自殺データベース (9) 昭和60年代の自殺 (1985−1989)
自殺データベース(8)昭和50年代← index →自殺データベース(10)平成元年〜9年

1985年 1月4日 在日韓国人2世作家、金鶴泳が群馬県多野郡新町の実家にてガス自殺 代表作「凍える口」
1985年 1月7日 不二興産会社取締役、須釜嘉彦が東京都千代田区大手町2、日本ビル5階、同社西側窓から飛び降り自殺
1985年 1月15日 茨城大理学部教授、小沼直樹が茨城県新治郡桜村天王台1、筑波大学第3学群F棟非常階段12階から飛び降り自殺
1985年 1月17日 経企庁経済研究所国民所得部国民経済計算調査室長、細淵勝敏がタイ、バンコクのアンバサダーホテル14階から飛び降り自殺
1985年 2月3日 自民党東京都議会議員、花山寧が豊島区北大塚3-25-7自宅ふろ場にて自殺
1985年 2月16日 横浜市立並木小学校5年、杉本治が横浜市金沢区並木、さざなみ団地14号棟の13−14階踊り場から飛び降り自殺、現場に担任教師をなじる言葉「マー先のバカ」が残されていた。後に「マー先のバカ 小学5年生が遺した日記」が出版された。
1985年 3月21日 気象庁気象研究所台風研究部第3研究室長、荒井康が茨城県新治郡桜村吾妻1、公務員宿舎13階踊り場から飛び降り自殺。
1985年 4月5日 漫画家、いそべみえこ(磯部三枝子)が山形県温海町小岩川の海岸より入水、5日に酒田市浜中の海岸に遺体が漂着 代表作「おさげちゃん」
1985年 4月15日 オートバイレーサー、バイク洋品店ひろこの店主、堀ひろ子が首つり自殺
1985年 4月27日 元日本共産党政治局員、伊藤律の実弟、伊藤兢哉が岐阜県瑞浪市土岐町の自宅にて首つり自殺
1985年 5月1日 和歌山県警湯浅警察署署長、迎井昌己が有田郡湯浅町湯浅の湯浅署長公舎にて首つり自殺
1985年 5月9日 女優、若山セツ子が東京都調布市東つつじヶ丘山田病院204号室で首つり自殺
1985年 5月10日 熊本市健軍町の医師、藤本徳久が妻と孫の首をナタで切った後、浴槽内で首をナタで切り自殺
1985年 5月20日 新潟県松之山町坪野、村山吉ノが自宅裏の水深30センチの池にて入水。104歳の自殺。
1985年 5月22日 南郷町農業委員会事務局次長畑中弘子が南郷町大柳砂押の自宅物置にて首つり自殺
1985年 5月22日 南郷町農業委員会事務局長佐々木文夫が鳴瀬川堤防の立ち木にて首つり自殺
1985年 6月12日 大蔵省証券局総務課課長補佐、宇野功人が東京都千代田区霞が関3,大蔵省本館屋上から飛び降り自殺
1985年 7月7日 法政大学経済学部4年染谷昌寿が新宿駅南の新宿GSビル4階から飛び降り自殺。4階に入居している教育機器販売会社とトラブルをおこしていた。
1985年 7月10日 週刊ポスト、週刊現代創刊時の編集長、小学館社員荒木博の水死体が千葉県山武郡九十九里町粟生の海岸にて発見される。
1985年 7月12日 元国鉄機関士、伊藤和正が八王子警察署留置所トイレにて首つり自殺。婦女暴行容疑などで拘置中。
1985年 7月23日 環境庁企画調整局企画調整課計画調査室長補佐、富窪望の遺体が千葉県習志野市実籾町4の林にて発見される 睡眠薬自殺
1985年 8月7日 グリコ・森永事件:滋賀県警本部長山本昌二が大津市松本1-9滋賀県警官舎にて焼身自殺
