欧州ツーリング記

'02.07.06〜15

( reported by Mitsuhiro Miura)

<序>

正直に言うと、今年はアフリカに行こうと下調べを始めていた。ところが、4月頃に、輪嘶舎(りんせいしゃ)のHP (http://www1.odn.ne.jp/~ccj95360/rinseisha.htm)を見かけたのを機に、一転して欧州ツーリングへと目が向いてしまった。これまでの欧州旅行と昨年のオランダ滞在において、4輪車は多々使うことはあったが、2輪車で走る機会がなく、現地のライダーを見るにつけ憧れが募るばかりだった。やはり一度は走っておきたい、この思いから、アフリカから欧州ツーリングへと変更し準備をすすめることとなった。


<7月 6日>

いよいよ待ちに待った出発。前日までに詰め込んだ荷物と、ヘルメットを持って7時過ぎに家を出た。関空マレーシア航空B777-200までは慣れたものだが、いつもは持たないヘルメットが何となく嬉しいやら照れくさいやら。
 関空でチェックインと旅行保険の手続きを済ませて、12時発クアラルンプール行きのマレーシア航空に搭乗し、定刻通りに日本を離陸。
 クアラルンプールまでは約6時間のフライト。定刻通りに到着したが、ボードで確認してみると、乗り継ぎ便出発が1時間遅れの予定。ただでさえ約5時間の待ち時間があると言うのに、その上さらに1時間とは。仕方ないので、航空会社のラウンジで一休み。インターネットが出来るPCがあるのだが、日本語が使えないので、仕方なくデタラメの英語で、いつもの掲示板に書き込みながら暇つぶし。それでも6時間近くも退屈なのは、本当に辛い。
搭乗開始されるとすぐさま機内に乗り込んでしまったが、これから12時間も、また退屈なフライトが始まると思うと辛いので、何とか寝るように努める。クアラルンプールを出たのは、日付も変わった25時だった。


<7月 7日>

機内では、割とゆっくり眠れ、あまり苦痛を感じる間もなく、ほぼ定刻の7時過ぎにフランクフルトに着陸。さあ、いよいよヨーロッパ上陸。
今日、明日はレンタカーで、お気に入りのニュルブルクリンク走行も入れながら、近郊の小さな街を訪ねる予定。予約していたHertzレンタカーにて手続きを行うが、「車はヤリス(日本名ヴィッツ)だよ」って言われ、少々がっかり。せっかくドイツに来たんだから、ドイツ車貸して欲しいのに、と思いつつ言われた駐車場には、ちゃんとヤリスが停まってた。で、車のトランクにスーツケースを入れようとすると・・・。完全に容量不足で入らないことが判明。治安面が心配だけど、仕方なくリヤシートを倒して、スーツケースを押し込んで、出発。目指すはニュルブルクリンク!

コースマップ 走行券 ニュルブルクリンク入り口
ニュルブルクリンク入り口
左はコースマップと走行券

10:30頃にニュル到着。今日は朝から夜まで一般開放日なのは、HPで下調べ済みだったので、迷うことなく北コースの出入り口へ。やはり、地元の車好き、バイク好きで賑わっている。周りに比べると、ヤリスでは明らかにアンダーパワーだし、乗り手の腕も雲泥の差があるけど、臆することなく走行券を買い、いざ出陣。車体の軽さは助かるが、明らかにトルクが不足してて、上りではまったく加速してくれない。周囲の車、バイクに抜かれまくられながら、約20kmの1Lap走行終了。
はぁー、疲れたけど本当に楽しかった。

ライン川の渡し船ニュルを後にし、モーゼル川沿いに東進。コブレンツでライン川と合流すると、今度はライン川沿いに南下する。流すようにドライブするには、もってこいのコース。小さな街と点在する古城を縫いながらのドライブ。尾道を彷彿とさせる、小さなフェリーでの「渡し」も風情が感じられる。

