1月1日 今年もよろしくお願いします,しっかり後出しではありますが

配偶者実家にて,朝昼兼用のお節をいただく。内容は盛り合わせ(田作り,黒豆勝栗,数の子,胡麻牛蒡,栗金団,昆布巻,海老塩焼き,伊達巻,厚焼き玉子,かまぼこ,焼豚,サス昆布締,イクラ),お雑煮(大根,にんじん,干し椎茸,ごぼう,鶏もも,すり身,海老,ねぎ,三つ葉),酢かぶら,煮しめ(細竹,ぜんまい,にんじん,梅貝)など。初詣親戚回りから空港へ,昼も飛びで夕刻帰宅。
豚チリ(豚ロース,豆腐,ねぎ,白菜,ほうれん草),大根オロシとポン酢。上がりに素麺

1月2日 初ラーメンって,元旦に食べない時点で出遅れ

昼は,買い出しがてら6号沿いの夢館へ。味玉入りにトロネギ丼。配偶者は味玉九条ねぎ。上の子供は味玉油なし。やっぱりコツコツしてスープとの伸びに欠ける感じの麺でチョイ苦手。
チーズフォンデュ(ハム,にんじん,赤黄ピーマン,バゲット)。買い出してきたフランスパンでチーズフォンデュ,例年2日か3日頃には食べている気がする。

1月3日 そろそろスポーツ中継も御堪能(大体駅伝だし)

昼は子供どものリクエストもあってモスへ。花野井ヨークーマート店は狭く匠味もない(南柏寄りが2店ともクローズしたのが痛い)。新製品のバーベキューフォカッチャを取ったら,ソーセージは大体思ったとおりだったけれどソースの汁気が多くてヌルっとしているのが難かな。
箱根駅伝新登場校は何処かで見たと思ったら,VATのインフォメーションセンターにあった柏ラーメンマップを作っていた。埼玉県坂戸市で城の西も不思議だが,地元によし丸恵比寿羅亜麺丸長山村といろいろあるのに柏まで出張ったのも不思議。
ボルシチ(牛すね,キャベツ,玉ねぎ,にんじん),雑穀ゴマご飯,サラダ(大根,白菜,きゅうり)

1月4日 動物園はzooってんだ,さぁ行こう

下の子供のリクエストで上野へ。駅内レトロ何とかレストラン街は古奈屋を筆頭にえらく長い待ち列。結局アトレのゑびす大黒でおむすびとおこわを買い,公園内で食べる(六郷のわたしと同じ製造元らしい)。動物園では珍しく笹を食べるパンダや特別展示の矢毒カエルなぞも見ましたが,1番多かったのは霊長目ヒト科2番目に多そうだったのはスズメ目カラス科。
カレーライス(鶏もも,玉ねぎ,じゃがいも,にんじん,トマト,牛乳),サラダ(大根,白菜,きゅうり)。カレーも例年3ヶ日明ける頃には1度食べている気がする。

1月5日 初連食(5日と言うのは早いのか遅いのか)

仕事始めで都心へ。大喜へ行ったら13時とっくに回ってもかなりの列,引き返して天神屋も行列。そのまま本郷方向へ進みNoodle Rojeでラーメン。かなり久々だが(去年は伺っていないかも),サラっとジワっと来るスープの魅力は健在。麺も固くはないが延びていない上がりでスープとフゥワリとマッチング。やはりランチタイムに混んでいたのか1口炒飯がなくて(本来カレーなんかに付く)フルーツがサービス。
所用で亀有に途中下車したついでに義薫亀有店へ(看板にマルカとあるのは又の名なのか)。スープはちょっと人工的な感じの甘味が強い,割合白っぽい塩っぽい醤油なので余計に塩気と甘さが少々反発気味。
帰路,駅西口のデッキ看板に大きなラーメンの文字。ストリートブレーカーズとJCで市内のラーメングランプリを選出するんだそうな。どうせなら,柏原産中国野菜入り新メニュー出展のことみたいにシバりを掛けても面白いのに。
まぐろブツ,煮物(京芋,にんじん,ねぎ,牛小間),おみおつけ(白菜,焼き豆腐),ごはん

1月6日 1回休み

下の子供の年末年始休み未だ終わらず本日は後詰めも見つからず,在宅作業。昼は散歩がてら外へ出たが,下の子供と入る店も見つからず。帰宅後リクエストのオムライスを作って食べさせ,残りの具材で餡掛けチャーハンを作って食べる。地味すね。
昨日から配偶者台湾へ旅行と言うか出張。かの地には日式ラーメンがあるんだよぉぉぉぉ(既にお約束のネタ)。
天ぷら(鶏ささみ,さつまいも,にんじんかき揚げ),うどん(わかめ,ねぎ)

1月7日 1コマ進む?

