ギルバート・キース・チェスタトン推理作品リスト


チェスタトンの推理(色が濃い)作品のリストです。著作権の加減かチェスタトンは電子テキスト化されている作品が多く,ここに載っているものはほぼ全部ウェブから原作テキストを引っ張ってくることができます。と言うことで一応ほとんど読んでいます(でも明治くらいの人。それでなくても内容が逆説に満ちているのに,文章も単語といい語法といい難しい)。邦訳はやはり福田恆存訳が印象深く,ほとんど創元版です(各短編の訳題も創元版によります)。


ブラウン神父もの

The Innocence of Father Brown 1911

ブラウン神父の童心:創元推理文庫,福田恆存/中村保夫訳
ブラウン神父の無知: 1955 ハヤカワポケットミステリ201 村崎敏郎訳
The Blue Cross 青い十字架
The Secret Garden 秘密の庭
The Queer Feet 奇妙な足音
The Flying Stars 飛ぶ星
The Invisible Man 見えない男
The Honour of Israel Gow イズレイル・ガウの誉れ
The Wrong Shape 狂った形
The Sins of Prince Saradine サラディン公の罪
The Hammer of God 神の鉄槌
The Eye of Apollo アポロの目
The Sign of the Broken Sword 折れた剣
The Three Tools of Death 三つの兇器

The Wisdom of Father Brown 1914

ブラウン神父の知恵:創元推理文庫,福田恆存/中村保夫訳
ブラウン神父の知恵: 1955 ハヤカワポケットミステリ202 村崎敏郎訳
The Absence of Mr. Glass グラス氏の失踪
The Paradise of Thieves 泥棒天国
The Duel of Dr. Hirsch ヒルシュ博士の決闘
The Man in the Passage 通路の人影
The Mistake of the Machine 器械のあやまち
The Head of Caesar シーザーの頭
The Purple Wig 紫の鬘
The Perishing of the Pendragons ペンドラゴン一族の滅亡
The God of Gongs 銅鑼の神
The Salad of Colonel Cray クレイ大佐のサラダ
The Strange Crime of John Boulnois ジョン-ブルノワの珍犯罪
The Fairy Tale of Father Brown ブラウン神父のお伽噺

The Incredulity of Father Brown 1926

ブラウン神父の不信:創元推理文庫,福田恆存/中村保夫訳
ブラウン神父の懐疑: 1956 ハヤカワポケットミステリ203 村崎敏郎訳
The Resurrection of Father Brown ブラウン神父の復活
The Arrow of Heaven 天の矢
The Oracle of the Dog 犬のお告げ
The Miracle of Moon Crescent ムーン・クレサントの奇跡
The Curse of the Golden Cross 金十字架の呪い
The Dagger With Wings 翼ある剣
The Doom of the Darnaways ダーナウェイ家の呪い
The Ghost of Gideon Wise ギデオン・ワイズの亡霊

The Secret of Father Brown 1927

ブラウン神父の秘密:創元推理文庫,福田恆存/中村保夫訳
ブラウン神父の秘密: 1957 ハヤカワポケットミステリ204 村崎敏郎訳
The Secret of Father Brown ブラウン神父の秘密
The Mirror of the Magistrate 大法律家の鏡
The Man with Two Beards 顎髭の二つある男
The Song of the Flying Fish 飛び魚の歌
The Actor and the Alibi 俳優とアリバイ
The Vanishing of Vaudrey ヴォードリーの失踪
The Worst Crime in the World 世の中で一番重い罪
The Red Moon of Meru メルーの赤い月
The Chief Mourner of Marne マーン城の喪主
The Secret of Flambeau フランボウの秘密

The Scandal of Father Brown 1935

ブラウン神父の醜聞:創元推理文庫,福田恆存/中村保夫訳
ブラウン神父の醜聞: 1957 ハヤカワポケットミステリ205 村崎敏郎訳
The Scandal of Father Brown ブラウン神父の醜聞
The Quick One 手早いやつ
The Blast of the Book 古書の呪い
The Green Man 緑の人
The Persuit of Mr Blue ≪ブルー≫氏の追跡
The Crime of the Communist 共産主義者の犯罪
The Point of a Pin ピンの意味
The Insoluble Problem とけない問題
The Vampire of the Village 村の吸血鬼

その他の短編集

The Club of Queer Trades 1905

奇商クラブ:創元推理文庫,福田恆存訳
The Tremendous Adventures of Major Brown ブラウン少佐の大冒険
The Painful Fall of a Great Reputation 痛ましき名声の失墜
The Awful Reason of the Vicar's Visit 牧師はなぜ訪問したか
The Singular Speculation of the House-Agent 家屋周旋業者の珍種目
The Noticeable Conduct of Professor Chadd チャッド教授の奇行
The Eccentric Seclusion of the Old Lady 老婦人軟禁事件

Manalive 1912

The Enigmas of Innocent Smith
How the Great Wind Came to Beacon House
The Luggage of an Optimist
The Banner of Beacon
The Garden of the God
The Allegorical Practical Joker
The Explanations of Innocent Smith
The Eye of Death; or, the Murder Charge
The Two Curates; or, the Burglary Charge
The Round Road; or, the Desertion Charge
The Wild Weddings; or, the Polygamy Charge
How the Great Wind went from Beacon House

