7月1日 ジュライ寿来と夏が来る(かな)

7月もまたまた所用で都心へ,ここが胸突き八丁頑張り所でしょうかね。昼は出そびれの上後ろが切れて,ふくじゅへ。とろろきしめんに生玉子入り,きしめんはかなり幅広で厚味も相応してあり練り粉のムッチリしたタイプ,出汁は色白関西ウドン風。
切りの良いところまで作業を片付けて夕刻八島へ,まだ早いせいか見知り顔を含めて相客も少ない。わんたん醤油つけめんをいただく,肉汁タップリのムチっとしたワンタンが美味。今週金曜からしばらくお休みに入られる由,ただ,お休みの理由としては最も心配なくむしろ慶賀すべきものかなと思ったんだけれど。
玉子焼き,かぼちゃチーズ焼き,胡麻昆布ごはん

7月2日 Matrix Recycled

所用で都心へ。昼はかね十のお弁当,揚げ物のオカズがちょい多目。
まだ見に行けていないMatrix Reloadedでありますが,最初のCMが如何にもマトリックスと言えばコレというCGグリグリシーンをフューチャーしていたのに対し,第2シリーズのCMは別の側面から訴求を狙ってトリニティとの恋愛物路線を押してきた。と思ったら,第3弾はまた爽快アクションものになっているようであります。で,ラストに片方の拳を突き出して画面手前へと飛んでくるネオのポーズはどうしてもアトムかウルトラマン(やっぱアニメか特撮かよって)。ずっと同じCM打っているT3とどちらに凱歌が上がるか楽しみだったりして。
めじマグロオイル焼き(めじまぐろ,ピーマン),きゅうりサラダ(キュウリ,レタス),スパゲティ(トマト,玉ねぎ,チーズ)
ピラフ(ハム,玉ねぎ,にんじん,玉子)

7月3日 栄光からの1マイル

所用で都心へ。昼はフラフラ歩くうちご老人に呼び止められていがらしの特製弁当。盛り沢山だし看板の天婦羅もイケるし,いつも時刻が遅くなってから割り引きで買うのが申し訳ないっす(それでも天婦羅がオイシイのはナカナカたいしたモノだと思う)。
肉野菜炒め(牛カルビ,空心菜),サラダ(きゅうり,トマト,レタス),おみおつけ(なす),ごはん
焼きそば(ソーセージ,玉ねぎ,ピーマン,にんじん,キャベツ),サラダ(じゃがいも,にんじん,枝豆,きゅうり)。下の子供はロールに挟んで焼きそばパンとサラダパン。

7月4日 ダブダブは鵞鳥ガブガブは子豚

所用で都心へ,昼は所用先の方々と一緒に弄堂でダブル焼き餃子定食。チャーハンはアブラっこいかなと思ってダブル餃子にしたんだけれど,正解でした。
流石にそろそろ乙彼で久々にサクロンなど飲んでみたのだが,所用先の配置ボックスに入ってるのと近所の薬局で買ったのと微妙に味が違う(買った方がちょっと辛い)。良く見たら配置薬はサクロンN,購入分はサクロンSとある。ファンタの甘口辛口みたいなもんでしょうか。
鶏天火焼き(鶏もも,鶏むね,鶏レバー,かぼちゃ),サラダ(グリーンリーフ,水菜,きゅうり),そうめん
グラハムサンドイッチ(ハムきゅうりにんじん,ピーナツバター),ブロッコリとソーセージのサラダ

7月5日 ルート51再び

上の子供の行事で昼間外出,自転車を出すついでにガンガン漕いで杉田まで行ったらなんと臨時休業。かなりショックでかし,しかし偶然途中に見掛けて気になっていた新しいインドネパール料理屋さんタァバンへ引き返して入り,事無きを得る。マトン辛口と豆カレー中辛をナンで注文,作るのを見ていても結構クリーミーなタイプだったが店内の釜で焼くナンもなかなか。満足でごわぁした。
ますずし,おすまし(青菜,玉子),おひたし。夕方戻って流石に消耗,到来物で食卓を整え事無きを得る。
サンドイッチ(ツナにんじん,ハムきゅうり,ジャム)

