の子供は玉子とじ,下の子供はセイロ。
餃子(豚挽き,キャベツ,たけのこ,干し椎茸,ねぎ,玉子),サラダ,スープ煮(豚切り落とし,わかめ,長葱,グリーンアスパラガス,とうもろこし),ご飯。買い出しに同行した子供のリクエスト。

7月12日 就職氷河期は酷暑で溶けたのか

新卒みな条件は同じとは言いながら,選りによって今年の夏にリクルートスーツ着るのは結構アンラッキーかもしれません。ときに御幼少の頃の雑誌には,あと何十年かのスパンで気温がダダ下がりしていずれまた氷河期が来るのだ,なんて脅かす記事を見掛けた覚えがあるのですが。
所要で都心へ。昼は15時近くに大ズレできびへ,夏物語Part2は梅風味の冷やし和え。お家で冷やし中華作り始めたら肉っ気が冷蔵庫に何もない,この際野菜主役の和風にしてみましょうみたいな展開でありました。やっぱり一番特徴を感じるスープもチャーシューもないのは弱いかなぁ。
カレーライス(牛すじ,玉ねぎ,にんじん,じゃがいも),サラダ(きゅうり,トマト),枝豆。牛すじは土日に圧力鍋で仕込んだもの。
餃子と野菜炒め(チンゲン菜,たけのこ,玉ねぎ),塩茹でグリーンアスパラガス,にんじんゆかり和え,ごはん

7月13日 甘辛酸ッパは付け麺だけじゃない

昼はアジアンヌードル展でクィティオ・ガイ("nobu"という店名です,亜細亜食品exhibitionではないです)。香りの葉っぱ類が結構ドサっと乗っているのが嬉しいけど,大振りの凝った器にタップリ入ってるのは何だか馴染まない。小腹ふさぎのオヤツ感覚で安っちい位の器に入っているのがイメージなんだもん。それはそれとして,ミニポーションにして値段もうチョイ抑えてもらえたら,麺飯一気に両方いただくことだってできるのですが。
納豆(のり,ねぎ),いくら,きゅうりもみ(きゅうり,トマト),五穀米ごはん,おみおつけ(じゃがいも,わかめ,青菜)
マフィンサンド(ハム,チーズ,青菜),トマト

7月14日 好事魔多し,好事家マニア多し

本日より下の子供2泊で伊豆へ,昼夜食べ歩き放題を狙いたいところだが上の子供の体調余り宜しからず。昼は所用に引っ掛け,北千住で本日開店のつけめん。むーん,確かに茹で上がりを待って出て来たのだが,生地が弱いのか上げが遅かったのか洗いが足りないのか,ハナから生ヌル腰ナシ。まして仰いだ店名の面影は無し。
北千住でさつま揚げ(ごぼう天)と稲荷寿司買った後,松戸で降りて福福でラーメン。固さのある麺が食べたかったのさ。ついでに先々週見掛けたケーキ屋さんへ行ってみたら休み,と言うことで外食放題変じて買い食い放題もあと1つ不発。
うどん(栃尾揚げ,ねぎ),稲荷寿司,おひたし,ごぼう天。手打ちモドキを作ってみたがもう1つ。

7月15日 大人の夏の密かな贅沢

所用で都心へ。昼は神保町の昼食便りでも紹介されていた福島のアンテナショップらしい蕎麦屋へ。他のフロアと合わせたコロンブスハウスと言う看板は目にしていたけど,靴クリーム屋さんかとでも思ってた。もりそばは厚みのある切り方と密度がある生地ながら,水馴染みが良いのかスルリと手繰れる(ただし本日の蕎麦粉は北海道で明日は長野と言っていたような気がする)。規模の割りに立っている人が多いのは,もしか公庁から出向されてるんでしょうか?
夜は駅前で待ち合わせてむねかたへ,いっぺん夜の部へ来てみたかったのである。青背中心に刺し身を切ってもらい,鮟胆,焼き蛤(他の人々は鮎)。握りはアイナメが美味,やはり白身系統に得手があるよう。小肌は新物で流石に小さ過ぎ,まだ独特の旨味が出てこない。お新香の長芋と南瓜が一種意外な味と歯触りで若い衆に受けていた。

