欧州ツーリング記


<7月 7日>

機内では、割とゆっくり眠れ、あまり苦痛を感じる間もなく、ほぼ定刻の7時過ぎにフランクフルトに着陸。さあ、いよいよヨーロッパ上陸。
今日、明日はレンタカーで、お気に入りのニュルブルクリンク走行も入れながら、近郊の小さな街を訪ねる予定。予約していたHertzレンタカーにて手続きを行うが、「車はヤリス(日本名ヴィッツ)だよ」って言われ、少々がっかり。せっかくドイツに来たんだから、ドイツ車貸して欲しいのに、と思いつつ言われた駐車場には、ちゃんとヤリスが停まってた。で、車のトランクにスーツケースを入れようとすると・・・。完全に容量不足で入らないことが判明。治安面が心配だけど、仕方なくリヤシートを倒して、スーツケースを押し込んで、出発。目指すはニュルブルクリンク!

コースマップ 走行券 ニュルブルクリンク入り口
ニュルブルクリンク入り口
左はコースマップと走行券

10:30頃にニュル到着。今日は朝から夜まで一般開放日なのは、HPで下調べ済みだったので、迷うことなく北コースの出入り口へ。やはり、地元の車好き、バイク好きで賑わっている。周りに比べると、ヤリスでは明らかにアンダーパワーだし、乗り手の腕も雲泥の差があるけど、臆することなく走行券を買い、いざ出陣。車体の軽さは助かるが、明らかにトルクが不足してて、上りではまったく加速してくれない。周囲の車、バイクに抜かれまくられながら、約20kmの1Lap走行終了。
はぁー、疲れたけど本当に楽しかった。

ライン川の渡し船ニュルを後にし、モーゼル川沿いに東進。コブレンツでライン川と合流すると、今度はライン川沿いに南下する。流すようにドライブするには、もってこいのコース。小さな街と点在する古城を縫いながらのドライブ。尾道を彷彿とさせる、小さなフェリーでの「渡し」も風情が感じられる。

リューデスハイムから再びアウトバーンに入り、そのまま南下。昼食は途中のSAで軽めに済ませる。アウトバーンのSAも良く
整備されており、給油、軽食に便利である。
やはり丘陵地帯を駆け抜けて、一路ミルテンブルクへ。しかし、ゆっくりと町並み散策を楽しもうと思ったが、予想外の渋滞に不安になる。途中の街でも幾つか見かけたのだが、ちょうど、お祭りが開催されているらしい。
ヨーロッパの短い夏を楽しもうと、この時期は各所でお祭りが開催されているようで、移動遊園地や出店は、ビールとワインを楽しむ人で溢れている。ミルテンブルクを次の日に諦めて、お隣のミッヒェルシュタットで宿探しを目論むも、市街地は一方通行が多く、少々車では不便なので、さらにお隣の、本当に小さな街で宿を探す。
メインの通りより一本奥の静かな通りに宿を決めて、少し街中を散策後ピザで夕食。

ホテル 街並み

もう8時を回ってるのに、まだまだ明るく、ヨーロッパの夏を実感する。そして、久しぶりに体を横に出来る嬉しさと少々疲れを感じることから、早めの就寝。

<本日のデータ>
  走行距離:565km(By car)
  ホテル:EU40  ニュル走行費:EU12  食費:約EU12  地図:EU11.5