9月1日 東京ネズミーランド

夏休み最後の日曜というか新学期最初の日曜というか,防災の日とやらで某国首相も柏市来訪予定らしい。が,その目的である総合防災演習への町内役員招集を逃れるかのように朝からTDLへ。配偶者が聞いてきた説によると9月が1年のうちで最も混雑しないんだそうな。とにかく何年か振りで,入場券が全部パスポートなのにまず驚いたくらい(手元にある昔々のA券をどうしよう。とは言えアトラクションでいちいち券をモギらないので待ち短縮にもつながるようだ)。
昼はイクスピアリに回るかもと聞かされネットで食べ物屋の配置も調べておいたのに,結局TDL場内でハンバーガー(オラァだまされただよ)。昔のキャプテンイオの辺りだと思うが,他と比べても空いている上モンスターインクのミニショーもあって,食べ終えた後は玄関前で館内の冷房を受けながらパレードも見られて,お買い得スポットでした。
鮭の炊き込みごはん(鮭,いくら,のり,ごま,ねぎ),あえもの,おすまし(わかめ,麩)。手抜きで手巻き寿司にしようと思ったら,魚屋にあんまり良いネタがなかった。

9月2日 世間は今日から新学期

所用で秋葉原へ。昼はどこかラーメンと思うも用事が引っ張りそのまま所用先の知人とうちだへ,日替りの肉豆腐を注文。このお店,夜は無茶苦茶つまみメニューが多いが(確かラーメンまである),昼は日替りとカレーの2者択一メニューなのである。
シーフードサラダ(鮭,きゅうり,玉ねぎ,レタス),ラムチャップ,トマトパスタ(缶トマト,生トマト,玉ねぎ,にんにく,スパゲティ,チーズ)

9月3日 プリンタインクを買うのを忘れた(2日続けて)

続けて所用で秋葉原へ。時間があったので行きがけ回り道してとんがらしへ,前回9時半開店で断念のリベンジ(神田の福そばも前より開店が遅くなったし,優良路麺営業時間暫減の法則ですな)。前から試してみたかった冷やしのそばで盛り合わせ天ぷら。温かい汁そばに比べると,天ぷらがヘタることなく柔らかな揚がりそのままで楽しめる。が,冷たい汁があまりダシが感じられずしょうゆそのものに近い印象だったのが残念。そばもちょっとカラむ感じで,天ぷらの1人勝ちかな。
別口の知人から秋葉原に来ているので昼でもと電話があり,鳥つねへ。いつものようにモツ入り親子丼を注文。天ぷらから時間が余り空いていなかったため,食べ切るのが大変でした。
鮭塩焼き,蓮根きんぴら,サラダ(トマト,きゅうり),おすまし(わかめ,細ねぎ),ごはん

