その男のお方も、異様な怪しいカップルに逆上し、直ぐさまオンでて来た…という。あれは、絶対に不倫だ!と、落ち葉のジュウタン・踏みしめながら意気投合。真白きタオルまで頂き、もう一つの屋根のある無料の温泉に仲良く入った。ゆった〜り・湯船で天狗様の話をしていると、【北温泉】に行ったことがあるよ。じゃあ、これから連れてってあげるヨぉ〜!

で、トある社長さんの車中。シトシト小雨が、途中から見事なドシャブリ雨となり、前方ワイパー・フル活動。実は、昨夜、若い社員の駆け落ち騒動があって、ムシャ・クシャしてたから、今日は会社を休んで、せっかく気分転換に来たのに、さっきの怪し〜いカップルだろ…。テ・な訳で、【北温泉】へと、小天狗一路→天狗飛び!!!


社長さんと、【北温泉】到着。すると、どしゃぶりの雨がミルマに上がった。まるで、天狗様が、小天狗、ヨォ〜来たな!と迎えてくれたよナ・そんな気がした。素泊まりで泊まること決意し、ともかく再び仲良く、天狗様の湯にドボン!その後、駐車場で手を振って、優しい社長さんを見送った。


今度は、番頭の秋葉さんと意気投合!そして、またもや怪し〜い熊谷社長さんから(写真リンク)、天狗様のことを詳しく優しく教えて頂いた。
那須修験!修験のすさまじい痕跡、不気味な話…。ムロン修験ゆえ、当然厳しい女人結界あったろう。だけど、あまりにもムゴすぎる。女人結界を犯した女性が、刀でバッサリ!切り捨てられた。その血だらけの刀は、開かずの間に封印したと伝えられてたが…実際に発見されたらしい…。小天狗、これ以上、恐ろしくて語れませぬ。その詳細を知りたい勇気あるお方は、素敵な【北温泉】のHPにリンクされ、『今昔物語』を、じっくりお読み下されヨ。


【北温泉】は、巨石《天狗岩》から、天狗様の湯が湧き出ている温泉。やはり、修験の行場であったことは疑いない!だから、《天狗岩》の近辺で、荒行苦行をする山伏を天狗様だ!と思うのは、やっぱり当然なんだヨなぁ〜。小天狗、改めて【天狗山伏(天狗=山伏)】の存在を、理解・納得!


熊谷社長さんは、『小天狗道中記』を購入して下さり、その上・宿泊代?いらないヨ!で、美味しい山菜の夕食もご馳走になった。刀でバッサリ!どころか、貧乏小天狗、アッサリ助けて下された。新たな天狗様の御縁☆誠に有り難く、目頭が熱くなり、涙がチョ・チョ・切れた…。
その晩はシンシンと更けゆき、秋葉さんと仲良く晩酌。秋葉さんは、きっと秋葉修験の申し子よ!秋葉の火祭り、一緒に行きましょう!なぞ、楽しい一夜を過ごした。


翌朝、バス停まで送って頂き、うっすら・雪化粧の那須岳を拝した。チラ・ホラ清らかな初雪が天から舞い落ち、小天狗浄めて下された。その日は、次第に晴天となり、一路宇都宮の天狗が投げ上げたという《天狗の投石》へと向かった。
今にも、天空からコロゲ落ちそうな、《天狗の投石》。大自然が生み出した、素晴らしい芸術作品!まさに山の神様天狗様だけシカ、舞い降りられない。


人間様が、あそこに登ろうものなら、もろともに一気にコロゲ落ち命を落とすに違いない…。雲一つなき紺碧の青空に、大きな岩魂が、美しく映えた。心静かに、合掌☆

 前へ 次へ