東京どこでもカレー
(新宿区)


夢民

新宿区大久保3-13-1
日曜祝日休み。月〜金11:30〜14:30/17:30〜20:00,土曜11:30〜14:30/17:30〜19:30

戸山公園のそば,早稲田大学理工学部の近くです。最寄り駅はJR山の手線,西武新宿線,東京メトロ東西線の高田馬場(東西線で早稲田寄りから出るのが一番近い)。早稲田通りを早稲田方面に進み,明治通りにぶつかったら右折で通り沿いに進み,諏訪町交差点で右折して1つ目の路地先左側。雑居ビルの1Fの真ん中辺りです。早稲田通りはいつでも歩道が込んでいるため,明治通りに並行する手前の通りに入り,左折で逆向きに戸山公園脇の通りに出る方が楽。


何風とも言えない具沢山の独自のカレー。やっぱり学生時代に食べたら刷り込みができるかもしれない。

ソースは軽いトロミで明るい茶色,ソース単体だと結構辛味とスパイスの効いたインド風。マイルドが基本で,数字で1段階ずつ辛くなる。1ホット(ちょっと辛口),2ホット(中辛),3ホット(中辛),4ホット(極辛),5ホット(極辛)以降ベクトルを伸ばせるらしい。辛くない側はミルク入りのソフトマイルドのみ。
しかし,とにかく具,それも野菜が多い。ソースに具が入っていると言うより,野菜炒めをソースで絡めた炒め煮に近い(このため辛さを増しても意外に楽にイケます)。トマトとチキン,野菜(キャベツ主体)とベーコン,ほうれん草と玉子など,野菜と蛋白源の組み合わせが基本形。基本の組み合わせに1種だけ具をオプションで足すこともできます。玉子が入ると,水気の多い玉子とじ状で見た目はグチャっとしますが,玉子の旨味とシットリした触感が加わってグッド。
注文するとその場で野菜と肉類を炒め,小鍋にソースを注いで1皿ずつ仕上げ。一応ココットのようなソース入れに入っていますが,入り切らない分はお皿のご飯の上に乗って出てきます(逆に乗せ切らない分を容器に入れているのかもしれない,この辺は謎)。白いご飯にカレー汁のまぶったところに具を重ねて,スプーンでわっさわっさ山盛りに掬って食べると,ショリショリと火を通した野菜の甘味魚肉玉子の旨味が,スパイスの香味と辛さと一緒にツルリ滑らかなご飯に沁みてウマイ。一種,丼ものをかっ込むのに似た充足感のある旨さ。

店内は細長く,左側の調理スペースに沿ってカウンタが入口から奥へと伸びています。入ってすぐ手前にコートと鞄掛け,カウンタの後ろ(入って右側)がウェイト用のスペースでイスも置いてあります。

ポパイ(ほうれん草,トマト,卵)730円。グリーン(ほうれん草,ブロッコリ,オクラ,トマト)790円。ベーコンエッグ野菜770円。チキン野菜700円。チキントマト700円。エビトマト700円。他にもポークやビーフなど多数。ソフトマイルド20円増し。2ホット3ホット20円増し。4ホット5ホット30円増し。6ホット40円増し。以降1段階につき10円ずつ増し。

(2000)


新宿区リストへ戻る