7月16日 "赤ピクミンは火に強い"は"黄金虫は金持ちだ"の節

やっぱり"食べられるー"は越えられないようで。シャンプーのCMで聞くたびに鉄腕アトムかと思うメロディもあるし,ジュピター日本語詞付きに続いて,間奏がまんまボレロの曲もこの間聴いたし。本歌取りも新古今レベルな21世紀初頭であります。
ここ2,3日より凌ぎやすいかなと自転車出したら,いきなり日が射して来てフラフラ。前から気になっていたお店が不発で,美幸の五目焼きそば。炒め加減の良い具沢山に餡掛けもシッカリ味だが,ボリュームのせいもあって後半は少々単調にダレる。個人的好みの酢と芥子がなかったのも痛かったかな。
牛バター焼き,煮びたし(青菜,油揚げ),きゅうりもみ(きゅうり,トマト),おみおつけ(わかめ,ねぎ),ごはん。クワガタのお土産を持って下の子供帰還,好物を並べてみました。

7月17日 夏休み前の3連休(って去年か一昨年も書いた気がしますね)

3連休初日,上の子供の学校関連で午前中はバタバタ。昼はパルクへ,我孫子の神社のお祭りで市内にクルマが入れなくなる前の買い出し兼用。ハンバーグはドミグラスが柔らかな生地に良く合う。配偶者は鶏のワイン煮,下の子供は既に定番スパゲティミートソース。
茹で枝豆,冬瓜牛筋煮込み,青菜煮びたし(青菜,油揚げ),冷やしトマト,おみおつけ(じゃがいも,わかめ),ごはん
おむすび(海苔,梅干し,おかか),ソーセージ炒め,3色ピーマンきんぴら

7月18日 御神輿の掛け声が"ビールが飲みたい"だったりする

3連休中日,来週の柏まつりとのバッティングを避け各町内の夏祭りがあるため,柏市内クルマ移動は駄目駄目。午後から町内の手伝いがあるので,午前立会いの配偶者と入れ替わるように慌しい昼は王道家へ。全部普通で頼んだが,前よりサラリとしたスープなのにしょっぱさが強くなっている(お店の人も意識しているのかショッパクないですかと尋ねていた)。山海トッピングを追加したら,ワカメが肉薄だったのはいまいち。
夕刻から近くの親類宅にお呼ばれ,日中消耗した後だけに各種ご馳走にバンバンザイ。ペースト2種にバゲット(フォアグラベース,蚕豆ベース),鶏レバーの生姜煮,ミニトマトサラダ,牛たたきの焼き野菜添え(なす,グリーンアスパラガス),蛸のトマト煮,ラムソテー。食後に持参したゴディバのチョコレートアイスクリーム3種とコーヒー。

7月19日 制定間もなくハッピーマンデー対象になる祝日はカナシイとよ

連休3日目。とは言え,夏休み直前に休みが絡むと終業式前の動きがよう分からんであります。それでなくても関東の夏休み入りは早いのにさ(しかも冬休みの入りも,ちとも遅くないのにさ)。
昼は展へ。カオソイをお願いする。ココナツベースのドッシリしたカレースープに厚みがある小麦平麺と揚げたオコゲ,おそらくこのお店で最も重量感のあるメニューでは。配偶者はゲンキョウワン,こちらは対照的に軽く型で盛った長粒米はプチポーション。いずれも甘味酸味がシッカリ感じられるのが特徴。その後,先週挫折したモラージュへクルマを出してもらう。夏用のスリッポンを購入して義理は果たしたぞっと。
スパニッシュ擬きオムレツ(じゃがいも,玉ねぎ,にんじん葉,玉子),夏野菜のパスタ(茄子,冬瓜,玉ねぎ,トマト,ブロックベーコン),茹でグリーンアスパラガス

