〜 離 婚 の 豆 知 識 〜

1.不倫夫(妻)からの一方的な離婚要求による、あなたの権利
<金銭的要求>

○慰謝料 ○財産分与 ○愛人に対する損害賠償 ○別居中の生活費(婚姻分担費用) ○子供の養育費
夫(妻)の年収・離婚事由・結婚期間・etc、によって金額は個人差があります。
結婚という契約にはこれだけの権利が含まれています。請求しなければ、そのままです。
「妻の座」のなんたるかを、結婚・入籍の意味というモノを考えさせられます。

2.離婚成立まで

【夫婦間の話し合い】
×不成立         成立
市区町村役場に離婚届
を提出(離婚成立)
1,協議離婚
【離婚調停(家庭裁判所)】
×
不成立         成立
調停調書の作成
(離婚成立)
2,調停離婚
【調停に代わる審判・審判書の作成】
×
異議申し立て  審判確定
(離婚成立) 3,審判離婚
【離婚裁判・離婚訴訟(地方裁判所)】
×敗訴          勝訴
判決書の作成
(離婚成立)
4,裁判離婚
離婚できない

*2〜4の場合も、市区町村に離婚届を提出します。

3.離婚手続きには下記の4通りの方式があります。

1.協議離婚 (約90%)
 夫婦間で離婚の条件を話し合い、協議が成立した後、離婚届を作成し、市区町村役場に 届け出・
  受理された時点で離婚が成立します。
2.調停離婚 (約9%)
 夫婦間の話し合いが不成立の場合、家庭裁判所に調停を申し立てることになります。
 調停において、当事者間の合意が成立した場合、裁判官(審判官)と書記官が立ち会い 「調停証
  書」を作成しこの時点で調停離婚が成立します。
3.審判離婚 (約0.1%)
 調停不成立後、家庭裁判所が相当と認めるとき、職権で「調停に代わる審判」を行うこ とができ
  ます。離婚の審判が出た後、2週間以内に異議申し立てがなければ、離婚が成 立します。
4.裁判離婚 (極少数)
 家庭裁判所の調停が不成立になった後、裁判上の離婚原因があれば、地方裁判所に提訴 すること
  ができます。勝訴判決後相手方が控訴しないで控訴期間(2週間)が経過する と離婚判決が確定
  します。離婚届を作成し「判決書謄本」と「判決確定証明書」を添え て10日以内に市区町村役
  場に届け出します。

4.裁判上の離婚の訴を提起することができるのは下記の場合に限ります。
1,配偶者に不貞な行為があったとき。
 浮気・不倫など、配偶者のあるモノが自由な意志に基づいて、配偶者以外の異性と性的関係をもち
  結婚生活を破綻させた場合など。
2,配偶者から悪意で遺棄されたとき。
 生活費を渡さない・同居を拒否する・家に帰ってこない・相手を家から追い出す、など。夫婦間の
  間にある『生活費を分担する義務・同居義務』を不当に破り、はっきりと「悪意」が認められるこ
  とが条件。
3,配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
 単なる行方不明ではなく、最後に生存を確認できたときから、3年以上にわたり生死不明の状態が
 続いている場合。行方不明の状況を明らかにすれば、協議離婚→調停離婚というプロセスを経なく
  ても裁判離婚の請求を起こせる。
4,配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
 専門医による医学的な裏付けと「離婚を請求する配偶者が、これまで誠実に療養・生活の面 倒をみ
  てきた・病人の将来の療養、生活に対して、具体的な方策や保証がある・治療が長期間にわたって
  いる」などが判断基準とされる。
5,その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
 1〜4以外で、以下のような結婚が続けられない深刻な事態がある場合


5.↑その他の離婚事由について詳しく知りたい方はこちらをクリックして下さい。
御存知ですか?有責配偶者からの離婚請求が認められること
(2002.3.19
)

6.弁護士費用を用意できない場合(2002.3.7)
経済的な理由で弁護士費用を負担できない場合は「民事法律扶助」という制度を利用することができます。
お金がないからといって泣き寝入りすることはありません。