9月4日 いつまでたってもお肉がご馳走

昼は自宅でスパゲティを茹でてカルボナーラもどきにして食べる。
夕刻,Lawly's Prime Ribへ。昔ワシントンのPrime Ribに1度だけ行ったことがあり,いたく気に入った。ために,Lawly'sの日本上陸時には拙宅ではうそリブなどと気の毒な呼ばれようをしていた。が,こっちにも1度行ってみようということになったのである。時刻は早いし座席は多いし,まず大丈夫だろうと思いつつ一応電話を入れて行ったら,19時頃なのに既に結構入っている。どうやら仕事で会食の人が多いようだけれど,中には見るからにお肉が恋しくなったアメリカ人のテーブルもある。
メニュー構成は牛リブ1本,緊急避難用に魚メインもあるが99%以上の人が牛を頼む。サラダと簡単なサイドは含まれているので,肉のサイズと焼き加減を選択するだけ。後は更に食べたい人のサイドオーダーとデザートのみ。ワインリストに食前酒があるのだから,食べ物の前菜もあってもいいんじゃないかと思うのだが。一般的なサイズというローリーズカットのミディアムレアを注文,配偶者は一番大きなダイヤモンドジムカットのミディアムの上,ガーリックライスまで付ける。
サラダは係の女性が銀の巨大なボールをテーブル脇に据え,グルグル回してドレスするアトラクション系。味はいわゆるシーザーズサラダ。お肉も係の男性が巨大な銀色の蓋付きカートを押して来て,サイズと焼き加減に応じて巨大な塊から切り出す。肉の脇にはヨークシャープディングとマッシュポテトを添え,ポテトの中央をへこませてグレービーを注いでくれる。お肉は筋や脂を掃除したキレイな赤身。口に入れると,神戸牛のように細かい霜降りのアブラがパっと溶ける柔らかさではなく,熟成させた赤身のジンワリと解ける柔らかさ。ただ,記憶の中のプライムリブと比べると,気持ち肉の繊維が強く残っていてシッカリ噛んで食べるべきテクスチャになっている。あるいは,もう少し火が通っている方が沢山食べやすかったかもしれない。と言いつつ自分の皿を片付けて,配偶者の分もかなりもらう。デザートに桃のタルトを食べたら流石にいっぱい。
値段の方は日本のステーキハウスと比べると,随分とリーズナブル。最大の要因は牛肉の価格差に違いないが,客辺りの係人数が一見多そうなサービスも,リブの提供に特化しているので実は合理的なのだろう。座っている方は矢鱈と人が付く印象なので,やはりチップなぞある方が良いかななどと感じてしまった。ちなみにこの日の女性は新人だったのか口上がたどたどしく,先輩が1人後見格で付き添っていた。
オムレツ(チーズ,細ネギ),ハムロール(きゅうり,黄色ピーマン),揚げじゃがいも,パン

9月5日 ハレの日ケの日

昼は出そびれ,打って変わって地味ににゅうめんなど煮て子供と食べる。
かつおの叩き風さしみ(青じそ,青ねぎ),あえもの,おみおつけ(じゃがいも,わかめ),ごはん

9月6日 待ち待ちの木

自転車で16号沿いに延々と西北西へ,月初めに開店していたもちもちの木野田店を目指す。野田とは言え埼玉県境に近い国道真横にある,外装ニューウェーブ日本蕎麦内装アンティーク喫茶店の造り。思ったより早く到着したので待ち合わせスペースで座っていたが,インテリアの古風な箪笥の抽斗に仕込んであるポプリの匂いが強くて閉口。いざ開店までに人が溜まりドっと入ると店内ほぼ満席,注文は結局手前に座ったもの声のデカいもの順。玉子付きで付け麺を頼んだのが,間違えてラーメンが来て作り直し。厨房内の湯切りを眺めて待つことしばし,付け麺が出来上がってきた。
付け麺はやや細手の白っぽい麺。表面は見た目よりバサっとした触感だが,後半は絡まってくる。ツケダレは表面にアブラが3mm位の厚さに張り,1口目はビックリするほど熱い。アブラの下のスープは魚系の存外アッサリ単味で,後半急速に冷めてくる(卓上のメニューにはツケダレが冷めたら申し出れば熱いのと交換と書いてある)。当初は付け麺食べてその後ラーメンと考えていたのだが,そこまでにネガティブポイントが多くて1杯でいいかなになってしまった。
鮭ちらし,さつまいも甘煮,おすまし(豆腐,わかめ)

9月7日 意外に小粋な新柏

午後から学校の用事。その前に買い出しついでに,新柏のCafe Varianteで昼食。ランチセットにリゾットがあったのでつい頼む(リゾットとかニョッキとか,パスタ広周縁とでも言った料理群が変に好き)。3種のチーズだが味が薄く,卓上のオロシチーズで補強。配偶者はなすのミートソース。
いわし和風ムニエル,ポテトサラダ,おみおつけ