リューデスハイムから再びアウトバーンに入り、そのまま南下。昼食は途中のSAで軽めに済ませる。アウトバーンのSAも良く
整備されており、給油、軽食に便利である。
やはり丘陵地帯を駆け抜けて、一路ミルテンブルクへ。しかし、ゆっくりと町並み散策を楽しもうと思ったが、予想外の渋滞に不安になる。途中の街でも幾つか見かけたのだが、ちょうど、お祭りが開催されているらしい。
ヨーロッパの短い夏を楽しもうと、この時期は各所でお祭りが開催されているようで、移動遊園地や出店は、ビールとワインを楽しむ人で溢れている。ミルテンブルクを次の日に諦めて、お隣のミッヒェルシュタットで宿探しを目論むも、市街地は一方通行が多く、少々車では不便なので、さらにお隣の、本当に小さな街で宿を探す。
メインの通りより一本奥の静かな通りに宿を決めて、少し街中を散策後ピザで夕食。

ホテル 街並み

もう8時を回ってるのに、まだまだ明るく、ヨーロッパの夏を実感する。そして、久しぶりに体を横に出来る嬉しさと少々疲れを感じることから、早めの就寝。

<本日のデータ>
  走行距離:565km(By car)
  ホテル:EU40  ニュル走行費:EU12  食費:約EU12  地図:EU11.5



<7月 8日>

時差ボケを感じることなく、6時過ぎに起床、体調も天候も問題なし。朝食時には同じ宿に泊っていた人達とワールドカップの話をしながら。楽しいけど、自分の語学力のなさを思い知らされる瞬間、もっとがんばらないとね。
8:30頃に宿を出て、昨日見損ねたミルテンブルクへ。

マインの真珠と呼ばれ、日本人には知られていないが、ドイツ人には人気の街並みらしい。良かった、今日は祭りの余韻もなさそう。駐車場に車を停め、さあ行こうと思ってる所に何か漏れるような音。見てみると自分のヤリスのタイヤがぺちゃんこになってる! あまり時間もなかったので、さっさとタイヤ交換して、残り少ない時間で、少しだけ散策を楽しむ。派手ではなく、いまだに人々が生活している中世の街並みは、美しくかつリアリティに満ちている。

マインの真珠と呼ばれるミルテンブルクの美しい街並み
パンクしたヤリスのタイヤはテンパータイヤに換装

ゆっくりとしたいところだが、今日の午後はチューリッヒへの移動があるので、テンパータイヤでアウトバーンに乗り、一路フランクフルトへ。さすがに90km/h程度の速度での巡航は少々気を使うものの、トラックやバスの流れと同調して走らせる。
フランクフルトで車を返し、チェックイン後空港で昼食。フランクフルト空港のマクドナルドは、見晴らしが良く、離着陸を眺めながら食事できるのでお勧めできる。
チューリッヒへは、スイス航空のプロペラ機で。実質45分程度のフライトながら、軽食も果物も配られるしで、サービスは満点だ。本当に、あっという間にチューリッヒに到着。空港税関でヘルメットを持ってることが分かると、税関職員は「おれはSUZUKIの1300に乗ってるぜ」と声をかけてくる。やはりヘルメットを持った旅行者は珍しいらしい。

今回のレンタルバイク店が迎えに来てくれるというので、到着ロビーで探してみるが、それらしい人は居ない。30分ほど待つがいっこうに現れないので、店にTELしてみると、「明日じゃなかったっけ? 今空港かい? すぐに迎えに行くよ」と店主のフィルストさん。のん気だなあ、さすがヨーロッパ、と感心しながら待つこと20分、フィルストさんが現れた。非常に親しみやすい人柄で、ホテルまで送ってもらう間、ずっと話を楽しむ。

ホテルにチェックイン後、チューリッヒ市街地散策に。さすが大都市、人並みと繁華街に少々戸惑ってしまう。やはり小さな街が、僕には合ってるのかもしれない。今回のホテルは、市街地からバスで20分くらいの郊外にあるのだが、市街中心のホテルでは、チェックインする日本人ツアーの姿も。四ツ星クラスのようで、やはりツアーでは、高級ホテルを利用しているようだ。夕食を済ませ、ホテルに戻って、明日からのツーリングに備えて荷物の下準備をする。明日からいよいよツーリング開始、期待を胸に就寝する。

