4月1日 馬鹿らしくも嘘くさくも残酷な月

所用で都内へ。大喜でもりそばをいただく。麺のコシスベリは同様ながら,今日は気持ち付け汁の甘味と脂があって(この前がサッパリ辛口に振れていて,今回が通常だと思うが),全体の切れは前回の方がスパっとあったかな。
サンドイッチ(ハムビアソー,チーズ,ジャガイモときゅうりのサラダ,ブルーベリージャム)。本日より子供ども両方お弁当にて倍増。嘘でしょって言いたいっす。
鰤塩焼き,煮びたし(水菜,たけのこ),マカロニサラダ(にんじん,玉ねぎ,ブロッコリ,ハム),おみおつけ(豆腐,万能ねぎ),ごはん

4月2日 今田耕司は吉本興業(新しくなったけどお笑いの人だな)

昼はこうじへ,郵便局のユニフォームの混ざる満席で店内に軽い待ち列。麺屋つけ麺の食券を購入。当初と見違えるくらいツルシコになっているので大盛りにしてみたら,麺は問題なかったが付け汁は矢張後半薄まるに連れ相対的に甘味勝ちになる。丁度お腹も満たされてくるところなので少々キツかった。
ほうれん草入り玉子焼き,にんじんおかか煮,おむすび(ゆかりのり)
かつお刺し身,野菜クリーム煮(じゃがいも,にんじん,玉ねぎ,牛乳,チーズ),おみおつけ(水菜,油揚げ),ごはん

4月3日 新店伸展中

都心で所用のはずが作業対象の器材が遅着でお出掛けなし,家で作業の後自転車を漕いで南柏へ。この前開店準備中だった柏竜へ入ってみる。しょうゆラーメンを注文,サラっとした甘味のスープに背脂を軽く浮かせてある。前の駐車スペースに焼き鳥テイクアウトのブースがあったりして見た所はアンマリそそらないのだが,食べてみるとチャーシューなども存外丁寧に作ってあり価格も割りに安い。ためか近所の人が老若男女問わずチョコチョコ入っているようだった。
サンドイッチ(ハムソーセージミックス,きゅうりサラダ,クリームチーズブルーベリージャム,ピーナツバター)
鶏トマト煮込みのチーズ焼(鶏むね肉,鶏レバー,玉ねぎ,にんじん,ピーマン,チーズ),あえもの(春菊,きゅうり),おみおつけ(麩,ねぎ),ごはん

4月4日 3年会わざれば刮目して見ても分からないほど育っていたりする

昼は自宅で上の子供と力にゅうめん(鶏むね肉,ねぎ,ほうれんそう,餅)。その後学校の行事へ。上の子供も同道,と言うより本日の主役でございます。
オムレツ(じゃがいも,ほうれんそう),ハム,ミニクロワッサン。下の子供の方のみお弁当なのであります。
刺し身(マグロ,鮭,鯛,大根きゅうり青じそ),青菜炒め(水菜,チンゲン菜),おみおつけ(なす,ねぎ),赤飯。食後に苺ロールケーキを切って,紅茶。

4月5日 改装前の下位層が良かったなと回想する

終日冷たい雨の中クルマで買い出し。エスパ1階生鮮食品売り場の改装が終わったのは良いけれど,精肉売り場でブロックが買い難くなってしまった。これからローストビーフする時はどこで頼もうか。
昼は申家へ,冷麺を注文。こちらのメニューはどれも焼き肉屋さんなんかで出される同名の品と一色違っていることが多いのだが,冷麺もしかり。初めからスープ全体に甘酸っぱ味が付いている,見た目透き通ったスープで最初に何気なく掬って飲むとビックリ。麺を食べる分には冷やし中華みたいなものでそれほどでもないが,かなり好き嫌いが分かれそう。配偶者は牛タンスープの定食,こっちはホタホタ柔らかく煮えた分厚いタンがたっぷり入り,スープも元々の牛出汁にタンの風味が出て素直にごくごく美味。
ナムルもどき丼(豚切り落とし,長ネギ,にんじん,大根,ゴマ,海苔)。部活で本日は上の子供のみお弁当。
チーズ風味ポークフライ,サラダ(レタス,水菜,きゅうり),さつまいも煮,おみおつけ(わかめ,ねぎ),ごはん