[民事法律扶助] 相談〜事件終了までの流れ

1)法律相談を受ける・・・法律扶助協会の無料法律相談
2)審査を受ける
  ◎自分で費用が負担できないこと(手取りの月収額(賞与含む)が一定以下であること)
  ◎勝訴の見込みがあるもの(和解・調停・示談により紛争解決の見込みがあるものも含む)
  ◎審査委員会の決定した支払い方法を守ること(事情によって返還が猶予・免除されることもある)
3)扶助決定
  ○一切の費用を無利子・無担保で立て替えてもらえる
  (決定の翌月から毎月分割で一定の金額を返済する)
4)事件終了
  審査委員会が弁護士の報酬金を決定する

*1〜6についての引用参考文献
離婚のすすめ方と手続きのすべて:鈴木清明先生・すばる舎・2001/3/16第1刷発行
マンガ法律の抜け穴B:石原豊昭先生、等・自由国民社・2000/8/30初版第9刷発行


調停ってどんなところ
テレビなどで見る法廷のイメージとはかなり違います。法廷というより、第三者立ち会いの元における話し合いの
場のような所です。男女1人づつの調停委員が夫・妻双方の言い分を聞き、何かしらの決め事をするときに裁判
官(審判員)・書記官が立ち会います。私達を受け持って下さった調停委員の方はとても優しく、平等に公平に、
親身になって話しを聞いてくださりアドバイスしてくださいました。被害者・弱い立場の私にはとても同情的な態度
で接してくださいました。しかし、他の例を拝見していますと、逆に「もう無理です・・・」などと離婚を勧められてしま
うこともあるようです。調停委員も人間です。仕事を早く終えたい、感じの良い者の味方に付くこともあります。調
停申し立ての数は年々増える一方でその内容は離婚に関する事ばかりではないため、調停委員によっては、公
平にというより、どちらかの意見にまとめようとする傾向の方もいらっしゃるそうです。調停で決められたこと(調書
に書かれたこと)は強制執行能力もあり、頼りになります。協議離婚では慰謝料の不払いなど、よくあるようです
?!調停というと「法廷」というイメージがありますが、実際は法律の適用の場ではなく、意見の妥協の場のよう
に思われました。話の折り合いが付かなければ不調に終わるか、裁判へ持ち越すか・・・ということになってしま
います。(地域差や調停委員の個人差はあります。)mackeyの調停

裁判とは?
調停は家庭裁判所で行われますが裁判になると地方裁判所で行われます。1回目の口頭弁論はテレビで見る法廷
の部屋とはイメージが違い、裁判官や書記官達が座る高い壇上はなく、大きな大きな円卓を10個のキャ スター
付きの大きめの事務用のような椅子が取り囲んでいました。向かって左横にはテレビとビデオが置かれていまし
た。正面真ん中にはホワイトボード、その横に小さめの机、向かって右側に得たいの知れないパソコンのような
モノと電気スタンドのようなモノが置かれていました。 後ろ側には傍聴席が2列ありました。
裁判にも判決、和解、稀に調停のやり直し、といった方法が成されます。いずれも裁判官の判断に委ねられます。
2回目の口頭弁論は和解準備室という調停が行われるような部屋が用意されていました。内容も調停のように双方
が別々に裁判官と話し合いをし、裁判官が双方の意見を聞きました。離婚裁判は裁判官が和解の方向で進めること
が多いようです。以降和解の方向で裁判は進みました。原告、被告、双方の意見を出し合い、裁判官が2つの意見
の中間点に結論を近付けようとする意図が感じられました。結局は裁判も調停の延長。話し合いの場でした。
(mackeyの経験をもとに記載しています。 mackeyの裁判


不倫離婚その前に
離婚理由にも色々あるでしょう。なかでも、夫(妻)からの一方的な訳の分からない理由を並べ上げた離婚要求
のほとんどが夫(妻)の浮気によるものといわれています。「嫌いになった」「ガマンしていた」「愛情がなくなった」
「以前から分かれたいと思っていた」・・・等、中には今まで何の文句も言ったことがないのに「火事怠慢」「性格の
不一致」等を言い立て始めたたり・・・等、そんなほとんどが、自分の浮気・不倫を隠し、なおかつ自分を正当化し
ようとする言い訳に過ぎません。泣き寝入りしないで、出来ることをやってみませんか。

