4月1日

昨日と打って変わって,本当に嘘のようにお天気。昼はシャリマールへ。ナンのダブルカレーセット3人分で6種類全部頼み,下の子供には白いご飯を追加。素材に合わせてソースもスパイスも異なり楽しい。昨日一昨日と食べていないラーメン屋さんに行きたかったので当初は不機嫌だったが,食べ終わる頃にはご機嫌。現金というより単純である。
千葉市のチーバスが運行終了とのこと。今度幸福軒とますやあたりセットで市立美術館と組ませて行ったら乗ろうと思っていたのに。美野里PAの西海も閉店してしまったらしい。春は行くもの行く店,その分新しいお店に頑張って行かねば。

4月2日

昼,週末以来のラーメン切れを解消すべく大喜へ。外に黒板が出ていてもりそばと書いてある。これに決めたというところだが,その下にわんたんめんとも書いてある。未食優先でわんたんめんをいただく。ワンタン,スープ,麺とパーツ全てが良く出来ている上調和も素晴らしい。大判の皮を4つに畳んだワンタンは,厚手のシルクスカーフのように滑らかで落ち着きのあるドレープ。餡も香味豊かなジュース分がたっぷり。スープは濃いのにモッチャリしないダシが出ていて,一段調子を強くしたしょうゆ加減もキレが良い。麺は細手だがスープに負けない。ワンタンを楽しんでからやおら啜り込んでもツルリとした表面がしょうゆ色に沁み過ぎずサラリと張りのある触感。ひゃあ,おいしかったと一気に食べてしまった。

4月3日

昼,やっぱりもりそばが気になって続けて大喜へ。今日は外の黒板がなく一瞬迷ったが,中の黒板にちゃんともりそばとわんたんめんと書いてあった。以前いただいた夜版もりそばと比べると,玉子と揚げ餅が抜けている。そのためか付け汁は小丼に入っているが,刻んだチャーシューと青菜がどっさり沈んでいるので最初は麺が器の底まで付かないくらい。濃い目のタレが中太麺に合って,久々の中太麺の触感が楽しい。ただ,具も全部同じトーンになるため,別盛りつけそばのコンセプトがやっぱりいいかなと,後半ちらっと思わせる(ほんのちらっとだけど)。途中でスープを片口のような器で出してもらえる。試しにそのままレンゲに受けて含んだら,魚の風味がワっと来た後肉の旨味がジワーリどっしり。なるほど強力。付けタレを割って飲み干すと2倍楽しめました。

4月4日

昼,銀座線に乗って日本橋の新店めん処翔へ。コの字カウンタの店内は新しく,蘊蓄がずらっとパネルで並べてある。パネルの1つに鶏と牛と昆布煮干しが主体の3つの釜とあり,とんこつスープの匂いにスキヤキをシャアシャア焼く時の匂いを足したようなかすかな匂いが確かにする(鍋は2つ見えたがトリプルスープかは分からなかった)。お店の人の手際はもう1つというか,人数がいる割りにアイドルタイムが長くサッサとものが出て来ない。麺の太さ2種類で茹で分けているのがネックなのか,それとも場所柄女性グループが多くユックリ食べるせいなんでしょか。
匂いにつられて東京牛骨を頼んだら,猛烈にアブラが強かった。上に透明のアブラが一面層になって浮き,その下に背脂の小さな塊がびっしり。白濁したしょっぱみのきついトンコツに牛の甘味が差して面白い味なんですが,どう飲んでもアブラが入って来る(ちなみにオタマが木製なのはお約束にイヤ)。サラっと固目のストレート細麺も,引きずり上げるとアブラがみっしり。麺を全部食べたところで後のスープは飲み切れなかった。体調もあるかもしれないし,今度はあっさり醤油を試してみよう。コッテリ駄目って,ひょっとして加齢の証拠かもしれなかったらちょっと悲しいしい。
お店を出たらたいめいけんの看板が見えた。さっぱりラーメンを食べていこうかなと近付くと,横のカウンタに行列。だったらカレーライスを食べようと前に回るともっと行列。流石に人気の老舗,帰りが気になりあえなく断念。ちょっと悲しいしい。
このところ不平分子モードになる率が高いようだ。新しいものを受け付けない,初めてのものと馴染みが悪い。これこそ加齢の証拠かも。