1985年 8月27日 新橋駅出札窓口業務中に119万円を盗まれた国鉄新橋駅営業係駅長室電話係、島田信一が総武線新小岩駅ホームにて鉄道自殺
1985年 9月7日 洋画家、鴨居玲が神戸市の自宅にて排ガス自殺。姉はスキャンティーの発案者、下着デザイナーの鴨居羊子である。
1985年 9月7日 大妻女子大学2年、奥田千香子が東京都港区高輪、衆議院議員宿舎11階廊下から飛び降り自殺衆議院議院、奥田敬和の次女
1985年 9月15日 日教組本部と三重県教組に小包爆弾を郵送した島根県松江市の政治団体、尊王義塾仁義社代表、安藤三蔵が松江市嫁島町の尊皇義塾仁義社2階にて拳銃自殺
1985年 9月21日 日本航空日航ジャンボ機墜落事故被災者相談室、富永弘雄が横浜市旭区中沢町の自宅にて果物ナイフで自傷し自殺
1985年 9月23日 アフタヌーンショーやらせリンチ事件被害者の母親が国鉄青梅線福生市福生本町踏切にて鉄道自殺
1985年 9月27日 俳優、大友柳太郎が東京都港区南青山5-4-51シャトー青山第1マンション屋上から飛び降り自殺 往年の剣豪スター、代表作は映画「怪傑黒頭巾」シリーズ
1985年 10月5日 京福電鉄バス運転手、中野敬一郎が中央自動車道須玉インター約2キロ北にて死傷者64名の転落事故を起こした直後、事故現場から南へ約200m離れた小川そばのクルミの木にて首つり自殺
1985年 10月12日 科学技術庁無機材質研究所技官、川田功が桜村並木1、無機材質研究所本館3階から飛び降り自殺
1985年 10月14日 社会福祉法人信光園理事長、森田信行が宝塚市境野中山田の山中にて農薬パラコートを飲み自殺、翌15日死亡
1985年 10月21日 歌手フランク永井が目黒区下目黒5の自宅螺旋階段にて首つり自殺(未遂) 重い後遺症で歌手活動が不可能に、2008年10月27日に死亡
1985年 10月28日 日本鋼管企画部次長、見城昭一が神奈川県座間市入谷5、小田急線踏切にて鉄道自殺
1985年 11月20日 東京都大田区羽田中学校2年亀田千春が東京都大田区羽田4、マンション三洋キャッスルハイツ10階から飛び降り自殺 いじめを強制され拒否して自殺 羽田中学校では5月にも3年佐藤美由樹が都営東糀谷住宅8階から飛び降り自殺していた。
1985年 12月4日 日興国際投資顧問社社長、藤川五郎が東京都千代田区丸の内2、東京ビル5階から飛び降り自殺
1985年 12月8日 タレント、北野誠の父が焼身自殺
1985年 12月14日 山形市立第十小学校教師、伊藤範子が同校屋上から飛び降り自殺
1985年 12月19日 西武セゾングループ演劇準備室長、元東京宝塚劇場支配人の大河内豪が国鉄埼京線中浦和駅下りホームにて鉄道自殺
1985年 12月20日 財団法人ダム技術センター理事長、元建設省事務次官、稲田裕が川崎市高津区溝口379-1パークシティー溝ノ口B棟非常階段13階から飛び降り自殺
1985年 12月25日 東京工業大学工学部教授、華山謙が東京都中野区東中野1、氷川公園簡易トイレ内にて焼身自殺
1986年 1月24日 日本一地価が高い場所で有名な銀座鳩居堂社長、熊谷道一が板橋区高島平3-11-1高島平団地1号館にて飛び降り自殺
1986年 1月26日 女子美術大学洋画科4年武田幸子が杉並区和田1-49-8同大2号館屋上にて灯油をかぶり焼身自殺
1986年 1月27日 西松建設元専務の未亡人、西松きよみを絞殺した、長女の交際相手のデートクラブ経営者、赤松範一が広島城にて自殺