<本日のデータ>
  走行距離:271km(By car)  レンタカー:EU145(保険等含)
  ホテル:SF110 ガソリン代:EU36 食費:EU5+SF12



<7月 9日>

ラインの滝ヨーロッパのほとんどのホテル、宿は朝食込みなのがありがたい。オレンジジュースに始まり、数種類のパン、ハム、チーズがメイン、そして各種シリアルとミルク。果物やヨーグルトも用意されているところが多く、朝からしっかり栄養補給でき、しかも美味しいのだから言うことない。コーヒーが美味しいのも好きな理由だ。
ZR-7ライディング用に着替えて、皮パンツを履いたままチェックアウト、ホテルの前のバイク店へ向かう。店ではフィルストさんと整備万端のZR-7が待ち構えていた。簡単な手続きを終え、ツーリング用の荷物を積み込み、スーツケースを店に預けて、いざ出発。
最初に目指したのは、ラインの滝。落差のある滝を見慣れた目には新鮮で、その圧倒的水量が流れ落ちる様は圧巻である。昔から物流に寄与してきたライン川も、ここだけは避けて通らねばならない。
ラインの滝からは、今回のメインの目的地、アルプスの峠超えのために、サンモリッツを目指す。高速道路はドイツ同様快適だが、慣れないノンカウルのために、思ったほどペースが上がらず130km/h前後で、周囲の車の流れに合わせて巡航する。途中、ハイジの里として知られるマイエンフェルトのS.A.で昼食をとり、クールで高速を下りる。ここからが本番、山岳道路の様相を呈してくる。それにしても、やはり涼しく皮パンツでもまったく不快感を感じないどころか、フィット感と安全性、耐寒性からも、最も適したスタイルであることを実感する。

国道(以後は便宜上、国名で表す事にする)CH(スイス)3を南下。氷河特急の発着地としても有名な山岳リゾート地サンモリッツを目指す。この道が、なかなかどうして、本格的なワインディングで、多くのスキーリゾートの街を繋ぐ快走路が、延々70km以上続く。
当然、市街部も通れば、トラックに行く手を阻まれることもあるが、ドイツ同様にマナーが確立されており、まったくストレスを感じることはない。自分のペースで安全に走れば良いだけである。サンモリッツからCH29でさらに南下、イタリアへと国境を越える。ここでは、大陸内の国境越えで初めてパスポートと車検証の提示が求められた。問題もなく、しかもパスポートに印までもらって、少し上機嫌でイタリア入り。
しかし、イタリア入りして驚いたのは、ライダー、ドライバーのマナーが変わった事。ドイツ、スイスでは「マナーは守らなければならない」という雰囲気さえ感じられたのが、イタリアでは、二輪、四輪問わず、少々強引とも思える追い越しをする者も目に付く。それを咎めようとする雰囲気が感じられない。もちろん、多数は流れに従って走行しているが、一部には「抜かずにいられない」人々が存在するという、いかにもラテンな走りに、少々驚かされたのである。