7月20日 夏からの扉

所用で都心へ。最高気温が39.5Cだとか,体温としても明らかに発熱中座薬を使ったもんかなのレベル。
書き忘れていたこのところのお店の出入り。洋菓子のエスワイルが閉店の模様,老舗なだけに吃驚。これも靖国通り沿いの神代は,当初改装の貼り紙が出ていたのがテナント募集に変わっていた。司町の福そばも,秋葉原のお店と合せてずっと開いていない様子(看板の意匠が全然違うので,最初は別のお店かも思ったんだけれど)。がんこ8代目の近くにBROWNIESというデリがあったのは,司町の横から引っ越してきたらしい。総じて今年の早く長い暑さは,ボディブローのごとくお店の足腰を弱らせるんじゃなかろうか。ラーメンは特に該当しそうだが,ケーキだって刺し身だって持って帰るのもイヤだし,普通暑さに強い筈のカレーさえ店まで行く気がしないかも。ビアホールの1人勝ち?
で,遅朝はめんやでかき揚げそば。遅昼はかめやでかき揚げそば。ツルリとした細手茹で上げ麺に赤い甘味の鰹出汁がコンテンポラリー人気らしいが,クラシカルな立ち食いのむっくりボリューム麺に思いっ切り黒い醤油出汁も捨て難い。
牛丼(牛切り落とし,玉ねぎ,しらたき,焼き麩,温泉玉子),白瓜もみ(白瓜,赤ピーマン),おすまし(わかめ,水菜)
鮭ごはん(鮭ほぐし,焼き海苔),煮びたし(水菜,かつおぶし),さつまいもチーズ焼き(さつまいも,ニンジンの葉,チーズ),

7月21日 なんだかんだぱんだぱいだ
所要で都心へ。帰路パ・マルへ。ずっと昔に行ったきり所在が分からなくなっていた。無事再発見してみれば,なんで分からなかったんだろうと思う位駅間近(町名の刻みが大きく縦横直交が続く神田は銀座同様方向感覚のない人間には難所,そもそも東西南北の出口が実際の方角と微妙に配置ずれてるし)。で,立ち食いの安直さ半端さは悩ましいところでありますが,ランチは絶対のお買い得。最初は控え目かなと感じるトマトのスープは,最後までスッキリジンワリ食べられる。仔羊のパイはバターと焼いた粉の香ばしさ,ソースと具で潤びれてからも層の浮き上がりがクッキリ。いずれも茄子やトマトの夏野菜と肉の素材1つずつの味がクッキリ出ながら,風味付けの妙で全体がまとまって,合わせて口に入れると別趣の美味さが湧き上がってくる。
刺し身(鰹),肉じゃがもどき(牛丼の残り,ゆでじゃがいも),白瓜もみ(白瓜,赤ピーマン),おみおつけ(豆腐,わかめ),ごはん
のり玉ごはん(炒り卵,焼き海苔),夏野菜トマト煮(にんじん,玉ねぎ,2色ピーマン),ブロックベーコン蒸し煮

7月22日 さよならスポックせんせい(Mr.にあらずDr.の方)

所要で都心へ。終了後,三ノ輪橋のナマステでソーセージエッグカレー,日比谷線三ノ輪までアッサリ着いた後荒川線への入口が分からず交差点の4象限全部回る(調子のって歩いたけれど,ヤッパリ暑くて溶けていたのかも)。カレーソースは思っていたより茶色が淡く,色白爽渋スパイスが効いている。ために,玉子やコロッケみたいな具上乗せより,肉豆あたりを煮込んで汁気勝ちにサラサラ食べる方が似合う気も。
明治屋のガーバーベビーフードがディスコンらしい。幼時に食べたことも幼児に使ったことも実はないが,コドモどころかオオドモでもよう食べないハイカラなメニューがあったり,ラベルに描いてある乳幼児の顔が見事に縦長の欧米系だったり,まだ国産他社が参入していない頃からの老舗ブランドなだけに感慨アリ。
茹で鶏梅ソース(玉ねぎ,きゅうり,梅),かき玉スープ(冬瓜,トマト,わかめ,玉子,茹で鶏の出汁),チンゲン菜煮びたし,ごはん
醤油スパゲティ(ソーセージ,玉ねぎ,青菜,紫蘇,にんじん,トマト)。ジャリコをイメージしましたが,もっともっと思い切って炒めバターと醤油を投下しないと駄目かな。/p>

7月23日 リードボーカルも聞けるカラオケって,既にカラとは言わないんじゃ

とイチャモン付けつつ,未見のPV2本ほどに釣られDVD購入。最初見掛けて迷って止めてから,見つからず逆に探した。未読作品が1〜2篇入っている非メジャー作家の新文庫本を買うか迷った学生期と,行動様式が同じような。
昨夜からノートが不調,ネットワークが参照できなくなり下から入れなおしで何とか復活。チョイ押しの昼は,本当に久々のひがしへ。のりしお付け麺をいただく。より高い密度で麺線に海苔が絡む。付け汁も濃い目塩梅だが,そのままいただいても美味。南国醤麺を続けていただいたものかどうか迷って,後のお客さんが続いたので大人しく撤収。その後,自転車出して野菜買い出しにかしわでへ。
寿司(柚子バッテラ,うなぎ,納豆中巻き,ネギトロ中巻き),青瓜もみ(青瓜,トマト),かぼちゃ焼き,おみおつけ(じゃがいも,わかめ,水菜)
のり弁(焼き海苔,かつおぶし,梅干し),玉子焼き(チーズ),ごまあえ(チンゲン菜,水菜)