1986年 1月28日 元オリンピック馬術監督、全日本学生馬術連盟会長、青山幸高の水死体が東京都東大和市の多摩湖にて発見される。死後約1ヶ月半経過。
1986年 2月1日 中野富士見中学いじめ自殺事件:「このままじゃ生きジゴクになっちゃうよ」との遺書を残し東京都中野区中野富士見中学校2年鹿川裕史が盛岡駅ビル、フェザン地下1階トイレにて首つり自殺 「葬式ごっこ」といった陰湿ないじめが社会問題に
1986年 2月17日 小説家、鈴木いづみが自宅にて二段ベッドにストッキングをかけて首つり自殺 代表作「声のない日々」 夫は1978年9月9日に睡眠薬自殺したジャズサックス奏者、阿部薫。
1986年 2月21日 埼玉県上尾市立上平中学校教師、本多哲が同校5階建て校舎屋上から飛び降り自殺
1986年 2月27日 田中角栄元首相第1秘書、田中利男が東京都新宿区中落合3の自宅で首つり自殺
1986年 3月23日 フィリピン人民革命:通産省経済協力部社会開発事業係長、対フィリピン円借款プロジェクトなど経済協力を担当していた越野佳孝が地下鉄千代田線綾瀬駅上りホームにて鉄道自殺
1986年 3月25日 元神奈川県警鶴見署巡査部長、小沢弘が三菱銀行横浜支店にて拳銃自殺。友人と同銀行にて人質監禁強盗事件をおこし籠城中だった。
1986年 3月28日 筑波研究学園都市研究者連鎖自殺(10):建設省建築研究所第5研究部防火研究員、森下弥三郎が茨城県新治郡桜村吾妻4丁目公務員住宅にて首つり自殺しているのを同僚に発見される。
1986年 3月30日 女子高生モデル、遠藤康子が東京都台東区のビルの7階屋上から飛び降り自殺
1986年 4月8日 アイドル歌手、岡田有希子が東京都新宿区四谷4、大木戸ビル7階から飛び降り自殺
1986年 4月15日 16歳サイの少女ショウジョが神戸市のマンション13階廊下にて「岡田有希子さんのようになりたい」と言い残し、妹の目の前で飛び降り自殺。
1986年 4月19日 千葉県勝浦市の海岸で、若い男性が岩場に飛び降り自殺。鞄の中に岡田有希子特集の雑誌。
1986年 4月22日 富山市の高校2年男が同市海岸通のレジャープールの飛び込み台から飛び降り自殺。岡田有希子の自殺にショックをうけていた。
1986年 4月24日 千葉県松戸市の中学1年女が同市のマンション13階から飛び降り自殺。岡田有希子のファンで事件後は繰り返しビデオをみていた。
1986年 4月28日 洋画家、石河彦男が自殺
1986年 5月2日 岡田有希子の自殺現場のビル屋上より男が飛び降り自殺 当初、男は大木戸ビル屋上へのぼったが、カンバンに阻まれて飛び降りることが出来ないため、隣のビルから大木戸ビル屋上へ飛び移り、そこから飛び降り自殺。岡田有希子は屋上から飛び降りたと言われるが、同ビル階段から屋上へ出ても外へは出られない。
1986年 5月3日 第1回全日本ゲートボール大会優勝の前橋MGBCメンバー、野口勇が群馬県勢多郡宮城村柏倉の自宅にて農薬自殺、14日に死亡
1986年 5月23日 輪島年寄株担保事件:11代花籠親方中島昶光の未亡人、中島トミが八王子市横川町の別荘物置にて首つり自殺
1986年 6月11日 山梨県労政課長、丹沢康夫が山梨県中巨摩郡田富町大田和の笛吹川河川敷にて焼身自殺
1986年 6月13日 青森グランドホテル社長、三浦貞夫が自宅近くのカギのかかった車庫にて排ガス自殺?