9月8日 Star Woes

なぜか今頃Episode2を見に行く。館内は5,6分の入り,小学生高学年からご年配まで圧倒的に男性が多く女性はペアの片割れのみ。で,本当に粗筋そのまんまの映画(3部作の真中というのはそれだけでツライものがあるけど),反則に近いネタをいくつも使っていたのにちっともビックリしませんでした。
Episode2が長くて終わった時点で13時半くらい。配偶者のサジェスッションでボンベイへ行ったら,数人の列ができている。店内に入ってからもお店の人が何だかバタバタしている,本来のお昼時刻が大混雑で余波を引きずっていたのか,時分をズレて突然第2波が来てしまったのかどちらだろう。ビーフの辛口を注文,久々に食べたら思っていたよりずっと炒め玉ねぎの利いた欧風味だった。配偶者はボンベイを頼んだので,楽しみに見ていたら案の定出てきたのを見てビックラしていた。1口貰ったら,この間食べたのよりサラサラと言うか水っぽくて野菜の癖が残って出ていた。矢張,ちょっと厨房がバタバタしていた煽りか。
鶏鍋(鶏手羽先,鶏挽き肉,キャベツ,ねぎ,ほうれんそう,えのき,豆腐),上りに玉子でとじて雑炊。

9月9日 まんなかランチリターンズ

所用で秋葉原へ,昼は知人となばやできじ重。顔ぶれは違うが2週続けて知人とお昼で,大喜にも寄らずじまい。
サンドイッチ(ハム野菜サラダ,チーズ野菜サラダ,いちごジャム)
ドリア(鶏もも肉,たまねぎ,ピーマン,しいたけ,牛乳,チーズ,マカロニ,トマト缶),サラダ(きゅうり,キャベツ)

9月10日 メーンメーン,コテッ(と倒れる)

昼は自転車で我孫子の中華三平へ。付近で道路メンテの工事を見ている人がお昼になるとフラっと入ってくる,そんな地場の中華屋さん。ラーメンは,軽くアブラの張った澄みスープに縮れ麺脂身のないチャーシューとお約束ながらなかなかの味わい。チャーハンが人気のようで旨そう,苦手な具を抜いてねなどと常連さんが特別注文しているのも風情である。
夕刻,大喜へ。時刻が早いせいかすぐ座れた。地下鉄の入口で知り人お2人とすれ違ったのを初めに,お店に入ってからも知った人がチラチラと。久々でそこはかとなくうれしい。もりそばを食べ終え,混雑してきたのでお店を出て(飲まないと間が持たない)神田辺りへ回ってもう1軒行ったものかどうか考え,結局大人しく帰宅。

9月11日 パパンがパン屋さん

午前中から作業にはまり,昼はPregoへ自転車を走らせパンをどっさり買い込む。チョココロネ,やきそばパン,ごぼうパン,チーズケーキ。大体同じようなパンを選んでしまうが,チョココロネは午後にはたいていなくなっていたので初めて。そう言えば今月は高島屋にも週替りで各地の有名パン屋が出店している。今週のメゾンカイザーは余程人気があるらしく,クロワッサンはいつ見ても売り切れている。
さんま塩焼き(大根おろし,かぼす),煮びたし(ほうれんそう,水菜,油揚げ),あえもの(きゅうり,トマト,梅干し),おみおつけ(里芋,ねぎ),ごはん

9月12日 船橋も駅名とか接続とか複雑ですね

船橋へ野田線で出てMomoへ。改装があったのかオーガニック系統の販売の方により比重が掛かっていて,カレーはランチの薬膳1種のみになってしまっている模様。丸皿の白いご飯にソースが掛け分けられ,上一面に載ったから揚げの野菜で彩りも鮮やか。飾りのクコの実こそ薬膳っぽいが,通常のカレーパウダーよりターメリックの比率が控え目かなと感じる程度で普通に美味しいカレー。
神宮方面に歩いてこまつやへ。外にも値札がペタペタ貼ってある(それが安い)お店の造りとか,夏は海の家を出すため2ヶ月休みとか,全部ひっくるめてゲシュタルトのお値打ち。まずは久々に異種格闘で2軒食べ,まだまだ連食が可能であることを確認して満足。
サンドイッチ(クロワッサンにハムオムレツサラダ,チーズオムレツサラダ,ミニクロワッサンにジャム)
かつお刺し身(大根おろし,ねぎ,しそ),さつまいも甘煮,おみおつけ(わかめ,青菜),ごはん

