12月1日 師は走る時は飛ぶ麺は伸びる

所用で都心へ。昼はランチョンへ,昔々ビアホールに行ったことがある筈だけれどランチは多分初めて。階段などそこここに年期の入った店内は,これまた年期の入っていそうなお客さんが多い。牡蛎のチャウダーがあったのでつい選択,後はハンバーグサンドイッチ。チャウダーはもっと乳製品のコッテリした風味を期待していたけれど,コーンのような澱粉のヌルリとしたトロミ。牡蛎は半分に切られて2個分くらい,切ってあるせいもあってかチト匂いあり。メインのサンドイッチの方は期待にたがわずすごい。3から4cmはある大きなハンバーグが,ミミ部分から類推して8枚と6枚切りの中間位の厚さのトーストに挟んである(実際これくらい外側もシッカリしていないと中身のボリュームに負けてへたってしまうし,香ばしくソース味のないミミ部分がアイスクリームのウエハースのような感じでチェンジオブペース役)。玉ねぎの入ったソース以外特に添え物は挟んでいないが,トマトベースのソースはワインビネガー様の酸味が立ちシャキシャキした玉ねぎの辛さと合って大人の味。ハンバーグのいささかモッタリした味を引き立て刺激して最後まで飽きずに食べられる。皿の上はピクルスだけ,景色としてはドッサリおいしいフレンチフライが付いていれば言うことないなぁなのだが,実際にはサンドイッチを平らげただけで夕方近くまで全くお腹が空かなかった。
鮭塩焼き,ピーマン焼き,鶏鍋仕立て(鶏もも,大根,とうふ,白菜,ねぎ,にんじん),ごはん
炒り玉子だんだんご飯(玉子,海苔),ほうれんそうごま和え,れんこんとにんじんのアチャラ

12月2日 うラ飯屋

昼は近くの新しいうどん屋へ,これが何と言うか麺がフカフカ汁は甘ったるい醤油でお店の人の動きもモチャモチャ。自転車を回して新しいラーメン屋極へ。以前も中華系(北京だったかな?)だったお店で,外は新たに格子状の壁を重ねて幔幕など掛けてあるが店内は居抜き。しょうゆラーメンはあまりダシが感じられない。見た所は明るい醤油色の澄んだスープに白青2色のネギが散っていてイケそうだったのに。と言うわけで2連敗でした。
牛丼(牛切り落とし,ねぎ,白滝,玉子),おすまし(青菜,わかめ,麩)
サンドイッチ(ハムほうれんそう,チーズトマト),ジャム入りクロワッサン

12月3日 表はパン屋

所用で都心へ。昼過ぎ,トツゲキラーメンを覗いたらお店の外に数人の待ち列,そのまま駅を通り過ぎてめん屋そらへ。南口すぐなのに非常に分かり難い路地裏。正油ラーメンに味玉をいただく,魚出汁にかなり濃い黒い醤油で甘味が強く差している。ちょっと和風のお蕎麦でこういう汁のお店があるけれど,上面の油のせいか中華っぽい風味も感じる。スパムむすびもおいしそうだったし,塩だとどういう組み合わせの味になるのか気になるし,いずれ再訪かな。お店を出て路地奥側へ歩いていたら,Kさんに声を掛けられてビックリ。向こうは店内で気が付いておられた由。やはりトツゲキとどっちにしようか考えていたとのこと,なるほどウワサの店に行くと皆さんいるんだなと認識を新たにする。
ウロウロ歩いているうち不忍通り沿いに出たのでそのまま行って,根の津でかけうどんにタコご飯おにぎり。うどんは思っていたより太さのあるシッコリした麺,赤飯を2段位濃い色にしたようなタコ飯が存外美味(イカ飯と違って炊き込み御飯なので匂いもさほど気にならない)。ちなみに,交差点を挟んで似たような白壁に黄色暖簾の蕎麦屋と饂飩屋が左右にあるのが何だか可笑しい。谷中の商店街を抜けて,気になるお店もあるけれど流石に3軒目は入れず。明富夢でパンを買って,日暮里から常磐線乗車。意図してそう動いた訳じゃないけど,おいしいラーメンとうどんで昨日の裏を返したわけであります。
トマトシチュー(豚もも,じゃがいも,にんじん,玉ねぎ,ブロッコリ,トマト),ほうれんそうのクリーム和え(チーズ),ご飯
サンドイッチ(ハム,チーズ,オムレツ),サラダ(じゃがいも,にんじん,ミニトマト)