1986年 6月16日 収賄容疑で逮捕、起訴されていた福岡県道路公社前総務部長、福岡県土木部参事、古賀哲郎が福岡県筑紫野市山家の福岡県道路公社冷水有料道路建設事務所車庫内にて首つり自殺。
1986年 6月20日 日野市助役、赤松行雄が東京都立川市錦町4、共済立川病院にて飛び降り自殺
1986年 7月21日 愛知県立碧南工業2年、中野博和と亀島晴喜が名古屋市中村区名駅4富士ビル屋上から飛び降り自殺。屋上に「有希子さんの所へ行く」とチョークで書き置き。
1986年 8月1日 国鉄東京給電管理局総務課員、国労東京地本新橋支部東京給電管理局分会長、南雲貢が秋葉原駅山手線3番線ホームにて鉄道自殺
1986年 8月16日 筑波大第2学群比較文化学類2年、長谷部妙が筑波大人文社会学系A棟6階東側窓から飛び降り自殺
1986年 9月4日 浜松市在住の18男子、高林宏好が岡田有希子が自殺現場北のビル四谷4-28-14パレウルービル非常階段8-9階踊り場から岡田有希子の写真や切り抜きをばらまき、飛び降り自殺
1986年 9月12日 品川プリンスホテル別館3435号室において香港人が殺された事件で、犯人の英国籍廖顕彪が横浜市南区高根町3-17サンコートマンション屋上より飛び降り自殺
1986年 9月20日 元ガロ、ミュージシャン日高富明が東京都中央区新川2-2-1マンションいずみハイツ茅場町5階階段踊り場より飛び降り自殺
1986年 9月25日 福岡県筑穂町長、芳野兆が福岡市中央区渡辺通1、ホテルニューオータニ博多10階1032号室にて首つり自殺
1986年 9月30日 専修大文学部教授宮川雄一郎が埼玉県所沢市上新井の自宅にて首つり自殺
1986年 9月30日 第一生命庶務課主幹山本晟が東京都千代田区有楽町1-13-1第一生命本社ビル屋上から飛び降り自殺
1986年 10月1日 住友化学工業社員吉本光之が兵庫県尼崎市東富松辰巳台、阪急神戸線東富松踏切にて鉄道自殺
1986年 10月3日 総会屋、河合大介が東京都文京区白山4-8自宅マンション浴室内にてナイフで左太股を刺し自殺
1986年 10月4日 アルコール依存症で数年前から入退院を繰り返し休職中の玉川税務署員神保六郎が東京都大田区新蒲田2-8東急目蒲線矢口渡3号踏切にて鉄道自殺
1986年 10月19日 2年前亡くなった社会党衆院議員、湯山勇の未亡人、湯山チアキが松山市石手白石の自宅にて首つり自殺
1986年 10月20日 郵政省簡易保険局資金運用課運用企画室長、加藤幸夫が京王井の頭線駒場東大前駅にて飛び込み自殺。
1986年 10月21日 東京大学大学院生鈴木浩之と理学部情報学科4年来栖紀子が大阪市北区堂山町のラブホテルエレム4階506号にてナイフをもちいて心中 来栖紀子が死亡 後に鈴木は承諾殺人で起訴、執行猶予3年の判決
1986年 11月1日 宗教団体真理の友教会の女性信者7人、が前日病死した教祖宮本清治の後を追い早朝、和歌山市毛見の砂浜で灯油をかぶり集団焼身自殺 亡くなったのは教祖の妻、宮本延代。教祖の義母、川口伴代。養女、宮本典子。農林中金職員、山本裕己子。会社員、松尾康子。会社員、落合喜美代。信用金庫職員、辻美登里の7名で教団内では神の花嫁と呼ばれ教祖の世話をしていた。
1986年 11月29日 国鉄新潟運転所職員で元気動車運転手瀬賀清作が自宅車庫内で首つり自殺。
1986年 12月7日 栃木刑務所に服役中の篠崎信子(愛人を絞殺しノコギリで両足を切断し懲役10年の判決)が同刑務所病棟独居室でハタキの布をちぎりヒモにて首つり自殺
1986年 12月16日 社団法人家の光協会業務部長松浦利和が埼玉県嵐山町の菅谷公園にて首つり自殺
1986年 12月20日 民族派学生運動家、同志社大学文学部学生、万場世志治が京都御苑の北東部の「母と子の森」内にて切腹
1986年 12月22日 国会議事堂南側庭園内にて中年男性がガソリンをかぶり焼身自殺
1986年 12月27日 プロボウラー小森哲夫が長野県諏訪市内の山中にて焼身自殺
1987年 1月2日 余部鉄橋列車転落事故:国鉄福知山鉄道管理局豊岡運転区区長中路茂雄が兵庫県豊岡市高屋国鉄アパートA201号室にて首つり自殺
1987年 1月9日 大阪国税局総務課長、手島洋が京阪電車森小路駅上りホームにて鉄道自殺
1987年 1月15日 三菱石炭鉱業高島鉱業所労組書記長、山崎清嗣が雲仙天草国民宿舎有隣荘209号室にて首つり自殺
1987年 1月16日 山一証券副社長成田芳穂が東京都練馬区桜台5-17-2自宅物置にて首つり自殺
1987年 1月20日 余部鉄橋列車転落事故:1986年12月28日に発生した余部鉄橋列車転落事故において、余部鉄橋の風速計データ整理を担当していた国鉄福知山鉄道管理局工務部電気課係長谷垣昌幸が京都府福知山市室の山林にて首つり自殺。
1987年 1月30日 神奈川県鎌倉市山ノ内189の明月院、通称あじさい寺の前住職近藤杏邨が千葉県船橋市の船橋Gホテル5階11号室浴室にて内側から粘着テープでドアや換気口に目張りをし練炭自殺(恐らく日本初の室内で目張りしての練炭自殺、彼は6年前練炭こたつの事故で脳に障害をおっていた)
1987年 2月12日 新潟県燕市の燕商工会議所副会頭、日本金属洋食器工業組合前理事長、中山一が自宅物置内で首つり自殺
1987年 2月22日 殺人死体遺棄罪で拘置中の竹内義富が青森刑務所柳町拘置支所にて首つり自殺
1987年 3月10日 結婚相談会社OMMG元会員で無職、山崎雅秀が長崎市中町1-26OMMG長崎支所内にて所員を刺殺した後に焼身自殺。支所は全焼
1987年 3月11日 文部省会計課事務官、後藤文雄が都営地下鉄新宿線市ヶ谷駅上り線ホームにて飛び込み自殺(事故?)
