超初心者のためのF1用語集
「F1中継で言ってる意味がわかりましぇ〜ん」って方へ
基礎的な用語をまとめてみました。

五十音をクリックすると、そのあたりまで飛ぶよ!

あ行 か行 さ行 た行 は行 ま行 ら行

あ行
アウト・ラップ ピットから出た直後の1周のこと。うまくタイヤを温めながら走らないとスピンしたり、速度がのらなかったりする。
アンダー・ステア ハンドルを切っているのに曲がりにくい状態。(反対語⇔オーバー・ステア)
イン コーナーの内側寄りのこと。(例:インを差す)
インターミディエイト 「小雨ならコレでおまかせ!」タイヤ。「ドライタイヤ」と「レインタイヤ」の中間。
インフィールド ストレート区間からはずれた細かいコーナーが連続する部分。
ウイング 車を路面に押しつけてグリップをよくするためのもの。フロント(前部)ウイング、リア(後部)ウイングがある。
ウエットタイヤ 雨の日用のタイヤ。レイン・タイヤとも言う。(⇔ドライ・タイヤ)
ウォームアップ走行 決勝日の午前中に行なわれる最終調整の走行(現在はありません)
エギゾースト・ノート エンジン音のこと。
FIA(エフ・アイ・エー) 世界自動車連盟の略称。
F1(エフ・ワン) FIA(世界自動車連盟)が公認する最高峰の4輪自動車レース。正式にはFormula One(フォーミュラ・ワン)。『フォーミュラ』は「規格」を意味し、ひとり乗りのタイヤがムキ出しのマシンで、レースを行なうというもの。『ワン』は「最高峰」。1年間通してのグランプリレースのことを「F1ワールドチャンピオンシップ」と呼ばれる。
エンジン・ストール エンジンが止まってしまうこと。
縁石(えんせき) コーナー沿いにある「赤と白」など交互に塗られているゾーン。(例:縁石を使う)
オーバー・ステア コーナーで思った以上に曲がり過ぎる状態。(反対語⇔アンダー・ステア)
オーバー・テイク 追い越しのこと。(実況例:みごとなオーバー・テイクです)かっこいいぞぉ!
オン・ボード・カメラ 車に搭載しているカメラのこと。ドライバーに近い視点から見れる!
このページのトップへもどる

か行
クラッシュ 事故のこと。
グラベル 安全のために作られた、コーナーあたりの砂がいっぱい敷き詰められた場所。
グリップ タイヤが路面と接触している強さ。
コクピット ドライバーが運転のために座るスペース。
コンストラクターズ・チャンピオン グランプリレース1年を通してのチーム優勝のこと。
このページのトップへもどる

さ行
サイド・ボード レース中、ドライバーに指示を出すためのボード。
G(ジー) 重力の加速度の単位。急なカーブやジェットコースターで体が横に引っぱられるアレ。
シケイン コース上に速度を落とすために作られた部分(カーブ)のこと。
車検(しゃけん) マシンの規定が守られているかどうかを確認する、抜き打ち検査。
シャシー 車体のこと。
ステアリング ハンドルのこと。
捨てバイザー ヘルメットの目の部分に何枚か重ねて貼られている使い捨てのフィルム。汚れて見えづらくなると、ドライバーはこれを剥ぎ取ってクリアな視界にする。
スリップ・ストリーム ストレートなどで、前のマシンの後方にピッタリと並び、空気抵抗が少なくなったことを利用して、一気に追い抜く走法。
セーフティー・カー レース中、事故などでレースを続けるのが危険な状態の場合に、レースカーをゆっくりと先導する車のこと。この車がいる間は追い越し禁止。
セクター 区間のこと。コース上をいくつかの区間ごとに区切り、そこでもタイムを計測。(予選実況例:セクター2ではトップタイムを上回っています)
このページのトップへもどる