9月13日 ジェイソンは宇宙へ行った金曜日

自転車で取手へ,駅前の肥前に入る。店内には長崎ハタが飾ってあったりもするが,九州ラーメンではない模様。ストレートのスルスルとした自家製麺に,初めからしょうゆが入れてあるのか乾物使いか相当黒い汁と,ある種うどんを思わせるような和風ティスト(もちろん肥前にそう言う地場ラーメンがないという保証はないけど)。
WorkPadの電源が突然入らなくなり,結局ハードウェアリセット。大体バックアップが取ってあったが,ここ2,3日の分は飛んでしまった。覚えているうちにどこかに書いておかないと。
さば味噌煮,サラダ(じゃがいも,にんじん,きゅうり,いんげん),おすまし(麩,わかめ,ねぎ),ごはん

9月14日 リーダシップといいだしっぺはちょっとだけ響きが似てる

子供の学校のPTAの行事が3連荘。新柏東武ストア内のベーカリーでクリームパンとカレーパンともう1つなんだったか購入して行って,昼頃に次の行事のスタンバイをしながら食べる。
この後今月後半から来月前半まで,作業だの行事だのその準備だのが入ってくる。1件ずつはそれほどでもないが,複数系統絡まっているためロッグジャム状態。丸1日使って宿題食べ回りに行きたいなぁというのは夢また夢。ますます後出しも加速しそうであります。
美登利寿司でテイクアウト各種,おすましだけ作る。

9月15日 ヤッパリ最初は後楽園って変換されるぞ

昼は買い出しの後幸楽苑へ。先月だったか前まで行って下の子供のオブジェクションをくらって引き返しているため,幸楽苑になってからは初めて。付け麺を注文,辛いので子供には無理と書いてあるが別段辛くはなかった。配偶者は味噌ラーメンにラジウム玉子(スゴいネーミングだが温泉の洒落であろう),下の子供はラーメン。で,それぞれ少しずつ食べさせてもらう,総じてき伝の時の方が良かったかな。
牛丼(牛切り落とし,ねぎ,しらたき,玉子),あえもの(きゅうり,トマト),おすまし(麩,わかめ)

9月16日 いつもテイクアウトを買いそびれる

昼はハンスホールベックへ,通路を渡った奥に増席されてからは初めて(座ったのは以前からある方の席)。ランチのAを注文,メインはハムの中にソーセージだねを射込んだもの(正式名失念)。上の子供もおなじもの。配偶者はランチのBメニューでリンゴ入りポークステーキ。下の子供はソーセージピザ。
もともとサービスがゆっくりしている方ので座席が増えてちょっと心配していたが,ランチの前菜の後,メインも下の子供のピザを初めにほどなく出て来た。もともとカスラーが好きなので,今日はAメニューを選んで正解。中身と外側が分量味付けとも良い比率でシックリして剥がれず,切り分けて一緒に口に入れると肉質の対比が楽しい。配偶者のリンゴステーキは舌に乗せると甘酸っぱいリンゴソースの味だが,何と言うかお漬け物に火を通したような匂いがあって,一瞬口元でアレっと思う。お肉はもうちょっとロースト風の柔らかい厚さがあったら良いかなぁ。下の子供のピザは,トッピングのソーセージは当然美味ながらドゥはもう一工夫(まぁ,ドイツ料理にピザを望むのも)。テーブルに出るゴマ付きパンがおいしいので,パンだけ余分に頼めると後はソーセージあたりで食べさせられて下の子供にうってつけなんだけれど。
肉じゃが(牛切り落とし,じゃがいも,ねぎ,にんじん),あえもの(きゅうり,トマト),おみおつけ(わかめ,青菜,玉子),ごはん