    ↑
今日のペンション


イタリアといえばジェラート

I38を、今度は北上、有名なステルビオ峠を目指す。標高が上がるにつれ、気温が下がっていくのが肌で感じられ、タイトな区間が増えてくる。木々の間からは、氷河を湛えた岩山が見え隠れし、アルプスを実感する。道の荒れがスイスよりは若干気になりだす頃には、明らかに森林限界を超えたようで、低木が目立ち、一気に見通しが良くなる。コーナーのほとんどは180°ターンになるが、多くはガードレールも、センターラインもない。ペースを崩すことなく、集中力を維持しながら、ワインディングを楽しむ。充実感で満腹になる頃に峠に到着、地元ライダーも多数休憩していた。
やっぱりイタリアに来たのだからと峠のカフェにて、カプチーノで一休み。イタリアは特にコーヒーが美味しい。この時点で16時過ぎなので、峠を下りて宿探しを始めることにする。しかし、ここからの下りが曲者で、来たルートより、さらにタイトで道も荒れたターンが続く。いったん対向車線(もちろんセンターラインなんて無いが)に振ってからでないと曲がれないコーナーは、地元組に続いて同じラインをトレースすることを心がける。地元組の多くは、
ここをタンデムで抜けるのだから舌を巻く。こちらは、扱いやすいバイクであったことに胸を撫で下ろす、無理は禁物だ。
峠を下りI38をそのまま東へ進路を変える。周りはブドウなどの果物畑が広がり、各所で散水している。小さな村ラースで国道を離れ、村の中へ。どんな小さな村でも、大抵は宿があるもので、小さな村であればあるほど安くなる傾向がある。特に田舎の民宿では、部屋の広さと綺麗さは保障されているようなもので、しかも見つけるのも容易であるから使わない手は無い。今日の宿は、EU33のペンションに決定。バイクはシャッター付きの納屋に入れてもらえたので、盗難の心配もなし。近くのレストランで、当然のようにピザで夕食の後、近くに見つけたので、デザートはジェラートを頂いて、今日の食生活は、イタリア満喫。部屋でシャワーを浴び、ようやく暗くなった10時過ぎにベッドに入る。初日にしてツーリングを満喫の一日だった。


<本日のデータ>
  走行距離:478km(By Motorcycle)
  ホテル:EU33 ガソリン代:SF20 食費:EU9+SF17



<7月 10日>

6時頃起床し、すぐにカーテンを開けて空を見る。良かった、今日も真っ青な空が広がっている。今日は、今回のツーリングの主目的地、ドロミテ山塊周辺を目指す。朝食を頂いて、8:30頃に出発、I38を東進する。今日からWeekday、生活感が漂う一般車が多くなる。それでも極端に流れが遅くなることもなく、メラーノから自然にアウトストラーダに入る。やはりそれほどドイツやスイスと違いがないのは、イタリアでも北の端だからだろうか。ボルツァーノまでの短い道のりを、アウトストラーダで走り、再び峠へとバイクを進ませる。ボルツァーノは、わりと大きな町で、市街部で少し迷うが、ツーリング集団の後ろについて行くことにする。この辺りを走ってるんだから、目的地も同じだろうからね。無事I241に入ることが出来た。

I241で、一気に標高を上げて行き、常時1000mオーバーを走る。夏の涼風が何とも気持ち良い。I48に入るあたりで給油を行う。日本でも最近は多くなってきたセルフ式のスタンドがほとんどで、自分で給油後にレジで支払うのだが、このまま逃げちゃったらどうなのかな? といつも不穏当な事を考えてしまう。もちろんちゃんと支払うし、同時にトイレを借りたり水を買ったりもする。特別に難しくもない給油だが、一つ気をつけたのが、ガソリンの種類で、各国の言葉で書かれていてもさっぱり分からないのである。しかし、国際規格であるオクタン価に注目して、「95」の数字が書いてあるノズルを使うことにしていた。おそらく日本で言うレギュラー相当だと思うが、Go&Stopが少なく、巡航区間が長いことから、それほど神経質にならずともノッキング等は起こさなかった。
I48に入ると、景色は一変、まさに山塊というべき岩の塊のような山がそそり立っている。険しくしかし美しいスイスアルプスとは異なった、人の介在を拒むような山塊と、麓に散見する美しい湖の対比は、真っ青な空と相まって、何とも美しい。これまでの峠道よりは幾分ペースを落として、周囲の景色を楽しみながら走ることに専念するが、あまりに雄大な風景に飲み込まれそうな感覚さえ味わう。そのうち、ドロミテ観光のベースとして有名なコルティナダンベツィーノに到着、山岳観光地らしく、そこかしこにロッジ風ホテルが見られる。村内の通行に少し気を使いながらパスし、ミズリーナへ。小さいながらも美しい水を湛える小さな湖の湖畔のカフェで一休み。ここらで標高は1200mほどか? サンドイッチとカプチーノで昼食を済ませる。
昼食後は後ろ髪を引かれながらドロミテを後にし、I49を東進しオーストリアへ国境超え。このボーダーは、建物らしきはあるものの、まったく人が居る気配がないので、そのままパスする。ここまで大分標高を落としてきたものの、A111ドロミテ街道に入って、また少し標高を上げる。しかし、ドロミテとは言ってもこれまでとは景色が一変、険しい丘と言うべきか、なだらかな山と言うべきか、映画Sound of Musicの世界を走る。コーナーの深さも稜線に沿った大きなRが続くので、自然とペースが上がる。次はA100を北上、再び標高を落としてくると、日差しの強さが気になりだす。スーパーで一休みするも、日向は体力を消耗するので、日陰でレッドブルを一気飲みする。やはりヨーロッパと言えど夏を実感する。