12月4日 隣は服屋

昼,味一の場所が石焼きビビンバ専門店美味庵になっていたのでユッケビビンバ。10種類の具が入っているそうだが,確かに7,8種は野菜など見て分かる。しょっぱさ辛さ胡麻油ががさほど強くなくてアッサリ味だが,何せ石焼きなので容赦なく熱くて猫舌泣かせなのはお約束。掻き混ぜてる匙まで熱くなるのが特につらいんだよな。とにかく,お店の入れ替わりが多い柏我孫子近辺でありますが,跡地がまた洋服屋さんじゃなくって個人的にはオッケー(この頃またブーム的に古着屋の類が増えているのである)。
鰈煮付け(大根),青菜炒め(牛小間,かき菜),おみおつけ(里芋,わかめ),ごはん
バンズサンド(白パンにオムレツチーズサラダ,胚芽パンにソーセージサラダ,サラダはじゃがいもにんじんブロッコリ軸),ジャム入りクロワッサン

12月5日 ラーメンやカレーならしょっちゅうだけど

所用で都心へ。昼は年賀ハガキ求めて郵便局を探してウロウロするうち食べそびれ。ひょんなチャンスと思ってアボガドバーガー買いに行ったら焼くのに10分以上掛かると言う。結局マルタケでビビンバを買って戻ってデスクで食べる。ビビンバの連荘ってのも珍しいですね。
ブリ塩焼き,肉じゃが(牛小間,じゃがいも,にんじん,玉ねぎ),おみおつけ,ごはん
サンドイッチ(玉子サラダ,ハムチーズ,白ぶどうジャム,ハスカップジャム),ゆでブロッコリとミニトマト

12月6日 昔は学芸発表会なんつうのもありましたね(行楽弁当モードがお楽しみ)

午前中子供の用事,後ろの方から見ていると動画静画の液晶ファインダーが沢山ボーっと浮き上がって光っていてシュールな光景だした。上がりの時間が押して昼はクルマを回してもらってサフランへ,ところがこれまた大混雑。密かに狙っていたカツサンドは売り切れで,チーズ入りのパンなぞ買いました。
刺し身(めじまぐろ,金目鯛,鯛),ほうれんそうひたし,おみおつけ(ワカメ,庄内麩),ごはん
スパムむすび,ミニトマトとブロッコリ

12月7日 どの方向へ走っても常磐新線の高架があるのはどういう訳だ

午前中買い出しと雑用の後,自転車を引っ張り出して初石流山方面へフラフラ進む。夢館の脇を通るも,この前TVに出たばかりの日曜だから限定味噌はもうないだろうとスルー。ところがその後次々にお休み,こんなに日曜休んでどうすると思う位で3軒か4軒連続の定休。結局柏へ戻って高島屋で豚まんを買ってお茶兼用で食べる。とは言え,天気は良し押してる仕事もなし子供の用事も配偶者の先約もなし(ずっとどれか引っ掛かってたのだ),久々に延々と自転車漕ぎまわって,たっちゃんらーめんの営業時間も確認して満足。途中相当風が強くて横から煽られると結構怖い,好天でもしばらく自転車はお休みかな。
鰯牡蛎ほうれん草とカリフラワーの天火焼き,大根サラダ,おみおつけ(わかめ,じゃがいも),ごはん

12月8日 年間杯数を稼ぐ年の暮れ

所用で都心へ。昼はトツゲキラーメンへ,ちょうど入口に1席空いていた。当然排骨揚げ入りのトツゲキラーメンの食券を購入。ちょっと平た目のモチツルでしっかり太麺だが,スープはカツオの匂いが強く明るい醤油に甘味のある関東の関西風饂飩の汁風,そこに排骨のアブラっ気が入ってラーメンの味になる。野菜もタップリで,店頭のビジュアルからは意外にもコッテリと言うよりアッサリ。も1つ意外なのはご主人の声,見た所小柄なのにお店を出るときの挨拶が渋く太く良く通る。ダスティン・ホフマンが突然若山弦蔵で吹き替えられているみたいな感じ。
牛丼(切り落とし,玉ねぎ,しらたき,豆腐,玉子),青菜ひたし,おみおつけ(わかめ,麩)
サンドイッチ(ポテトサラダとハム,玉子サラダ,ジャムかピーナツバター)