本日は上の子供の学校が休み。昼は散歩がてら買い出しがてら。中華のリクエストだったが,一応波里宝の前を通ったらしばらく休業の貼り紙。一番年配の老婦人が調理をほぼ全て担当していらしただけに心配。そのままヨーカ堂裏側を抜けたら,サンタンジェロが昨年末で閉店の貼り紙。昨今柏駅前では小体なお店はしんどいのかなぁ,続けてショックでかし。
で,リクエストを尊重して衆生閣へ。本日のランチは酸辣湯麺と叉焼炒飯(担々麺と迷ったが,相手が海老炒飯なので子供とのシェアを考え叉焼とペアの酸辣湯麺を選択)。豚細切りと玉子の旨味の柔らかな風味の白っぽい餡掛けスープに山椒が黒雲のように筋を引いて入り,唐辛子とも胡椒とも違うヒリスカとした辣味が爽快。中華料理らしいストレート麺も茹で加減が良く,最後まで旨く食べ切る。炒飯はやや油強目だが,パラリとして角切りの叉焼も美味。上の子供は豚肉の細切り餡掛けご飯,結構分量があったが平らげていた。お店を出たところで丁度入れ替わりに来た男性2人連れが,ランチメニューを嬉しそうに指差していた。さて彼らのお目当ては酸辣湯麺だったのか担々麺だったのか。
串焼き(牛ステーキ,鶏レバー,鶏砂胆),サラダ,おみおつけ(じゃがいも,青菜,わかめ),ごはん
ドッグサンド(ハム野菜,玉子野菜,ピーナツバター)

1月8日 ここはどこの細麺じゃ

所用で都心へ。昼は月曜に断念した天神屋で付け麺を注文。うーん,結構茹で時間の長い太麺は丼に盛られたところも濃い黄色にツヤツヤで期待したのだが,付け汁に浸すと急にビヨンとした触感にタルむのが苦手。脂身の多いロールチャーシューをスープに付けたときのように,熱でバラバラっと解ける感じ。
その後駿河台方向に抜けたら,Jyotiの鉄格子が降りて中は什器を片付け建材の袋が置いてある状態に。改装なら良いけれどクローズかなぁ,水道橋に行って見れば分かるだろうか。新年早々クローズねた多過ぎ。
刺し身(めじまぐろ,ぶり),蓮根きんぴら(蓮根,にんじん,焼豚),おみおつけ(青菜,白菜,庄内麩),ごはん。本日配偶者帰国につき,お刺し身フィーチャーしてみました。
ドッグサンド(

1月9日 監督含めて転入より転出が多そうなレイソルが気になる(カレン君は磐田へ行っちゃうし)

昼は柏王道家へ。キャベツをトッピング,ちょっと醤油が立ち加減だったがシャキっとしたキャベツとはかえって良いマッチング。キャベツが入れていただくと,家系vs二郎系の相似と差異がどちらも際立つ気がしますね。
牛味噌鍋(牛カルビ,ねぎ,青菜),梅和え(長芋,大根,のり),おすまし(豆腐,麩),ごはん
サンドイッチ(野菜サラダ:じゃがいも蓮根にんじんチーズ,オムレツ:玉子パセリほうれんそう)

1月10日 メインを見れば格が分かるのか添え物にこそ格が出るのか

午後から上の子供の学校の用事3連荘で,午前中急いで買い出し。合せて買ったパンを1口だけ食べて軽くお腹つなぎ,何となれば遅い昼というか早い夕方と言うか新年会のお食事会だったのである。いわゆるホテルパー飯(なんつぅ呼び方)をいろいろいただく。
煮付け(京芋,大根,にんじん,蓮根,焼豚),おろし和え(マグロぶつ,大根オロシ,海苔),おみおつけ(キャベツ,わかめ,庄内麩),ごはん。