4月5日

昼,昨日のリベンジでたいめいけんと思っていたら出遅れ。洋食屋つながりで精養軒のカレーの店へ。こんなところでこんなものが,という意外さがかなりのお値打ち(丸善屋上スナックもそうだな)。お釜のタイミングかペチャっと柔らかいご飯だったのは残念,サラっとしたソースにちょっと入っている厚手の薄切り豚肉が楽しい。500円と格安なので込むのも仕方ないのだが,とにかくゴッタ返していてお店の人も状況を把握しかねている。
なんとなく物足りなくて,帰り際に地下鉄出口階段に入口のある木屋へ。かなり甘い,昔の豪華版カレー缶詰を思わせるソース。じゃがいもは小さくなっているけれど,ごくごく芯まで味が染みておいしい。玉ねぎルーのカレー連食は口に来るけれど,小麦粉ルーのカレー連食はお腹に溜まるなぁ。考えてみたらどちらかハヤシにしても良かったんだ。で,オフ以外はお昼に2軒行かない誓いをケロっと忘れていた。全ての同意は破られるためにある。
夕刻,町屋で降りて掲示板で話題の勢得へ。ちょっと和風蕎麦屋っぽいしつらえの新店。お店の人も若い2人(カップル?),男性のTシャツと女性のエプロンが赤で揃っているのが,何だか可愛く初々しい。真剣に打ち込んでいて,あとはお鍋以外に目を配る余裕が出ればもっと良い感じ。シッカリモッチリした麺とアッサリ加減のしょうゆの勝った付け汁。通勤経路の途中下車で,付け麺らしい付け麺が食べられるのはうれしい限り。食べ終わって駅へ戻ったら,Oさんが階段を上がって来るのと出くわしビックリ。なるほどネットワークですな。次は新松戸で降り,これも別の掲示板で書き込みのあったぽーかろぅを探すものの,地図を持って来るのを忘れて断念。各停に再度乗り込んだら電車の中でまた知人に出くわし,あまりビックリしたので柏で降りてからあしたばラーメンをチェックに行くのをすっかり忘れてそのまま帰宅。昼も食べ過ぎだったし,それっくらいでちょうどいいか。

4月6日

午後,所用の後昨日行きそびれたぽーかろぅへ(早速東葛から行っているので驚きながら遅れ馳せ)。ちなみに昨日は完全に方向を間違えていました,深追いせずに正解。アパートの1Fをぶち抜いて改装した店内は,明るい木目基調でドラムセットなども置いてありゆったりした間取り。早速ラーメンをいただく。澄んだ鶏ベースのスープに,平打ち麺のしなやかでなめらかなコシが良く合う。好きなパターン。調子に乗ってうめしそもいただく,こちらは何度か食べて口代わりに良さそう。それはそれとして,やはり大喜のうめしおやひがしの梅ひやしは完成度がすごかったんだなと,改めて思い出して感心。で,お昼に2杯食べない誓いをまた忘れていました。

4月7日

配偶者がとんかつ問答の末とんかつモードになり,昼はクルマでとんからりんへ行ってみる。この際(どの際?)かつカレーを注文,30cm近い皿にキャベツ,ご飯,カツが盛られソースが掛かったところは結構迫力だったが,やはりパーツアセンブル風味。

4月8日

昼はちょちょいと単独行でちよだへ,つけめんと半カレーをいただく。カレーは出汁でさっと煮てトロミを付けたお蕎麦屋さんのような仕立てのラーメン屋さん版。たまねぎがシャリシャリしておいしいが,口からはみだしやすく食べ難い。ちなみに今日は逆井駅に降りたところから,ピクニック装備の善男善女が矢鱈と沢山いた。何だろうと思っていたら,ちよだに出る手前にカタクリの自生地があって薄紫のスミレとユリの中間のような花が盛り。町内会の人が見張りに立ったりJAの出店が出たりしている。片栗粉が取れたくらいだから昔はザワザワ生えていたんだろうけれど,今は山中でもない限り固まっているのは珍しいらしい。
闘魂ラーメンが気になり,逆井から増尾に向かってお腹ごなしも兼ねて歩く。途中公園や街路に桜の木がずいぶん植わっている。今年はこれといって出掛けなかったが,すっかりお花見気分。花びらがチラチラと回りながら落ちまた風に吹き上げられるのは,まさしく桜吹雪が風に舞う(未食)。結局増尾に着いてもまだ半カレーが効いている。今日のところは断念(2杯とか2軒とか食べるクセがついたら大変です)。
柏に戻り,男性ばかり3世代用のプレゼントを駅前で見るが,探しているモノは見つからない。昔は百貨店なら定番は年中何とか置いてあったけれど,今は売れ線とか流行物とかに絞り込まざるを得ないのですな。それにしても圧倒的に女性市場である,フロア数で言うと4対1くらい。