12月9日 うなずきトリオってのもありましたね

所用で都心のホテルへ。クリスマスの飾り付けがされて,ディナーショーのポスターやら一足速いパーティの幔幕やらの傍らに,安倍幹事長朝食セミナーやら藤井裕久氏を囲むランチやらの短冊が並んでいる。どちらもこういう世界もあるんだなぁと感心しきり。ちなみにクリスマス企画の中に,オフコースとふきのとうと雅夢の影の薄かった方の3人と元国鉄のサヨナラ模様の人によるクワルテットライブがあって,これはこれでビックリ。
昼は秀へ,開店直後に入ったらその後数分で一気に満席。白基調の無機質カフェっぽい店内と壁に貼られた九州本店(?)のおじいちゃんおばあちゃんの店の写真がミスマッチ。ワンタンメンとチャーシューおむすびを注文。トロリではなくドロンとした粘度で一口目こそ骨の甘味があるかなと思ったが,ワンタン餡に葱韮系の辛さが強くて後はスープがマスクされてしまったのが残念。
刺し身,豚汁(切り落とし,大根,キャベツ,じゃがいも,玉ねぎ,にんじん),ごはん
サンドイッチ(オムレツ野菜,ハム野菜,ジャムかピーナツバター)

12月10日 ファファファと笑う味噌がミソ

昼は流山夢館へ。本来なら自転車で行きたいところだが,午前在宅作業午後子供の用事の間を縫って開店直後を狙うゆえ野田線を奮発。で,限定の味噌を注文。カレー入り味噌と言うより味噌入りカレーの面持ち。カレーの隠し味に魚醤塩辛系と味噌と煮干し出汁を全部ごっそり入れた雰囲気,塩気も強いがアブラも強いのでかなりクドイ(魚醤は拙宅でもアジアンエスニック風のとき使う,味噌と煮干しは実践していないがそれぞれ使う人がいることは知っている)。ただ,柏で食べた通常の醤油に比べて,アブラ多目のトロリとしたスープのおかげでやや太目のコチコチした麺への味乗りは良いよう。うーん,以前夏の冷やしのときも2年目2回目の方がグンといい感じになってたから,いずれリトライしてみようかなぁ。
煮物(鶏,大根),おみおつけ(じゃがいも,わかめ),ごはん
豚丼(切り落とし,ピーマン,玉ねぎ),ゆでブロッコリ,ミニトマト

12月11日 さりげに麺週間継続中

所用で都心へ。昼は戻り際終了間際の大喜へ,わんたんめん。スープが少な目でその分味が濃くアブラも強かったような。
ぶり刺し身,あんかけ煮(京芋,にんじん,蓮根,鶏,青菜),おみおつけ(わかめ,麩),ごはん
サンドイッチ(ハム,チーズ,ジャムかピーナツバター),サラダ(じゃがいも,ブロッコリ,ミニトマト)

12月12日 1営業週連続昼ラーメンはならず

所用で都心へ。行きがけに丸香でひやがけに竹輪天。開店直後で流石に席があるなと思ったのも束の間,あっと言う間に待ち列。距離の割りに来難くなっちゃいました。さぬきのゆめ2000使用中とのことで,以前よりモシリとした重みのある生地で喉の滑りを残しつつ噛み応え十分。早昼でオヤツにどこか付け麺でもと画策していたら,作業が押してそれどころでなくなり急いで帰宅,お誕生日のリクエスト献立作成。
サーモン入りサラダ(ルッコラ,きゅうり,大根,レモン),煮込みハンバーグ(牛挽き,豚挽き,玉ねぎ,トマト),温野菜(ブロッコリ,カリフラワー,にんじん,チーズ),お赤飯,おすまし。食後に高野のミルフィーユと紅茶。あまおとめだったか上のイチゴが真っ赤でツヤツヤ,でも生地とクリームはマキシムのナポレオンパイに矢張1日の長があるよう。
サンドイッチ(ポテトオムレツ,ハム,ジャムかピーナツバター)

12月13日 今年の漢字が虎でも,京都清水寺の舞台から飛び降りると言いつつシブチンの契約更改

午前中下の子供の用事。戻って買い出しに行って,昼は申家でキムチチゲ。配偶者はユッケジャン。共用で海鮮チヂミ。例の如くキムチをバリバリといただき,チヂミをパクパクといただき,メインもきれいに平らげて満腹ぷく。
お寿司,けんちん汁もどき(白菜,大根,にんじん,ねぎ,油揚げ),栃尾油揚げ。で夜はお腹一杯でお持ち帰り寿司にお汁と油揚げ炙り程度で軽く済ませる。
ミニハンバーグ丼(ハンバーグ,玉ねぎ,チーズ),ミニトマト,ブロッコリ

12月14日 本日閉門(でも中では大騒ぎ)

そろそろ年内上がりが押してきて,終日家で作業。昼は即席ラーメンに野菜玉子を加えて食べる。
ぶり塩焼き,白菜煮びたし(鶏手羽),おみおつけ(里芋),ご飯

12月15日 外骨は亀,無骨は海月?