7月6日 鴨が懐かしいカモーン

昼は買い出しのついでにクルマを回してもらい,長八へ。当然ここは新メニューの冷やし中華をお願いする。配偶者と子供どもはラーメン。で,冷やし中華は洗った麺の触感とプキプキする角切りチャーシューは魅力的だが,如何せん上から掛け回すタレがあまりにもいわゆる冷やし中華の甘酢味。もうちょい出汁割りというかタレスープだけ舐めても良いと思える位なら抜群の冷やしになるのだが。加えてドッサリ上置きされている紅生姜の味がかなりに強い。長八というとつい手打ち麺と反射的に思うが,実は豚味満載のスープも同じ位インパクトとウェイトのある相手役なのだなぁと,下の子供の残りを浚いながら再確認した次第であります。
餃子(合挽き,ねぎ,干し椎茸,キャベツ,青菜,玉子),サラダ(トマト,きゅうり),ごはん,おみおつけ(じゃがいも,青菜)

7月7日 七夕は旧暦の方が晴れて良いと思うぞ

所用で都心へ。昼は魚源で,あじの南蛮漬け弁当。酸味を使った分塩味が押さえられて保存が利いて,ピーマン玉ねぎの野菜も入って,栄養と料理とかで褒めてもらえるおいしさ(ほんとかい)。
牛肉と2種レタス炒め(牛切り落とし,グリーンリーフ,ロメインレタス),サラダ(トマト,きゅうり),おみおつけ(じゃがいも,なす),ごはん
サンドイッチ(ハムきゅうりチーズ,ソーセージきゅうりチーズ)

7月8日 わがかなしみはここにきわまる

所用で都心から湾岸副都心へ。本来であれば真好味かラティーノに寄れて幸せなはずだったが,時間オシオシで結局マックのチーズバーガーとミルクをテイクアウト。いよいよ作業が煮詰まっているとは言え,ラメ的ラン的にはいい加減どん底ズンドコの極み。
刺し身(かつお),アスパラとベーコンの炒め,ほうれんそうひたし,おみおつけ,ごはん
サンドイッチ(玉子野菜サラダにハム×2,チーズ)

7月9日 踊る大捜査せん(サ変活用未然形プラス否定)

終日所用で湾岸副都心へ。昼は子供どものお弁当と込みで作ったバンズサンド。あっさりハム野菜とチーズ野菜。昨日帰り際にゆきのパン屋さんで購入したアーモンド入り丸パンは何も挟まなくても付けなくても十二分に美味。
カレーライス(豚ロース,玉ねぎ,じゃがいも,にんじん),サラダ(きゅうり,トマト)

7月10日 ベイブルース(ホームラン王は三振王)

終日所用で湾岸副都心へ。昼は子供どものお弁当と込みで作ったサンドイッチ,とうもろこし入りポテトサラダ(にんじん,ハム),ツナサラダ(ツナ,にんじん,さやいんげん,チーズ)。1人分だけマスタードを利かせる。
家のものは外食,帰宅後麺を茹でてアボガド入りそうめん。

7月11日 13師団でウワサが流れているようです

終日所用で湾岸副都心へ。子供どものお弁当と込みで作ったサンドイッチ,ポテトサラダ(じゃがいもにんじんチーズ),コンビーフサラダ(きゅうり),ジャム。夕刻1人遅れて帰路の新木場駅で,東京方面に乗れば休業前ラストの神田に行けるなと思いつつ,既に疲労困憊で動けず直帰宅。
夕食は配偶者に頼んで美登利寿司の持ち帰りを各種買ってきてもらっておく。ヒカリもの,中トロ,ねぎトロ巻,カッパ巻,納豆巻,いなりなど。

7月12日 まだ麺休(あるいは異種麺)