1月11日 どちらも名物だが紅葉饅頭入りデザートお好み焼きがあったらイヤ

昼は樹辺里へ,久々。広島名物かつ季節味覚(お品書きは通年ある模様じゃが),牡蠣スペシャルを頼んでみる。配偶者は豚玉そばにキムチトッピング,下の子供は豚玉そば。出てくるのに間が空いて順番に分けたのだが,シンプルな豚玉そばが意外とイケたりして。牡蠣スペシャルはチーズがバッティング気味(グラタンならOKなんだが)。
午後,ちょこっと中山競馬場へ。見た目のボリュームより軽い広島焼とは言え下の子供の分も浚った後で満腹,ワンタンメンとかカレーラーメンとか食べずじまい。しかし,寒くてレースも大したことなくてガラガラ,遊園地とか競馬場とかはソコソコ混雑してないとイヤ。
刺し身(中トロ,かんぱち,サーモン,帆立),煮物(大根,にんじん,油揚げ),ほうれんそう梅和え,おみおつけ(じゃがいも,わかめ),ごはん

1月12日 麺休にて連休終了

昼はTHACHANGへ。日曜はランチメニューがないので,配偶者上の子供と会わせて3人分を単品バラバラ。生春巻き,鶏の串焼き(鶏手羽は品切れ),グリーンカレー,レッドカレー,パッタイ,野菜の辛味スープ。カレーとタイ米は好評。パッタイは油と甘味が強目ピーナツも原形に近い,これはBaoBabの方が好み。
スペアリブ煮込み(スペアリブ,キャベツ,玉ねぎ,じゃがいも,にんじん),トマトサラダ,バタール

1月13日 ジローまこカオルちゃんの共通点(ゴメンね)

所用で都心へ,昼は所用先の皆さんと勝漫へ牡蠣フライを目指して行ったら本日仕入れなし。この際変わったものでメンチカツをいただく(ハンバーグコロッケは家で作るがメンチはお外で偶に食べるだけ)。ジューシーさくさくと美味しくいただいた後,こういう時こそ帆立コロッケを頼んでみるチャンスだったと思い付く。
いつもより長く作業して,帰り際開店直後の大喜でみそらーめん。味噌としては中口ながら,かすかにトロミの出たアブラの乗った濃い出汁,微かに魚干しの苦味があるのが逆に旨さの陰影。中太やや平た目の麺がまたよし,表面が軽く弛んだところにシッカリ味噌のスープが絡み,ムッチリしっかりとした麦の味のする生地(いつもの麺に二郎の良いところを取って入れたような風貌)。具の中ではキャベツが細切りチャーシューとも繊切り油揚げとも良い相性。食べ終えて出ると列にお顔見知り,ご挨拶がてらお話して帰宅。
サンドイッチ(ハムにキャベツと玉ねぎ,玉子にトマト,いちごジャム)

1月14日 松島や,近所にあるのは松嶋屋

昼はTさんが書いていらした松島へ,湯島方向から行ってみたら日増屋のすぐそばだった。ラーメンと手延べ餃子をいただく。ラーメンは澄んだ明るい醤油スープ,やや醤油が強いが透明感のあるストレート麺にはこれ位でも絡みが良い。細いメンマも歯触りよし。餃子は焦げ目を付け多目の湯で蒸してから湯を落として仕上げる。中華の海老蒸し餃子を思わせるやや厚手で白玉のような皮がムチィッとして楽しい。お店の人も家族なら,お客さんも近所の親子連れなどで小じんまり良い感じ。
カツオ納豆,煮びたし(白菜,大根,にんじん,油揚げ)おみおつけ(さつまいも),ごはん
サンドイッチ(じゃがいもとにんじんのサラダ,パセリ入りオムレツ,チーズ,いちごジャム,ピーナツバター)

1月15日 驚異の増麺法

昼はRAUPへ。新鎌ヶ谷駅内と聞いていたので念のため野田線を奮発。敷地内だが改札外なので自転車で行っても良かった。店内食器とも白基調で模擬店みたいな造りだけれどコジャレ(ただし丼自体が分厚く重いので食器はお盆の真中に置いてくれないと,セルフサービスで持ち上げるときブレて危ないです) 。1口目はしょっぱい中にも甘味を感じて良かったのだけれど,例えばがんこなんかに比べて切れがないのか後半くたびれてスープを飲みきれず。設営も含めて早いうち若いうちに見ておくのがお値打ちかな。
白菜の蒸し煮(白菜,豚肩ロース,ぽんず),野菜汁(大根,にんじん,じゃがいも,大根葉),鰹ソボロごはん。
焼きオープンサンド(玉ねぎ,ハム,チーズ),トマトオムレツ,スナップえんどう塩茹で

