10月1日 では遅すぎる

作業の区切りを縫って昼はこうじへ,直後からガガっと列が伸びる上手いタイミングでちょうど着席。もりそばをお願いしてみる。麺の旨さは同じだけれど,こちらは甘さが前面に出てしまう分,麺屋系統の方が好みかな。
そう言えば,徳屋がランチを始めますという貼り紙の後から開かなくなって工事が入っていた。なんと後はちょいシックでもヒップホップ入っているかなのメンズの店になってしまった。おいしいもの屋が若い者服屋になってしまったのが,昨今象徴のようでちとショックでかしであります。
鶏煮物(鶏もも,水菜,昆布),ぞうすい(にんじん,大根,里芋,ねぎ,玉子)
コッペサンド(ハムルッコラ,玉子ルッコラ,ポテトサラダ,ジャム)

10月2日 サバを読んでも聞いちゃいない

所用で都心へ。昼は路地をうろつきオープンしたばかりのフェアビンデン(だったかな,近所のお母さんがNPOで始めた販売所らしい)で日替り弁当の野菜とソーセージ添えのカレーライスを購入。素揚げの野菜はおいしかったけれど,やっぱりカレーは温かくないとチョットねぇ。
鯵押し寿司,けんちん汁(鶏,大根,里芋,にんじん,青菜)。不意にしめ鯖が食べたくなるも,ゴマ鯖と関鯖しか見つからず断念。代わりではないですが,鯵を買って締めて押し寿司。
肉入りやきそば(豚ロース,玉ねぎ,にんじん,赤ピーマン,エリンギ,青菜)

10月3日 デフレの見えざる手

午前中作業。昼は自転車を出して,この前お蕎麦屋さんを回ったときに貼り紙がしてあって気になっていたボナペティの前へ行ってみると,やはり9月25日で閉店。この頃柏我孫子でも閉店が何だか多い,ずっと続く低料金指向でジワジワ首が絞まるように,体力気力の持ち切れなくなったお店が出てきているのか。手賀大橋の方まで行っておかめ食堂でカキフライを食べ,道の駅で野菜を買って帰る。
刺し身(めじまぐろ),炒め煮(山東菜,豚薄切り),おろしあえ(大根,きゅうり,赤ピーマン,にんじん,青じそ,鮭ほぐし),おみおつけ(わかめ,麩),ごはん
きつね菜飯,チーズ入り玉子焼き,にんじんのおかかあえ,ミニトマト

10月4日 アミノ燃焼系おいしいミルクという商品は実在する

半日上の子供の学校の用事,昼はあてがい扶持のお弁当。とは言え,生活クラブ生協系統のNPOっぽいお弁当屋さんで,白和えやオカラ豆腐風味のコロッケなど相変わらず手間の掛かったオカズが楽しみだったりもする。自転車だったので帰路どこか寄ろうかと思っていたら,結局市場まで用事で行くことになり大消耗。
すきやき(牛切り落とし,豆腐,しらたき,ねぎ,えのき),青菜和え物(大根おろし)
おむすび。オカカ混ぜと梅干し混ぜ5個ずつで海苔巻き。

10月5日 雲雀の巣藁駱駝の背藁

続けてほぼ全日上の子供の学校の用事。昼はお弁当だったのだが,オカズがエラク単純な揚げ物練り物と丸切り箱弁でいつもと違う。箸袋を見たら別のお弁当屋さんでした。実は今日はどんなオカズかなと期待していたりもしたゆえガックリ(いつものお弁当屋さんは2日目は総取り替えに近いバリエーションが楽しい,オカズもだが主食もお寿司になったりする)。
鮭いくらご飯,煮びたし(モロッコいんげん),おみおつけ(豆腐,青菜,ワカメ)。いくらは金曜に仕立てておいたもの,今年は天候のせいか生イクラの売り出しが早い気がする。
おむすび。本日はおかか菜飯と梅干し5個ずつで海苔巻き。流石に小振りとは言え10個平らげるのではなく,他の人に頒けて上げているらしい。