4月9日

昼,ぽっぽっ屋へ行こうとして,ソーセージの後に出来たインド料理屋さんも昨日からオープンしていることを思い出す。あぁ,体が2つ欲しいが初志貫徹でぽっぽっ屋へ。新スープは初めてのため,味付け玉子付きで付けて後はデフォルトのラーメン。なるほど強力。つけめんにできるくらいタレも濃くアブラも濃い加減だが,出汁が猛烈に効いて調子の高いところでバランスがキリキリと取れている。またシッカリした麺にも良く味が絡む。生玉子も合いそう(今日の半熟はトロっと美味だったけど)。
江戸通り沿いに新しい中華料理屋さんができていた。店名も気になるし,山西料理とわざわざ名乗っているあたりもそそる。ランチメニューの片方は肉片入り手打ち麺だった。小伝馬町まで来るとついぽっぽっ屋を目指してしまうが,今度列が長くて断念の時にでも試してみましょう(今日はちょうど入れ替わり後の次ラウンド先頭になり,なんとか13時ジャストに帰社)。
今回のtotoは1等が4万,3等にいたっては400円らしい。やっぱカギは引き分けだな。
チンジャオロース丼(牛肉,ピーマン,セロリ,ごはん,のり,ごま),ゆかり和え(きゅうり,にんじん),イチゴ。いよいよ新学期到来,ついにお弁当再開。

4月10日

昼,このところ前を通って気になっていた室町の焼き鳥屋さんのランチ焼き鳥ラーメン丼を食べに行く。焼き鳥の副産物のガラスープの派生物らしい。スープのタレはしょうゆだけみたいな素っ気なさだが,喉越しが良くスイスイと飲む。ゴマ油と粗目粉唐辛子が初めから強く効き過ぎなのが残念。麺は中くらい太さ,あまり特徴がなくコシが弱く市販麺のよう。この辺りは本業ラーメン以外の昼だけメニューだから仕方ないか。具はのり,わかめ,ねぎ,うずら玉子(お肉は焼き鳥の方に入っているということらしい)。その焼き鳥丼の方がはっきり美味。ツクネは粗叩きのコリっとした触感,串にさされたいたときに隣とくっついていた辺りかすかに生さが残る焼き加減でおツユたっぷり。ねぎまと獅子唐に正肉をまぜた串もパサつかず火が通り,サラリとしたタレが良い。さすが鳥は鳥屋。焼き鳥丼単品だとササミワサビなども乗るので,今度はそちらを食べに来ましょう。
だんだんのりご飯,肉じゃが(牛小間,じゃがいも,玉ねぎ,にんじん),チーズサラダ(セロリ,キャベツ,チーズ,ソーセージ),イチゴ。

4月11日

昼,ソーセージの後にできたナワブへ行ったらほぼ満席(4/8というのは間違いで4/2オープン,4/9に1日前と1週前を勘違いしたようでした)。日替わりカレーのチキンマッシュルームカレーとナンのランチをいただく。カレーはトマトとクリームがタップリのオレンジ色,あまり辛くないがトマトの甘酸っぱさにスパイスの香味が合う。ナンはカゴからはみだしそうなサイズ。底がパリっと焼けており,厚味のある部分はフックラしてサラサラのソースが絡めやすい。
以前のヨーロッパメルヘン風の内外装をうまくリフォームして,小さいが居心地の良さそうなお店になっている。看板にはインド・パキスタン料理とあり,厨房とご主人はインド(かパキスタンの方)。サービスの女性が日本の方のようだったがインドネシアあたりの人に良くある長衣と頭覆いを付けていたので,あるいはムスリム色が濃いのかもしれない(そう言えばランチにはポークカレーもビーフカレーもなかったっけ?)。しかし,ソーセージのご主人夫妻はどうしたんだろう,ハッピーリタイアメントなら良いけれど。
その後,春日通りを渡って大喜の前へ行ったら外に数人待ち列。間に合いそうになくてつけそばを食べそびれ,これならナワブでカレー主食2種ずつの大盛りランチを食べておくのだったとほぞを噛む。
中華ちまき風チャーハン(ごはん,牛肉,長ネギ,れんこん,ブロッコリ,グリンピース,玉子),ゆかり和え(サンチュ,セロリ)。