1月16日 不思議と降雪予報が出るセンター試験

冷え込む1日,所用で都心へ。
昼はカレーモード。まずNagafuchiへ,オリジナルカレーをいただく。ご飯がなかなかスグレもの,玄米なのだが1粒ずつがサックリパラリとしている。ソースは崩れた具がザラっと煮とけて濁った感じ。もうちょいクリアだったらものすごく良いマッチングになりそう。そのまま月島方向へ歩いてNobby'sへ,欧風ビーフとカシミールチキンのハーフ&ハーフをいただく。チキンはネーミングから思ったより黄色系統でマイルドな味,ビーフが欧風と言いながらゴッテリしない軽やかな旨味のソースで美味。何屋さんか分からないお店の造りも魅力のうちだが,寒くてカレーも熱々でなかったのは残念。蠣殻町手前で新川から移転してきたパルフェタムールと言うお店を見掛けたが,流石にもう入らず断念。インド風と欧風両方のラインナップで,ご飯をオムレツライスにもできるようだ。
鯖塩焼き,煮つけ(京芋,葉たまねぎ,白菜,大根,にんじん),白菜柚子味噌和え,おみおつけ(わかめ),雑穀入りごはん
サンドイッチ(ハム野菜,チーズ野菜,ジャム,ピーナツバター)

1月17日 メンクイでゴメンよ

武蔵野線で1人フラっとラーメンアカデミー。はまんど。やや透き通り綺麗に揃ったスルリと滑らかな麺線で,饂飩で言えばむしろ稲庭あたり上質の乾麺を思わせる。色白のスープともお似合いだが,思っていたより軽量級。讃岐と聞いただけで,ムチィっとゴチィっと表面に紋が出る生の練り粉の力満開の手打ち手延べらしい麺を勝手に期待したのが悪いんですが。
どうせだからもう1軒で来味。スープは思っていたより煮干しも醤油も濃くなかった(いっそ味噌の方が良かった?)。麺が苦手かなと思って麺箱を見たら前にも同じような感想を持った麺屋さんの名前でした。小雪もちらつく寒さにソソクサ撤退。
鮭とじゃがいものグラタン(鮭,じゃがいも,玉ねぎ,牛乳,チーズ),野菜とハムのスープ(ハム,にんじん,トマト,玉ねぎ,大根,スナップえんどう),バゲット

1月18日 着るのはマント薪をくべるのはマントル

昼は銚子丸へ,あんまりヒカリものが流れておらず不完全燃焼気味。
カラスミ大根。小篭包,肉饅頭,小饅頭。モヤシ酢の物(モヤシ,にんじん,ねぎ)。スープ(わかめ,モヤシ,ねぎ,玉子,コーン)。配偶者が台湾から宅配で頼んだ点心類が到着,早速夕食に。北京だかで包んでいるみたいなんだけどとりあえず美味。

1月19日 町田の街への長いマーチ(お店の待ちも長いよ)

所用で都心へ。昼は西方へ足を伸ばしアサノへ。ものすごく昔に1度来ているはずである。ミルキーでスパイシーなソースは流石だけれど,ご主人の動きや話には矢張り年齢が。チキンカレーを食べたら,店を出る段になってポークはもっとオイシイですよと言われた。
なっとう,煮びたし(ほうれんそう,油揚げ),牛汁(牛小間,じゃがいも,にんじん,大根,玉ねぎ),ごはん

1月20日 風船の繋留切れて飛び立ちし後の秋空南瓜原

所用に引っ掛け西へ,松涛の谷中安規展覧会。昼は前に見掛けたカレー屋さんを探しているうち渋谷に戻り,はやしへ。Wスープだが出汁を利かせ過ぎたクドサのない程の良さが良い感じ。チャーシュー,メンマの具も含め全体に非常に丁寧な造り(温めた丼の水気を1つずつ更に拭うお店は多分始めて)。おいしくいただいて帰路途中になってから,折角なら神泉の芳来へ行っておく手もあったと気付くのは例の如し。
カレーライス(牛小間,じゃがいも,にんじん,玉ねぎ,トマト),サラダ(青菜)
サンドイッチ(チーズ,ジャム,ピーナツバター),ナポリタン(ハム,玉ねぎ,にんじん,2色ピーマン,スパゲティ)。パンが2人分に足りなかったので急遽スパゲティを茹でる,太麺でケチャップ多目の懐かし風味にしてみまいた。

