柏のおいしいもの(ケーキ,甘味,パン類)


青木商店

(2004年2月(?)に閉店の貼り紙がありました,72年間営業してこられたそうです。跡地はラーメン屋になっています)

柏市柏1-6-15
休み不明

東口駅前通りからマクドナルドの角で右に入り,細い道なりに進んだ先の斜めの角右手。


日除けには甘味とラーメンとありますが,フライ物の定食からカレー,丼など幅広いメニューがとても安価に食べられる食堂です。いずれも懐かしい味わいで,ボリュームもたっぷり。また,ご飯は毎日直精米しているそうで(タイミングが良いと精米で出た糠を貰える),白くピッカリ炊けておいしい。
店内は,片隅におむすびや甘味のガラスケース。デコラのテーブルとビニール張りの椅子がコンクリの土間に並び,時間帯によって10〜20代の若い衆と60代中心のご老人が棲み分けて賑わいます。

ラーメン,定食(コロッケ1個,コロッケ2個,ハムエッグなど),カレー(コロッケ乗せ,玉子乗せなどもあり),丼(カツ丼,玉子丼など)とメニュー豊富。お赤飯のお結びなどを店内で食べることもできます。価格は400円代が主力。

(2002)


お店のリストへ戻る

ジャストベイク アミー(ファミリ柏店)

柏市柏1-1-11ファミリー柏1F
西口丸井(VAT)ビルの1Fです。

休みは不明,VATビルの休日にリンクしているようなのですが。


駅前にある自家製造パン屋さん。ライ麦粉でなく黒い糖蜜で色付けした黒パンとか,餡コとクリーム状のマーガリンが入ったアラスカとか懐かしの品も。甘味系はクリームパン3色パンなどオーソドックス,シッカリ目の生地にタップリの中身。アンパンクリームパンの定番には5つまとめた袋入りも。
塩味の調理パンは,サラダ,ナポリタン,ソース焼き蕎麦などこれまた定番の中に,塩味焼き蕎麦や鱈子スパも。いずれも自家製ロールパンにミッシリ挟んであります。新しい所でクリームチーズや明太子マヨネーズをサンドしたチャパタも,中身がはみ出し加減に挟んであります。箱型の食パンタイプも,プレーンからレーズン入りといろいろ。

店内は小さなやや横長ガラス貼りの周囲に棚がグルリと並び,入って右側がレジ。その前でお盆を取っていろいろ選べる様になっており,一応手前が焼き込みの菓子パンと食パン,奥が具を挟んだ調理パンとロール類に大別されています。レジ後ろの戸口でパンを焼くオーブンのある作業場。

菓子パンは100円台,調理パンは150〜200円位。

(2008/3)


お店のリストへ戻る

ジャストベイク アミー(東町店)

(柏銀座通りのお店は2005年3月31日で閉店されました。VATのお店は営業しています。)

柏市東1-1-10
日曜休み。

柏銀座通りの割りと奥の方になります。柏神社の横(駅から行って手前側)を入って通り沿いに進み,横断歩道のある交叉横道を渡った先右側。


割合昔からあるおいしい自家製造パン屋さん。懐かしい定番パン類に加えて,隠れたお勧めが生クリームをロールしたカステラ。フンワリした明るい黄色のスポンジに甘さ控え目でサラっとした口当たりのクリームの柔らかさが好ましく,周りにまぶしてあるグラニュー糖もクドくなくアクセントになっています。

店内は横長ガラス貼りの周囲に棚がグルリと並び,入ってすぐ手前がレジ。レジ後ろの戸口でパンを焼くオーブンのある作業場とつながっていて,パンを持ってレジに近付くと奥からオバさんが出てきます。

調理パン,菓子パンとも小型のものは100円〜150円が主流。

(2005)


お店のリストへ戻る

エクレール

柏市千代田2-2(?)
日曜祝日休み。

柏3小のそば。駅からは,東口(そごう側)に出て柏神社の交差点を渡って右折,コンピュータ屋さんC-YOUと千葉銀行の間の道(東パル商店街)を入る。不動産屋さん三京商事の角で右折。後はずっと道なりに進んだ3小商店街の中,進行方向左側。焼き立てパンのノボリが見えます。
2002年12月にお店が移転しました。以前のお店からさらに3小側へ2ブロックくらい,KBスクーターの交差点を渡って1ブロックくらいの左側です。