不倫離婚の場合、相手への慰謝料・愛人への損害賠償請求ができますが、あくまでも肉体関係があったことの
証拠がなければ意味がありません。また、証拠をつかんでも、結婚生活破綻後だということになれば、これも意
味がありません。離婚要求されても、別居せず「ここは私の家です・私はあなたを愛しています・悪いところは直
します・離婚などといわないで下さい・・・」等と相手への思いやりをもって、別 居などせず、証拠をつかむまでは
同居してがんばってください。相手の親と同居だったり・相手の親にも離婚を要求されたり、どうしても同居が不可
能な場合は、事細かくい放たれた言葉を書き残しておく・日記を付ける・テープに録音する・・・等して、同居が不
可能だった証拠を残しておくと後々法廷の場に立つようなことになっても考慮してもらえるのだそうです。

離婚理由が上記の場合、ほとんどが愛人から「離婚してくれないと別れる」と言われていたり、愛人(女性)が、あ
るいは自分(妻)が妊娠したという可能性が考えられます。よって、時間が経つにしたがって離婚を早めようと相手
は焦り出します。どうしようもなくなり、愛人の存在を白状したり、脅してきたり・・・平常ではなくなっていきす。事例
によって結果は様々だと思いますし、どうしても証拠がつかめない場合も沢山あるでしょう。けれど、どういった形
であれ相手が報いを受ける日は来るでしょうし、あなたに幸せが訪れる日も必ず来ると信じています。あきらめず
頑張って欲しいと願っています。 「離婚は あせらず ゆっくり じっくり まったり と」

婚姻届一枚の効力
夫(妻)から離婚を要求される。けれど、それにすぐ応じなくてもよい、拒否する権利があります。それが「紙切れ
一枚の強さ」です。恋人同士の別れはどちらかの思いが冷めてしまえばそれでおしまい。他に新しい彼女(彼)が
できても、ただただ泣くだけ。慰謝料・損害賠償の対象になどなりません。けれど、結婚はそうはいかないのです
ね。強く離婚を要求され、離婚調停→離婚裁判、やっとの思いで離婚成立したとします。どれだけの月日が流れる
でしょう・・・その間、離婚を要求してきた夫(妻)はきっと苦しむことになるでしょう。離婚を要求された側にとっても、
辛い日々が続くことでしょう・・・。離婚をススめる調停委員がいます、裁判官は納得のいかない陳述書を読み上げ
いとも簡単に離婚判決もでます。しかし、調停は申し込んで約1ヶ月で第1回目施行され、2回目までは更に1ヶ、
・・・不調に終わり、弁護士に相談して、裁判を提訴して・・・かなりの月日が流れていきます。その間、確実に相手
も苦しんでいることでしょう。賛否両論、人様それぞれの色々な御意見があると思いますがそう言った意味では
「紙切れ一枚」って強い妻(夫)って強いって思えませんか?もちろん、離婚拒否する側にとっても苦しみが続い
ていますが。


Mackeyの独り言
私の例は夫が愛人を妊娠・離婚・退職までさせて囲うといった酷い例でしたから、調停委員は私に対して同情してくれ
ました。不倫夫(妻)側からの離婚請求などもってのほかなんですね。夫(妻)の心を愛人に奪われた、まして愛人が
妊娠したからといって、離婚する必要は全くないんです。憎しみ・怒り・悔しさ・無念さ・憤り・・・夫(妻)に裏切
られた思いは計り知れないもの・・・お金に代えられるものではないけれど、夫(妻)と愛人にペナルティを与える方
法はお金の請求という形になってしまうんですね。誰しも思いは一緒なのではないかと思います。
「例え何億円ものお金を払ってもらったとしても納得などできない」
私の場合は夫側と愛人の間に子供が生まれてしまっていたので、夫が離婚、再婚を急いだ為裁判も夫側が妥協する形で
恵まれた条件の中成立することができました。ここまで頑張って来れたのは励まして下さった皆々様のお陰です。
心からお礼申し上げます。ありがとうございました。


上記はmackey個人の経験・情報を元に書かせて頂いてます。判断・行動については各人の責任の範囲内で行
って下さいね。弁護士さんに御相談なさることが一番の得策かと思います。誤り等ございましたら、申し訳ありませ
ん。まだまだ知識・内容に乏しくてごめんなさいね。更新がんばります。




mackeyの離婚