7月24日 まつりはここですよ

柏まつり開催,で市内に自動車乗り入れてはいけない週末その2。
昼は南柏へ。柏竜が居酒屋系中華屋さんに改装されていた。で,モスへ向かう皆さんを尻目に分派活動。プチトマでイカたこのトマトソース。確かに作っている鍋の中からも出された皿の上からもシーフードの匂いがするのに,両者粗挽きにしてあるらしく見たところはミートソース風の面白い造り。このお店小体な割りに,デザートにズコットがあったりチョイと凝ったところが感じられるのであります。
午後遅目に駅前まで出たら冷やかしどころではない,陽が落ちてからじゃないと暑くて駄目でした。更にお得意の裏通りの方が却って混んでいて動かない。出掛けるときこそイロイロ買い食いを狙っていたが,大部分は焼き鳥と焼き蕎麦だし(ちゃっかりあやかりでギリシャ料理ことスブラキ屋台が出現してたのは可笑しかった)。日和って夕食の買物済ませて退却。そう言えばクレストホテルの帝国ホテルカレーは出ていたんでしょか。
茹で枝豆,牛串,ざるうどん(水菜,わかめ,ねぎ,みょうが)。で,お買い得赤身ステーキで作った串焼きが好評。

7月25日 まつりはここでした

本日は駅前を避けてクルマ,昼は申家へ。チヂミに青唐辛子入りを見掛けすかさずお願いする,キムチ入りに比べるとスカっとした辛味で塩気が強くないところが良いかも。後はユッケジャンクッパ,配偶者も同じ。解けるほど煮込んだ牛の出汁が良く出て美味。
青山ブックセンターがクローズしていたらしい(ABC倒産事件と反射的に思ってしまう)。青山六本木は滅多行かないし,ビジュアルアートオルタナ系左程読まないので御縁は薄かったのですが。本はメチャクチャ重さがあるから,在庫引き揚げも大変だろうなぁ。どうもこの夏はこの手の終了ネタ多いような。
スープ煮(塩豚,キャベツ,玉ねぎ,じゃがいも),冷やしトマト,枝豆おこわ

7月26日 現場復帰・現状復帰

所用で都心へ。昼は大喜で,冷やしラーメン。甘味が勝った濃いしょうゆ味ながらシャッキリ細麺に絡めて食べると後口涼しい。根津方面に歩いて松島へ,日替りで特製冷やし中華があったのでお願いする。麺にはやや荒目に摺った黒胡麻入りのタレ,上にはトロリとした白胡麻ベースのペーストが乗る。陶器を思わせるような落ち着いた色合い。胡麻タップリだが酸味を勝たせた味付けでスッキリ。と言うことで久々の1人ラーメン部活動,でも熱い汁麺ではなく2杯共冷やしの所は日和りまくり。
刺し身(マグロ,サーモン,白身),瓜もみ(青瓜,枝豆,梅),冷やしトマト,おみおつけ(なす,冬瓜),ごはん
スパゲティナポリタン(ソーセージ,玉ねぎ,にんじん,ピーマン,いんげん),ゆで玉子

7月27日 香娘子も出るを躊躇う暑さかな

作業が嵌って,押して自転車で。Tinny Dinyまで久々に行ったらランチ休止中,おいしくて種類も量もタップリなのに昼は場所が辛いかなぁ。夜鳴き屋で冷たい麺とも思ったが,結局ミヤタでコロッケとメンチカツを買い(ちょっと待つと揚げ立て熱々をもらえるのが嬉しい),作り置きの出汁に小口薄切り葱タップリで路麺風。ときにコロッケの類は今一番作りたくない料理の座を天プラと競うかもしれない,もっと大変そうなのは玉ねぎを飴色に炒めてブイヨン取って更に天火に入れるロニオングラティネだが,こちらは今の気候でそもそも食べたいかどうか疑問。と言うわけで逆に余りに暑過ぎるせいか表題の6足動物も見掛けない今年,猛夏の唯一の取柄かも。
納豆(ねぎ),まぐろぶつ,煮びたし(小松菜,油揚げ),おみおつけ(わかめ,庄内麩),ごはん
サンドイッチ(キャベツ玉ねぎハム,じゃがいもにんじんチーズ)