昼は買い出しついでに車で栄月庵へ,季節の冷やしおろしが始まっていたのですかさずお願いする。カリっとした小海老天が好きさ。近くの夢館は開店に向けて最後の追い込みか,Tシャツに頭をタオルで巻いた若い男性がフロアごとに出入り見え隠れして作業中。
ハンバーグ(トマト),おひたし(ほうれんそう,水菜),おみおつけ(さつまいも,ねぎ),ごはん

7月13日 まだまだ麺休(あるいは更に異種麺)

昼は配偶者の提案で平城苑へ。例の如く注文しようとしたらメニューが大幅変更。まず,サービスのミニ肉皿がなくなる(これは大きなバッテン),通常の焼き肉ランチに追加料金で主食を冷麺やビビンバに差し替えられるようになった(単独のランチメニューではなくなったわけだが,まぁマルかな)。と言うわけで,冷麺でスタミナカルビランチ,配偶者と上の子供はスタミナカルビランチだが主食はご飯。下の子供は全員のお肉やサラダを分けて,追加でタン塩レバー韓国焼き海苔。銘柄国産牛の産地も変わったようだが,一番の変化はあるメガバンクがらみのクレジットカード一式が使えなくなったことかもしれない(もうシステムトラブルは一過しただろうから,手数料改定か何か余程気に食わないことがあったと思われる)。
玉子とじ(蒲焼き,ねぎ,なす,玉子),サラダ(きゅうり,トマト),おみおつけ(じゃがいも,水菜),ごはん

7月14日 再始動?

所用で都心へ。昼はZさんなどのサイトで最近取り上げられた天神屋へ,醤油ラーメンをお願いする。鰹の匂い鰯の苦味が出た,魚系と動物系をトロミ濁りが出るほど合わせたスープ。少々塩っ気アブラっ気が最後きつかったのはコチラの体調もあるとして,なるほど飲ませる(相対的に麺が最後やや緩くなるかな)。宝龍だったかが撤退した後開店当初も見ていたのだが,当時は看板も黄色に赤文字で,良く言えば二郎リスペクト悪く言えばホイホイチェーン系に見えて,程なく行動エリアが神保町よりに移ったこともあって今日まで未食で推移していた。うーん,もっと早く来なくて申し訳なかったねのなかなかのお味でありやした。
まぐろ山掛け,煮ひたし(青菜,鶏もも),おみおつけ(もずく,ねぎ),ごはん
サンドイッチ(じゃがいも炒り玉子,きゅうり,ハム,チーズ,ジャム,ピーナツバター)

7月15日 恐怖のサンキュー攻撃

所用で都心へ。昼はがんこへ,どきどきしながらお目当てのヒンヤリ塩。これが3拍子揃って非常に美味。ほとんど透明に近いごく明るいコハク色のスープ。キーンと冷やしても熱いスープに負けない濃さがあって,しかも軽く明るい旨味,その一方,しょっぱみは冷たいせいか熱いスープほどグイっと差し込むような塩気を感じず滑らかまろやか。いつもより長目に茹でる麺は,ボソつかずコシがシッカリとあってスルリと入る。具の鴨スモークも肉質のしなやかさを保ちながら旨味が凝縮され,燻し風味も香ばしくてスープの邪魔をしない。まださして暑くない気候ながら,出色の冷やしでした。そう言えば,お連れさんが雨の日に1人で来てたよとまた言われた(一体誰のことなんだろう)。
久々の秋葉原をウロウロして山彦へ,軍鶏は既に切れていたので普通のつけ麺。うーん,付け汁は酸味辛味はなく,繊切りで入る椎茸からか独特の甘い風味が強い。何より麺がちょっと。熱い濃いスープに泳がせて食べるには良いのだが,冷やしにはあんまり向いていないんじゃ。水分の少ないボソっとした触感なのにコシが弱く麺同士がスグくっついてしまう(その辺りは認識されているらしく,素麺のようにクルリと小分けにして盛ってくれるが,それにしても長さもあって食べにくい)。しかも細くて量があり,最後はいささか持て余し気味。
蔵前橋通りのがんこの手前に,福家だったか全品持ち帰りもできるセットメニューが売りのラーメン屋さんができていた(前にポークマンがあったところのような気もする)。昭和通りの三水の向かいあたりに幸楽苑ができていた。どちらもかなりの賑わいは畏るべし390円パワー,これで日高とか来たら揃い踏みですかね。
鶏煮込み(鶏もも,玉ねぎ,とうもろこし,トマト),きゅうりサラダ,おみおつけ(わかめ,麩),ごはん
サンドイッチ(ハムトマト,チーズきゅうり,ソーセージマスタードグリーン)

