東京どこでもカレー
(三鷹市)


クラウン

三鷹市下連雀3-34-3
休みなし。営業時間が短いようです(ランチタイムには開いています)。

三鷹駅の南口,駅前商店通りの進行方向右側。ビルの2階で脇の小さな専用外階段を上ってお店に入りますが,田舎カレーと書かれた巨大な黄色い看板幕が下がっているのでかなり遠目からでも分かります。


カレー屋さんではなく昔懐かしい駅前喫茶ですが,田舎風カレーが名物でかなりの割合のお客さんが頼んでいます。

ソースは明るい赤茶色に軽いトロミ。辛さほどほどにジンワリ甘酸っぱさがあって懐かしい味。ピッカリ炊けた固からず柔らかからずの白いご飯と良く合います。
具はそこそこ厚みのある(生姜焼きと一口カツの間くらい)一口大のお肉に大振りのにんじんじゃがいも,特にじゃがいもは煮解けずホックリと味が染みて良い感じ。入り口ウィンドウのワックス模型程ではありませんが,かなり具が大きく入っているところが田舎風の所以なのかも。
薬味はテーブル上に茶色っぽい福神漬のガラスポット。どのテーブルにも常備されていると言うのがそもそもカレーの人気を物語る。

店内は縦に長く,階段を上った入り口がちょうど中央辺りの厨房とレジの手前になります。これまた懐かしい感じのビニールレザーのソファを含め,2人掛けと4人掛けを合わせて20〜30席。厨房の中にはコーヒーを入れたり(本来喫茶だから)カレーの鍋をかき回したりしている初老の男性,サービスは中年輩くらいの女性が2人厨房と出入りしながらこなしています。

カレーライス600円。飲み物とのセット800円。もちろん喫茶メニューも各種あり。

(2005)


三鷹市リストへ戻る