これで驚愕のEU22!

A100北上後リエンツでA108へ乗り換えるが、どんどん雲行きが怪しくなってくるのが分かる。
時刻は4:30、早めの宿探しとしよう。国道を離れ村へと進むと、さらに2kmほど先にいくつか宿があるらしいので、そこを目指す。外観はちょっとしたロッジ風、客もほとんど居ないようなので訪ねてみると、料金はEU22だと言う。驚きつつも部屋を見せてもらうと、これまでと引けをとらない大きさと設備なので、ここに決定。さっそく着替えていると、雨音が響いてきた。良かったと胸を撫で下ろす反面、ここは夕飯の提供はなく、村までは雨の中を戻らなければならないので、非常用に用意していたパンと水で済ませることにする。質素な食事だが、テラスでのんびり食べれば少しは雰囲気出るし。何もすることもないので、今日は早めに寝ることにしよう。


<本日のデータ>
  走行距離:359km(By Motorcycle)
  ホテル:EU22 ガソリン代:EU13.5 食費:EU8



<7月 11日>

就寝が早かったせいか、目覚めるのも早く、6時頃には起床する。朝食までは1:30、身支度する時間を考えても、1時間以上は時間が余る。しかも、今朝の空は、今にも泣き出しそうな重くのしかかる雲一面。TVの天気予報を見ると、午前中は雨を覚悟しなければいけなさそうだが、午後からは回復してくるようだ。
朝食を済ませて、8:20頃に出発。祈るような気分で、合羽は着ないことにする。A108を北上し、少々長いトンネルに入る。が、このトンネルは有料でEU8も取られるが、迂回ルートもないので渋々払う。しかも、トンネルを抜ける直前に道路が急に黒くなるのに気付き気が滅入る。そう、トンネルの向こうは雨だったのだ。トンネルを出た直後に雨宿りできそうな建物があったので、そこで合羽を着用。対向から来るライダーも合羽を着てることから、覚悟を決める。とにかく安全第一なのだし、雨もまた良い経験、と自分をなだめてみる。幸いにも雨粒は小さく、それほどの負担はない。しかも、自分でもこれでもか、と思うほどペースを落としているにもかかわらず、現地ライダーを抜きまくる。霧雨を浴びながら、A165を西に進むと、何やらまたまた怪しい建物が。そう、また料金所なのである。峠区間が有料になっているらしく、EU4も取られる。先ほどと合せてEU12である、オーストリアの道路行政に疑問が湧く。それでも、前進し、シュバッツより高速道路に乗るが、当然無料である。
S.A.で休憩し、カプチーノでほっと一息。この時点で、雨は上がり少しだが雲が切れていくのが分かる。祈るように合羽を脱ぎ、再び高速へとバイクを進める。高速道でオーストリアアルプス観光拠点のインスブルックを超えて、テルフで高速を下りる。A189、314と少々道幅の狭い村々を繋ぐ峠道を越えて、いよいよドイツに入る。
ゲートタウンのフュッセンは、ロマンチック街道の南の拠点、せっかく青空が広がってきたので、白鳥城でも見ながらの昼食を目論んで、シュバンガウへと向かう。
白鳥城ことノイシュバンシュタイン城の見えるカフェで、ピザを注文。周りを見渡すと、自分も含めてアジア系の人が目に付くが、日本語が耳に入ってこない。どうも、垢抜けた格好をしているのは韓国人、二昔前のツアー客のような格好をしているのは中国人らしい。特に中国人の勢いは凄まじい物を感じる。やはり、今は飛ぶ鳥を落とすほどの勢いがある中国の力を見せられた感じがする。
昼食を終え、付近を少し散歩した後は、D310から308へと向かう、ドイツアルプス街道を進む。アルプスといっても、スイスや北イタリアの険しさは全くなく、どこかのどかで牧歌的な雰囲気が色濃く残る快走路である。丘の稜線に沿って延びる幾つもの
高速コーナーを現地ライダーと共に堪能できる。約2時間のノンストップの快走である。このまま行けば、間もなくボーデン湖畔の町リンダウに出るが、早目の宿探しを開始する。というのも、ボーデン湖は、ドイツ、オーストリア、スイス三国の国境を分けるのだが、スイス入りしてしまうと物価が跳ね上がることが予想されるからだ。ドイツ内での宿を確保して、少々節約しようという事だ。だが、リンダウに近づくにつれ、ガストホフがありそうな、小さな村はなくなり、少々焦る。リンダウ市内の湖畔に行けばあるだろうが、リゾート系は高いことが考えられるので、何とかこの辺りで、と思っていると、市街に入る手前でHotelの看板を発見。値段を聞くとEU39という。部屋は少々狭かったが、まあ、許せる範囲なので、今晩はここに決める。
夕飯は近くに良さそうな所も見当たらなかったので、スーパーでパンとジュースとお菓子を買って、ホテルの部屋で済ませる。夜は持ってきたMDでお気に入りのJ-popなどを聴いて楽しむ。地球の裏側に居ながら、日本の曲を聴くのは、なかなか新鮮で、最近の旅行では少々ハマリ気味である。明日は、いよいよツーリング最終日。今日の雨が半日で済んだことを良しとして就寝する。