7月16日 禁ダブ(いつまでも2軒ずつ回ってはいけません)

所用で都心へ。昼は山手線寄りで別のお店を探していたのが見つからず,見かけたとことん司流ラーメンへ。ネーミングに比べると店内もご主人も至って通常モード,あっさりスープのしなそばも軽い甘味のある透明スープでむしろ懐かし系中華系。卓上の辛い玉ねぎはシャリシャリ旨辛で,インド料理屋にときどきある玉ねぎアチャールをキムチ風味へ引っ張った感じ。アッサリだったので単独で1つ摘んだだけにしたが,コッテリか味噌ならスープも負けずに面白いと思われる。
地下鉄に出るため大喜の前を通ったら列が短い,思わず入ろうとしたところで通り掛かった老婦人2人連れに根津への道順を聞かれる(どういうものか大喜で待っていると,お勧めメニューやら食券の買い方やら上野駅への道順やら狙ったように物を尋ねられる)。無事カウンタに座って久々のうめしお。実はボタンを押してからワンタンメンもあったのに気付いたのは少々残念だったが,すっきりフンワリのスープにほのかな梅の酸味と嫌味のない塩気,薄揚げもアブラが苦にならずスルスル細麺が滑るように入って2杯目ながらスープまで平らげる。
雑炊(にんじん,玉ねぎ,青菜,玉子),ミニやっこ,ブロッコリとハムのホットサラダ
サンドイッチ(ブロッコリ入りオムレツ,ハムきゅうり,じゃがいもにんじんサラダ)

7月17日 悟空悟浄,猪だけ悟ってないんだな(やはり食の煩悩でしょうか)

所用で都心へ。昼は華悟空へ,綾瀬は通過するばかりで高架下がこんな商店街になっているのもよう知らなんだ。お店は一番北千住寄り,ところどころ豪華中華料理店風なのだが実際にはラーメン1本のようである。醤油ラーメンをお願いする。出汁はシッカリ取られているがしょっぱみ抑え目の至って穏やかなミックススープ。トッピングの枸杞柚子や卓上の薬味(粉節黒胡椒ミックス)で味わいが変化して,あの店っぽくなったりこの店っぽくなったりするのが可笑しい。麺が少々弱いかなとも思うが細麺の縮れで,これは塩があったら存外イケるかも。
刺し身(かつお),枝豆塩茹で,野菜フリッター(なす,ズッキーニ,さつまいも,ブロッコリ),おみおつけ(豆腐,青菜),ごはん
サンドイッチ(ハムトマト,チーズきゅうり,ピーナツバター)

7月18日 ちょっと息切れ

所用で都心へ。昼は青新亭へ,タイミングを逃してどうしようかと思いながらフラフラ入る。カツ丼が良いなと思いながら何故かロースかつの定食。後から思えば今日ラだったら1週ストレートフラッシュでしたね(だからどうした)。
鶏オーブン焼き(かぼちゃ,赤ピーマン),サラダ(きゅうり,トマト,水菜),そうめん
バンズサンド(パセリ炒り玉子,ハムチーズきゅうり)

7月19日 夏休み前の3連休(宿題はお早目に)

