パソコンをツールにした、パズルの解き方


  パソコンのアプリケーションソフトのEXCELをパズルを解くためのツールとして利用してみました。初期入力が少々面倒ですがパズルを解く人は根気があると思いますので、大丈夫でしょう。
1.ナンクロ
  1. 問題の数字を各セルに入力します。塗りつぶしてあるところは、「*」にしてあります。(週刊文春「てこずるパズル」より)図1−1
  2. 図1−2にVLOOKUP関数を用いて、図1−4の列BBに記入した文字を図1−1に入力した数字に対応させて表示させます。
  3. 図1−1の「*」印は「###」で表示させます。
  4. 図1−4の左の表は図1−1の数字に対応する文字の記入欄を作成しておきます。列BBは手入力のセルです。
  5. 図1−2には図1−4の列BBに入れた文字がVLOOKUP関数により、確実に表示されますので、手書きのときみたいな、変換漏れがなくなります。
  6. これらの機能に加えて、アイウエオのどの文字が使用されていないかを確認する機能が図1−4の右側の表です。
  7. 図1−4の右の表のBF・BH・BJ・BLは列BBに文字が入ったら、図1−1の対応する番号が入るようにしてあります。
  8. 図1−4の右の表でアイウエオのなかの未使用の文字には「###」の表示をさせます。
  9. 図1−2で未確定の単語があるときは、図1−4の右の表の「###」のアイウエオを順番に入れてゆき、当てはまる単語を探していきます。
  10. 図1−3は図1−4の文字を記入する欄を横にしただけの表です。
  11. ナンクロをはじめとして、パズルを解くのにこのようなパソコンを使う方法はナンセンスかもしれませんが、パソコンの表計算ソフトを理解するための一つの方法だと思って作成してみました。
nankuro01.jpg
nankuro02.jpg
nankuro03.jpg


トップページK_TOP.GIF