7月28日 Rise and fall of a drinker (literally)

シコタマ飲むことが予想される場合は2階ではなく地下の店にすると,店を出る時上りになるため足元が怪しい状態でも何とか階段をこなせる(最悪転んでも手首捻るかオデコ打つ位で済む)ものだと,昔知り合いの中でも群を抜く飲み助に聞いたことがあったのだが。黙祷。
所要で都心へ。行きがけ気になっていたLoup de mer,和牛カレーのランチ。店名にもあるようにカフェと洋食どちらに軸足を置くか悩ましげなところながら,ベッタリしないルゥで宜しい。例によって押し押しだったが,中休みなしのブランチメニューで食べられるのもありがたい。
おむすび(五穀米,枝豆,梅干,のり),豚汁
のり玉ごはん,野菜と油揚げおかか煮,さつまいもバターチーズ

7月29日 昨日も今日も彼が好き

ってのはタイトル真似しです。所要で都心へ。昼は内神田の方の共栄堂へ。カツカレーは見た目小ぶりのお皿,実は大型の丼と言っても良い位深さがあってご飯ドッサリ大盛り。ソースは確かに黒っぽくホロ苦いけれど,少し透明感のある軽いトロミにしょっぱさがあって,カリっと揚がったカツとも相性良し。周りの人が皆頼んでいた日替わりもおいしそうでした。
鯖のレモンソース,青菜入り粉ふきいも,サラダ(トマト,きゅうり),おみおつけ(わかめ,ねぎ,麩),ご飯
にんじんごはん,ハムの海苔巻き,チンゲン菜おかかまぶし

7月30日 Goodbye summer stock

所要で都心へ。昼はチョイ早目に出たらあちこち食べたい所だらけで悩ましい。神田駅前で麦とろ苑へ。大きな脂の乗った秋刀魚であったが,7月の秋刀魚はちょっと早かったかな。
月中辺りの38Cを1つのメルクマールとして覚えているのか,35Cないと涼しいと認識してしまう。でも実際には30C越えているのは十分暑いので,エイヤっと歩き出してしばらくすると俄然バテる。このところフラフラ歩いて気が付いたお店の変動の落ち穂拾い。洋菓子のキクムラが随分前に閉まったきり,ジャンジャンブルも5月位に閉っていた。カスターがなくなってマンションになったよう。讃岐うどんの真讃吾は再発見したと思ったら貸店舗の札が掛かっていた。カレー定食のシャトーはタンタン麺屋になったが,最近は定食屋に戻りつつある。
和え物1(青菜,トマト,油揚げ),和え物2(まぐろ,ねぎ,わかめ,大根おろし),雑炊(玉子,ねぎ,にんじん,里芋)
じゃがいも入り焼きそば(豚こま,玉ねぎ,にんじん,キャベツ,チンゲン菜,ゆでじゃがいも,焼き海苔)

7月31日 花に嵐花火に颱風

買い出しの後,昼は久々の夢館。和涼麺を頼んでみる。最初麺だけ摘んだところ柚子胡椒(?)風味があり,汁麺だと気になるボソボソ感も逆にエスニック麺のようで面白いかなと思ったが,タレが黒砂糖っぽい癖のある甘味の濃い醤油であんまり涼しいお味ではなかった。江戸川台の冷たいスープの方が良いかな。
五輪予選と亜細亜杯進行の中,銀河系軍団光臨。一体どれがメインアクトなんですかぁ。まぁ,いつもどこからでもゴールに至る可能性のあるスレッドが並列大発生しているのも如何にも蹴球らしいような。
サルサ(トマト,玉ねぎ,コリアンダー,レモン,トルティーヤチップス),ワカモーレ(アボカド,トマト,玉ねぎ,コリアンダー,レモン,トルティーヤチップス),野菜のチリコンカン焼き(ナス,かぼちゃ,枝豆,合挽き,玉ねぎ,にんじん,セロリ,ピーマン),ステーキのトルティーヤ添え(牛モモ,紫玉ねぎ,トマト,オリーブ,トルティーヤ)。メキシカンにしてみました,が,御飲み物はコロナじゃなくてヱビス。
豚丼(豚切り落とし,ねぎ,にんじん),青菜おひたし


過去記録月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