所用で都心へ。昼,無骨はどこかなと歩いていたら角を曲った途端に行列が目に入り,変わった外装だなと思ったそこがお店でした。並ぶのが面倒でそのまま歩いてサカエヤでチキンカレー,ややカレーが立っていて以前いただいたポークカレーの方が肉脂の甘味が乗って好きかな。ウロウロしながら上野駅方向へ引き返し,きつね寿司の前を通り掛かって小さな折りをつい購入,何やってんだか(ボックスシートだったら摘んで帰ろうと思ったら,こういう時に限ってロングシートでした)。
とろろ汁,鮭塩焼き,ほうれんそうひたし,きゅうり浅漬け,ごはん
サンドイッチ(ハムキャベツきゅうり,チーズにじゃがいもブロッコリサラダ,ピーナツバターとジャム)

12月16日 今年の10大ニュースを重大ニュースだと思っていた人はきっといる

昼は,よってこや跡の上海厨房跡にできたTHACHANG駅前店へ(プロデュースのラーメンは食べずじまいでした)。日立台サッカー場そばの本店はずっと気になっていたのに夜だけ営業で行けていなかった,最寄り駅から中途半端に遠い店というのはおよそ最も行き難い。ランチメニューのみ3種の中から鶏のココナツ風味煮込み,いわゆるタイカレーだけど甘いコクに香りもあってなかなかそれらしい。タイ米のご飯も,クリーミーなソースに絡まるバラけ加減がよろしい。日曜なら昼もアラカルトになる模様,今度中供子供がいないときにリトライだな。
まぐろ納豆(まぐろ,ねぎ,玉子),きゅうりもみ(きゅうり,鮭ほぐし),野菜汁(キャベツ,大根,にんじん,玉ねぎ),ごはん
サンドイッチ(ミックスハムきゅうり,チーズソーセージきゅうり,ほうれんそうオムレツ)

12月17日 第3の道

所用で都心へ。昼は空が待ち列で,手前の武膳のごぼう天とかけうどん。店名に掛けた豊前ウドンとの由,稲庭の細さで讃岐に負けないコシなんだそうな。やや甘味の入った淡い醤油色のカツオ昆布出汁,麺は最初対して強い当たりはないが後半に至ってもなるほど伸びない。ごぼう天は平たくサクサクにごぼう油の出会いもよろしいが,大きくて後半塩のみだと口にアブラが応える。大根オロシとしょうゆでも食べたい,おろしうどんがあるんだからちょっと天婦羅用に回してくれないかな。満席とは言えかなり長く待った(ために連荘は諦め),厨房手前で天婦羅を揚げている若い男性が仕切って回しているのだが,1杯ずつの作成に掛かる絶対時間があるため12時直後にドっと入った分がバックオーダーになっていた模様。開店間もなくだしこれから調整していくんだろうけれど,2回転できないとこの辺りランチにはキツいのではなかろうか。
たまった用事を片付け,夕刻口開け直後の大喜へ。お目当ては水餃子つけそばである。明るい赤橙色の唐辛子入り麺と通常の白い麺の混ぜ盛りで,練り込み切り込みの麺はゴソ付きがあって概して得意ではないのだが,ムッチリツルリとした生地はそのまま,噛んでいると香ばしい唐辛子の辛味が喉の上奥に上がってくる。出汁も上面にラー油が浮かび器一面に明るい赤,しかし下の出汁は肉系を感じるむしろ甘く穏やかな味わいで割らずにそのまま飲んでも抵抗がない。単調な辛さでもなく,辛さをしょっぱさや調味旨味のカウンタで食べ易くしているのでもない。海老餃子はツルリペロンとした皮で喉に滑り込む触感。
炒り玉子ご飯(のり,玉子),にんじんと突きこんのオカカ煮,ちんげん菜ハム和え