新しいお店でも多くの種類の自家製菓子パン,調理パンを売っています。種類も多いですが,午後には売り切れるものもチョコチョコ。
食パンは天然酵母のものも(人気らしく,レジ後ろに予約取り置き分がたいてい並んでいます)。菓子パン類はソフトながら甘過ぎずしっかりした生地で,中身がタップリ。サラダ類がトッピングされたものなど,通常とは逆でパっと見える部分よりもパン生地に包み込まれた部分がずっと沢山入っています(浮かぶ氷山の下部のごとし)。フランスパンはややプックリ(バゲットが普通のバタールよりちょっと細いくらい),中身部分のヒキが気持ちモチっとしているかなと思いますが,クラストはサックリ軽さのある良い感じ。
アンパンクリームパンなど,通常のパン生地を使ったオーソドックスなものは一通り揃っています。その中でアベックコルネは,普通の7割くらいの小さなコルネを2つ脇でつなげて焼いてあり,カスタードのプレーンとチョコレートの2色のクリームが楽しめる。更に変わり種はビスコイデポーピリア(名前だけではほとんど正体不明)。ブラジルパンの黒ゴマ入りスティックで,独特の澱粉が入った生地はカリっと焼けた表面とモッチリムッチリした中身の対比が楽しい。

店内は入って右側にレジがあり,後は壁沿いにグルリとパンの棚が並んでいます。戸口ごしに,奥のパンを焼く厨房スペースがチラリと見えます。

クリームパンやコロネなど小型のパンは100円台前半まで。大型の食パンなどで200〜300円くらい。

(2007/11)


お店のリストへ戻る

エピドール

柏市増尾台4-1-4
火曜休み。9:00〜売り切れ(18:00頃),どんどん売り切れの品が出るので,いろいろ見て選ぶなら午前中に。

最寄り駅は東武野田線増尾,ただし1km以上あり。駅の東口を出て。東急ストアと銀行の間を入り2つ目の角を左折(駅前は道に太い細いがあり,太い方の道なりに軽くカーブを描いてから左に入る感じ)。後は道沿いにずっと直進して通りの左側(駅前が加賀3丁目,増尾台1丁目を通り抜け増尾台3丁目から4丁目に入って200mくらい),増尾台の商店街の中。


レンガ窯で焼くヨーロッパ風田舎パンのお店。ドアを入ると,店内にはパンの香ばしい香り,ほのかな粉と生地の匂いがします。

黒っぽく雑粉が混ぜてある細長い丸型パンは,食べてもやっぱり良い香り。外側はシッカリしていながら,千切ったり噛み切ったりすると生地の目に沿ってうまく裂けます。中は肌目細かでフックリ柔らか。白い小麦粉のパンは,生地がよりなめらかですが,香ばしさは同じよう。
焼きカレーパンは,表面に振られたパン粉ソボロが中味の柔らかさ(結構辛い,揚げパンと違いアブラでカバーされないのでより辛く感じます)と好対照。クロワッサンは,サックリした層にたっぷりフレッシュバターの風味。人気の食パンを始めとしたプレーンなパンから,菓子パン,調理パンと種類がありますが,どんどん売り切れてしまうようです。いろいろ選びたいなら早目に行く方が良いでしょう。

ペストリーやカレーパンなど小型のパンは,1個100円代(大方130〜180円くらいの間)。食パンや大型のフランスパンは300円代でした(320円と380円のものが多かった気がします)。

(2003)


お店のリストへ戻る

エンゼル

柏市南柏1-9-3
日曜休み。10:00〜20:00

JR南柏駅の西口に出て,駅前の通り沿いにある下駄履き風商店街の中頃にあります。


少量ずつ多回焼成というのか,次々に新しくパンが焼き上がっては並べられます。特に人気のある絹食パンは,日に5回も焼き上がるスケジュール。成る程滑らかで細かい肌目で甘過ぎず美味。
他にも香ばしいクラストとモチャつきのない軽い中身が魅力のフランスパンなど,パン生地を活かしたシンプルな食事パンがなかなかの実力。カレーパンなどの調理パン菓子パン類も多種多様。

欲しかったパンがないと次回有効の欠品割り引きカードをくれたり,買い物袋持参で食事パンを買うとやっぱり次回有効の割り引きカードをくれたり,面白いサービスがあります。

店内は壁3方と中央の島にトレイが置いてあり,入って右奥のレジの向こうにあるパン焼き場からどんどん出来上がりが持ってこられます。

小型のパンは100円代前半から中頃,日替りサービスで1,2種安くなっています。大型パンは200〜300円。

(2008/2)


お店のリストへ戻る

オペラドパリ

柏市つくしが丘4-2-3
月曜定休,9:00〜20:00

東武野田線新柏駅が最寄り。つくしが丘方面出口から出て線路を背に線路と直角方向に進み,太目の道路に突き当たる。この道路沿い,道路上に三角州状の小さな緑地がある底辺のあたりです。駅のホームからお店のあるビル屋上の看板が見えますが,店名は"オペラ座"になっている(紹介もこの2つの名前が混在してます)。
ビルの1Fで大きなガラスをお店スペースの長辺いっぱいにはめこんだ明るい室内。入り口に余り派手な店名表示がないので,ちょっと分かり難い。