9月17日 芝の三五郎親分って捕物帳にいそう

午前中秋葉原で所用。終了後総武線に乗って,再開後初めての三五郎を目指す。入口暖簾の竹竿端には傘がヒョイヒョイ掛かって,店の中はお客さんで賑わっている。玉子ラーメンをお願いする。スープ麺とも覚えていたよりアッサリと柔らか,やや固目半熟の玉子と合わせて穏やかな美味。ご主人も前より気持ち細くなったような気がするけれど,出入りのあいさつに笑顔が出るのが見ていてうれしい。
再度黄色い総武線に乗り,稲毛へ。延々と電車に乗っていると各駅にショッピングセンタービルが併設されているのが見受けられるが,凝り過ぎて訳の分からない愛称になっちゃってるのが多いようである。柏のステーションモールなんて直截に分かりやすくて良い方かも。駅前のシバでサービスターリ。油っ気のない野菜素材の味が残ったカレー,2種のソースとスープを混ぜると見た目少々不気味な色合いになるが渾然とした味わい。
サンドイッチ(クロワッサンにハムセロリ,チーズきゅうり,ジャム)
かつおのっけもり(かつお,きゅうり,みょうが,青じそ,すだち),トマトサラダ,おみおつけ(さつまいも),ごはん

9月18日 地元でチャリチャリ

3,4日振りに天気が良く気温もそこそこ,となれば自転車を出したい。とは言え,水曜日は休みが多い。川間の屋台ラーメンあたり行って休みだと目も当てられないし,やっていると分かっていてもいっとくはチト遠い。Cさんのサイトで見た松戸市境近くのすぎ田を第1目標に南下して,駄目なら美久仁か李家餃子に転進予定で出発(全部休みだったらどないしょう)。
51号線道なり1本なのに,途中斜めに走ったらどう間違えたか沼南白井方向に出てしまう。大回りして戻った後は順調にお店を発見,みそラーメンを注文。ニンニクの利いた味噌で食べるタイプに目新しさはないが,太目濃い黄色の麺の茹で加減モヤシの炒め加減は上々。ただ,場所の割りに値段が安くないと思うのだが。
帰路,日立台から駅前方向に抜けエクレールでパンをどっさり買い込む。結局,本来の距離の3倍くらい走ったような。おかげで準備中も含めて蕎麦やラーメンのお店を2,3軒見掛けたから良いんだけれど。
サンドイッチ(ロールパンにハムきゅうり,チーズきゅうり,ジャム)
パリパリ鶏入りサラダ(鶏もも,きゅうり,ルッコラ,水菜,トマト),レバー辛煮,そうめん(しそ,みょうが,万能ねぎ)

9月19日 都心でテクテク

開店前から大喜に並び,今日はうめしお。梅がナマのまま突出せず,スープに馴染んで麺ともピタっと折り合い,しかも風味がしっかり香るところが流石。
その後西洋美術館へ。ウィンスロップ美術館展(だったかな)。ラファエロ前派あたり昔っからオタク系イラストってあったのねという感想はさて置いて,お目当てのモローをを悠々と見られて満足。
久々にマッサージの後,秋葉原で所用を済ませる。夕方になってこれまた久々の八島へ(平日お昼開かなくなってから行きたくても行きにくいのだ)。まず揚げワンタンにビールが良く合う,個人的にはケチャップより甘酢餡で食べるのがもっと好きかな。締めに鯵のからし合え和え麺,生臭さはなく,削ぎ落としたような辛味にアブラの旨味が爽快。皆さんが増えてくる頃1足お先に神田駅へと失礼するのは例の如し。最初は取手まで乗って桝澤商店を探してみるつもりだったが,昼からの2軒で満足。乗り過ごすこともなく素直に柏下車。
サンドイッチ(ポテトサラダハム,ポテトサラダチーズ,いちごジャム)