12月18日 芙蓉木犀にもさも似たり

昼は衆生閣でランチのカニ玉子炒め。玉子はふわりと炒まったところに筍木耳の歯触りで,カニ玉よりもアッサリ沢山食べられる。カニも大きなほぐし身が入って満足。大蒜辛味を効かせたメニューも多く,今度は大人の数を頼んで夜来てみるべし。
ラムの焼きしゃぶ(大根オロシ,ねぎ),煮物(白菜,にんじん,油揚げ),おみおつけ(わかめ,じゃがいも),ごはん。Gardenでチルドラムロースの薄切りを見付けて即購入。さすがに瑞々しい柔らかさで羊の匂いも爽快。
ツナそぼろご飯(ツナ缶,いんげん,にんじん),チーズ入り玉子焼き

12月19日 行く年行く店

所用で都心へ,行きがけにドーメル・アルプスへ。27年間ご夫婦で休みなく続けてきたお店を本日で閉じられるとのことで,丁重なメールを頂戴していたのである。本当は早目に伺ってご挨拶とも思っていたのだが,バタバタで最終日にようようお寄りすることができたのは例の如くの顛末。昼を周っても名残を惜しむお客さんが引きも切らずの待ち列,店内のケースもほぼ売り切れで,皆さん出来上がりを待ちながら閉店を惜しんでご主人最後のご挨拶をしている。盛り合わせの予約も入り,奥の厨房では奥さんと手伝いに駆けつけたお嬢さんが天手古舞。そういうお忙しい所で却って恐縮でしたが,長い間ありがとうございました。男爵コロッケと玉子のサンドイッチ,おいしくいただきました。
夕刻から所用先の忘年会に混ぜてもらって,大久保の徳水宮へ。タン塩から骨付きカルビや豚トロなど焼いて(総体にタレがやや甘目か),相の手にキムチにチヂミなど。〆に冷麺。

12月20日 今年一番輝いていたラな人は誰?

午前中,買い出しのついでにBaoBabへ。ナシゴレンをいただく,配偶者はパッタイ。2人シェアでトムヤムクン。パラパラのタイ米に目玉焼きの半熟黄味を突き崩して混ぜると美味。
帰宅後夕食にボルシチ風煮込みを拵えてその他雑用を片付けて,忘年会で都心へ。久々にお会いする皆さんばかりである。1次会は大遅刻だったが(用紙を持った途端にビンゴが揃っていたのはお笑い),結局3次会まで延々と行っていささか飲み過ぎ。幹事さん最初から最後までセットアップ本当にご苦労様でした。2次会の銀漢亭がお店の店内といいご主人始めスタッフの皆さんといいツマミ類の旨さといい,良い雰囲気でまた今度来ようと思う。
ハムむすび(ハム,大根葉,のり),オムレツむすび(ゆかり,のり)

12月21日 今年の天皇杯は番狂わせや執念のラストゲームが少ないですね

昨日明日と忘年会の狭間で1日在宅作業。まさに怠け者の節季働き,3件しかない忘年会が4日間に入るので慌ただしいこと甚だしい。昼は港へ,この所夕刻からのお出掛けが多いゆえ一応配偶者の意向を尊重してみる。オムライスをお願いしたが,結局カレーを頼んだ下の子供と途中でチェンジ(決して極辛ではなくソースの旨味十分だが,そこはお子様である)。配偶者はポークカツライス。食後に自家製のカステラをサービスしてもらって満腹満足。
ちり鍋(豚切り落とし,とうふ,白菜,ねぎ,水菜)。おろしポン酢で上がりに雑炊。

12月22日 嵐の前の静宴の後の寂

所用で都心へ。昼は神田駅方向をウロウロ,八つ手屋で天丼。好みから言うと海老より魚の天婦羅だけれど,この並天丼は捨て難い。ほぼ終了前の時間帯だったが,ご主人の動きが見ていてちょっとしんどそうだったのが気になる。
帰宅後雑用を片付け,夕刻から忘年会へ。一昨日お会いした方大立て者の方遠くの方,都心でニアミスしているに違いない方,近くなのに初めての方などなど皆さんお越しいただく。いろいろ用意してもらった料理を摘み(大根がメチャ美味,毎年ありがとうございます),あおりそばも1人前しっかり食べたし,スープチャーハンも1口もらったし。満腹満足。
サンドイッチ(ソーセージきゅうり,ツナトマト,ブルーベリージャムかピーナツバター)