昼は買い出し前に本日開店の夢館柏店,12時に間のある位でちょうど空いたテーブルに座ったらその後続々来店行列状態。開店のオーバーロードを避けるためか冷やしはなし,味玉入り小ラーメンを3つと辛味大根めしを注文。流山と同等の味のはずだが,丼がコッポリ丸く口径が小さいためかアブラの絡みが強く感じた。今日はあまり食いが良くなかった下の子供の分を浚うと全体に大人しい造りにしてあるのも本店譲り(しかしこのシステム,別注するほどじゃないけどドッチかと言えば麺柔目が好きな男性とかコッテリしょっぱめが好きな女性とかにとっては,諸刃の刃かも)。ピークタイム前で応対もさほどバタつかなかったが,全体にやや窮屈なのとBGMが喧しいのとで落着かなかった(単に流山より若向きの造りで浮いていたという説もあり)。
シュウマイ(豚ひき肉,玉ねぎ,干し椎茸,サラダ菜),サラダ(きゅうり,トマト),スープ(豚小間,干し椎茸,にんじん,きゃべつ,きゅうり,玉子),ごはん
サンドイッチ(ハムきゅうり,チーズきゅうり,ジャム)

7月20日 異種格闘麺

昼は子供どもがいないのでコレ幸いと申家へ。ビビン冷麺を注文,なるほど唐辛子味噌ベースのタレが掛かって掻き混ぜると丼の中真っ赤。辛味だけでなく(もちろん辛いのは辛いのだが)渋味というか独特の風味があって,食べる人を選びそう。配偶者は豚カルビ定食,こちらはしょっぱみだけでなく甘味も利いてパリっと焼けた厚手の豚が美味。共用で頼んだ海鮮キムチも生地自体ポッテリと旨味があり,満腹満足。
買い出しにて,氷結白葡萄シャルドネって罐横を見ると酒精分はウォッカなんですね。果汁を活かすには持ち味の少ないウォッカが向いているかも知らんが,それでは酎ハイではなかったのではないか。ちなみに味は丸っきりブドウジュース(ファンタゴールデングレープなんて思い出したりしました)。
鶏フライパン雉焼き,サラダ(きゅうり,トマト,赤ピーマン),おみおつけ(じゃがいも,小松菜),ごはん

7月21日 制定されてすぐハッピーマンデー対象になる祝日も哀しいとよ

昼は自転車を出して付近を流す,7月1週目に開店していた筈の荒工山団地跡裏のまぁるの前を通ったらやっていたので入る。醤油ラーメンをお願いする。丁寧に作られているが逆にゴチャつくところが残念,絞り込んで枝葉を落とすとスッキリしてお店のラーメンらしくなるのでは。餃子も自家製なので,今度はそちらと付け麺かサラダ麺にトライしてみましょう。とにかく柏も独立系のお店は少ないから頑張って欲しいなぁ,特にこのお店の場所は昔喫茶店時代に寄っていろいろ記憶もあることだし。
駅前に戻るところで,徒歩の女性がダイガクってラーメン屋さんはどこですかと尋ねられていた。大学なんてあったっけ中神にならあるけどさと思って通り過ぎたが,もしかしてダイカツってどこですかと言っていたのかも。遠くへ漕いでから思い当たったもので残念。
チキンカレー(鶏もも,じゃがいも,にんじん,玉ねぎ,牛乳),サラダ(きゅうり,トマト,水菜)
サンドイッチ(ポテト野菜サラダにハム入りとチーズ入り,ジャム)

7月22日 卸売市場VS水揚げ港

所用で都心へ。昼は出そびれ,刺し身弁当買ってくるのも良いよなと思いながら魚がし日本一でにぎりのテイクアウト。近くに出来た三崎港との競争が好影響を与えているのかCPなかなか高しでした。
刺し身(かつお),きゅうりもみ(おくら),おみおつけ(じゃがいも,青菜,ねぎ),ごはん。オマケで昨日のカレーにひよこ豆を加えたもの,配偶者と上の子供には好評。
フォカッチャサンド(バジルフォカッチャにハムとチーズ),ジャムサンド,ピーナツバターサンド