4月6日 薄くてハリハリっのピザが宅配されてきたら良いのになぁ

昼はハーブコートへ。メニュー設定が変えられていて,ランチは必ずサラダとソフトドリンクが付いてセットになる模様。低価格ゆえ,飲み物要らないからその分安くしてくれと言い出す気にもならず。サラダは,量と野菜の種類ともに多くセットとしては良心的。ピザ2種類(マルゲリータと日替りの確か春野菜とか何かだった)とラザニアを頼む。デザートも頼んでみたら,苺ソルベ,パンナコッタ,クリームブリュレの盛り合わせ。苺ソルベが一番食べやすく,クリームブリュレの上のカラメル掛けが分厚くて本当に鼈甲飴状態,デザートに関してはもうチョイ繊細なところが欲しいかな。
カレーライス(豚肩ロース,玉ねぎ,にんじん,じゃがいも,チーズ,にんじんの葉)。今日も上の子供は部活,なんか月初からずーっと弁当作り続けているみたいな気がしますね。
鶏スープ(レタス,トマト),中華煮込み(春雨),ごはん

4月7日 勤労者らしい1週間の始まり

所用で都心へ,午後からは京葉線方面で別の作業の説明会。これは八丁堀乗り換えで真好味かラティーノかアワヨクバ両方でしょうと画策していたが,時間が全然ない。じゃあ丸の内線大手町でジャポネに面影がチョイ似のリトル小岩井のパスタをテイクアウトと対応策を練ってみたが,途中下車も無理そう。結局,東京駅の地下ホームで駅弁を購入。黒米だが紫米だかのご飯に焼き鮭や野菜煮付けのオカズが多種付いて,甘ったるくなく脂っこくなく思っていたよりおいしかったけれど,さびしかったかも。
スパゲティ(鶏,ベーコン,玉ねぎ,トマト),ほうれんそうローマ風(松の実,干ぶどう),サラダ(きゅうり,水菜)
菜飯おむすび,玉子焼き,にんじんきんぴら

4月8日 一心不乱に食うわけにもあらず

所用で午後から都心へ,通りがけに太助へ入る。うどんも出る飲み屋定食屋さんだが,あなご天丼が美味と松戸近辺の方のサイトにあったのがお目当て。しかし4月からメニュー改訂があったようで穴子の天婦羅はなし。天丼セットを注文,やっぱり大きな海老の天婦羅はそれほど好みではない。うどんの方は関東系関西風とでも言うのかな,お澄まし代わりに食べる。
夕刻,昨日とは別の京葉線方面の会場で昨日とは別の設営作業。終了後隣の駅前のビルで夕食兼飲み。
かやくごはん(にんじん,干しいたけ,たけのこ,油揚げ),ほうれんそう入り玉子焼き

4月9日 バイキングのサービス料率は下げるべきではないかと言うのはケチ臭いでしょうか

昨日の会場で朝からスタンバイ。昼は会場ホテルのカフェテリアで地中海料理のビュッフェ。一通り食べてみたけど,やっぱりホテルのパーティーめしですな。ちなみに覚えてるのは,野菜スープ,オニオンスープ,ミニピタとゴマペースト,リコッタチーズのハーブ風味,鮭白身鰊の薫製,白身魚のクリームソース(オランデーズみたいの),鶏肉のクリームソース,ローストビーフ,ラザニア,カレー,チョコレートケーキ,カスタードプリン(あんまり地中海っぽくないなぁ)。ごまペーストとリコッタチーズとローストビーフがイケたかな。ガーリックトーストも美味そうだったが,一応会場に立っているので自粛。
午後は都心に戻って別口の作業。夕刻,どこか寄ろうかとも思ったがまだ週中なので体力を温存するべく大人しく帰宅。作り置きの鶏スープで,担々麺風のビーフンなどこさえて食べる。
サンドイッチ(ツナ野菜,玉子野菜,ブルーベリージャム)