1月21日 意外とカレー屋の多い柏駅前

昼は,学校が休みの上の子供とモバラクへ(気持ち続くカレードライブ)。福鮨本店の階上になるが,年末友人と振られたときには気付かなかった。その後最近のオープンなのか。マトンの辛口で羊味に満足,上の子供はチキンのマイルド。ランチはナンとライスが食べ放題だが,最初に出てくる分で十分なボリュームでした。
雑炊(青菜,玉子,ご飯),あえもの(鮭ほぐし,長芋,大根,のり)
サンドイッチ(ハムチーズ青菜,ピーナツバター)

1月22日 銀座でも端っこばかり巡る奴

午前中都心で所用。終了後線路を潜ってジャポネへ。昔々はリトル小岩井と並んで時折通ったが,もんのすごく久々。ジャリコで満腹満足,味を付けまくって炒め抜いた太麺の旨さですね。そう言えば桜海老というより超小型冷凍剥き海老ぽかった。
その後気になるお店を探したが,縦横ビシっと通った銀座は逆に地理音痴の天敵で見つからず終い。共楽で支那そば,もうちょい醤油と煮干しが強かったような記憶も久々なので当てにならず。時間帯かもしれないが,食券販売機はおクラ入りになったようです。
いなだ塩焼き,煮物(里芋,にんじん,いなだアラ),おみおつけ(水菜,わかめ,油揚げ,庄内麩),ごはん。イナダは小振りの1尾買い,煮物とおみおつけの出汁も取る。
サンドイッチ(ハムにキャベツにんじん,ピーナツバター)

1月23日 お側のお蕎麦屋さん

昼は自転車で増尾まで,どうしようかなと思いつつ久々のみどり。そばの実雑炊ともりそばのセットがあったのでお願いしてみる。鴨と茸を入れた濃い目の加減のお汁だが,そばの実丸ごとだと水気が馴染みにくくて澱粉質も余り感じない(触感から言うとレンズ豆あたりが似ているかも)。なるほど蕎麦は挽いて捏ねて麺にしたのは偉大なブレークスルーだったのですな。
しめ鯖,おひたし,じゃがいものベーコン煮(じゃがいも,にんじん,玉ねぎ,ベーコン切り落とし),おみおつけ(わかめ,青菜),ごはん。珍しく良い真鯖が安かったので早速ゲットして,火を通さずに食べるしめ鯖。
サンドイッチ(ハム玉子野菜,ピーナツバター),スナップえんどう

1月24日 お側のお蕎麦屋さん続く

昼は車ですずめ庵へ。懸案の冬のぬくもりセット,配偶者は鴨丼ともりそばのセット。ひつまぶしはおいしいんだけど,もりそばと鰻だとかなり醤油がしょっぱい。もう1品が大根の田楽で,甘味噌とは言えこれも味が濃くて,ちょっとチェンジオブペースが何か欲しい感じでした。
ちり鍋(豚切り落とし,鶏団子,かき,豆腐,白菜,水菜,ねぎ,マイタケ,茶色いなめ茸)。雑炊。

1月25日 HIBK

昼は南柏の新しいモスへ。海老カツバーガーなぞ注文,配偶者上下の子供どももそれぞれ注文。この店はガラスで喫煙禁煙のパートが区切られている,内装が白っぽいんだけどそのうち変色の度合いに差異がでるかしら。。
スープ煮(大根,ねぎ,鶏手羽),ぬたもどき(まぐろぶつ,ねぎ),さつまいも甘煮,ごはん

1月26日 月曜日はだめよ

昼,手近で食べようと自転車で走るものの月曜定休の店に次々当る。定休なのか夜のみなのか分からないが,開いていなかったがチベット料理屋が出来ていたのでビックリ。結局,新しくできたきぶんで,あたま定食(カツ煮定食である,カツ丼の上の部分と言うことであろう)。帰路自転車を漕ぎながら,栄月庵で月曜日替りの野菜天丼ともりそばのランチを食べるチャンスであったことに気が付くのは,完全にお約束。
ぶり塩焼き,梅和え(大根,長芋),煮びたし(青菜,油揚げ),おみおつけ(じゃがいも,わかめ),菜飯
サンドイッチ(野菜オムレツ,ハムチーズ野菜,ゆずジャム,ピーナツバター)

1月27日 東京カルチェラタンなんて言うけどさ

所用で都心へ。昼も12時を回ってから,この前空へ行った時に気になっていたデリまで行ったらなんと閉店。おいしそうなメニューだったんだけどなぁ,あの辺りじゃ駄目かなぁ。そのまま付近をフラフラするも本日は時間に制限あり。千代で中おちの昼定食,なかなかおいしい中おちでした。
天ぷら(ささみ,さつまいも,にんじん,れんこん),鶏だしうどん
やきそば(豚小間,キャベツ,玉ねぎ,にんじん,ピーマン),茹で玉子