ショーケースに並べられたケーキは1つずつフルーツやチョコレートの色も鮮やか。純白に輝く生クリームの絞り出しは本当にキレイです。全体に,しっかり焼き上げた生地に洋酒やエッセンスを効かせ,重厚感のある大人向けのケーキ。

入って左側ショーケースの奥がキッチンで,3,4人の職人さんがケーキを作っています。右手奥は喫茶スペース。ときどきバイキングをやることがありものすごい混雑になります,喫茶だけでなく販売部も滞りがち。

ピースケーキは1つ300円内外。ホールケーキは2000〜4000円。デコレーションのない焼き菓子もあり,箱に詰め合わせできます。

(2003)


お店のリストへ戻る

CALLA

柏市根戸411-5
木曜休み

あまり目印のない所ですが,富勢中学校の南のブロックになります。国道6号の北柏入口で高架下道を入り,角を左折してアサヒビール工場前を通りヤナセの角を右折,伊藤ハム前を通って2本目の露地を右,北柏テニスクラブや高野台保育所のある向かい側。濃い黄色の外壁に出窓の家,小さな吊り看板が出ています。


住宅地の中のおうちを改造したようなお店,メニューも手作り感覚。

日替りランチは,大き目の丸皿にメインとサラダの盛り合わせ。1回り小さい皿のライス,カップのおみおつけ。食後の飲み物は温冷のコーヒー紅茶ジュースから選べる,アイスティもその場で氷に注いで冷やしてくれます。いただいた日のメインはコロッケ2種,オーソドックスな肉ジャガと明太子入り(茹で玉子が入ってタラモとかピロシキの中身みたいで美味)。いずれも揚げ立ての薄くサクっとした衣に柔らかな中身。
オムライスは,小振りの深さのある皿に丸っこくコンモリと盛られたもの。玉子はやや半熟タイプ。

店内は,小じんまり。左手にカウンタがあり,その前にスツール3,4席。4人掛けともう少し大きなテーブルで10人強位。

日替り900 和風ハンバーグ1000オムライス900トマト明太子スパ900飲み物は400〜500円位。

(2004)


お店のリストへ戻る

洋菓子の店 グルメ

柏市旭町1-14-11
火曜定休,9:00〜21:00

柏駅西口(高島屋側)。駅前から線路沿いに松戸方向へ進み,谷会館の先の角で右折して国道6号線東葛飾高前へ抜ける途中の右側。商店街の中あたりにあります。
小じんまりした,一見ごく普通の駅前の洋菓子屋さん。ふっくらした感じの書体でGourmetと書かれた小さな吊り看板が見えます。


全体にかわいらしい感じのケーキ(小さいという意味ではないです)。甘すぎず柔らかくふっくらした感じのスポンジ生地とアッサリしながら艶々ピンとホイップされたクリームで,一部の洋酒の効いたものを除けば子供から皆で食べられます。

ピースケーキは200円内外。ホールケーキや注文のケーキ,焼き菓子もあります。

北柏店もあります(柏市松葉町2-1-6,ホテルオークス前)。無休で9:30〜20:00です。喫茶用のテーブルが店内にあり,お店の裏には駐車場もあります。

(2008/1)


お店のリストへ戻る

cafe cocoon

柏市柏1305-36
月曜祝日休み。12:00〜18:00

国道16号線沿い,柏から沼南八千代方向に進行方向左側。戸張交差点を過ぎた先,道路から高くなった敷地の1軒家に小さな看板が出ています。見た所普通のお宅ですが,セメントの外階段を上った玄関前は玉砂利を敷いて綺麗にあつらえてあります。


国道のすぐ脇,こんなところにこんな空間がと思う室内でこころづくしの和食とコーヒーケーキをいただけます。ひといろ変わった1軒家カフェ。
五穀御膳セットは,蓋付きの背の高い塗り椀に入った五穀ご飯とおみおつけに野菜中心のおかずがタップリ。木目塗りの松花堂に4種,更に別に小鉢で2種付きます。いただいたときは,小鉢が魚の炊き合わせと煮豚の野菜添え。松花堂が,高野豆腐炊き合わせ,山芋酢の物,木耳と茸炒め煮,きゅうりの極浅漬け。材料は特別珍しいものではないですが,炊き合わせは具材によって加減を変え別に煮含め,山芋も甘酢で色ドメと下味,浅漬けには細切り昆布でツナギと旨味等々,どれも手の込んだ逸品。食後のコーヒーも1人前ずつ小さなサイフォンで入れたもの,和食の相手だからかアッサリと軽い風味。