10月6日 チキンフライはチキンカツとフライドチキンどちらに近いか

都心で所用。14時近くなって作業終了後,八島の前まで行ったら昼の部終了。前より30分程早上がりになったのかな。八つ手屋も鍋の火を落とすところと段々選択肢が少なくなる。駅前へ回って,旭屋へ。かきフライを見てすかさずお願いする。時分外れで空いている割りに時間が掛かったが,注文後衣付けから揚げまでジックリ仕上げた大振りのフライはサックリぷっくりとジューシー。何せ今年はいくらRが付いても9月は暑くて,流石に牡蛎には食指が伸びなかった。10月以降にその分追い付いて食べなきゃ。
栃尾油揚げ焼き(しそ,かつおぶし),納豆(ねぎ,のり),煮びたし(モロッコいんげん,水菜),おみおつけ,ごはん
ハム入り玉子焼き,モロッコいんげんオカカ煮,さつまいもとにんじんのごま炒め,ごはん。

10月7日 恋人よ我に帰れ

所用で都心へ。その前に口開け直後の八島へ,肉ワンタン付け麺をお願いする。一瞬スープ重視で塩にしようかなとも思ったのだが,肉汁タップリのワンタンに転ぶ。美味美味。ご主人もちょっとフックラしたかなってお元気そうで,もう1人のお店の方とコンビ健在で何より。
豚トマトハーブ焼き,おひたし(つまみ菜),とがのお煮(さつまいも),おみおつけ(栃尾油揚げ,わかめ),ごはん
おむすび(梅おかか海苔),トマト入り玉子焼き,ピーマンのチーズ焼き

10月8日 宮澤元首相の誕生日だったりもする(総選挙は出られるのでしょうか)

11月末くらいの体感で寒い1日。その中自転車で闘魂ラーメンへ,新バージョンの香味ラーメン。以前はトロリとしたスープに対し麺が弱いかなと感じたが,麺が変わったら絡みが悪いのかスープが薄く感じる。難しいものですな。具もナムル風に特徴のほうれん草が消え,チャーシューに木耳で丼中の色合いが淋しい。
その後新柏を通り,オペラ座で栗のケーキを探したらホールの丸いのはなくて断念。柏駅方面から新柏への最短順径路を見付ける。野田線と坂の回避でもっぱら大回りしていたのだが,旧6号から住宅街の中を通るとちょうど直角に行けるようです。
刺し身(めじまぐろ背腹,かんぱち,鯛,帆立,いくら),酢の物(かに,ワカメ,きゅうり),煮物(ほうれんそう,水菜,厚揚げ),おみおつけ(なす,大根,ねぎ),栗入り赤飯。食後に栗のケーキと紅茶。お誕生日のお膳でございました。
バンズサンド(ハムチーズ野菜,じゃがいもにんじんサラダ)

10月9日 後から思えば麺類天国

所用で都心へ。昼は丸香でかけうどん。ランチタイム終わりにもかかわらず混雑で,1つ2つ空いていた席に丁度入れたが,店内ほとんどの人が食べておらず丼を待つ状態。1巡するまでにかなり掛かり,その間店内から歩道に待ち列ができる。で,待ったせいじゃないですが,気持ち細めで2段目の噛み応えの来ない麺でありました。できたら,ひやあつを食べてみたいんだけど,讃岐でもお店の系統によってあったりなかったりするメニュなのかしらん。
夕刻から所用先の会食に混ぜていただき,フェラーラへ。カボチャのマリネ(赤ワイン酢か煮込み様に濃い色で,食べると相当酸っぱくビックリ),サーモンのカルパッチョ風(素材の予想通りの味),生ハムサラミ(何か水気の野菜があるともっとマル),トマトとモツァレラチーズ(チーズがトロリと繊維っぽくなくて美味),茸のクリーム煮(ソースがおいしく,パンを無理矢理頼んで掬う),ピザマルゲリータ(定番の味,クラストは薄い方が好き),チーズとピースのリゾット(リゾットは実は妙に好物,皆敬遠するので貰う),ムール貝のスパゲティ(他の貝の剥き身も入っていた),リガーニのオーロラソース(ケチャップ風の分かりやすいトマト味),鶏のロール(アスパラガスと各色ピーマン入りのロールをソテーしお酒と肉汁をコッテリからめてある,正式名失念)。最初スプマンテのグラス,その後白ワインを飲む。料理の後,ティラミスにエスプレッソ。パンを頼んだとき,まだ一杯出ますよと言われた通りの品数と分量をものともせず,大変良く食べました。御馳走様でした。
ハムと2色ピーマンのロール,チーズパン

