欧州ツーリング記


<7月 8日>

時差ボケを感じることなく、6時過ぎに起床、体調も天候も問題なし。朝食時には同じ宿に泊っていた人達とワールドカップの話をしながら。楽しいけど、自分の語学力のなさを思い知らされる瞬間、もっとがんばらないとね。
8:30頃に宿を出て、昨日見損ねたミルテンブルクへ。

マインの真珠と呼ばれ、日本人には知られていないが、ドイツ人には人気の街並みらしい。良かった、今日は祭りの余韻もなさそう。駐車場に車を停め、さあ行こうと思ってる所に何か漏れるような音。見てみると自分のヤリスのタイヤがぺちゃんこになってる! あまり時間もなかったので、さっさとタイヤ交換して、残り少ない時間で、少しだけ散策を楽しむ。派手ではなく、いまだに人々が生活している中世の街並みは、美しくかつリアリティに満ちている。

マインの真珠と呼ばれるミルテンブルクの美しい街並み
パンクしたヤリスのタイヤはテンパータイヤに換装

ゆっくりとしたいところだが、今日の午後はチューリッヒへの移動があるので、テンパータイヤでアウトバーンに乗り、一路フランクフルトへ。さすがに90km/h程度の速度での巡航は少々気を使うものの、トラックやバスの流れと同調して走らせる。
フランクフルトで車を返し、チェックイン後空港で昼食。フランクフルト空港のマクドナルドは、見晴らしが良く、離着陸を眺めながら食事できるのでお勧めできる。
チューリッヒへは、スイス航空のプロペラ機で。実質45分程度のフライトながら、軽食も果物も配られるしで、サービスは満点だ。本当に、あっという間にチューリッヒに到着。空港税関でヘルメットを持ってることが分かると、税関職員は「おれはSUZUKIの1300に乗ってるぜ」と声をかけてくる。やはりヘルメットを持った旅行者は珍しいらしい。

今回のレンタルバイク店が迎えに来てくれるというので、到着ロビーで探してみるが、それらしい人は居ない。30分ほど待つがいっこうに現れないので、店にTELしてみると、「明日じゃなかったっけ? 今空港かい? すぐに迎えに行くよ」と店主のフィルストさん。のん気だなあ、さすがヨーロッパ、と感心しながら待つこと20分、フィルストさんが現れた。非常に親しみやすい人柄で、ホテルまで送ってもらう間、ずっと話を楽しむ。

ホテルにチェックイン後、チューリッヒ市街地散策に。さすが大都市、人並みと繁華街に少々戸惑ってしまう。やはり小さな街が、僕には合ってるのかもしれない。今回のホテルは、市街地からバスで20分くらいの郊外にあるのだが、市街中心のホテルでは、チェックインする日本人ツアーの姿も。四ツ星クラスのようで、やはりツアーでは、高級ホテルを利用しているようだ。夕食を済ませ、ホテルに戻って、明日からのツーリングに備えて荷物の下準備をする。明日からいよいよツーリング開始、期待を胸に就寝する。

<本日のデータ>
  走行距離:271km(By car)  レンタカー:EU145(保険等含)
  ホテル:SF110 ガソリン代:EU36 食費:EU5+SF12