1月28日 古森勝さんと蟇子守さん

所用で都心へ。昼はガンディー・マハルでラムカレーのランチ。所用先の方々とご一緒したので,場所がウロ覚えのお店目指して徘徊するわけには行かなかったのであります。
仕事を片付けて,夕刻松戸からバスに乗りむさしのへ。お目当ては塩ふぐつけそば,ちょうどお顔見知りと出くわしてビックリ(お互い季節限定付け麺のときには現れる)。出汁が絶品,淡白な中に陰影の底の深い旨味があって。具の皮もそのままだとゴワゴワして味もないようなものだが,汁に浸すとフックラと出汁を含んで自らも俄然ゼラチンのプリプリとした美味になる。鯛めしに出汁巻き玉子の季節のご飯もいただき満腹。18時台の割りに混雑していて待ったが,限定を確実にゲットしたい人が(一部遠方から)開店直後に押しかけ,通常メニューを頼む比較的遅い時刻に来る近くのお客さんと双子のピークができているような印象。
サンドイッチ(ハムとトマト,ピーナツバター,ジャム),さつまいものチーズ揚げ

1月29日 彼のカレー屋仮のカリー屋

所用に引っかけ都内へ。昼はさる方のホームグラウンドである王子方面へ。蒲鉾屋さん支店の前を通ると中では既に茶飯でない方の相手とおでんを楽しむオヤジが1人2人3人。ムルギーではミルキーウェイをお願いする,炒めた風味にトマトが合うハッシュドビーフ風のソース(具は鶏だけど)。白いご飯もやや固目の粒が立った炊き上がりで,サラサラのソースを掛けた時のバラケ具合が大変宜しい。非常にお買い得価格で盛りが良いので,近くの工学院の学生なんかに人気がありそう。
滝野川近辺をウロウロ(今回は大勝軒ではなく風船画伯縁の地として)。王子から大塚池袋に掛けて物凄く気になるカレー屋インド料理屋が多い,マサラ,モアナ,ARajなどなど。が,本日は梅もとでカレー付け麺。思っていたよりカレーの汁はサラっとしている,矢張カレー汁には蕎麦饂飩の方がマッチングに1日の長があるかと。ちょうど食べていたときにブラックホール盛頼んだ人がいて,出て来て傍から見て吃驚。
雑炊(にんじん,蓮根,大根,ねぎ,玉子),刺し身(マグロ),おひたし(青菜)
青椒肉糸丼(豚小間,緑ピーマン,黄色ピーマン,玉ねぎ),スナップえんどう塩ゆで

1月30日 津軽遠軽旧軽(これはちがう)

昼は前から気になっていたつがるへ。店名の付いたつがる定食をお願いする。この日は,3種鉢が煮もの(白菜,厚揚げ,里芋,その他),春雨甘酢煮(ねぎ,ゲソ),奴。刺し身,天ぷら,焼魚(鮭),ごはん,漬け物,おみおつけ。出される品数も1品ごとの分量が結構ある,淡目加減に出汁の効いた味も宜しい。波里宝のお休みが続いて残念なところだが,和食に関しては良い選択肢ができたかも。
ねぎとろ,おひたし(青菜取り合わせ),煮物(じゃがいも,にんじん,玉ねぎ),おみおつけ(わかめ,麩),ごはん。ねぎとろはカマを引っ掻いたもの。
サンドイッチ(チーズ,きゅうり,ハム,ピーナツバター),さつまいも甘煮。休みの子供にはうどんとさつまいも甘煮。

1月31日 お江戸日本橋仁王立ち

午後,日本橋近辺をウロウロしてから(迷っていたら早くもお顔見知りに出くわす),兜町へ移転した八島の試食会へ。久々の皆さんにお会いして,チャーシューなどオツマミに生ビールの注ぎ手も宜しく飲み過ぎ。シメにいただいた麺は,ちょっとスープに濁りがあったがなかなかの出汁のキレ(とは言え,久々に外で飲んで大分キテいたので感想は怪しい)。
カレーライス(鶏もも,玉ねぎ,じゃがいも,にんじん,牛乳),サラダ。一応カレー完成までセットして出立。
ジャポネもどきスパゲティ(豚小間,青菜,玉ねぎ,トマト,チーズ)。思い切り太い麺を茹でて,醤油で徹底的に炒める。ただし本人が苦手な海老はなし。


過去記録月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