欧州ツーリング記


<7月 6日>

いよいよ待ちに待った出発。前日までに詰め込んだ荷物と、ヘルメットを持って7時過ぎに家を出た。関空マレーシア航空B777-200までは慣れたものだが、いつもは持たないヘルメットが何となく嬉しいやら照れくさいやら。
 関空でチェックインと旅行保険の手続きを済ませて、12時発クアラルンプール行きのマレーシア航空に搭乗し、定刻通りに日本を離陸。
 クアラルンプールまでは約6時間のフライト。定刻通りに到着したが、ボードで確認してみると、乗り継ぎ便出発が1時間遅れの予定。ただでさえ約5時間の待ち時間があると言うのに、その上さらに1時間とは。仕方ないので、航空会社のラウンジで一休み。インターネットが出来るPCがあるのだが、日本語が使えないので、仕方なくデタラメの英語で、いつもの掲示板に書き込みながら暇つぶし。それでも6時間近くも退屈なのは、本当に辛い。
搭乗開始されるとすぐさま機内に乗り込んでしまったが、これから12時間も、また退屈なフライトが始まると思うと辛いので、何とか寝るように努める。クアラルンプールを出たのは、日付も変わった25時だった。