店内も和風,玄関で靴を脱いで入ると畳に座椅子。メインの客席になっている元の応接間(?)は,立派な床の間に違い棚格子欄間と木目も見事な凝った造作。それぞれに茶器や背丈くらいある生け花が配されて見事。欄間の上がカーブした高い天井に,道路に面した大きなガラス窓から差し込む日光が映えます。階段下の手押しポンプがある土間をガラスで囲った中庭にしたりお手洗いは今風に明るく使いやすくしたり,元の建物とお店にするため手を加えた部分のバランスも良い感じ。メインの部屋が4人掛け3卓,2人掛け1卓。手前のやや小さい部屋が4人掛け1卓,2人掛け2卓。グループの場合,人数によって卓を移動して合せてもらえます。
玄関横の,これも手を入れたのか明るくてきれいな厨房には中年配からやや上の女性主人。1人で全てこなしておられるので,グループが続くと少し待ち時間が掛かる事があるかもしれません。

珈琲400円。紅茶400円。ケーキ380円。ケーキセット700円。五穀御膳セット880円。

(2004)


お店のリストへ戻る

石窯パン工房 コルンフェルト

柏市藤心3-2-3
月曜休み(店内に今月の休みの掲示があります)。7:00〜18:00

東武野田線逆井駅の北口,駅前商店街の中。駅から行って道の右側,レンガ模様の外装で店名の看板はごく控え目。


店名にもある石窯は南ドイツのものだそうですが,パンは少量多品種の展開になっています。
白い小麦粉以外を使ったシッカリした生地のドイツっぽいパン,クロワッサンやバゲット,ピザ(店名が着いた極薄焼きピザは生地とチーズの香ばしさそのもの)やコルネ状の生地にチーズのフィリングを詰めたお菓子などイタリア風,餡パンやクリームパン(ビーンズで付けたバニラの香が1味違う)や食パンなどお馴染みのパン,更に月代わりの天然酵母パンまで。

店内は入って右手奥にレジ,左手奥に窯,その奥には店舗スペースに比して広い厨房。40代かな50代に入っているのかな位の年配のご主人を始め,コック服を着た男性スタッフ2,3人が窯にパンの並んだ鉄板を出し入れしています(店内にあった業界専門紙のインタビューによれば,ご主人は都内西郊に多く出展しているチェーンで管理職に上られた技術畑の方,会社を退いた後小さなお店で自分の好きなパンを存分に焼いてみたいと,コルンフェルトを始められたそうです)。

小型のパンや焼き菓子は100円手前から100円台。大型のパンでも300円台くらい。

(2003)


お店のリストへ戻る

サパン

柏市豊住2-3-26
日曜祝日休み。9:00〜19:00

ちょっと目印が難しいところでお店の構えも至って地味なのですが,新柏駅の西側,白山神社のバス停からちょっと入ったあたりになります。


天然酵母の食パンから,甘い菓子パン塩味の調理パン,自家製サンドイッチ,更に1ピースから切り売りしてくれるケーキ(シフォンケーキみたいな感じ)まで品揃えが豊富。クリームパンは,柔らかなパン生地に甘さバニラ風味控え目でカスタードが効いたクリームがたっぷり。全体にちょっとシットリ目の生地です。

奥にパンを焼く厨房がある店内はそんなに広くないのですが,3方の棚にはトレーに乗ったパンがずらり。サンドイッチは別のケースに並び,正面レジ横のカウンタにはケーキ。さらに壁には予約分のパンのメモが沢山張られています。

小物のパンは100円代,大きいパンは200〜300円代だったと思います。

2005年追記:2004年に入って2,3回お店の前を通ったときいずれも開いていませんでした。定休日だったかもしれないのですが。
また,関連店あるいは移転先なのか石窯パン工房サパン(柏市加賀3-3-2)がオープンしています。

(2002)


お店のリストへ戻る

西洋菓子処 樹杏

柏市松葉町2-15-16
火曜定休,9:00〜20:00

松葉町第2小学校のそば。国道6号線から松葉町団地に入る大堀川に並走する道沿い,松葉町緑地の端の信号を渡った先,松葉町に向かって右側。
商店の並んでいる中頃,間口いっぱいにガラス貼りになった明るいお店です。幅の割りに奥が深く,その場でお茶の飲めるスペースも1,2卓あった気がします。


季節の果物やゼリーをふんだんに盛り込んだ,色目も質感も明るいみずみずしいケーキが多いです。スポンジもふんわりしっとり目で,クリームも柔らかく軽い甘味。こちらも子供から皆で食べられます。1つずつがやや小さ目かな。

ピースケーキが200円内外。焼き菓子や地元銘菓系の和洋折衷菓子などもあります。

柏高島屋1Fに売店があります。以前は柏郵便本局前に支店があったのですがなくなってしまいました。

(2007/11)