4月12日

昼,同僚とヴァンタンジュへ。このところ三角術でカレーとラーメンを食べ続けていたので久しぶり。850円のランチでポークシチュー(全員ビーフシチューを頼んだら,1人分切れていたのでスイッチ)。渋味が心地よい濃いソースが美味,パンで全部こすって食べてしまいました。前菜もデザートもなしのメニュだったので,時間があったら後で1人で大喜へ回り,昨日食べそびれたつけそばでもと思っていた。が,ほぼ満席でサーブに存外時間が掛かり,結局急いで戻ってちょうど13時だった。
夕刻,地下鉄を乗り継いで高田馬場の夢民へ。実は食べたことがなかった(カレーのページを作っていながら!)。ベーコン野菜エッグを食べる。なるほど学生時代に食べていたら見事に刷り込みされそうな味とボリューム。キャベツ主体のショリショリした野菜に旨い汁が絡む味は,二郎に通じるものがあったりして。
最初は早稲田か面影橋へ抜けて都電で町屋へ回ろう(当然その間もう1,2軒寄ろう)と思っていたが,結局山の手線で西日暮里へ出て大人しく帰宅。どうも夜に関しては,連食が効かないのは眠いのが大きい。花粉症の薬の上に今週は弁当もあるからなぁ。
野菜ベーコンのカレー炒め(ベーコン,玉ねぎ,セロリ,ピーマン),6Pチーズ,だんだんご飯(カツオ入り炒り玉子,のり)

4月13日

昼,所用の後足を伸ばして取手から関東鉄道に乗り,小絹のスリランカレストラン294へ。雛には稀な洒落た重厚なレストラン,天井の高い白い建物で店の前には庭も作られ伊豆あたりにありそう(そう言えば,小絹駅もローカル線の小駅にしては可愛い駅舎で,お手洗いも男女別に広くできている。ひょっとしたらゴルフ場とかリゾート計画でもあったのかもしれない)。
カレーの方も本格的。メインはチキンを頼んだが,鶏は1羽を骨付きブツ切りにしたもので首ヅルや肋骨部分も入り,サラサラのソースには形のままの葉や茎などスパイスがタップリで,パラっとしたご飯に混ぜて手の指でちゃんと食べられたらさらに満喫できるなぁという感じ。マイルドでも結構辛かったが,大根のアラレ切りを炒めて蒸し煮したものと汁気の多いレンズ豆の打ち豆の2種類の野菜ミニカレー(小さいといってもそこそこ量はある)が良い口直し。地下室ではスパイスを販売していたり,月末にはジャズライブも開かれるらしい。いやぁ,不思議なお店があるものである。
新取手駅で一旦降りてまた294号沿いに歩いて,達磨の前を通ったが中休み。電車の本数が少ないため,距離の割りに移動時間が掛かる。いっそ歩きがてら取手駅まで行って天檀の位置も確認。市役所近くでケーキ屋さんの前を通ったらおいしそうだったので,ヌーベルショコラとモンブランとレモンプリンを買って帰った(帰宅後食べたらおいしかった)。
ミニオムレツ(玉子,チーズ),五目きんぴら,ブロッコリ塩茹で(マヨネーズとケチャップ),ご飯

4月14日

昼は買い出し後クルマで長八へ。今日は子供連れが多い。ラーメンと大盛りチャーシューメンにギョーザをお願いして,下の子供に分ける。ちょっと麺がこわめの(ピロっとしない)感じがしたけれど,サクっと食べて満足。