10月10日 世が世ならば体育の日

都内へ出たついでに巣鴨に回り,極麺王へ。つい新製品あぶらそばの食券を購入。アブラと言ってもゴリゴリして落とした背脂の甘味がムチャーっと太い麺に絡んで,笑っちゃうジャンク旨。ただし,後半冷めてくると少々ツライのはこちらの年齢のせいもある(って,巣鴨だがねー。まだハナタレだがねー)。
折角だから付近をウロウロ。通りのほとんど並びで大沢食堂の前を通るも,夕刻から。何となくもっと遠方と思っていたけれど,日暮里からスグである。もそっとチョコチョコ来ておけば良かったかな。商店街に1個所行列と思ったらカレー饂飩,ただし若い人ばかり。お年寄りは昔々に食べちゃったのか,並ぶのしんどいからか(時間はあるけど),高いからか(実際,食でも衣でも廉価なお店が多い)。都電沿いに歩いて滝野川の大勝軒で付け麺も良いなと思いながら,辿り着けずじまい。いつも王子手前当たりで路面を見逃して迷ってしまう。さらに町屋から北千住まで歩き(うっかり京成沿いに歩いたら渡河ポイントが遠方の橋で倍くらい大回り),快速で柏へ。寒い中何だか矢鱈歩いた気がする。
鮭塩焼き,煮びたし(厚揚げ,水菜),おみおつけ(さつまいも,みょうが),ごはん
サンドイッチ(ハムポテトサラダ,ピーナツバター)

10月11日 今年は後何回3連休があるんだね?

昼はLahore Curryへ。未食のうちキーマが羊の挽き肉と聞いて,すかさずお願いする。羊の風味が出て美味,ただし癖を抑えるためもあるのか相当にしょっぱい。プレーンヨーグルトなんか掛けてみても良いかなと言う感じ。配偶者は野菜カレーの3,上の子供はチキンカレーの1(ほぼ定番と化している)。あまりお腹が空いていなかったらしい上の子供の主食を貰って食べ満腹。
エスパに買い出しの帰路,花輪が出てクルマが沢山停まってると思ったら壱鵠堂の新店オープンのようでありました。配偶者が入らなくて良いかねと尋ねてくれたが,列もできていたのでカレー食べに行っちゃいました。そう言えば,16号沿いには8月に山岡屋もできているし。ロードサイド全開ですね。
まぐろカマ焼き,さつまいもとカボチャ甘煮,炒め煮(白菜,水菜,油揚げ),おみおつけ(なす,わかめ,モロッコいんげん),ごはん

10月12日 1回休みのような地味なお休み(食事も地味)

連休中日,我孫子から土浦辺りで軽く流す予定。が,配偶者夕方からの所用に対し正午過ぎから束縛掛かる。あぁ,だったら昨日ラーメンにしていればぁぁぁぁ。宿題片付かず増えるばかり。まず行っていない店がこんなにも多いことを信じられず驚き呆れ,やがて行くことを阻む諸般の理由に対し怒りを覚え,最後に行けなくっても仕方がないよなと諦めモードの受容に至るのであります(心理の動き3段階,なんかの授業で習いましたな)。
昼は出立前にうどんを仕立てて食べて出てもらう。かつおぶし昆布鯖節の出汁に,具は鶏と壬生菜。到来物の干うどんの太い方は20分近く茹で時間が掛かるので普段はつい細い方から減るが,今日は用意する時間がたっぷりあるので太麺が使えました。
炒め煮(白菜,水菜,油揚げ),酢の物(蓮,2色ピーマン),かき玉汁(素麺,玉子,わかめ),かやくご飯(鶏,にんじん,ごぼう,干し椎茸)

10月13日 以下同文

昼は銚子丸へ。珍しく赤皿以上のネタに食指を伸ばす配偶者を尻目に,小肌,鯖,鰯,その後鯵,鮭と食べる。今どき青背は貴重なのであります。
結局ぐずぐずして遠出せずじまいだったら,午後遅く滅茶苦茶な雨。思わずPCの電源を抜く。常磐線から何から停まってかなりの混乱だったようである。てな訳で日和ったもんがち。
キャベツと豚煮込み(キャベツ,玉ねぎ,塩豚三枚肉,トマトジュース),ピーマンおかか和え(4色ピーマン),ごはん

10月14日 縦断路線がないのも一種の南北問題?