4月10日 海底2万海里はネモ博士ってリーグかマイルか

午前中はまた一昨日からの会場へ。昼より10時のおやつに近い時刻に,Nepo's Soupで通り掛けに軽く,姫はまぐりと生海苔入りクリームスープにゴマ入りご飯。スープはディスプレイのようにキレイに海苔が開いてはいなかったが,貝にクリームを合わせれば素材でまずかろう筈はない。パラっとしたゴマご飯がマッチして美味,今度お弁当に使ってみましょう。
午後は柏へ戻って下の子供の幼稚園関連の行事,下の子供本人も連れて行く(これまた本日の主役であります)。結局,乗り継ぎ駆け付けギリギリのタイミングで,半端な時刻でも食べておいたのが正解。
牛炒め(ステーキ,ほうれんそう,玉ねぎ),煮物(たけのこ),じゃばらきゅうり,おすまし(玉子,ねぎ),おこわ

4月11日 リゾートモノレールにスーツで乗るのはちょっとイヤ

またまた一昨々日からの会場へ。昼はホテルのパン屋(ベーカリーではなくパティスリーと書いてあった),ホットドッグとドーナツと全粒粉のチーズハム入りミニパン。フランス風のシュードーナツを思わず買ったら,猛烈アブラっぽかった(しかもゴマ油風味がしたのは何故)。
夕刻,会場撤収で都心へ。神田か湯島で1軒と思いつつ元気なく寄らずじまい。常磐線で不意に思い立ち,松戸からむさし野へ。前後常に1〜2グループ待ちで賑わっている。味付け玉子入りラーメンと季節のご飯(帆立と生シラス乗せ)を頼んだら前のグループでご飯終了,迷わず直に来れば良かったとグリグリ臍を噛む。ところが,ラーメンのお盆には半膳分くらいのご飯。お味見だけでもとご主人が出して下さったもので,非常に恐縮(半額のお代でもと申し出たが,フルの商品ではないのでと受け取られなかった。2度恐縮)。魚貝も当然うまいが,一緒に乗る細青ねぎを醤油風味で軽く炒めたものがまた良い感じで全体が引き立っている。いつも季節限定を頼むゆえ通常のラーメンは久し振りだったが,以前よりちょっとカッチリ感の増した麺にスープの出会いがよろしく,こちらも美味。満足して帰宅。
そう言えば,むさし野へ行く手前の消防署角を曲ったところに,大きく明るいらーめんの看板。一瞬どこが派手に出したのかと思ったが,新店のめんぱちでした。むさし野で満足してしまったので寄らずじまい。
サンドイッチ(ハムレタス海苔,オムレツ海苔,きゅうりチーズ海苔,ピーナツバター)

4月12日 今年の桜は案外長いけど雨も多い

買い出しの後時間が少々タイトで,昼は銚子丸。日替りお勧めの生シラスと桜海老を取ってみたが,シラスの方は昨日いただいたものに比べへニョっとしている。桜海老はそこそこ,後はイワシなど吉例ヒカリモノ攻め。
さいころステーキ,青菜炒め(ステーキから落としたカリカリ脂身入り),サラダ(きゅうり,大豆モヤシ),おみおつけ(わかめ,麩,ねぎ),ごはん
ごまご飯,酢豚風(ソーセージ,玉ねぎ,にんじん,ピーマン,たけのこ),青菜のオカカ和え。早速上の子供のお弁当にゴマご飯トライ,水気控えてオリーブ油1滴がポイントのようです。

4月13日 タンドーリポークってきっと旨いと思う(そもそも反則)