お店のリストへ戻る

スペース若柴 マドレーヌ工房

柏市明原1−11−11
休み不明(多分日曜?)。

国道6号の西側。柏駅からは西口を出て三和銀行横をずっと進み,国道6号を渡る(ニッポンレンタカーの角)。国道沿いに松戸方面へ進み,カラオケボックスの角で左折(駅と反対側)した先,進行方向右手の小さな駐車場の奥にある民家の1階。駐車場の柵に小さな看板が出ています。


民家の一角を改造した工房で作られている,NPOの手作りマドレーヌ。玄関を開けると,白衣ネット帽とマスクに身を固めたスタッフの方が応対して下さいます。マドレーヌは,肌目が細かいシットリした生地,甘味バター風味も穏やかで柔らかな味。

プレーンマドレーヌ1個100円。ココアまたは抹茶マドレーヌ1個110円。他にクッキー(10枚入り)やプチマドレーヌ(3色混合8個入り)もあり。
工房以外に,柏市農産物直売場"かしわで"(柏市高田100)やモラージュ柏内の"コーナー☆ぶらっと"(柏市大山台2-3)でも販売されています。

(2007/6)


お店のリストへ戻る

スワンベーカリー 柏店

柏市東上町1-3 巳波ビル1F
日曜祝日休み。8:00〜19:00

駅の東口(そごう側),旧6号を千葉銀行の角から千代田方向へ入り,柏郵便本局の通りを越えた先進行方向左側。青い日除けにクレヨンで書いたような一筆のスワンのシルエットが浮かんでいます。


宅急便ヤマトの特例子会社スワンベーカリーの千葉初チェーン店として,生活クラブ生協が2004年11月に開業したお店。アンデルセン・リトルマーメイドのタカキベーカリーが協力した冷凍生地を店舗で解凍,成型2次発酵して焼成する方式を取っています。
デニッシュやハード系もありますが,普通の生地にチーズやカレーなどフィリングトッピングでバリエーションを付けた調理パンがメイン。割りとシッカリした焼き上がり。米の粉入りや胡麻入りなども。

店内は横長で明るく,入って正面奥がレジ,その向こうに厨房。左手にサンドイッチと飲み物の冷蔵ケース。厨房の前に,食パンやクロワッサンバターロールなどシンプルな生地のパンの島テーブル。後はガラス張りの外周沿いにグルリとパンの並ぶ棚。右手奥にはテーブルが2卓あり,コーヒーを頼んでパンをその場で食べることもできるよう。
お揃いのブルーの帽子とカフェエプロンを付けたスタッフが,パン焼き厨房側に男女合せて3人,店舗側に女性数名。

シンプルな小型パンは80〜100円。デニッシュ生地のもの,フィリングの多いはもう少し高目で120〜150円位。

(2004)


お店のリストへ戻る

ミルクスタンド溜屋

(ESPERIOと名前が変わっていましたが,クローズされたようです)

柏市柏1-1-21
柏そごうの開店日時に準じる。

柏そごうタワー館の地下1F,エレベーターのたもとにあります。ちょっと看板が小さくなりましたが,どうやら大改装を乗り切ったようです。


北海道ノースプレインファームのおこっぺ牛乳とそのミルクを使ったソフトクリームが食べられます。ソフトクリームは純白でピッカリ輝き,味もクリーミーというよりミルキーそのもの,濃厚でしかもさっぱりしたミルクそのものの味(乳化剤や香料も使ってないそうです)。しいて難をいうと,もう1段か2段小さくして200円くらいにしてくれても。かなり大降りでしまいには口が冷たくなります。
チェーン展開していて,都内市ヶ谷あたりの店舗には学生やOL風の若い女性が行列。柏ではそごうの客層もあるのか,中高年の女性やそのお孫さんがちらほら食べているので結構気の毒。

ソフトクリーム250円から。ミルク,抹茶,ミックス(ミルクと抹茶)の3種類。チョコレートがあったら生チョコ風でいいんだけれど,やはり何かポリシーがあるのかなぁ。

(2003)


お店のリストへ戻る

チーズハウス

(高島屋内の店舗は2005年3月に閉店。松戸のお店は健在,2005年4月に国道6号添いの流山市域に南柏店オープン)