7月23日 転ばぬ先の杖,迷わぬ先の連食

在宅で作業。昼はこうじへ,たまには別のものと思いながら麺屋付け麺をお願いする。スープ割りまで完食。その後自転車を回して,前から気になっているウドン屋さんへ。別件の検索でそれらしき書き込みを見掛けたので,これと思うあたり漕いでみたが矢張り見つからず(こうじで食べておいて良かった良かった)。矢張この前道を間違えて行けなかったガーデンベリーズに無事到着,いろいろパンを買えたからヨシとしましょう。
枝豆,和風ローストビーフ(牛もも,きゅうり,ねぎ,レタス×2),おみおつけ(さつまいも),ごはん
サンドイッチ(パセリ入りオムレツ,にんじんチーズ,ハムきゅうり,ジャム)

7月24日 二代目は何と書く

所用で都心へ。昼は懸案の二代目麺徳つじ田へ。ところが道の縦横を間違え,到着したら既に3,4人の待ち列。しばし待ってやっと入店,どうやら8人席を半分4人ずつ入れ替えているのも列発生の一因(付け麺で茹でが長かったりユックリ食べる人がいたり,ワーストケースに規定されてしまう)。スープはなるほど緩やかなトロミを持った豚鶏にカツオ煮干し。が,十全な旨味と言うより酸味を伴うクドさを感じた(天神屋あたりでもそうだったけど,濁らせたダブル系統に弱くなっているのかもしれない)。麺は明るい黄色で表面は樹脂めいたツルツルさ中は水気に乏しい感じの固さ,啜り上げた時麺の間にスープを保ちにくいだけでなく,食べている間の経時変化でもスープに馴染むということが少ない。前にもどこかでほぼ同じ感想の記憶があるので,多分この手の麺が苦手なのだと思うけれど。あ,そうそう。ウワサの黒七味というものは実にこの爽快痛快で,ほとんど丼中を支配せんばかりの鮮烈な香気辛味でありました。
てな訳でいささかイササカだったのだが,道に迷っている間にチョイと気になるカレーを出すお店を見掛ける。つじ田で食べ終えた後電車乗り換えで前を通ったら(実はJR四ッ谷駅麹町口から回る方が途中の乗り換え通路も列車間隔も短い),既に売り切れていた。今度行ってみますか。
夜は所用先の会食に混ぜていただき,本郷のミュンへ(どうやら新宿が本店らしい,途中で変わった?)。生春巻き,揚げ春巻き,パパイヤサラダなど定番から人数にテコにいろいろ頼む。麺は炒め麺やトムヤム味汁麺など。総じてタイ料理の方が分かりやすくて好きかな。1足お先に失礼して,本郷通沿いに大喜の前を通って湯島へ出て帰宅。
バンズサンド(ほうれんそうパンにチーズとポテトサラダ,かぼちゃパンにハムとにんじんサラダ,食パンにジャムとピーナツバター)

7月25日 高見盛に続く東関部屋期待の新人ではありません

昼は自転車で高見峰へ,前から探していた住宅地に突然ある饂飩屋さん。先週見付けきらずリトライ,成程路地奥に忽然と現われた。かけで天ぷらうどんをお願いする。老ご夫婦のご主人は一応讃岐ご出身らしいが(店名も讃岐百名山に入る地元の山の名),鍋焼きやしっぽくなど品揃えは田舎風かもしれない(ちなみに1番高いのがカレーか鍋焼き大盛りで600円位)。麺は平た目で太くフワっとした触感。汁も淡い醤油で1口目は甘さの割りに出汁が弱いかなと感じながら,食べ進むと麺と合性が良いのかジワジワ旨味があってつい飲んでしまう。野菜の天ぷらは奥さんの担当,にんじんや隠元を平たく衣でまとめてあるのが特徴。今度はもうちょい涼しいときに鍋焼きをいただいてみましょう。帰りがてら明日の来客に備え,直売スタンドでどっさり野菜を購入。さらに肉類を駅前で買って重たい自転車を漕ぐ。
さつまじる(鶏もも,じゃがいも,にんじん,玉ねぎ,キャベツ),鯵押し寿司,ごはん。そごうで東海道線の小鯵押し寿司を見掛けて購入,足りないのと子供どもは白いご飯が好きなので一応ご飯も炊いておく。で,紫蘇巻きのお寿司って魚の上に紫蘇が掛かっていると何となく思い込んでいたのだけれど,紫蘇だけなのですね。
サンドイッチ(ハム玉子ポテトサラダきゅうり,ジャム,ピーナツバター)