昼は徒歩で駅前へ出てデリーへ。大供中供はバイキング,下の子供はお子様セット。マトンとか辛口がなかったのが残念だったが,タンドーリチキンを例の如くごっそり食べる。
餡掛け焼きそば(豚切り落とし,白菜,ちんげん菜,ねぎ,にんじん,たけのこ,しいたけ),中華風サラダ(きゅうり,水菜,ハム),玉子と繊切り野菜のスープ(豚切り落とし,ねぎ,きゅうり,にんじん,たけのこ,干しいたけ,玉子)

4月14日 だんじりラーメンってあったらコワイ

所用で都心へ。上野駅回り広小路口から出て昼はいなせなやへ。なるほど,店頭に博多山笠か何か白い祭り装束で笑う男性の写真(鯔背より鰡腹と言ったら失礼千万)。細長い三角状のカウンタ基辺部分に店員が引っ込んでしまっているのは,大音量の三味線BGMもあって声が通らず不便。水のコップが大きくラーメンの丼が小さいなど,何だか総じてバランスが微妙。ラーメンと鯖寿司を注文。かなり煮出した豚骨と煮干しメインの魚スープでアッサリと名乗っているものの,結構クドさもあるほどで最後までは飲み切れなかった。チャーシューはトロ肉タイプ,1切れだとウマイがチャーシューメンにするとスープとダブルパンチでキツいかも。鯖寿司単体は美味,ラーメンに手を出す前に食べてしまわないとお互いにナマグサ感が出るのが難。お店を出るとき,看板のご店主から祭りの掛け声の如く元気な挨拶をされてビックリ。
鮭ごはん,一口奴,きゅうりと白菜キムチ,わかめ汁(わかめ,三つ葉)
上の子供はサンドイッチ(オムレツ,ハム青菜,チーズきゅうり),揚げじゃがいも。下の子供は,おむすび,青菜入りオムレツ,揚げじゃがいも,ハム。

4月15日 本日休業

下の子供が体調悪く後詰めも見つからず,早速休み(イタイ)。昼は肉入りうどんを作って食べる。
かつおオロシのっけ,肉豆腐(白菜),おみおつけ(さつまいも),ごはん
オムライス(ハム,玉ねぎ,玉子),さやえんどう塩茹で

4月16日 細工はりゅうりゅう

所用で都心へ。昼はらーめん龍ちゃんでさばぶしラーメン。ほとんど入谷に近いので,上野でも公園側から行くと大変な遠回りになりそう。屋台というか海の家というか学祭の模擬店というか,勢いでベニヤ貼って造ってしまったような店舗。人も含めて店の中が何となくグリースっぽい感触(昔の焼き肉屋さんで感じた煙とアブラの染みた感じに似ている)。店内の切り抜きやご主人のトークなどバイクアメ車とか好きな人には楽しいかもしれない。ラーメンはアッサリ魚出汁でシチュエーションの割りにはオーソドックスな味。もぐら(辛味大根)やコチジャンなど辛い系メニューが多いのは,お店の好みか場所柄か。
早煮え肉じゃが,鮭ほぐしときゅうりの酢の物,おみおつけ(麩,わかめ),ごはん
サンドイッチ

4月17日 根津の甚八は良いけど甚六だったら困りモノ

午前中所用でまた都心へ。午後から下の子供関連の用事で空き時間が微妙。三花に寄ってお持ち帰り購入(昨日上野できつね寿司の前を通って気になったのが残っていたようである)。おいなりさんは良かったのだが,玉子巻きの田麩がジャリジャリ言う位甘いのは参った。
煮物(鶏,水菜,白菜),あえもの,おみおつけ(じゃがいも,わかめ,三つ葉),ごはん
豚菜混ぜご飯,さつまいものチーズ焼き,きゅうりスティック

4月18日 晴れのち曇りのち雨土砂降り暴風(ときどきぶた)