12月23日 今年は雪ダルマ

午前中買い出し。昼は配偶者発案でサフランへ回り各種パンを購入。ツリーや亀の子型の巨大パーティ用サンドなんかも置いてあるのがクリスマスシーズン。その割りに意外と混雑なく,問題のカツサンドも無事ゲット(それでもラスイチぽかった)。
夕方から近所の親類縁者で会食。カナッペ(マグロタルタルにパセリ,フォアグラとりんご,クリームチーズにサーモンきゅうり,クリームチーズに生ハムと黄色トマト。お持たせのキャビアとレモン。台は全てバゲット薄切り)。おこわ鶏1(鶏レバー,甘栗,くるみ,マッシュルーム,クレソン),おこわ鶏2(ポークソーセージ,甘栗,くるみ,クレソン)。温野菜(カリフラワー,ブロッコリ,にんじん)。食後に樹杏のクリスマスモンブランと紅茶。

12月24日 麺が蕎麦vs汁も蕎麦

都心で所用後,ふと中央線で西へ。距離の割にポケットのように行き難い三鷹吉祥寺辺り,何度も年越しさせちゃった宿題クリアを目指す。まず一二三へ,看板が目立たなくって1度前を通り過ぎて付近を1周したのはお約束。一二三そばに味玉を注文,丁寧に造っているけれど分量調整が結構チョコマカ入る。黒っぽいスープは思っていたより返しの味は淡く,全体に乾物か何かなのか漢方薬店のような匂い。これも黒っぽい麺はバスバスとした噛み切りが心地良い。茎ワカメなど具材も独特さが感じられるが,正直3〜4年位前に素で食べていたら,もっと驚きなり感動なりしたかもしれません。
三鷹からバスで神代植物公園まで乗り(1時間に1本の路線に5分待ち位で乗れたのは大ラッキー),たけちゃんにぼしらーめんへ。黒五もカレーラーメンも迷ったが太麺の醤油らーめん。濃く黒いスープは自然な醤油の旨味,見た所幅広の麺は食べるとカッチリした生地で厚味もありスープに負けない。隣の細麺の人の丼も同じ位黒い色合いだったんだけど,細麺であれだとチトしょっぱいんじゃないかなぁ。帰路は武蔵境へ徒歩で出て(街道とか通りと付いていて名前を良く聞く割りに,実際は片道1車線のひなびた路地みたいのが多い。往路のバスはアクロバットのようなターンをかませていた),西国分寺から武蔵野線周り。三鷹駅前の市民ギャラリーで面白そうな展示をやっていた,来年明けに江ぐちと組ませて再訪を期す。
鮭いくらご飯,ごまあえ(水菜,チンゲン菜),おみおつけ(白菜,里芋,わかめ,庄内麩)
オムレツ,チンゲン菜とにんじんサラダ,チーズパン

12月25日 大掃除は手付かず

午前中作業。13時過ぎになって郵便局に所用先の年賀状を出しに行って,向かいのこうじへ。今年前半はしょっちゅう行けたが,このところご無沙汰であった。ちょうど前にグループが入り,先に食べておけば良かったと臍を噛む。例の如く麺屋付け麺をガガっと食べて出たら,まだ列が伸びていた。
すきやき(牛ロース,豆腐,しらたき,ねぎ,白菜,水菜)。何かしらムキになるように輸入豪州牛ロースですきやきしてみました。
サンドイッチ(ポークソーセージと水菜,きゅうりとチーズ,ジャム)

12月26日 年賀状も手付かず

かなり暖かな仕事納めの日,所用で都心へ。行きがけに早昼で空の付け麺。食器がオブジェ風に置いてあるのが様になるオシャレな店内(その分厨房が完全に仕切られてみえないのが残念)。太麺は生地の力が呼ぶ2段のコシとまでは行かないが,サイズ相応のムッチリした食べ応え。ピリ辛の付け汁はゴマがたっぷり入った担々麺風の味で小丼にタップリ(割りスープが付いてくるが,丼一杯まで割っても余り薄まりそうにないほど入っている)。麺に上置きの赤く和えた白葱繊切りがアクセントだが,練りゴマ豆板醤と味付けが濃く逆に後半少々単調になるのが難。
一足先にお掃除終了。帰宅ついでにお使いで秋葉原へ寄り,大喜をのぞくも準備中。こういう時でもないと入りにくいので,向かいの東京うどん天神へ。赤い日除けのテラス席があるこれまたオシャレなパっと見はカフェ,ただしそこは湯島でお店の設えと芸風の違うお客さんが続々。東京うどんはカツオの利いた明るい醤油の清まし出汁に,やや細目の麺。オヤツ気分のカフェめしの積りでいたら,麺汁とも存外分量があり食べ終える頃には満腹。
刺し身,ぽん酢びたし(水菜,ゴマ),おみおつけ(里芋,わかめ,ねぎ),ごはん