柏市末広町1-1-705
高島屋の営業日/時間に準じる。原則火曜休み。10:00〜19:00

柏高島屋1階,入り口入って洋菓子セクションの中央辺り。ちなみに駅とつながっているのは3階。


松戸に3店ある,名前の通りチーズを使ったものが中心のケーキ屋さんです。柏高島屋出店を記念で作ったという浮(FU)は,どうやらGW前になると出て来る模様。柑橘系の透明なジュレの中に生のフロマージュ・ボールが浮かんでいる夏向きの生チーズケーキ(洋風水まんじゅうとでも言うべき発想)。
大きなロールケーキは,かすかな酸味風味とドッシリしたコクの加わったチーズクリームとフルーツをたっぷり巻き込んであります。フルーツなしでチョコレートのスポンジを巻いたロールも白と焦げ茶のコントラストがクッキリした見た目通りの良いお味。
チョコレートのタルトは下のカッチリしたチョコクリームと甘さ抑え目のホイップが良いバランス(まっすぐ持って帰らないとホイップが流れて寄ってしまうので注意)。季節の果物で作ったタルトも苺,栗などそのときどきで並びます。
下がクラストでクリームチーズのシッカリした生地のチーズケーキ(ニューヨークスタイルと言うのかな?)がもともと好きなので,焼きチーズケーキやクリームのタルトがうれしいです。この辺りはちょっと五香店などに比べてラインナップを絞ってあるようなのが残念。
浮1個350円。フロマージュフロマージュ1個350円。さくらんぼタルト680円。ホールのチーズケーキが880円。チョコレートのタルトは980円。他にロールケーキもあり。
北松戸店(松戸市北松戸2-18-6オビビル102),五香店(松戸市金ケ作408-144),常盤平店(松戸市常盤平2-24-2)があります。

(2005)


お店のリストへ戻る

茶の子

(2007年末から柏店は改装,別のお店になったようです)

柏市豊四季167
日曜休み。10:30〜18:30

東武野田線豊四季駅の南側,流山市野々下との境を走る旧日光街道沿いです。電車の場合豊四季駅から一旦線路北側に出て千葉興銀角で右折踏み切りを渡って郵便局前を通り,床屋の廉で右折して街道沿いすぐ。


普通のおうちの道路側を改装して開いたのではないかなと思わせる,小じんまりしたお店。生活クラブ生協の素材を使っていたり,店内にクラフトが飾ってあったり,BGMがヒーリング系だったり,なかなかコンシャスなお店でもあります。とにかく手作りの品々は素直に美味です。

茶の子弁当は,10cm×30cmくらいの塗りの容器で出されます。中は3つの正方形の区画に仕切られ,煮物,主菜と野菜,ごはんがそれぞれ盛られています。煮物は五目豆やきんぴらなど常備菜と煮しめ,それに卵焼きが添えてあります。いずれも味付けがからすぎず甘すぎずジックリ味が染みて良く煮えています。主菜は和風のハンバーグや魚の照り焼きなど,生の葉物以外にカボチャなどが入っているのがウレシイ。ごはんには味付きのゴマとフリカケが掛けられ,お漬物が添えてあります。1日30品目にグンと近づくぞと言う感じ(あるいはお弁当にこれくらい詰められれば3重丸と言う感じ)。さらに,しっかりお出汁を取ったおみおつけとほうじ茶が出されます。
お弁当は完全に和食ですが,パンとおかずが皿盛りの茶の子セットや,自家製スモークのハムやベーコンを使ったホットサンドもあります。
甘味も,自家製ケーキやアイスクリームなど洋風とあずき白玉のような和物が両方揃っています。

店内は入って手前に4人掛けテーブル3卓(角テーブル2卓と丸テーブル1卓)。奥にカウンタ3席。子供イスも1脚用意されています。カウンタの奥に厨房がありますが,戸口が狭いので名かは分かりませんでした。
あまり中は見えなかったのですが,主婦の方が起業で始められたのかなという女性が2人,調理とサービスを兼ねておられるようです。

和風茶の子弁当800円。茶の子セット450円。ホットサンドセット650円。ケーキは250円から。飲みものはコーヒー,紅茶などアイスとホットがあり300〜400円。ハムチーズやパン,フリカケなど購入も可能。

2005年秋に柏駅前にもお店がオープンしました,イトーヨーカドーの裏側辺りになります。落ち着いたカフェ風の内装で喫茶とカレーや丼など軽い食事メニュー,夜は店名も変わって生演奏も行われるバーになります。

(2006/11)


お店のリストへ戻る

ピーターメイル

柏市北柏1-3-5-104
休み不明。

北柏駅南口を出て,ロータリーの郵便局前から右側へ出ている道(慈恵医大病院に向かう坂沿いの道)を進んだ先,右側のビル(マンション?)の1階。


ペーストを折り込んだクロワッサンなど,変わったデニッシュ系のパンがいろいろ。グラム単位で量り売りのソーセージ入りミニクロワッサンやミニアメリカンドッグがあり,おやつやおつまみにも,パーティのもう1品としてもうってつけ。夕方になると焼き上がるパンとか焼き上がりパンの予約とか,近くの人がうれしいサービスもいろいろあります。

食パンのように大きなもの以外は,だいたい1個100〜200円。

(2004)