所用で都心へ,昼は少々時刻がずれ込みこういう時こそ野らぼーへ,12時台は行列がすさまじくて近寄れないのである。ランチ(讃岐うどんにたけのこご飯)にささみ天。うどんはランチの吸い物代わり風でそれほど驚くほどではなかった,やはりひやひやとか単品で頼む方が良いのかな。たけのこご飯が米粒にダシが染みていて妙に旨く,サクサクのささみ天と共に満喫。昼ラスト頃に天ぷら何品か取ってビールなど不埒にも楽しそうである。
午後,下の子供体調悪しと連絡。応援を頼んでピックアップを頼み作業を片付けて帰宅途中で医者へ。中耳炎だったようである。それやこれやで何もかにもオシオシ,この週末は作業が詰まっているだけにキツい。
雑炊(鶏肉,大根,にんじん,万能ねぎ,玉子),ミニ奴キムチ奴(キムチ,たらこ,豆腐)
サンドイッチ(鶏野菜,ハム野菜,チーズ野菜,ジャム)

4月19日 星の王子様の天敵(でもないか)

朝,下の子供の通院。大分元気。その後子供どもをそれぞれ目的地に向かわせ,大人のみ買い出しへ。ウサ晴らしに野菜をドッサリ購入。昼はBaoBabへ,ナシゴレンを注文。配偶者はグリーンカレー,後は春巻きの生揚げ盛り合わせを分ける。やはりタイ米で作ってあるのが濃い味付けでもサラサラパラパラ美味。
煮付け(たけのこ,鶏肉,壬生菜),盛り合わせ(帆立マリネ,水菜とトマトのサラダ),おみおつけ(豆腐,あさつき),ます寿司

4月20日 5月にやってこそ皐月賞

昼は好天なので久々の冷やし素麺,昨日ます寿司と共に到来した蒲鉾と青菜でかき揚げ,練り物駄目の子供用はハム入り。配偶者が午後イチから町内用事のため家で食べることにしたのだが,皐月賞の中継にはなぜか配偶者帰宅(何でも3時に大変大事な来客があると言い出した人がいて,一同の笑いを浴びつつ一緒に中座したそうな)。
ステーキ,揚げじゃがいも,青菜ソテー,おすまし(ワカメ,あさつき,姫皮),たけのこご飯

4月21日 閉門蟄居

朝,下の子供の通院。昼は連れ帰って家でスパゲティを茹でる。納豆キムチたらこ,子供はキムチ抜き。夕刻から久々に寄せて貰う筈だったオフも,元々仕事の予定が詰まって先週時点で欠席申し込みしてあったのだが(幹事さんすみません),こういう事情になると何故か悔しさ累乗増し。
和風ドリア(鶏むね,玉ねぎ,エリンギ,牛乳,チーズ,たけのこご飯の残り),サラダ(壬生菜,トマト,ごま)
サンドイッチ(ハムチーズ,きゅうりトマト,ピーナツバター),揚げじゃがいも,さやえんどう塩ゆで。上の子供の弁当は続く。

4月22日 新学期から転入改姓,さいタマちゃん

朝,下の子供の通院。完全に元気。昼はアミーで調理パンをいろいろ買って分けて食べる。
ラムチョップ,サラダ(きゅうり,壬生菜,トマト),おみおつけ(わかめ,あさつき),菜飯
サンドイッチ(オムレツトマトベーコン,じゃがいもと玉ねぎソテーベーコンチーズ),いちご

4月23日 これもまた一麺?

下の子供午前の通園のみ復帰。昼はお迎えがてら郵便局前へ回ってこうじかなとも思ったが,混雑時に突っ込むとなんなので帰宅して食べる。買い置きの麺に鶏手羽椎茸の出汁で付け麺。ちなみに鎌倉の今村製麺とか言う所の生麺,そごうで中華街の永楽製麺の隣に並んでいた。有名なんでしょうか,浅学にして不詳であります。
ラムのスパイシー煮込み(ラム,玉ねぎ,にんじん,じゃがいも,トマト),サラダ(きゅうり,レタス),ごはん
コッペサンド(ツナ野菜,ハムチーズ野菜,ジャム)

4月24日 East meets west

昼は家でスパゲティ,本日はベーコンと米ナス入りトマトソース。1週間朝昼晩家で自作食べていい加減テンパリ。
刺し身(めじまぐろ),煮物(大根,大根の葉,油揚げ),おみおつけ(さつまいも),ごはん
ピラフ(ハム,玉ねぎ,玉子),さやえんどう塩茹で

4月25日 やっぱりアンデッド系は復活とは言わないんでしょうね(ケアル!)