所用で都心へ。終了後,都営新宿線に載って船掘で降り,麺や多久味へ。お醤油は,白濁豚骨に締った感じの麺。ここも路線上行き難いと思い込んでたけれど,都心に出たときなら丸切り簡単。CPがあるうちに来ておけば良かったですね。
道路沿いに歩いて,めんやももの前まで行ったら休み。更に葛西まで歩いてちばき屋へ,昔々食べたことがある筈。全体にこんなんだったけっと言う感じ,半熟味玉子とかね。昼の部オーラスで,途中から午後の部とお持ち帰りの仕込みモードになってしまったのもやるせなし。来る途中で通り掛かった,手づくりパンの加藤仁と阿部守正の店(本当にこういう名前)で,明朝お弁当用にいろいろ購入して帰宅。
肉豆腐(牛すじ,牛すね,豆腐,玉ねぎ,ごぼう,にんじん),おかか和え(壬生菜,紫蘇の実佃煮),おみおつけ(さつまいも),ごはん
いんげん入り玉子焼き(玉子,さやいんげん,チーズ),あえもの(蓮,にんじん),段々ご飯(のり,おかか)

10月15日 どういうものかイタリアンが多い柏周りの野田沿線

昼は自転車で新柏へ,前を通って気になっていたOLEZZOへ。肉料理と飲み物付きのランチはトマトソースの自家製生パスタ。パスタフレスカと言うのは,麺というより細切りのクレープか何かを思わせる,プキプキしなしなとした独特の生地であります。デザートは付いていないと思ったけれど,小さなトライフル風のフルーツパフェをいただく。その後,直販売店の野菜,エクレールのパンと購入して帰宅。
煮込み(牛すじ,牛すね,ねぎ,ごぼう,突きコン),おろしあえ(サーモン,大根葉,のり),おみおつけ(わかめ,ねぎ),ごはん
バンズサンド(サラダ1:キャベツハム,サラダ2:ポテトニンジン玉子,ジャム)。みかん。

10月16日 "紳士だったら知っているー"って知ってる?

昼,作業で出遅れさらにウロウロ。流山方向へ出掛けて引き返し,ラス近くの美幸へ(食べ終わったら既に暖簾が入っていた)。ひょんなことでラーメンは初。澄んだ醤油にモチっとしたストレート麺。チャーシューは小振りで脂身なし,相当しょっぱいが香料はきつくなくホロっとした煮え加減が良い。添えてある青菜が丸ごとのミニちんげん菜のところは,中国野菜の先駆けのお店ならでは。やはり炒めに妙手を発揮するようなので,汁麺なら五目とかチャンポンとかですかね。
中華風煮もの(大根,ねぎ,鶏手羽),あえもの(ほうれんそう,きゅうり,おかか),おみおつけ(なす,みょうが),ごはん
サーモン照焼き,さつまいもチーズ焼き,菜飯(大根葉,ごま)

10月17日 松林檎でなくって鳳梨

都心で所用。昼前に片付け西進して久々のラ店開拓するつもりが,待ちで午後まで。昼のアテが外れてボンヤリ外へ出て所用先の皆さんと何食べましょうねと話しているうち,Pineへハンバーグを食べに行くことになる(つるるの隣で前から気になっていたのである)。デミグラスソースのハンバーグをお願いする。平皿に添え物一式と盛り込まれて来た時は何程のことやあらんと思っていたが,直系10cm弱一番厚いところが3cm弱でかなりのボリューム。ちゃんと挽き肉の味とテクスチャが残って中央ほんのり柔らかな焼き上がり。お皿のご飯もピカっとした炊き上がりで良い感じ(しかも無料で大盛り可)。これは若い衆に人気があるのも肯けるかも。
焼きしめさば,おみおつけ(大根,じゃがいも,にんじん,ねぎ),ごはん
サンドイッチ(キャベツ玉ねぎハム,ほうれんそうチーズ玉子)