お店のリストへ戻る

フォション

柏市末広町1-1-705
高島屋の営業日/時間に準じる。原則火曜休み。10:00〜19:00

柏高島屋1階,入り口すぐ左側。ちなみに駅とつながっているのは3階。


あのフォションですが,ごくごく普通のデパート内ベーカリー状態です(以前ブームの時都内で売り切れた後もミルクジャム残っていたし)。
購入直後のバゲットはさすがに美味,外側の焼けた所だけでなく中までグルテン質のほとんどないコキっと軽く硬い香ばしさで,チーズフォンデユなんかすると最高です。その代わり翌日の劣化は激しい,炙ってスープに浸すといただけるかな(たいてい1日で食べてしまうけれど,残りを付いてくる細長いビニール袋に入れてもさして効果はない)。
あと好きなのはブリオシュ。こちらのが良いというよりは,最近どこでもあまり扱っていないためちゃんと置いてあるのがうれしい。バターと甘味でやや持ちも良いです(ブリオシュにもフレーバーや形のバリエーションが数種。最初からあって消えたレーズン入りが良かったんだけど)。全体にコッキリ焼きの良い生地で,プレーンなフランスパン以外は油脂分もしっかり使ってあります。

バゲットが250円か260円。ブリオシュは150円だったかな(2007年に原材料その他の高騰で価格が改定されました)。

(2008/3)


お店のリストへ戻る

ブルーム

柏市新柏1-138
休み不明

新柏駅のロータリーを出て,道路を挟んだ向かい側。郵便局のすぐ横です。


天然酵母のフランスパンからオーソドックスな菓子パン調理パンまで扱っています,デニッシュものも結構多い。全体にパン生地は割合シッカリした焼き上がり。フィリングの方は,クリームや餡など甘いものもチーズやサラダなど塩気のものも,いずれも柔らかな濃すぎない味付けです。

店内は,右手にレジ。左手からグルリと壁に小型パンの並ぶ棚。中央の平台にはサンドイッチやバーガーなどの調理パンと,甘いデニッシュ系の中でもフルーツや生クリームでデコレーションしたタイプのもの。奥にはバゲットなど大型のフランスパンが主に置かれた低い棚をはさんで,厨房部分がオープンキッチン風につながっています。
レジは女性が1人,パンを焼く厨房には中年からやや年配のご主人を始め男性が3,4人。

100円しないものからデニッシュ系がやや高目でそれでも180円位。調理パンは150〜300円。大振り200円台。

(2005)


お店のリストへ戻る

Prego プレーゴ

柏市旭町6-5-13
休みなし。7:00〜19:00

気象大学校の近く。柏駅西口から国道6号線へ出て旭町交差点で県道278号線(柏流山戦)に入り,東葛高校先の交差点で左折。東武野田線を渡って緩いカーブの道なり気象大学を越えすぐ,豊四季幼稚園の向かい。駅から1.5kmくらい。煉瓦色タイル張りに紺の日除けがカワイイお店。


国産の小麦粉,フレッシュバター,天然塩など材料を吟味,また,玉子やミルクといった特定食品が入っているかどうかを色違いのシールで表示してあります。食パンやバターロールなど無添加のベーシックなパンから,ケーキに近い甘い菓子パン(一部チーズケーキやタルトなどケーキそのものも)まであります。
クロワッサンとバターロールは,いずれも生地にやや大き目の揃った網目が形成され空気をタップリと含んだフンワリ軽い焼き上がり。菓子パン系統はタップリのクリーム(これも自家製)やチョコレート,フルーツが魅力的。

バターロール6つで300円。小型のパン(ペストリーやクロワッサンなど)は100円台,食パンやロールなど大き目のパンは300〜500円くらい(ハーフ売りもあり)だったと思います。セルフサービスのソフトクリーム180円もあります。

(2005)


お店のリストへ戻る

ホルンベーカリー

(2007年3月に閉店されました)

柏市豊住3-2-7
休み不明

東武野田線新柏駅のちょっと北側,豊住商店街の入口辺りです。


シンプルな感じの店内には,菓子パン調理パンからカスタードを使った洋菓子までいろいろな商品が並んでいます。どちらかと言えばデニッシュより通常のパン生地が主体,ちょっと甘味があってアッサリ柔らか目の素直な生地。
調理パンはハムチーズやパスタなどボリュームのある具がシッカリ入り,見た目以上の食べ応えで食べ盛りの皆さんに喜ばれそう。一方,かぼちゃやほうれんそうなど野菜を練りこんだパンは自然の色合い。バター乳製品が入らないサッパリシットリした生地で,噛むと野菜の風味がホンワリ(他のパンについても,あらかじめお願いすれば乳製品抜きで作って貰えるとのこと)。
ミニパンは,メロンパンやハムロールなど甘鹹味両方の代表的なパンを1口サイズにしたもの,ちゃんとフルサイズと同じデコレーションになっているのが可愛くて楽しい。他にも角切りパンを串に刺したパンのお団子(?)など面白いものも。
サンドイッチは,やや厚味のある白パンで挟んだオーソドックスな味。ハムに玉子とポテトの2色サラダをそれぞれ巻いてから挟んであるのは変わりダネ。