4月15日

昼,きみ吉へ行こうとしたら6号線が大渋滞。おそばつながりで根戸屋に切り替えたら県道も大渋滞。午後町内の用事があるため松葉町へ方向転換したら,成味が4月から日曜定休に変更でアウト。結局,こちらは逆に日曜定休から原則無休になったソレイユへ。近いのにずっと入れなかったが,ひょんなことで初めて食べた。トマトやおしょうゆが隠し味の軽いトロミの洋食(和風)カレーのソース。自家製ハンバーグがもう1枚の看板でカレーのトッピングにもなっているが,野菜やビーフマッシュルームなどソースと具を馴染ませたメニューの方が魅力的かな。
昨日は長八で,東葛へお出ましの皆さんと時間差で入れ違っていたらしい。最近あまり遭遇することがないので残念。でも,配偶者と上の子供は,出くわしたら"いつもフツツカな者が大変お世話に"と丁重にご挨拶を申し上げようなどとつねづね言っている。出くわさなくてホッとしたのも半分。

4月16日

朝,民放のニュースにあけぼの山公園のチューリップが出ていた。ちょうどここしばらくが満開で,昨日も別のプログラムに出ていたらしい。昨日の混雑は,やはりこれだったか。
昼は大喜でもりそば味付け玉子入り。ガンツごっつおいしい。ちょうど奥のカウンタが空いて座れたが,今日はかなりの混雑。日差しのせいかつけそばもりそばも多く,ご主人もテンテコマイでした(そう言えば今年のゴマだれ冷やしはいつ頃出るんだろ? さらに手間で大変だろうけど暑くなってくると食べたいなぁ)。
豚小間トマト焼き(豚小間,トマトケチャップ,粉チーズ),ナムルもどき(ピーマン,玉ねぎ,セロリ,ごま),のりご飯

4月17日

午後所用で半休(こういう調子だとまた年末あたりに有休残が苦しくなる)。本日二郎開店の亀戸へ寄ってみたいところだが,野田線回りでは用事に間に合って柏に戻れるかどうか怪しい。
とりあえず千代田線に乗り,町屋で降りてケバブのお店を探したところ既に閉店。ヒヨコ豆ペーストのサンドもあったらしく非常に残念,やはりあの辺りではあまり食べるひとがいないんでしょかね(クルマで営業するそうなのでそちらに期待)。
柏まで一気に戻り,まず東側の路地奥の青木食堂へ。年季の入った建物が幅のある客層で混んでいて,前から気になっていた。野に遺賢ありなんて期待していたのだが,麺のヤワいのとメンマの甘いのはやっぱり苦手(しかもどちらも380円とは思えないボリューム)。フライ系の定食も500円くらいなので,いずれそっちを試してみましょう。
この際,西側のかしわ亭に行っておく。しょうゆ色の濃いスープに細かく背脂が浮き,万能ネギのミジンと揚げネギを散らしたいでたち。コッテリ系の仕上げも,いかんせん芯の出汁が薄かった。いっそ辛い味噌ならイケルかもしれない。麺はかなり太く固い,モッチリゴッシリだけでなく小麦粉でないようなモロサがあるのが面白い。お店の人はごく若い男女3人だったが,応対はなかなか丁寧で行き届いていた。
なんとなく不完全燃焼気味,とは言えさすがにもう1軒トライはせず。大人しく所用を済ませて買物後帰宅。
牛ゴマ炒め(牛小間,わかめ,ゴマ),繊切り炒め(赤ピーマン,玉ねぎ,キャベツ),ご飯(のり)

4月18日

昼,今日こそラーメンと思っていたが出遅れ。同僚と佐々舎へ行ったら満員,新メニューのとろろご飯が気になる。うちだへ入ってビーフカレーを食べる。今日のは前に食べた時に比べて,何だかトマトとアブラが強いビーフストロガノフみたいな味だった。
夕刻,少し残って作業を片付ける。その後大喜へ。まずはなかなか食べられない夜の黒板メニューから,明太子とネギのあぶらそばをお願いする。アブラとしょうゆのタレでからめた麺の上に,明太子とネギを合わせた具が乗っている。あぶらそばと言ってもそこは大喜,アブラどぼどぼではなくスッキリしたあえそばに近い。上の具がまた良い。明太子のネットリプチプチした辛旨味にみじんネギの甘味とチャリチャリした触感が絡まり,全体をレモンの香味と酸味が締めている。チョビチョビ箸先で拾って嘗めると,アルコール系のおつまみにも絶好。
アッサリ食べ終え,納豆とオクラのあぶらそばをお願いする。こちらは麺の上に納豆と薄切りオクラがまとめて乗せられ,生玉子の黄味が乗っている。見た目の色合いもきれいだが,そこはかまわず全体をかき混ぜる。黄味でアブラ分が中和されてまろやか。納豆の強い旨味の粘りをオクラのスルリと透明な粘りで割った感じ,薄切りオクラはシャリシャリと触感のアクセントにもなっている。さわして和えた麺も,強い味の具材に負けないコシで美味。
いずれ劣らぬ出来上がりに満足,強いて言えば,皿がキーンと冷えているともう一段お値打ちが上がるかも。本当は今年初めてのゴマだれ冷やしも食べたいところながら自粛(お昼もありますよとご主人に言われて安心)。ずっと待ちが2,3人出るか出ないかくらいの盛況だったが,ちょうど魚群の間だったらしく誰にも遭遇しなかった。今週は今日しか時間が取れないのでいたしかたなし。
鮭焼きびたし,チーズサラダ(じゃがいも,にんじん,チーズ),ダブルきゅうり(きゅうり,きゅうり漬),ごはん(のり)

