研究プロジェクト「新興国の経済政策比較」(旧「中東欧とラテンアメリカのいまを比較する」)


<このページについて>
○これまで本格的な「地域間比較」の試みとして、京都大学東南アジア地域研究研究所の村上先生と2008年以降「中東欧とラテンアメリカのいまを比較する」プロジェクトを運営し、その成果として論文集『ネオリベラリズムの実践現場―中東欧・ロシアとラテンアメリカ』(京都大学学術出版会)および『脱新自由主義の時代?―新しい政治経済秩序の模索』(京都大学学術出版会)を刊行しました。このプロジェクトを受ける形で、「ポストネオリベラル期の政策比較」という形で、新興民主主義国やスラブ・ユーラシア地域の経済政策を包括的に比較する方向へと展開したのが、本プロジェクトとなります。とりあえずは4年間(2016〜2019年)の活動を予定しています。
○最終改訂日:2018年10月17日。第6回の研究会の案内を掲載。


プロジェクトの概要


[近年の成果の概要]

2015年度の成果の概要

2013-14年度の成果の概要

2012年度の成果の概要


「新興国の経済政策比較」(旧「中東欧とラテンアメリカのいまを比較する」)第6回研究会

日時:2019年1月5日(土曜) 13:30から17:45
会場:京都女子大学東山キャンパス S309号室(S校舎3階)
 大学へのアクセスはこちらを、学内の地図はこちらを、それぞれ参照

報告者および報告タイトル(タイトルはいずれも仮題):
第1セッション 欧州におけるポピュリズム 13:30-15:30
 林忠行(京都女子大学)「チェコとスロヴァキアのポピュリズムの諸相」
 横田正顕(東北大学)「欧州危機後の南欧におけるポピュリズム政治の明暗」
第2セッション ラテンアメリカの政党システムの変容 15:45-17:45
 馬場香織(北海道大学)「レガシーの終焉?―メキシコの安定的な政党システムの変容」
 村上勇介(京都大学)「低成長期ペルーの政党システム─不安定性の継続」

<研究会に関する連絡先>
 仙石 学(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター)  m-sengoku (AT) slav.hokudai.ac.jp
  ※上記メールアドレスの(AT)は@に置き換えてください。

☆会場準備のため、参加を希望される方は2018年12月25日までに、仙石まで連絡をお願いします。
☆プロジェクト関係の方については、研究会終了後に1時間ほど、今後の研究方針に関する打ち合わせを行います。

○この研究会は、科学研究費補助金・基盤研究(B)「ポストネオリベラル期における新興民主主義国の経済政策」(課題番号16H03575、研究代表者仙石学)、スラブ・ユーラシア研究センター共同研究斑「スラブ・ユーラシア地域における『ポストネオリベラル期』の経済政策比較」、および京都大学東南アジア地域研究研究所CIRASの公募研究プロジェクト「新興国の経済政策比較―新興民主主義国とポスト社会主義国の比較から」(研究代表者・仙石学)の共催で実施されます。


[活動記録]

「新興国の経済政策比較」研究会

第5回研究会の案内

第4回研究会の案内

第3回研究会の案内

第2回研究会の案内

第1回研究会の案内

「中東欧とラテンアメリカのいまを比較する」研究会

第15回研究会の案内

第14回研究会の案内

第13回研究会の案内

第12回研究会の案内

第11回研究会の案内

第10回研究会の案内

第9回研究会の案内

第8回研究会の案内

第7回研究会の案内

第6回研究会の案内

第5回研究会の案内

第4回研究会の案内

第3回研究会の案内

2009年度の比較政治学会における当研究企画の分科会(分科会B「ラテンアメリカと中東欧の政党システム比較」)(比較政治学会ホームページへのリンク)

第2回研究会の案内

研究会設立の趣旨、および第1回研究会の案内


トップページへ戻る
Copyright (C) 2018- by Manabu SENGOKU. All Rights Reserved