1987年 3月17日 JAL123便墜落の遠因、1978年大阪空港尻もち事故の圧力隔壁検査担当だった元運輸省東京航空局航空機検査官、田島奏が埼玉県上尾市小敷谷の自宅にて農薬自殺
1987年 3月24日 日本石油化学川崎事業所労働組合副委員長広川信弘が横浜市南区別所の自宅二階にて首つり自殺
1987年 3月31日 国鉄最期の日、国鉄紀伊田辺駅営業係駅うどん店主任、藤田幸一が和歌山県田辺市上秋津町の雑木林にて首つり自殺
1987年 4月13日 日本学術会議事務局学術部学務課長金子健一が東京都港区六本木7-22-34日本学術会議ビル6階会議室窓から飛び降り自殺
1987年 4月18日 私立麻布学園教師小林公示が東京都大田区上池台1-1-6上池台マンション7階踊り場から飛び降り自殺
1987年 4月21日 中野区大和町1満願寺住職太田周賢が同寺物置にて灯油を用いて焼身自殺、満願寺は全焼。
1987年 4月28日 静岡県清水市議会議員選挙で初当選した社会党所属、片瀬正行が清水市日の出町、港湾会館清水市日の出センター(清水マリンビル)屋上から飛び降り自殺
1987年 4月29日 コアラ飼育担当の横浜市立金沢自然公園オセアニア班班長、中条久之が公園東側雑木林にて首つり自殺
1987年 5月1日 元NHK記者、神戸四郎が静岡県伊東市城ヶ崎海岸門脇灯台近く通称「半四郎落としの岩場」から飛び降り自殺
1987年 5月2日 山梨県塩山市の石工、吉岡正訓が市議会選の違反容疑で取り調べ後、自宅にて服薬自殺
1987年 5月15日 共産党幹部宅盗聴事件:元神奈川県警公安1課、某が警察施設内トイレにて首つり自殺。事件の実行役だった。警察発表は肝硬変による病死
1987年 5月22日 フリージャーナリスト、安田弘道がJR御茶ノ水駅近く聖橋から神田川に飛び込み自殺
1987年 5月24日 大阪税関伊丹空港支署次長中村隆が京都市西京区桂坤町の自宅にて首つり自殺。部下が大麻密輸事件を起こし直接の上司として警察に事情徴収されていた。
1987年 5月25日 福岡県苅田町の住民税流用疑惑:自民党衆議院議員尾形智矩の元側近、不燃物回収会社社長金秀夫が苅田町港17カンダ総業敷地内の乗用車中にて焼身自殺。
1987年 5月29日 防衛大学校図書専門官、相川和作が神奈川県横須賀市の鷹取山の岩場から飛び降り自殺
1987年 6月1日 運輸省港湾局技術課専門官でキャリア官僚の益田卓明が横浜市南区山谷115の運輸省稲荷山宿舎裏庭にて首を切り自殺
1987年 6月9日 日本航空国内線アシスタントパーサー高橋詠子が港区港南2-10-9日本航空独身寮スカイハウス屋上へ通じる階段踊り場にて首つり自殺
1987年 6月23日 九州大学工学部電気工学科教授 小西進が九州大学工学部2号館屋上より飛び降り自殺
1987年 6月24日 慶応大学理工学部有機化学科教授 土橋源一が日吉キャンパス研究実験棟23号504A号室より飛び降り自殺
1987年 7月7日 国立がんセンター看護士富永松江が殺害され有明埋め立て地に遺体が遺棄された事件で、同センター勤務の医師、森川映之が東京都豊島区南大塚3-2-11寿高ビル801号室にて電気コードとタイマーを用いて感電自殺、遺書に殺害を告白。
1987年 7月8日 弁護士 森高計重が営団地下鉄千代田線代々木公園駅上りホームにて鉄道自殺
1987年 8月5日 歌人、三国玲子が東京都目黒区中目黒、東京共済病院6階病室から飛び降り自殺 代表作「鏡壁」