9月20日 場末でテクテク(なんて失礼な)

昼はSPAだったかのご当地饂飩特集に出ていた賞賛へ。四つ木へ京成乗り換えで行ったら,金町線の20分待ちにあたる。ために平和橋通り沿いのお店に入ったときには,狙っていたチクワ天は売り切れで残念。温かい汁にかき揚げを乗せてもらったが,思っていたよりアッサリした汁スンナリした麺でした。肉汁付けが1番人気というから,洗ってさわすとまたグンと違った触感になるのかな。
帰路,平和橋通りから水戸街道沿いにずっと歩いて金町から常磐線に乗る。途中,開店間もないらしいラーメン屋さんを見つける。夜のみ営業らしく入れなかったが,通常の民家らしき同じ造りの2軒並びをそのまま使っているチョイと気になるお店だった。金町で手打ち立ち食い蕎麦(店名不明,本当に手打蕎麦と立ち食蕎麦としか書いてない)の前を通る。前から気になっているのだが,白鳥あたりで所用の電話を受け早急の帰宅を約束していたので今日の所は断念。
鯖塩焼き,レバー辛煮,あえもの,おみおつけ(キャベツ,油揚げ),ごはん

9月21日 うはうどんのう(ちゃうちゃう)

昼は買いだしついでに成味へ,2日続けてうどんになるが全くノープロブレム。野菜かきあげうどんを注文。配偶者はカレーうどん,下の子供はきつねうどん。讃岐というより関西なんだろうけれど,何ということなくおいしい。
柏レイソルが実に5ヶ月ぶりの勝利,ワールドカップも入って印象としては今年になってからずっと負けていた感じすらしてました。今までイザというところで散々痛い目を見たアントラーズだったので今日もハナから半分諦めていたが,たまにはこういうこともあるのが勝負である。こうなったらここから目差せ連勝街道というのはムシが良過ぎでしょうか。
さんま塩焼き(大根おろし,すだち),煮びたし(厚揚げ,大根葉),おみおつけ(わかめ,麩,ねぎ),栗ご飯

9月22日 老舗の底力

昼は西口の知味斎へ。チンゲン菜炒め,スブタ,豆腐とカニの餡掛け,鶏肉と玉子入り掛けごはん,やきそば,花巻(子供用)を頼んで分けて食べる。満足。東口店より素朴というか地味な所も(駐車場が多い所も)マル。
刺し身(マグロ赤身,大トロ),さつまいも甘煮,煮びたし(ほうれんそう,厚揚げ),おみおつけ(大根,厚揚げ),ごはん

9月23日 たまにはウチメシでも

昨日買い出しでインスタントのエスニック麺を見掛けたところから,今日の昼は家で汁ビーフンを作る公約になっていた。鶏を茹でてスープと具を同時に取ってしまう安直版だが,香味野菜魚醤唐辛子ソースの3点セット(くさいのうまいのからいの)で結構それらしくできる。
ビーフシチュー(牛すね,玉ねぎ,じゃがいも,にんじん,セロリ,ハム,トマト),青じそパスタ,サラダ(きゅうり,セロリ)

9月24日 たまなら中食でも

所用で松戸へ,その後別口の所用で秋葉原へ。結局,昼食時間を挟み夕方近くまで掛かり,昼はポークマンでスタミナ丼のお持ち帰り。ピリカラで豚肉に白菜その他を組ませた八宝菜様のアンカケであった。
夕方,ニュースを見ていたら四谷のラーメン屋さんで感想を尋ねられているお客さんのがどう見ても顔見知り。チャンピオンの人とか出ているのは特に驚かないのだが,こういう風にチラっと出て来ると却ってビックリして画面指差したくなる。
鮭の和風ムニエル(鮭,大根おろし,すだち),さつまいも甘煮,おみおつけ(わかめ,ねぎ),ごはん