4月19日

昼は久々の八島へ。肉わんたんめん煮玉子入りをいただく。ランチタイムの中のさらに短い時間帯にどっと人がよってしまい,お2人ともかなり大変そうで連携もときおりバタバタギクシャク。来週からGW明けまで中国へ仕入れに向かわれるよし,お店もその間は臨時休業。お元気で行ってらっしゃいを申し上げる。
ツナそぼろ段々弁当(ツナ缶,ミックスベジタブル,ごま,ご飯),酢の物(きゅうり,わかめ)

4月20日

昼は大喜へ,今週は平日1日おきだがゴマダレ冷やしを食べておかないと。今年は中太麺になっている。熱い汁で緩むつけそばと違い,どこまでも冷やしたままなので麺のコシが非常に強い。脇のサラダも千六本くらいに突いた大根が主体。全体に色合いがやや地味になり,シコシコぱしぱしと噛み応え食べ応えが相当出た。ゴマのたれも昨年後半よりもうひとつ調子が強いような感じ。あえて比較すれば,去年の細麺にレタスにさらし玉ねぎを組み合わせた,色合い鮮やかな軽い触感の方が好みかな(どこまでも強いて比べればなんだけど)。わんたんめんも食べたかったが自粛,来週のお楽しみ。
かやく混ぜご飯(油揚げ,鶏むね肉,にんじん,ゴマ),サラダ(きゅうり,黄色ピーマン)

4月21日

用事ついでに知り合いと昼ご飯をご一緒する予定が,配偶者が自分の歯医者の予約を入れてしもうた。学校がらみで前から決まっていたのに(だからこの日はオフも申し込んでいないのに)。子守留守番自宅飯確定でブーイング。で,チーズ玉子入りトマトソースのパスタを作って下の子供と食べる。ちなみに皆さんは富徳でランチバイキングを食べたそうな。
3色ハムサンド(ロースハム,ボローニャ,パストラミ),ゆでたまご,きゅうりサラダ

4月22日

昨日と変わった好天にクルマでお台場へ。台場小香港を冷やかすも,新記にも光麺にも楊州商人にもよってこやにも入らず。お昼は隣のアクアシティにあるシズラーへ。これだけアメリカンなのも久しぶりで懐かしいというか面白かったが,鶏の2色グリルを頼んだら本当に皮なしの胸肉2枚分あったのでビックリ。その辺はちょっとジャパナイズしてくれても可。
最初はどのフロアの店も何だか空いていて,大丈夫なのかしらんと思わせるところがあった。が,食べ終えて出る頃にはかなり賑わってきてホっとした。どうやら,アクアシティ/デックス側とヴィーナスフォート/メガウェブ側を渡り歩いて,ゆっくり食事に掛かる人が多いらしい。普段行列嫌いなのが混雑で喜ぶのも変だが,一種遊園地と同じであまり閑散としていても手持ち無沙汰で寒々しいものである。
2色おむすび(ゆかりのり,おかかのり)。青菜入り玉子焼き。きゅうりとトマトのサラダ。日曜日だが部活で登校お弁当。