1987年 8月17日 元広域暴力団双愛会系幹部、元千葉県議会議員石井博が入院先の千葉県館山市館山病院3階308号室にて、見舞いにきた建材会社光潮物産社長、青木信武を拳銃にて射殺後、自ら頭を撃ち自殺
1987年 8月20日 画材文具メーカーぺんてる社長堀江利幸が東京都千代田区東神田2-1-6ぺんてる東京支社屋上から飛び降り自殺
1987年 8月26日 北炭真谷地鉱退職者の会事務局長加藤正が北海道夕張市真谷地六区の自宅玄関先にて首つり自殺。
1987年 8月31日 北海道白老町でシンナーグループの5人が連続自殺、8/31にリーダーの24歳男性が自殺、翌9/1にサブリーダー24歳男性も自殺、9/4に北海道白老町高砂町4,海岸漁船巻き揚げ小屋にて16歳1人14歳2人の男子が集団で首つり自殺
1987年 9月6日 タレント佐々木つとむの愛人、中野美沙が佐々木を刺殺後青森県むつ市の海岸にて入水
1987年 9月10日 国税庁税務大学校東京研修所総務係 伊藤登が千葉県船橋市行田団地1街区14号棟6階踊り場から飛び降り自殺、伊藤登は職場の金庫から150万を盗みガードマンを刺殺し逃走中だった。
1987年 10月12日 岐阜市立青山中学校長、船戸正美が同市湊町の長良川左岸のウ飼い遊船係留所にて入水、遺体が発見される。
1987年 10月19日 彫刻家、佐藤助雄が東急世田谷線宮の坂―山下駅間、宮の坂2号踏切にて下高井戸行き電車に飛び込み自殺 代表作「地と風」
1987年 12月12日 阪神高速道路公団大阪管理部環境対策課調整第二係長、鹿角彰男が近鉄奈良線花園駅上りホームにて鉄道自殺。
1987年 12月24日 日本大学文理学部哲学科4年大崎佳子が東京都世田谷区桜上水の日本大学研究棟12階から飛び降り自殺
1988年 1月4日 北国新聞大阪支社長、米田多良が京阪電鉄京阪樟葉駅上りホームにて鉄道自殺
1988年 1月19日 岸和田署直轄警ら隊長 松倉昇が岸和田署3階男子用便所にて拳銃自殺
1988年 2月11日 日本高速通信専務取締役、元建設大学校長 鴨沢康夫が京浜急行鶴見市場駅下りホームにて鉄道自殺
1988年 2月23日 JR東海新幹線鉄道事業本部車両部管理課課長代理 山下博範がJRビル新館と旧館境の非常階段7階より飛び降り自殺
1988年 2月24日 東京高裁民事十四部判事、高山晨が東京都千代田区霞が関1-1-4裁判所合同庁舎16階南側非常口より飛び降り自殺
1988年 2月26日 東京都玉川署警ら係勤務 小松義彦巡査部長が東京都世田谷区等々力2-23路上にて拳銃で頭をうち自殺
1988年 3月8日 ロボトミー殺人事件の犯人、桜庭章司が府中刑務所八王子拘置支所屋上運動場から飛び降り、全治二ヶ月の重傷
1988年 3月14日 ニコルのファッションデザイナー中島伊津子が渋谷区神山町21-6松涛ハイツ3階自宅寝室にて首つり自殺
1988年 3月29日 ロカビリーロックバンド、ヒルビリー・バップスのボーカル、宮城宗典が亀戸の実家近くの都営住宅12階から飛び降り自殺
1988年 4月3日 元大分銀行専務 福田博が大分市泉町の自宅にて首つり自殺
1988年 4月3日 国鉄清算事業団関西雇用対策部援助指導課長、西島義夫が奈良県香芝町狐井の自宅そばにある火の見櫓にて首つり自殺
1988年 4月4日 岐阜県御嵩町立向陽中学校長 日比野正義が岐阜県八百津町の木曽川稲葉橋より入水