7月26日 涼しくっても夏休み

今週末は柏まつり。日程中1度は雨に見舞われるジンクスも20世紀と共に去ったと思っていたら,前夜半から激しい雨。幸い日中から夕方は何とか降らずに持つ。午前中小間物補給の買い出しついでに,昼は君よしへ。穴子天重ともりそばのセット,配偶者が小海老天丼ともりそばのセットで珍しく注文が逆転。やっぱりここは天婦羅がお値打ちかも。
午後から上の子供の友人先輩が柏まつり見物を兼ね,一部お泊りもありで入れ替わり遊びに来る。放っておけば向こうも望むところだろうが,一応見張ってるぞの意志表示にときどき覗いたり食糧補給したり保護者役も面倒ですわな。
サモサもどき(じゃがいも,にんじん,玉ねぎ,枝豆,チーズ,餃子の皮),鶏のトマトカレー(鶏もも,玉ねぎ,にんにく,しょうが,トマト),青菜と鶏のカレー(鶏むね,玉ねぎ,にんにく,しょうが,ほうれんそう,小松菜),野菜カレー(じゃがいも,にんじん,ズッキーニ,なす,ブロッコリ,玉ねぎ,にんにく,しょうが),ごはん。上の子供のリクエストでカレーづくし。
パセリオムレツ,ポテトサラダ(じゃがいも,にんじん,きゅうり),クロワッサンとブリオッシュ

7月27日 土用に鰻買うのって母の日にカーネーション買うのと同じ位高値掴みだと思う

朝,上の子供とその友達に弁当持たせて部活に送り出し,ひとまず一息。昼は自転車を漕いで麺屋嘉夢蔵まで,お知り合いから煽りらしき留守電を受け取っていたのである。一番にお店に入り,肉まんと太平付け麺を注文。肉まんは具の椎茸が利いてなるほど自家製のおももち(暖めるのにチンするのはスローじゃないようなと言うのはお約束のツッコミ)。開店直後に行ったときはガチガチに固く親水性のない,それこそパスタばりに油脂分で和え混ぜないと味の付き難い麺だなという印象だったが,一段柔らかな伸びが出て汁との馴染みが良く,生地本体の味も分かりやすくなっている。
小金原牧の原と団地を通り,面白そうなカフェ&カレーの店を見掛ける。これまた面白そうなケーキ&パン屋を見掛け,ツォップと合せて2,3品買い求めて帰宅。お店を探しに行って別のお店を見付けて入る,わらしべ状態であります。ただ,この場合増えるのは身代でなくって,身体(体脂肪)だったりするのがツライところ。
うなぎ(蒲焼きと白焼き),野菜盛り合わせ,そうめん。配偶者のリクエストにより鰻。
おむすび(梅干し海苔巻き,おかか海苔巻き),青菜入り玉子焼き,にんじんキンピラ。

7月28日 まだ汁麺もOKな梅雨明け前

所用で都心へ。昼はKへ,割り合い近いのに何故か未食だった。塩つけそばは,麺(プラス上置きの具)と付け汁が相反している感じ。胡椒と塩気が利いたシャリシャリのもやしは,味噌ラーメンあたりで食べたら非常にイケルと思われる。どちらもそれぞれ悪くないのに,乗算にも加算にもならずもったいない。
大喜のそばを通ったら列が短い(全員入ったところで外に1人だけだった),思わず並んで平麺に戻ったもりそば。ツルンプリンムニュンとした触感で,あっと言う間に食べてしまいましたとさ。
雑炊(蒲焼き,玉子,万能ねぎ),おひたし(小松菜)
サンドイッチ(ツナサラダ,玉子サラダ)

7月29日 誰何?