10月18日 決戦!日本シリーズ でも阪急はもうない(南海でもない)

昼は栄月庵へ,天ぷらそばをいただく。やっぱり夏の冷やしに入っている小海老の方がクリクリっと食べられて好きかな。配偶者は鴨南そば。
巻き寿司(まぐろ,蒲焼き,きゅうり),あえもの(青菜),おみおつけ(豆腐,わかめ,ねぎ)。いよいよシリーズ開幕,でも夕食時はTVを消す掟は厳然として不可侵。仕込みに時間が掛かってもハグハグっと食べられて,残っても後から摘めるメニューと言うことでお寿司。でも食事中に全部食べちゃたし,夜更かししてスポーツニュースで余韻を楽しむ展開でもありませんでしたとさ。
ごもくご飯(豚小間,にんじん,干ししいたけ,ごま,のり),ハムときゅうりのチーズロール

10月19日 big endian, little endian

昼,旧6号南柏のモスへ行ったら何と先月末で閉店。新6号のモスも消えちゃったしなぁ。でも12月に駅前に新しくお店ができるらしい。で,港へ。ミックスフライをお願いする。鮭が大きくサクサク揚がって美味。配偶者もミックスフライ,上の子供はカレー(ミックスから1切れ豚を回してカツカレー化),下の子供はハンバーグ。下の子供の残りを浚ったら,なかなか柔らかなお肉にソースもこっくり(ハヤシが美味しいので期待してた通り)。
今日こそ出掛けるはずが諸種の都合で予定が詰まり,昼を挟んで1日PCの前で作業。作業が一段落付いたら既に日も長く,牝馬三冠は出るしレイソルは点取れないしタイガースは打てそうにないし,プチっと切れて外気を吸いがてら駅前へ。北海道展のお菓子を買ってから和牛の切り落としをドサっと購入。昼のミックスフライをカツに見立てて,ハーブ風味のミニッツステーキとする。が,"敵に勝つ"ではなく"勝つのは敵"になってしまいました。順序が重要だったのね。
牛ミニッツステーキ,じゃがいもとさつまいものオーブン焼き,サラダ(キャベツ,きゅうり,さやいんげん),トマトトースト(調理用トマト,バタール)

10月20日 コースアウト続出かも(迷うんです)

昼は北柏方面へ,慈恵医大の周りを探して住宅の中に友ぞうを発見。ちょい和風喫茶風の小奇麗なお店。ワンタンメンをいただく,タップリ感のあるワンタンに加えて1つ入っているツクネが楽しい。ハナから入っている胡椒が非常に強いのは移転前と変わらず。
新しく通った道から折り返して,手賀沼のサイクリング道路へ。道の駅のところで上がるつもりだったのが,そのまま何となくエコマラソンの幟を辿って沼南のキャンプ場先で折り返し。20km弱くらいだったのかな。
鮭塩焼き,サラダ(じゃがいも,にんじん,玉ねぎ,いんげん),おみおつけ(白菜,ワカメ,えのき),ごはん
牛炒め煮(牛切り落とし,ねぎ,ピーマン),にんじんピクルス

10月21日 古本とカレーはどこか埃っぽいスパイスの香りが似ている

所用で都心へ。昼はGumbo再訪,今日はドライカレーをお願いする。こちらはややカレー粉利かせ目の予想通りの外見と味。カウンタの調味料コーナーにハラペーニョソースを発見(タバスコに比べ辛さがマイルドで沢山掛けてもオイシイ),さらに刻んだハラペーニョそのものもあって2度ウレシイ。
帰り際,まんてんの隣にインドカレー店サリーを見掛ける(本店は錦糸町だったかにある模様)。サクっとライスで食べる積りで入ったら,ご飯切れでナンとチキンカレー。インドの人らしい店員さんが1人しかいない上ガンジスの流れの如く悠揚迫らざるペースで,注文が出てくる頃にはかなりイラチ状態。てなことでお味も多少割り引きの印象,ごく薄口のインドカレーでした。
刺し身(めじマグロ,あいなめ,帆立),白和え(にんじん,干し椎茸,れんこん,豆腐),煮びたし(青菜,おかか),おみおつけ(もやし,ワカメ,玉子),ごはん
やきそば炒り玉子乗せ(ソーセージ,玉子,キャベツ,玉ねぎ,もやし,にんじん,のり)