The Man Who Knew Too Much 1922

The Man Who Knew Too Much:
The Face in the Target
The Vanishing Prince
The Soul of the Schoolboy
The Bottomless Well
The Fad of the Fisherman
The Hole in the Wall
The Temple of Silence (The Fool on the Family)
The Vengeance of the Statue
The Trees of Pride 驕りの樹:創元推理文庫("奇商クラブ"収録)。大正末年に既に小酒井不木訳"孔雀の樹"として新青年誌上で紹介されているそうです。
The Tower of treason 背信の塔:創元推理文庫("奇商クラブ"収録)
The Garden of Smoke これも早くから訳題"煙の園"として紹介されているらしいですが詳細は分かりません。
The Five of Swords
1922年版では,The Trees of Pridからの独立中編4作を合わせ含む作品集だったようですが,現在ウェブ上の電子テキストで"The Man Who Knew Too Much"として掲載されているのは,ホーン・フィッシャー Horne Fisherとハロルド・マーチ Harold Marchをメインに据えた短編9編。金髪細身で天才肌の探偵役とガッチリ型で実務肌の語り手の組み合わせは,後の"詩人と狂人たち"でも繰り返されるパターンですが,(独立の短編群も含め)全体に暗く悲壮で張り詰めた雰囲気が漂っているのが気に掛かる。

Tales of the Long Bow 1925

The Unpresentable Appearance of Colonel Crane
The Improbable Success of Mr. Owen Hood
The Unobtrusive Traffic of Captain Pierce
The Elusive Companion of Parson White
The Exclusive Luxury of Enoch Oates
The Unthinkable Theory of Professor Green
The Unprecedented Architecture of Commander Blair
The Ultimate Ultimatum of the League of the Long Bow

The Poet and the Lunatics 1929

詩人と狂人たち:創元推理文庫,福田恆存訳
The Fantastic Friends おかしな二人連れ
The Yellow Bird 黄色い鳥
The Shadow of the Shark 鱶の影
The Crime of Gabriel Gale ガブリエル・ゲイルの犯罪
The Finger of Stone 石の指
The House of the Peacock 孔雀の家
The Purple Jewel 紫の宝石
The Asylum of Adventure 危険な収容所

Four Faultless Felons 1930

四人の申し分なき重罪人:国書刊行会,西崎憲訳

The Moderate Murderer 穏和な殺人者
The Honest Quack 頼もしい藪医者
The Ecstatic Thief 不注意な泥棒
The Loyal Traitor 忠義な反逆者

The Paradoxes of Mr.Pond 1937

ポンド氏の逆説:創元推理文庫,福田恆存訳
The Three Horsemen of Apocalypse 三人の騎士
The Crime of Captain Gahagan ガーガン大尉の犯罪
When Doctors Agree 博士の意見が一致すると...
Pond the Pntaloon 道化師ポンド
The Unmentionable Men 名ざせない名前
Ring of Lovers 愛の指輪
The Terrible Troubador 恐るべきロメオ
A Tall Story 目立たないのっぽ

Thirteen Dectectives 1987 Dodd, Mead, & Company

ドニントン事件:集英社 1987
The White Pillars Murder 1925 (Adrian Hydeもの)
The Tremendous Adventure of Major Brown 1903 ("奇商クラブ"の"ブラウン少佐の大冒険")
The Singular Speculation of the House Agent 1904 ("奇商クラブ"の"家屋周旋業者の珍種目")
The Garden of Smoke, 1919 ("The Man Who Knew Too Much"の"煙の園")
The Hole in the Wall 1921 ("The Man Who Knew Too Much"のHorne Fisherもの)
The Bottomless Well 1921 (The Man Who Knew Too Much"のHorne Fisherもの)
The Three Horsemen of the Apolcalypse 1935 ("ポンド氏の逆説"の"三人の騎士")
When Doctors Agree 1935 ("ポンド氏の逆説"の"博士の意見が一致すると...")
The Shadow of the Shark 1921 ("詩人と狂人たち"の"鱶の影")
The Finger of Stone 1921 ("詩人と狂人たち"の"石の指")
The Donnington Affair (Part 1) ドニントン事件(ブラウン神父もの) 1914
The Donnington Affair (Conclusion) ドニントン事件 1914
チェスタトンの作り出した探偵たちのそれぞれ1,2作を集めた作品集。邦訳は"ブラウン神父最後の事件"とサブタイトルが付いていますが,全くそういうものではないようです。そもそも,ブラウン神父の芸風からして,最初の事件はあっても最後の事件なんて劇的展開はなさそう。

長編・準長編

The Napoleon of Notting Hill 1904

新ナポレオン奇譚:

The Man Who Was Thursday 1908

木曜の男:創元推理文庫,吉田健一訳
木曜日の男:ハヤカワポケットミステリ


ギルバート・キース・チェスタートン作者紹介へ

インデックスへ