た行
Tカー(ティ・カー) 予備に用意してあるマシンのこと。スペア・カー。
テレメトリー 遠隔監視システム。ピットからマシン、またはマシンからピットへと様々な情報を無線で送り、問題点があればデータを送信してトラブルを解決できたりする。そんな便利システムも2003年から禁止!(マシンからピットへのテレメトリーは2004年から禁止)
ドライ・タイヤ 晴れた日用のタイヤ(⇔ウェット・タイヤ)
トラクション・コントロール 急な加速やコーナからの立ち上がりで、最適な状況を保つための電子制御機能。
このページのトップへもどる

は行
バック・マーカー 周回遅れのマシンやドライバーのこと。周回遅れのマシンの後方に上位のマシンが近づくと、周回遅れのマシンは路を譲らなければいけない。
パドック ピット裏。ドライバーやチーム関係者が待機している場所。
パルク・フィルメ レース後、完走したマシンを止める場所。2003年からは予選終了後〜決勝もここがマシンの保管場所になる。
バンピー でこぼこに荒れている路面。
ピット サーキットでマシンの整備を行なう場所。レース中の給油やタイヤ交換もここで行なう。ピットに出入りする路を「ピット・レーン」と言い、制限速度は100km/h。
ピット・クルー レース中、マシンの整備や給油、タイヤ交換を行なう人達。メカニック。
ピット・ストップ レース中、給油やタイヤ交換などを行なうため静止すること。レースを左右するほど重要。
107%ルール 予選のタイムアタックで、トップタイム×107%を超えるタイムしか出せなかった場合、予選落ちとなり決勝には出場できないというルール。
ファステスト・ラップ ひとつのレースにおいて、最も速い1周分のタイムのこと。記録に残る。
フォーメーション・ラップ レースのスタート直前、全車がゆっくりとコースを1周すること。1列に連なって、ウニョウニョ走ってるアレです。
ブリヂストン F1にタイヤ供給している日本のメーカー。以前はミシュランと熾烈なタイヤ戦争を繰り広げていたが、今はブリヂストンのワンメイク(タイヤメーカー1社が全てのチームに供給)。
ヘアピン 180度をも折り返すきっついコーナー。上から見るとピン止めの形に似てるから。
ペナルティ スタート時のフライングやピット・レーンの制限速度違反、マシンの規定違反などなど、違反をした場合に受ける罰。「ピット・スルー(ピットレーンの通過)」や「10秒ストップペナルティ(自分のチームのピット前で10秒間停止)」などがある。ひどい場合は出場停止も。
ホイル・スピン タイヤが空回りしてしまう状態。
ポイント 入賞時にもらえる得点。1位…10ポイント、2位…8ポイント、3位…6ポイント、4位…5ポイント、5位…4ポイント、6位…3ポ|イント、7位…2ポイント、8位…1ポイント。(2003年から上記ポイントに改定)
ポール・ポジション(PP) 決勝のスタートでの一番先頭の位置。予選で最も速いタイムを出したドライバーに与えられる。
ポディウム 表彰台のこと。
このページのトップへもどる

ま行
マーシャル コース係員。イエローフラッグなどの旗を振ったり、クラッシュしたマシンを撤去したりなど働く人々。
ミシュラン 以前、F1にタイヤ供給していたフランスのメーカー。2005年アメリカGPでは、安全性が確保できないという理由で、ミシュランタイヤを使う全チームが棄権する前代未聞の事態が発生。2007年にF1から撤退。
メカニック マシンの整備や調整を行なう人達。
モナコ・マイスター モナコグランプリを制したドライバーに与えられる称号。「モナコ名人」ってことっすね。大変名誉。
このページのトップへもどる

ら行
ラウンチコントロール スタート時にタイヤの空回りを避けて素早く発進するための機能。(2004年からは禁止)
レギュレーション F1競技における基本ルール。規定。
ロリポップ ピットストップ時にマシンの前に差し出されている「長い棒付き」のボードのこと。棒付きキャンディに似ているのでこう呼ばれる。
ちなみに、ここのHP名もここからいただきました♪


このページのTOPにもどる

 
web master : moyoko
©Copyright 2000-2009"F1 site girls Lollipop"All rights reserved.