10月22日 本日閉門

雨に降り込められるように終日家で作業。昼は,ありものの舞茸しめじエノキをどっさり入れて茸スパゲティ。
親子丼もどき(鳥もも,玉子,豆腐,にんじん,玉ねぎ),里芋煮(油揚げ,里芋),おみおつけ(わかめ,青菜)
炊き込みオコワ(豚小間,にんじん,干し椎茸,こんぶ,ごま),青菜の炒り玉子和え

10月23日 こどもチャレンジはとらじろうと言って笑われるニワカ虎ファン

午後から所用で都心へ。昼は行きがけに大喜でもりそばをいただく。ムチィっとツルリーンとした麺が美味で一気に食べ終える。
久々に湯島側から昼間歩くと,いろいろお店ができている。大喜の向かいにカフェ風うどん屋,ランチメニューを覗いてみたが全体に高値停まりかな。昌平坂通りに新しいお店ができていた。ボワブローニュのパンを出している一方で,カキフライとか定食屋さんのメニューもズラっと並んでいるところが不思議。一色堂のお弁当屋さんと,すえ廣が仕舞っていたのは心配。
カレーライス(牛すね,牛すじ,じゃがいも,にんじん,玉ねぎ,トマト水煮,牛乳),きゅうりサラダ(きゅうり,蓮根)。
鮭ご飯(鮭ほぐし,のり,ごま),青菜のりおかか和え,カボチャソテー(チーズ)

10月24日 いぢわるはちにてんてん

昼過ぎまで作業の後,どこへ行こうかなと自転車を出す。迷った末まがーりでリコッタチーズとハーブ入りのトルネッリ,トマトソース和えだが中身が非常に熱々でウッカリ食べるとビックリ。旧知の人が来店していたらしく,サービスの女性は1卓に張り付いて話に花が咲きまくり。しかし,男性の方が調理の傍らあちこち卓の進行具合をチェック,呼び返しながら新しいお皿を出させていたのが効奏。
鯖味噌煮(大根),あっさりポテトサラダ(じゃがいも,にんじん,大根,きゅうり),おみおつけ(油揚げ,わかめ,大根葉),ごはん
やきめし,青菜おかか和え

10月25日 デジャブじゃぶじゃぶじゃぶじゃぶかきわけて

午前中幼稚園の行事の準備,巨大風船を盛大に脹らます。昼は平城苑へ,スタミナカルビセットで主食はご飯のまま,配偶者も同じ。単品の並塩タン,レバー,キムチ盛り合わせ,チヂミを追加。更に下の子供用に韓国焼き海苔。チヂミは申家と比べると何と言うかオヤツみたいなもんですが,肉取り捲りで食った食った。
おでん(牛すね,大根,にんじん,じゃがいも),酢の物(きゅうり,わかめ,〆生鮭),茶飯。練り物苦手の人々が多いため一切オミット,結果として和風ポトフみたいになっちゃったのは予期できた結末。
おむすび(梅干し海苔巻き,鮭海苔巻き)

10月26日 デジャブじゃぶじゃぶじゃぶじゃぶしてると鯨になっちゃうよ

朝から幼稚園の行事,焼きそばを盛大に焼く。全部で250人分を交替しながら2時間余り。何だか前にもずっと同じようなことしていたような気もします。
昼過ぎに作業終了,1人でフラフラと駅前へ。さすがに和風が良いなぁで,まなべで日替りのかきあげうどん。かきあげは市販品のようでもう1つ。何と言うか今が踊り場状態なのかなぁ。
この間休みの日にそごう下の階段のところにケバブ屋さんのクルマ(都内で見たのと同じ白い背高ワンボックス)がいたんだけれど,今日は見掛けなかった。ときどき居てくれるとお近くで簡単にケバブが食べられて良いんですがね。
ボルシチもどき(牛すね,玉ねぎ,じゃがいも,にんじん,トマト),サラダ,バゲット。昨日取り分けたスープを使用,結果として今日の方がピンと来る出来。