12月27日 ましてお節は手付かず

朝起きると雪,タイミングによっては帰省便に響きそう。それはそれとして一昨日辺りからチョコマカ小掃除開始(既に大掃除は諦めで駄目じゃん),裏では並行して年賀状2種印刷中。と言う訳でお昼も年末の出前買い食いモード。買い出し後クルマを回して美登利でいろいろ購入。
とは言え,夕方から配偶者と共通の友人が明日の有馬参戦を兼ねて遊びに来て,そこはそれ飲んで駄弁る。シーフードマリネ(鮭,帆立,えび,玉ねぎ,ルッコラ),ポテトサラダ(じゃがいも,玉ねぎ,パセリ),牛バラのスープ煮込み(牛バラ,大根,にんじん,ブロッコリ軸),バゲット

12月28日 史上最も遅い有馬記念らしい

昼は友人のリクエストを尊重して,まず福鮨へ。お好みなら駅前と思ったのが裏目って本日お休み(この頃昼はやっていないのかな)。6号沿いへ出て大和田へ。とくとく鰻丼をお願いする。配偶者と友人は蒲焼き定食,上の子供は白焼き定食(どういうものか好物)。でも,鰻だけから行ったら丼も決して格落ちじゃないので,タレの沁みたご飯が好きなら絶対鰻丼がお買い得。
食後配偶者と友人は中山へ。どうやら今年も前売り入場券なしで入れるようであった(2日ほど前に大嘘教えちゃいました,ごめんなさい)。同行しても良かったのだが,特に愛着のある馬もいないし,フルゲートじゃないし,牝馬も地方馬もいないし,実況杉本清さんじゃないし。日和って自宅で掃除しながらTV観戦。うーん,あんなに強くて速いのに引退ですか。
鶏から揚げ(鶏むね),サラダ(キャベツ,きゅうり),スープ(牛バラ,にんじん,玉ねぎ,トマト),ごはん

12月29日 今年もあと3日

そろそろモメンタムがなくなってきた(草臥れた)が小掃除続行中。年賀状は印刷のみ終了(欲しいという奇特な向きはいますか,って後出しで聞いても駄目じゃん)。昼は駅前へ徒歩で出て糖朝へ,ちょうど満席でタイミング逃したかなと思ったら,アっと言う間に待ち椅子からはみ出す行列。海老ワンタン入りの和えそば。配偶者は海老ワンタン香港そばとチマキ,上の子供は豚レバー粥。もち米の包み揚げ,油条いり腸粉巻き,カスタード餡蒸し饅頭。和えそばの方が汁そばより麺のザクザクした触感が長持ちするのが楽しい。オイスターソースが甘口なので,卓上の辣油をたらすと締まって美味。添えられていた清ましスープが,海老風味でクドいほどだったのに2度びっくり。おおよそ美味ではあったのだが,お粥や汁麺の相の手にもと発注した腸粉巻きが忘れられ,デザートのつもりのカスタード饅頭が逆にサッサと来てしまったのは相当マイナス。そうなるとイメージダウンで,空いた皿を素早く下げるサービスも逆に回転率アップの追い出しにしか思えなくなったりして。
中トロブツ(大根),白菜煮びたし(鶏むね,白菜,ほうれんそう,葱青),おみおつけ(さつまいも,葱白根),ごはん

12月30日 後出し史上初? 先取り日記

本日から配偶者実家へ年末年始の帰省。飛行機の上羽田まで電車移動ゆえ,今回はノートPCは持参せず。更新が面倒そうなので,今日明日分は何と先取り予定稿(でも後出しで書き直し)。
昼は羽田まで単独行で今年最後の1杯,できれば大喜へ寄る積り。しかし,駆け込み小掃除が引っ張って寄り道断念。実は前日の77軒番組で上位ランクインにつき,湯島で降りても開店時長蛇の列で時間切れだったかも(どっちもいかにも今年らしいエピソードではある)。結局,移動の上野駅めりけんやで小かけうどんに舞茸天。配偶者は肉うどんに稲荷寿司,上の子供はカレーうどんにハムエッグ天,下の子供はきつねうどん(後で残りを浚う)。
夕食はご実家にて海の幸をいただくはず。で,こっちは申し訳ないほどの大ビンゴ。刺し身が鰤,甘海老,梅貝。茹で蟹。鰤大根煮物。蛤潮汁。握り鮨の大桶は白海老甘海老蟹脚,いくら数の子海胆,烏賊,鯛平目,赤身,珍品としてげんげ。ハム類盛り合わせとサラダもあったが,会食一同中の子供どもが食べて大人はあまり手を出さず。