午前中下の子供関連の用事。午後からは所用で都心へ。百年振りに重い棺桶の蓋開けて陽光燦燦の外界へ飛び出す吸血鬼の心境(日光駄目ジャンと言うのは置いておく)。まず大喜へ。ランチタイム終わり頃で数人待ちと思っていたら,その後ザワザワ人が来て却って列が伸びた(ちなみに,列に付く先に前の人飛び越えて自販機に向かった人がモタ付いていると傍目で倍腹立たしくなることあり。人間はこうやって意地悪な年寄りになっていくのかもしれません)。もりそばをいただく,細麺でもコシとハリが充溢。
その後所用先に歩いていく途中でがんこ,お久し振りと言われてヨワるが実際券売機が入ってから1回目か2回目。塩をいただく,何か以前の鉢巻きしたいくらい頭にドーンと来るショッパサとそれに負けないダシの強さに比べると,かなりソフトな味わい。とは言え,チリチリの麺を勢い良く啜って完食(逆に以前のショッパサだったら2杯目にはつらかったかな)。
夕刻は所用先の皆さんと同席。刺し身などいろいろ出てきたが,たけのこと菜の花の入ったご飯が美味でした。

4月26日 連休開始って言われてもねぇ

昼,買い出し前にクルマでどこか変わったところと走っているうち,ふと思い出して松ヶ崎奥のプチボヌールへ。今日の陽射しには特にきれいな前庭のあるレンガ作りの建物の前でメニューが出ていないのに逡巡していたら,ご主人らしき人に呼び込まれるように入店。ビーフシチューのランチを注文。配偶者は牛ヒレカツレツのランチ,上の子供はオムライス。
前菜は鰹カルパッチョと生ハムパパイヤが1口ずつ,カルパッチョは上のドレッシング(ポン酢)ゼリーが酸っぱ過ぎ。パパイヤ自体ある種生臭いものだが,生ハムと合わせるとまろやかでスッキリした甘味になるのは発見。サラダは卸し玉ねぎ入りドレッシングがやはり酸っぱめ。スープはミネストローネ風の野菜,チーズで補ってあるがダシが弱いかな。ビーフシチューは,大き目の肉1切れに小さなシャトーのじゃがいもにんじんが彩り程度とボリュームが余りに少ない。肉は良く煮えているが赤味部分が油切れの感,いっそ脂身やスジのトロリと溶けた旨味が欲しい。ソースはワインからか渋味旨味が良いがショッパイ,パンに付けても結構からいので単体で食べたらショッパ過ぎ。デザートはアールグレーのアイス,サッパリシャリ感があっておいしかった。
配偶者のカツレツは,パン粉に緑の香草刻みとチーズを混ぜ,トマトソースを皿に敷いたイタリア風。こっちの方がシュアにおいしい。子供のオムライスは,フォアグラ添え。生フォアグラのソテーがコロっと乗っているのは,淡色のピラフにクリーム交じりのソースを掛け,上には小振りのオムレツ。要はみんなフォアグラの台ですな。ロケーション的にPの集いなんかに受けるんじゃないかしらん,全体に枝葉を取って300〜500円位価格を下げたら,かなりお買い得感が出ると思うし。
鯖塩焼き,おひたし,さつまいもバター煮,船場汁もどき,ごはん

4月27日 春よ春,うるわしの春よ

昼は美春へ,春の新メニュー香味付け麺をお願いする。いわゆる付け麺の味に近い付け汁になっているが甘酸は抑え目,酸味とニンニクの香味がぶつかって厭苦さが出ることもなく,艶の良いコシのある縮れ麺がどんどんツルルル入る。元々は綾瀬方面で大勝軒(付け麺つながり)か加多瀬(西山つながり)かどちらか足を伸ばすつもりだったが,配偶者がお手伝い参加している上の子供関連のバザーを覗くため1軒1杯で柏へ戻る。
牛炙り焼き(ロースステーキ,パルミジャーノ,米ナス,ズッキーニ,トマト),緑野菜炒め(ブロッコリ,葉タマネギ,おかか),おみおつけ(じゃがいも,わかめ),ごはん