<本日のデータ>
  走行距離:454km(By Motorcycle)
  ホテル:EU39 ガソリン代:EU27 食費:EU14 有料道路:EU12



<7月 12日>

いよいよツーリング最終日、天候も良好だ。早目の朝食を食べて、8時過ぎには出発する。リンダウの市街地を、ボーデン湖を回りこむようにパスし、スイス国境を越える。いよいよ、陸路最後の国境越え、今回はノーチェックでスイス入り。湖岸を離れると、目指すは古き良き小村アッペンツェル、標識が出ているので、道に迷うことなくバイクを進める。タイトな、でも優しいワインディングを駆け抜けると、丘の切れ目から急峻な頂が覗く。最後の日まで、飽きることなく続く景観とワインディング、まさにライダーにとっては天国である。


ほどなくしてアッペンツェルに到着し、駐車場にバイクを停める。観光地でのバイクの扱いは、日本に比べて圧倒的に良く、ほとんどの駐車場でバイクを停めるスペースが確保されているのがありがたい。でも、面倒ではあるが、ワイヤーロックを怠らないようにしなければならない。治安面では、用心するに越したことはないのだから、自衛あるのみ。
アッペンツェルは、直接民主政治と、美しく装飾が施された建物で有名な村だが、あまり知名度は高くないと思っていた。しかし、ここで日本の某大手旅行社のツアー客に出会う。日本のツアーも捨てたものではないのかもしれない。向こうにしても、こちらの姿が珍しいようで、レンタルバイクで走っている事を告げると驚かれた。
オープンカフェで休憩の後は、時間調整をしながら、バイク返却のためにチューリッヒを目指す。帰りのフライトを考えると、昼過ぎには店に着きたいところだが、高速を使うほどの距離でもないので、ツーリングの最後を締めくくるようにローカルワインディングを駆け抜ける。一部にCH8を使うが、主にローカル道を走り、昼前にヴィンタートゥーアに到着、チューリッヒは目前なので、国道沿いのカフェで昼食を取り、ガソリンも補給。ここからは、チューリッヒ市街地を嫌って、高速道路を使い、13時30分頃いよいよチューリッヒの店に帰ってきた。昨日の雨で汚してしまったけど、一緒に快走してきたZR-7にも感謝、本当に頼りになる相棒だった。
店に戻ると、玄関も裏口も閉まっている。どうやら、ヨーロッパでは良くある話だが、13時30分までは昼休みのようだ。そろそろ開店かな、と思ってると、125ccのオフローダーがこちらに手を振りながら入ってきた、がフィルスト氏ではなさそうなので、怪訝に思ってると、明らかに日本人だ。話をしてみると、同時期に輪嘶舎でバイクレンタルを申し込んだMさんだった事が判明、日本から遠く離れた地での顔合わせに、他人のような気がしない。どうやらMさんは、ミドルクラスのバイクを希望していたが、あいにくZR-7は使用中で、ZZ-R1200しか残っていなかったので、僕と入れ替えでZR-7を使おうと戻ってきたそうだ。