10月27日 唐土の鳥が渡らぬうちに

所用で都心へ。昼は五行へ,西麻布は路線上非常に行き難いと思っていたけれど,何の事はない乃木坂から歩いてすぐなんですね。焦し味噌のランチ。爆醤干焼てな感じ(乱暴に言うと回鍋肉焦し気味だけどこれはこれでオイシイじゃん)。飲んでいる間は良いのだが,口の中が空になると後味でアブラっこくしょっぱいことに気が付き,つい次の1口をまた掬ってしまうサイクル的旨味。細いボソっとしたストレート麺が意外にマッチ,あれでプリっと縮れた中太だったりすると,絡み過ぎてうるさそう。雑穀系のチラチラ入ったご飯とタクアンが口直しに良かったが,スープに浸して食べると妙に人工的な甘味がしたのはどういう配合の結果だったのだろう。
押し寿司(鮭,かんぱち),ミニ稲荷寿司(蓮根),おみおつけ(大根,大根葉,わかめ)。今日もサクっと食べられる献立でスタンバイ,酢を控えると稲荷寿司も家中に好評。ちなみに結果は日本最強の内弁慶誕生を見て,例年になく長い長い野球シーズンが終わったのでありました。
やきめし(鶏,玉子),スナックえんどう塩茹で

10月28日 本日閉門(1ヶ月に2度もなんて)

冷たい雨がジャンジャン降る1日,ずっと篭もって作業。昼は作り置きのカレーを解凍,トマトとチキンのエスニックな作りだったのでバジル入りのご飯を茹でて添える。炊いたご飯よりサラサラしているため,気持ち多く食べられる。
鳥空揚げ,和えもの(きゅうり,蓮根),煮つけ(京芋,大根,油揚げ),おみおつけ(麩,ワカメ,大根葉),ごはん
オムレツ(赤ピーマンとチーズ入り),じゃがいも甘辛煮,菜飯

10月29日 末広漢いまだ出現せず

昼,洋食系の味の付いたご飯(ピラフとかチキンライスとか)が食べたい。自転車を飛ばしてスエヒロへ。本日のランチは牡蛎フライに甘辛炒り玉子。元来の趣旨とは違うが,牡蛎となれば食べるでしょう。大振りで外カリカリ中ジュワっと牡蛎のジュース分たっぷりのフライが5個,レモン芥子を相手に醤油とソースで食べ分ける。トドメの玉子も柔らかな炒り加減と味付けで満足。帰路,6号沿いにラーメンすずめが開店準備中,確か2軒続けて九州系のチェーンだったような気がするんだけど今度はどうなんでしょう。
刺し身(サーモン,きゅうりつま),鳥空揚げ入りキンピラ,おみおつけ(大根葉,わかめ),ごはん
トマトオムレツ,きゅうりのチーズ巻き,クロワッサンとブリオッシュ

10月30日 赤いサラファン対紅いコーリャン

所用で都心へ。昼は所用先の人とエチオピアに行ったら待ち列ズラリ。さっさと転向してサラファンへ,露西亜風ハンバーグのランチ。明るいルビーピンクのボルシチも久々で懐かしい。相変わらず手狭な店内は混雑,お店の人が椅子だけじゃなくてテーブルまで引いてくれるサービス振り。ちなみにお食後のススメはなかなか反則に近いまでに魅惑的であります,時間切れでジャムティーが飲めなかったのはチョイ残念。
芋天(大根おろし),酢の物(きゅうり,蓮根,青じそ,かんぱち),おみおつけ(豆腐,わかめ,大根葉),ごはん。下の子供が掘ってきたサツマイモを早速使用,サザエさんにそういうネタがありましたね。
おむすび(梅干し海苔巻き,おかかのりまき)

10月31日 今年も後2ヶ月(全部食べても120杯)

所用で都心へ。昼はズレ混み気味にフラフラして,フェアビンデンで日替り弁当を購入。おでんに茶飯で,小さなスープがソース入れで別添のおでんは無添加で甘ったるくない練り物を満喫。
牛肉と野菜のスープ煮,鯖のムニエル,ポテトサラダ(じゃがいも,にんじん,玉ねぎ,ハーブ),ごはん
芋天のチーズ焼き,きゅうりのハムロール,だんだん弁当(のり,かつぶし)


過去記録月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