4月28日 見掛けたお店の再訪に苦しむ地理音痴

所用で都心へ。昼は帰りがけに神田駅近くの竹苑へ,開店直後から気になっていたお店。多様なランチメニューに迷って回鍋丼定食を注文,小篭包とミニ担担麺が付いていてお買い得。全体にうまいが味付けが非常に濃いし脂っこい。担担麺もピリ辛だけでなく,フルサイズだと飲み切れない程塩気も効いていた(中華料理らしいストレート麺はモッチリ感があって良い)。小篭包もスープたぷたぷだが胡椒が強い。丼のご飯が柔らかかったのは個人的に駄目,あれでどうやって炒飯にするんだろうと不思議になる位グチャっとしてました。
近道しようとしたら迷って大回りがさいわいして,途中で先週あたりにオープンした天然酵母の手作りパン店を見掛ける,開くのは週3日位らしく本日はClosed。ちなみに案内のリーフレットを貰って来たので,場所確認はOK。
きじ焼き丼(鶏モモ,鶏むね,葉玉ねぎ),豚汁(豚切り落とし,大根,にんじん,じゃがいも),サラダ(きゅうり,ロメインレタス)
おむすび(のり小海老,のりオカカ),ブロッコリのベーコン巻き,チーズ入り玉子焼き。

4月29日 清原はなぜ中トロを頼まないのか

昼は重たくても魚介でもいけないシバリが掛かっているところで,まなべへ。かけうどんに炊き込みごはんを追加。配偶者はきつねうどん大盛り,上の子供はしょうゆうどん,下の子供はざるうどん。ちょうど混んでいるところで,ご主人がせっせと麺を上げていた。多少待ちはあったが,コシスベリともに良い麺で満足。やっぱり白い冷えたお出汁で食べてみたいなぁ。炊き込みごはんも少し貝が入っているのに,貝類苦手の上の子供も食べる。
夕刻から親類宅でお祝いの会食(これがあったのでお昼は軽く魚以外だったのである)。頼んでもらった握りを食べまくる,コハダ,鯖,鯵,サヨリ,赤身,鉄火巻き,カンパチ,トリ貝,イカ,玉子。ウニとイクラとトロと赤貝以外は大体食べました。ひかりものは特に1桶あったので満喫。サラダ,筍煮は間にちょっとつまんで豆腐のお澄ましで締めて,食後に高野のフルーツケーキと紅茶。

4月30日 西山浩司って言うとまた古くなっちゃった

昨日までほぼ1週夏めいた日が続いたが(特に4月29日の晴天度は高い,特異日かな),朝から連休じゃない人々の出勤意欲を失わせるような曇り空に妙に強い風。作業にはまって2時近くなったため却って土砂降りを外して昼へ。先々週くらいからランチを再開した徳屋を見たら準備中,13時台までなのか定休日だったのか連休で変則なのか。そのまま郵便局前へ出てこうじで麺屋付け麺,他のも試そうと思いながらこればかり。今日は肉のトロリ感が弱く魚出汁が出た分,色も濃い目透き通りがちで醤油が立っていたかな。とは言えキレコシの出た麺を浸せば快調,チャーシューもおいしかったりして。
豆腐と蒸し鳥の和え物,筍土佐煮,キャベツ豚汁(キャベツ,大根,にんじん,長ネギ,豚切り落とし),麦ご飯。筍は昨日余った分を貰ってきたもの。
ごま菜飯,豚しょうが焼き,揚げさつまいも。小海老菜飯おむすび,揚げさつまいも,チーズハムロール。年齢別お弁当の展開,みたいですな。


過去記録月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