少し申し訳ない気分になったが、ZR-7の快調さとこれまでのルートの話をして、フィルスト氏を待つ。が、14時を過ぎてもフィルスト氏は現れないので不審に思ったところ、玄関ドアに小さく張り紙がしてあるのを見つける。ドイツ語で訳が分からないが、16という数字は見て取れる。まさか、16時まで戻らないのか? フライトの時刻もあって少し焦るが、こちらとしては打つ手がないので、Mさんと話をしながら待つことに。
Mさんは学生で、国内ではほとんど町乗りにしかバイクに乗っていないらしいが、興味を持ったらじっとしていられずに、初ツーリングに欧州を選んだらしい。そう、いくらウンチクを言ったところで、実際に経験した者にしか見えない景色、味わえない雰囲気が旅の醍醐味、困難を乗り越えてでも、来た者、走った者が勝ちなのだということを、見せられた気がする。Mさんのツーリングの無事を祈り、余ったフィルム等の日用品を渡しているとフィルスト氏がやって来た。良かった、何とかフライトに間に合いそうだ。
店で返却手続きと着替えをし、ツーリンググッズをスーツケースにしまうと、いよいよ欧州ツーリングも終わることを実感する。本当に、快走の毎日と無事で終えられたことに、我ながら感動する。フライトまでの時間もないことから、フィルスト氏に空港まで送ってもらうことになる。電車で行っていては、到底間に合わない。車中で、ツーリ
ングのルートとバイクの完調さを話しているうちに空港到着、本当にありがとう、そしてまたお会いしましょうと最後の握手を交わして別れる。走行距離1500kmのツーリングも、本当の意味で終わりを告げた瞬間だと思う。
今日は、明日のフライトに備えて、チューリッヒからアムステルダムに移動し一泊する。だが、アムス到着は20時なので、本当に移動と宿泊のみだ。空港までシャトルバスを運行するホテルを日本で予約していたので、アムス着後も空港に直行して眠るだけだ。スーツケースを引きながら、ツーリングの終わりを、今更ながら実感する。

<本日のデータ>
  走行距離:215km(By Motorcycle)
  ホテル:\10900(クーポン払) ガソリン代:SF16 食費:SF18+EU10



<7月 13日>

今日は移動日で、時差を考えると半日しかない。朝食後、シャトルバスで空港に行き、チェックインを済ませる。もう、勝手知ったるスキポールなので、スーパーでお土産を買い、出国後は空港ラウンジでくつろぐ。定刻通り、12時にクアラルンプールに向けて離陸、ついにヨーロッパを離れる。海外旅行慣れした今でも、この瞬間だけは、誰に言うわけでもなく「また来るから」と心の中でつぶやく。そう、旅に終わりはない。
機内では、いつものように読書やMDを楽しみ、疲れれば寝たりを繰り返せば目的地に到着する。今回のフライトは12時間、目覚めれば早朝なのだから、十分に疲れが取れるように、なるべく眠ることに努める。