店内は入って正面がレジ,その奥に作業場があるらしく回りの壁いっぱいの棚に新しいパンがどんどん並べられています。

ミニパン6個で250円。プリン1個100円(確か6個だと300円位でお徳用)。小型のパン類は100円内外だったと思います。

柏にあるのは豊住店で,我孫子と松戸にそれぞれ支店というか関連のお店があるようです。

(2007/3)


お店のリストへ戻る

Bakery Pollone ポロネのパン(JustSpot柏旭町店)

(2005年に入りJustSpotが閉店してしまいました,松戸のお店は健在)

柏市旭町1-1-7
JustSpot自体は無休ですが,本店が休みの日はパンは来ないそうです

柏駅西口から6号へ出る通り沿い,駅を背にして進行方向左側じきです。


松戸市にお店のあるポロネのパンが,柏駅西口すぐそばのJustSpotでも購入できます。更に週末にはポロネのパン10%引きのサービスも。


ハードロール,ソフトなパン,ブリオシュ,デニッシュ(クロワッサン)とそれぞれに異なる風味の生地を使い分け,甘味鹹味のパンの仕上がりに合せてあります。どちらかと言うと,デニッシュ系の方が複数のフィリングを合わせたり生地に折り込んだりと凝った作り,普通のパン生地の菓子パンはクリームやジャムなどシンプルにオーソドックスな作り。カレーやクリームなどのフィリングも自家製らしく美味,シッカリ入っています。
クグロフマロンは甘煮とクリーム2種の栗の風味。野沢菜フランスは菜漬けがミッシリ入ったおやき風味。

通常のコンビニの店内で,パンの棚の上2つ位を使って焼き込み型のパン,デリカ類の冷蔵ケースのやはり上の方の棚にサンドイッチ類と,2個所にパンが置いてあります。それぞれ個別包装された袋にはポロネのロゴ入りシールが貼ってありますが,近付かないと分かり難いかもしれません。
なお本店は松戸市日暮1-15-17(JR武蔵野線新八柱駅,新京成電鉄八柱駅が最寄り)。月曜第3火曜休み,7:30〜20:00(平日)9:00〜20:00(土日祝)。店内にはイートインコーナーもあり。

(2004)


お店のリストへ戻る

ラ・メイユール

柏市松葉町5-16-4
木曜休み(祝日の場合は営業)。10:00〜19:00

松葉町の一番北側の若柴寄り,外環を回る道路沿い。東武バスのライフタウン循環径路,松葉町5丁目停留所のすぐ側です。


昔開店直後にいただいたときは洋酒の聞いた大人向けかなと思っていましたが,久々に食べたらカスタードとホイップ,いずれもトロリと滑らかで柔らかなクリームを活かした甘さのくどくないソフトな味わい,男女老若問わず受けそう。
種類は豊富で,果物,チョコレート,コーヒー,冷たい寄せ物など20種類位並んでいます。いずれも複数の生地やタネを組み合わせ,果物や素材の色味の映えるキレイなケーキ。旬のものを取り入れた季節代りがあるのも楽しみ。

店内は,全面がガラス張りに明るい木目と白を使ってすっきりキレイ。
ケーキを作りながら応対もしている若い女性が2人,他に鬚の男性が1人。

小型のケーキは300円台がメイン。一部200円台のものもあり,シュークリームは確か150円だったと思います。

(2008/1)


お店のリストへ戻る

らぱん

(2004年春にお店の前を通ったら看板が外されシャッターが閉っていました)

柏市豊四季190
日曜休み。8:30〜20:30,土曜祝日〜19:00
東武野田線豊四季駅前の県道278号線(柏流山線,6号から東葛高校横を入る道)沿い。駅前右側すぐ。


添加物や保存料を遣っていない無添加パンがあるのが人気。個人的にはブリオッシュがあるのがうれしい,割りとシットリ目の焼き上がりです。また,お茶会など用に予算に合わせてサンドイッチ盛り合わせも作ってもらえます。

店内は小じんまり,木の棚に素朴な風合いの無添加パンが置いてあります。
無添加パンはローフで200〜300円くらいだったと思います。ブリオシュは120円か130円でした。他にもいろいろパンの種類は豊富。クーポンを溜めると景品がもらえるサービスもあり。

(2003)


お店のリストへ戻る