12月31日 今年も1年ご愛読有り難うございました。どちら様も良いお年を

配偶者ご実家にて。昼は,追い込みの年始準備の傍らお餅かおむすびで軽くお腹拵えと思っていたら,昨日お持たせの高芳ます寿司。夜は吉例ならすき焼きで,実際にすき焼き。伊賀牛と言うのは初めていただいたのだが,霜降りで柔らかく溶けるのに口にコテっとしたアブラの触感が残らない。その後当然年越し蕎麦をいただくはず(でいただきました)。

おまけ,2003年まとめ
杯数の激減を見て分かる通り,昨年以上にオフがなく連食で稼げず遠方へ出向けず。6,7月の落ち込みが一番顕著でしたが,全般に夕刻からの外出はもちろん週末小遠征も抑えられること多し。およそラ史上最も困難な1年でありました。

1回だけ行けたお店
麺あさひ(新松戸),醫食同源房(小川町),いち膳(流山/江戸川台),一番亭(安食),いっとく(竜ヶ崎),いなせなや(上野),いなほ(柏),稲荷(経堂),いまの家(守谷),小川屋(岩井),
13湯麺(五香),13湯麺(南流山),13湯麺HIDE(松戸),麺屋嘉夢蔵(松戸/稔台),香文(下妻),北習大勝軒(北習志野),きび(小川町),九一(岩井,期間限定出店),極(柏),空(小川町),空(南流山),麺屋黒船(外神田),K(淡路町),元骨屋(水海道),玄総本店(秋葉原),こうや食堂(岩井),五行(西麻布),極麺王(巣鴨),小櫻(土浦),子竜(北千住),
松楽(秋葉原),二郎(松戸),Zipang(小川町),めん屋そら(神田),
大勝(柏),大学ラーメン(中神),麺や多久味(船掘),たけちゃんにぼしらーめん(深大寺/調布),たこちゃいな(柏),暖暮(神田錦町),ちばき屋(葛西),麺徳つじ田(麹町),天神屋(外神田),闘魂ラーメン(柏/増尾),どうだぬき(下総八幡),とくや(淡路町),とことん司流ラーメン(外神田),トツゲキラーメン(神田),轟や(我孫子),トモエ(北千住),友ぞう(北柏),ドラゴン(下妻),二代目(神田),
柏竜(南柏),天衣(本郷),88ラーメン(竜ヶ崎),麺者服部(水道橋),華悟空(綾瀬),飛騨(守谷),秀(赤坂),一二三(吉祥寺),HIRAMA(柏),
MASKラーメン(北越谷),まめぞうラーメン(草加),まぁる(柏),孫市(西国分寺),みやもと(両国),美幸(柏),むさし坊(東川口),むさし坊(蕨),
やきや(本千葉),山彦(外神田),ゆーらいく(北千住),よかとん(外神田),夜鳴き屋(柏),拉珈酒亭(守谷),隆司屋(船橋),らーめん龍ちゃん(上野),龍馬(北千住),わかとら屋(守谷)

複数回行けたお店
大喜(湯島) 18回
麺屋こうじ(柏) 10回
長八(流山/初石) 8回
むさし野(松戸/稔台) 6回
王道家(柏),八島(神田) 4回
夢館(柏) 3回
がんこ八代目(外神田),くらま(南柏),らーめんひがし(馬橋/松戸),美春(北松戸),夢館(流山/江戸川台) 2回

その他(イベント催事,期間限定,ラーメン屋さんじゃないお店など)
しおやゆうじろう(柏/高島屋催事),糖朝(柏/高島屋) 2回,TOMIZAWA(柏/増尾),はな乃(柏/光が丘),瑠漫(外神田)
ラーメン王プロデュースイベント(野方),ラーメン王プロデュースイベント(さいたま新都心)


過去記録月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