<7月 14日>

7時過ぎ、定刻通りクアラルンプールに着陸する。23時45分発の乗継便までは丸一日あるので、メインはクアラルンプール市街の観光とする。その前に、マレーシア航空が無料サービスとして、休憩できるリゾートホテルが用意されているので、そこで昼過ぎまで仮眠し、シャワーでさっぱりする。さあ、いよいよクアラルンプールに出撃。
クアラルンプールは、熱帯雨林の中に切り開かれたマレーシアの首都。落ち着いた欧州とは正反対の、アジア特有の喧騒で賑わう市街地だ。さすがに首都だけあって、地下鉄やバスも整備されているし、モノレールも完成間近だ。まずは世界一の高さを誇るペトロナス・ツインタワーへ。商業ビルなので、内部には入れないが、下層は大型ショッピングセンターになっており、地元民と観光客で活気に満ちている。店を見ていると、まったく外国に来た気がせず、日本製品が満ち溢れている。次にKLタワーに登る。こちらは、展望台になっており、クアラルンプール市街を一望できるが、市街地は森林に囲まれており、植生も熱帯であるのが分かる。それにしても、ここも中国人ツアー客が多い。やはり、飛ぶ鳥を落とす勢いの中国は、今が旬なのだろう。
LOT10などの商業施設が並ぶ通りのスタバで一休み。蒸し暑いので、アイスモカが美味しい。ふと立ち寄ったショッピングセンターは、これまでとは一味違った雰囲気で、店種は異なるものの、香港の電脳街と同じムードを醸し出している。さらに奥に進むと、お約束のようにありました、海賊版ショップ。日本人(主にアイドル系)歌手のCD、日本アニメ、ゲームソフト等の海賊版が多数で、その間で携帯電話改造店(スケルトンボディに換装して発光ダイオードを仕込みまくる)、怪しげなPCパーツばかり売る店、Evolution、Type-R等の車用エンブレム(真贋不明)やステッカーを売る店が所狭しと並ぶ。モラルも秩序も無い、海賊版天国な様子は、まさにアジアの王道と言ったところだが、香港電脳街と違うのは、エロ系がないこと。やはり、政治的または宗教的な影響が大きいのだろう。
空港へ向かう前に夕食を済ませることにするが、さすがに衛生面が気になり、屋台には入らずに、中華系と思われる食堂に入る。迷わず、サテ(東南アジア風焼き鳥)とミーゴレン(東南アジア風焼きそば)を注文。うーん、やっぱり美味しいね、食はアジアに限るかもしれない、次は本場の中華と行きたいね。
20時を回ったので空港へ向かう。チェックインを済ませ、ラウンジに行こうかと思ったが、カフェのTVでロッシが映し出されたので、そこでコーラを飲みつつMoto GPを観戦して時間潰し。免税店で、残ったRM(リンギット=マレーシア通貨)をチョコレート類に換え、いよいよ最終帰国便へと搭乗する。定刻通り離陸、目覚めれば日本のはずだ。

<本日のデータ>
  \5000=約RM160で、食費、交通費等すべて賄う
  詳細データ残していない


<7月 15日>

台風接近が心配されたが、予定通り関空に着陸、とりあえず無事帰国はできた。過ぎてしまえば、あっという間だったが、大きなトラブルも無く帰って来た事にほっとする。家までは、やはり慣れた道のり、何もかもが新鮮で刺激的だった旅も終わり、日常へ戻っていく事を実感するのも、この関空からの帰り道だ。この旅を、もう一度振り返りつつ、次の旅へと、また思いを馳せよう。目指せば行けない所なんて、この地球上には、ほとんど無いのだから。そして感動は、世界中のあちこちに存在しているのだから。





<最後に>

この旅をサポートしていただいた輪嘶舎の方々とフィルスト氏、そして、この旅で出会ったすべての方々への感謝を込めて。



<旅のデータ>

航空券:マレーシア航空利用 欧州往復 IT料金 約\10万 + スイス航空 欧州内2フライト\28000
レンタルバイク:スイス Furst Moto(カワサキ販売店) にて SF180/日 x 4日−>SF700
レンタカー:Hertz コンパクトクラス 2日 EU145 (保険代等含)
走行距離&燃費:1506km&66.6L=22.6km/L(Motorcycle)
宿泊費:EU134+SF110+\10900=約\35000
滞在費等:EU170+SF83=約\26000