4月23日

昼,ふと思い付いて逆方向の銀座線で浅草へ。駅の数で思っていたよりずっと近い。夢やでマトンカレーを食べる,スパイスライスとサラサラのソースがなつかしい。その後,歩いていたらよろゐ屋があったので入る。前回はパーティー後であまり味が分からなかったので,ざるらーめんを再食。とは言えカレーの後2軒目だとやっぱり良く分からない。戻ったら13時をちょい回ってしまったが,1軒なら楽勝だね。
2色おむすび(ゆかりのり,しょうゆ豆のり),オムレツ(玉子,玉ねぎ,チーズ,ほうれんそう,トマト),きゅうり即席漬け
ハムチャウダー(ハム,玉ねぎ,にんじん,コーン,牛乳,チーズ),マカロニサラダ(マカロニ,ノンオイルツナ缶,きゅうり,サンチュ),ご飯

4月24日

昼は昨日の続きでカレードライブが掛かる。カーマへ行きたいなぁと思ってショートカットして走っていたら,風夢堂の前へ出た。タイ風カレーがメニューに増えていたので入る。かなり甘い(と言うよりほとんど辛くない)が,ココナツの甘味でコクもあり存外サクサク食べられる。卓上の青唐辛子をしこたま入れたら,おいしかったがやっぱり効いた。
2色おむすび(ゆかりのり,わさびふりかけ),豚肉野菜炒め(豚小間,玉ねぎ,にんじん,コーン),サラダ(きゅうり,いんげん,サニーレタス)

4月25日

今日辺りは大喜かなと思っていたら,知り合いから秋葉原に来ているので昼でも一緒にと電話。で先方のリクエストで天茂で天丼を食べた。ものすごく久々かもしれない。
ソース焼きスパ(豚小間,玉ねぎ,キャベツ,赤ピーマン,スパゲティ),目玉焼き,きゅうり塩もみ

4月26日

1日ずれて今日は大喜でわんたんめん。完食。今年の新メニューの中で一番個人的には好きかもしれない。
チャーハン(ハム,玉子,玉ねぎ,赤ピーマン,ご飯),おひたし(ほうれん草,きゅうり)

4月27日

午前11時頃,午後は柏に戻らなければならないことが発覚。完全なチョンボなのだが,こういうのはきつい。引き返して用事を済ませ,14時前にようやく昼食。前からきになっていた鮨道楽でランチ,おそるべく盛りが良い。ネタも鮨1個あたり100円(1000円のランチで握り9個プラス巻き物1個)と考えると,なかなか良いレベルであった。
カレー丼(豚小間,玉ねぎ,キャベツ,にんじん,赤ピーマン,粉チーズ),きゅうりゆかり漬け。

4月28日

緊急みたけオフへ。4軒プラスアルファで,フラレなしハズレなし。企画のKさん,ドライブしていただいたSさん,迎撃BさんAさん,Pさんとお母様,ありがとうございました。GW中ラーメンに注力できるのは多分今日だけになるだろうけれど,良かった。

4月29日

恒例のバザーの日,配偶者と上の子供は朝から手伝い人足。昼前乳母車に下の子供を乗せて会場へ冷やかしに行く。お店のチェックを兼ねて柏駅のそごう側奥を縫って行ったら,ほんの半年1年で随分入れ替わっていた。会場に着き,知り合いに挨拶。親の経年変化は予測の範囲内だが,子供はこれまた半年の間に爆発的に大きくなっている。まして前回前々回会わなかった子など見分けが付かない。
昼は軽食を食べようか,何か買って帰ろうか,どこかお店に寄ろうかと楽しく悩んでいたら,下の子供は走り回りつかれて寝てしまった。仕方ないので家に帰り,リクエストに応じて(珍しく"らーめん"でなく"うどん"と言った)温泉玉子入りうどんを作って食べた。

4月30日

本当は休日出勤の予定だったのだが,他のパーツの進みを見て今日は在宅。
昼は富徳のバイキングへ。まずくはないのだが,富徳ってその辺じゅうに顔写真を貼るほどではない。ピークを逃したため,急速に補充がなくなり品数が減ったのはかなり不満が残る。うーん,ストライクスバックされたかも。これなら,千代田でわんたんめんと味噌ラーメン食べて,ミニチャーシュー丼も付けられたよなぁとついおもってしまった。
Wowowでスターウォーズをまとめて放映。ウェッジとビッグズを延々と見てしまった。でも,やっぱり連休後半5月に放映してくれるのが正しいよね,MAY the Force with youって。


月別リストへ

東京ひがしがわラーメンへ

東京まんなかランチへ