9月25日 昨日のカタキは外麺でも

所用で秋葉原へ。昼は大喜,もりそば玉子付き。やっぱり麺が美味。
ヒレステーキ,野菜バター煮(にんじん,いんげん),サラダ(サニーレタス,きゅうり,マヨネーズ),おみおつけ(じゃがいも,みょうが),ごはん

9月26日 宿題が片付かない

一気に涼しいというより肌寒い。そろそろ秋のくしゃみ鼻水終了かと期待。
千葉のタウン誌でラーメン特集と聞くも,近所で見つけ切らず(割りと東葛比率の低い雑誌なので)。昼もはまって遅れパンをいろいろ食べる,このところこのパターン多いですね。
サンドイッチ(ハムレタス,チーズきゅうり,ジャム)
炊き込みおこわ(豚切り落とし,にんじん,ごぼう,ごま),サラダ(きゅうり,大根),おすまし(わかめ,ねぎ,春雨)

9月27日 湖面を渡る風がきつくなってきた

今日も非常に涼しい,自転車で我孫子方面へ。内味喜でワンタンメンを食べる。結構餡この入ったワンタンと麺の触感の対比が楽しくオーソドックスにおいしいが,やはりラーメンのシンプルさに軍配かな。
サンドイッチ(ハムレタス,キュウリサラダ,ごぼうサラダ,いちごジャム)
肉豆腐(豚切り落とし,豆腐,にんじん,玉ねぎ),あえもの,おみおつけ,ごはん

9月28日 我孫子侮るべからず

昼は買いだしがてらクルマでそば園へ。今回は鴨せいろをお願いしてみる。麺線の跳ねのある強さは変わらずだが,太さはそれほどないので,濃くしょっぱく鴨の脂の乗った付け汁がやや強いか。配偶者はかきあげセイロ,かきあげのサイズに吃驚しつつ塩で結構サックリと平らげていた。
段々弁当(のり,おかかそぼろ),チンジャオロースー(豚切り落とし,ピーマン,たまねぎ),きゅうりとにんじんのあえもの
鶏なべ(鶏もも,鶏挽き肉,白菜,ほうれんそう,えのき,豆腐,大根おろし),上りに雑炊(玉子)

9月29日 もう零取るとは言わせないか

昼は銚子丸へ。今日はイワシも回っており,日替りお勧めもぶりやサーモンで,ひかりものを中心に鱈腹食べて満足。そう言えばサンマだけなかった,いかにもありそうなメニューなのに。
某柏蹴球団はこっそり連勝,むかし2位だった年も最後の方狂気のように連勝したっけ(と往時を追う遠い目)。
おむすび(ゆかり,おかか,炒り玉子)
エビと生ハムのサラダ,サーモンマリネ,キャビア。コーンスープ。ハンバーグ煮込み。じゃがいものチーズ焼き,にんじんとグリーンアスパラガスのバター煮。くりおこわ。きゅうりつけもの。チョコレートケーキ。お誕生日の会食,メインがハンバーグなのは本人のリクエスト。チョコレートケーキも本人のリクエスト。

9月30日 おじさんはどこへ行ったんだろう

所用で秋葉原へ。昼は所用先の知人と久々にBlossumへ行ったら,改装されてイタリア料理のFelice Codaになっていた。とは言え,玄米ご飯のランチは健在,元気なお店のおばさん(イタ飯屋ならマダムと呼ぶべきか)も健在。豚バラ煮込みの玄米ランチを注文,味付けがトマトベースのところがイタリア料理屋さんなのねと実感。
ロールサンド(ハムきゅうりポテト,チーズミニトマトポテト,ジャム)
肉じゃが(牛切り落とし,じゃがいも,たまねぎ,にんじん),あえもの(ほうれんそう,きゅうり,ミニトマト),おみおつけ(キャベツ,わかめ),ごはん


月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ

U