1988年 4月9日 作家、田宮虎彦が東京都港区北青山2-7-26メゾン青山マンション11階1105室ベランダから3階コンクリートテラスへ飛び降り自殺
1988年 6月15日 海上幕僚監部技術部 航空機課長、和田義文が自宅のある千葉県船橋市藤倉町二の西船橋スカイハイツ六階の通路から飛び降り自殺
1988年 6月16日 作家、石沢英太郎が福岡県太宰府市青山2-15-25自宅玄関にて首つり自殺
1988年 7月12日 京都府立医大医学部教授、滝野辰郎が東京都目黒区大橋2-19-5国民年金中央会館こまばエミナースにて首つり自殺
1988年 7月15日 日本共産党東京都委員会副委員長、井上隆士が日本共産党東京都委員会ビル9階ベランダより飛び降り自殺
1988年 7月19日 阪神球団代表、古谷真吾がホテルニューオータニ8階非常階段より日本庭園へ飛び降り自殺
1988年 8月18日 新潟県豊栄署署長、宮尾ショウ治が同署署長官舎1階応接室にて首つり自殺
1988年 8月23日 東京大学名誉教授、微生物学者の有馬啓が東京都文京区小石川5-24-21ファミール久堅1102号室自宅ベランダより飛び降り自殺
1988年 9月2日 女優、中尾ミエの母、信子が杉並区下高井戸5-6-4中尾ミエ宅階段にて首つり自殺
1988年 10月3日 女優、斉藤慶子の母キヨ子が宮崎県小林市細野の自宅縁側にて首つり自殺
1988年 10月5日 本馬術連盟事務局長、荒木貞勝が東京都世田谷区弦巻5-26日本中央競馬会弦巻住宅2号棟206号室浴室にてガス自殺
1988年 10月28日 宮城県若柳町長、鈴木吉右衛門が宮城県鴬沢町南郷四岩にとめた車内で排ガス自殺
1988年 11月18日 宮崎県立宮崎北高校2年、帆足良輔と同学1年、杉尾優衣が宮崎県西臼杵郡日之影町七折の青雲橋にて互いの手をネクタイで縛り見立川へ飛び降り自殺。のちに杉尾優衣の遺稿集「南国の秋が私をさがしている」が出版された。
1988年 11月18日 元愛知県知事、仲谷義明が名古屋市中区栄1-23-16カーサビアンカ伏見10−A号室事務所内にて首つり自殺
1988年 11月26日 警察庁警備局公安一課係長、大西努警部が大阪市東区内本町橋詰町58大阪コクサイホテルにて飛び降り自殺
1988年 11月30日 英文学者でディケンズの研究者、東京大学教養学部教授 小松原茂雄がJR五反田駅山手線内回りホームにて鉄道自殺
1988年 12月18日 1984年12月14日に発生した多摩川六郷橋撤去工事での橋桁落下事故において解体手順の設計を担当していた建設会社社員、藤原武志が埼玉県戸田市下前2の自宅アパートにて銅線を体に巻き付け感電自殺。
1988年 12月21日 富山県富山市立奥田中学校1年、岩脇寛子が自殺。
1988年 12月21日 墨東ボクシングジム会長、吉川渉が東京都墨田区向島3-36-2同ジムの階段にて首つり自殺(墨東ジム出身の有名選手に宮田博行がいる)
1988年 12月30日 昭和天皇の後追い自殺 茨城県勝田市の元海軍少尉76歳が茨城県勝田市の鉾香取神社近くの山林にて首つり自殺。ポケットに「一兵士としてお供お許し下さい」の遺書
1989年 1月7日 昭和天皇の後追い自殺 和歌山県野上町梅本、上馬之助が自宅物置にて首つり自殺

自殺データベース(8)昭和50年代← index →自殺データベース(10)平成元年〜9年