所用で都心へ。昼は前回つじ田のついでに前を通って気になっていたプチペシャワール,ランチメニューは1種のみのキーマカレー。トロリとミートソース様に挽き肉の粒が細かく煮えて,コックリしたところにスパイシーでなかなか美味。お店のおばさんはチョイこわいけど,喫茶なので後のコーヒーもしっかり。
月初めにボーっとしていて最寄り駅でJR単体の同額切符を買い,地下鉄で乗り換えてから気が付いた。千代田線で降りるとき駄目元で清算機に通したら,チャンと金額相殺して追加なしで清算券だけ出してくれた。逆だったら,乗り換え以降の分はシッカリ取られてしまいそうな気がするのは邪推でしょうか。と言うわけで,やっと地下鉄とJRが同じプリペイドカードで乗れるようになるのは極めて望ましい。でも,非接触型入金型の利点はさて置きSuica様式で統一になるらしいのは,何だかJRの後入りゴネ得に思えるのは邪推でしょうか。
刺し身(めじまぐろ),あえもの(きゅうり,わかめ,小松菜),おみおつけ(さつまいも),ごはん
海苔玉サンド(玉子,焼き海苔,パン)

7月30日 じゃないけどラーメン,というのにヨワい

所用で都心へ。昼は瑠漫へ,焼き鳥屋さんだが昼は鶏を活かしたランチメニューを出す。以前,鶏のたたき丼や鴨の親子丼(玉子は鶏だから叔母姪丼と言うところか)などいただいたことがある。最近はエリアが小川町の方へずれてしまっていたが,先週あたりMさんの巡回板で見た曜日限定のラーメンを出すお店がどうもここではないかなと思って来てみた。ラーメンは塩味噌醤油,付け麺は味噌醤油。醤油ラーメンをお願いする,結構醤油が濃くしょっぱいが,なるほど良い鶏スープ(塩の方がスープ自体の甘味旨味が良く分かるかもしれない,今度はそちらをお願いしてみましょう)。麺は粉がコツコツ感じられるタイプ,スープは良く持ち上げるが表面にネチっと粘りがあるのが気になるところ。具はねぎ,貝割れ,鶏肉。この鶏肉も流石に厚味がタップリして柔らかく肉の旨味がある。店内はもっぱら常連らしいワイシャツ姿の男性が多く,胡麻塩のミニライスと御新香が付くのもそのニーズに応えているのだろう。
ピザもどき(牛挽き肉,サーモン),サラダ
バンズサンド(ツナにんじんインゲンのサラダ,ハムきゅうり)

7月31日 カレー屋さんも梅雨明けを待っている(と思う)

昼はLahore Curryへ(多分都心のチェーン店とは関係なく,現地の人らしいコックさんの出身とか何かからのネーミングらしい),この前栄月庵に行ったときに見掛けて気になっていた(ちなみにこの場所,矢張気になっていたもつ煮屋さんの跡のような気がする。いっぺん覗いてみたかったのに)。マトンの2(中辛相当)をお願いする。アブラの少ない,サラっとしたソースに崩した野菜のトロミ。辛味はさほど強くない(次は3にしてみましょう)。主食はご飯とチャパティ,ご飯はややお米の粒が大きくパラリとした感じ。ご飯で食べると気持ち塩気が強いかなと思うがチャパティだとちょうど良い。
スパゲティミートソース,サーモンとコーンのチャウダー,夏野菜のチーズ焼き
バターロールサンド


過去記録月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