小天狗よ、原点に立ち戻れ!天空から、天狗様の優しいメッセージ。昨年の晩夏、次男に負けた天狗旅と、長男による天狗様のHP開局!いずれも、息子達の活躍で、小天狗、見事に復活!今じゃ、完ペキに天狗様☆、になってる。

次男とは実家の岐阜で合流し、旦那様の車で岡山県の櫃ケ山(ひつがせん)にある《天狗の森》と、島根県の《天狗山》への天狗旅。櫃ケ山を目指した。森田家歴代・ドン尻だった次男に、ツイに追い抜かれて、惨敗?


旦那様は、トウの昔に、ドン尻で、お父さん、ハヨ来んね!だが、お山の大先達は、いつも小天狗のハズだった。登り道中、チョッと待ってよぉ―と連発し、ハァ・ハァ〜・息切れ。《天狗の森》への分岐で、待ってた次男が、お母さん、標識に黄色いバツがしてあるから行けんバイ。確かにブッシュ化してる。


でも、冗談じゃない!《天狗の森》へと、ヤッて来たのにィー。絶対に、行くバイ!とワメき散らしてたら、現在のドン尻が、やっと登って来られた。分岐で、長男ヌキの家族会議。父の御決断、取り敢えず、山頂へ行ってみよう。


その日は、曇り空でシトシト雨模様。完ペキな山装備にカッパ姿のおばさんグループと、視界の開けぬ山頂で出会った。何やら、ガヤガヤ賑やかだったけど、即座に下山された。


小天狗は、何としても、《天狗の森》!押しも引かない、頑固一徹。お父さん、ドゲンする?と次男。ともかく、行ってみよう!行けなかったら、途中で引き返せばイイんだから…。歴代のドン尻が、素直に従った。父親は、山頂の仏界で悟りを開き、小天狗救って下された!我が旦那様、ホレ直し〜☆


小天狗の念願が叶い、八合目辺りの《天狗の森》へと辿り着く。すると、小さき祠だが、天狗様の立派な社殿あり。その後ろにソビえる大きな岩が、マサしく山の神様の御神体。天狗様は、緑豊かな《天狗の森》を護る、姿なき山の神様!


桜木坊】という烏天狗様だソウで、兵法・勝負の霊験が高く、戦時中多くの人達から信仰されてたらしい。古いサビた鉄剣が、幾本も奉納されてた。社殿、両脇の榊を新たに取りかえ、長男ヌキの皆して、合掌☆


縁覚界 沈思行。山峰タナビク雲・風、水の音など、仏様の説法を自ら悟る。
天狗の森》の神秘的な美しさに、大感激!心地良き小雨が、水の恵みを感じさせ、緑豊かな樹林下で、心身洗い清められる。生きてる素晴らしさと、生かされてる有り難さに感じ入る。山への素朴な信仰は、山の神様天狗様の原点!なんだい。


昭和三十七年の岡山国体の山岳競技のルートとなってり以来、登山コースとして多くの人に親しまれてるっテかぁ〜?小天狗、別に次男に負けたって、登山を競うコト何て、ドウでもヨカぞぉ―。


天狗の森》で、恵み豊かな大自然への純朴な感謝の祈り。天狗様のお陰で、小天狗ミゴトに復活!!!


ゆえに、天狗様のHPのトップは、小天狗が再生した記念すべき箇所、《天狗の森》。山の神様天狗様とご縁のない皆様には、決して伝授したくない修験道の口伝秘所!結局、あのおばさん達は、天狗様とは御縁がなかったのかなぁ?天狗様の鎮守の森に、優しく抱かれるコトなく下山されチャった…。


その後も、小雨模様。無料の露天風呂、白い湯煙タダよう湯原温泉。長男は、小学生の頃、三徳山→大山→三瓶山の登拝時に、一緒に連れて来ている。『小天狗道中記』を読まれた皆様は、次男不在のケッタイな原因、ハハァ〜ン!って、《笑》されたでしょう。あん時きゃ、男女混浴にオジけずき、入れずじまい…。今度ばかりは、堂々と人目ハバからず、とっぷりヒタぁ〜る。しかも、大自然の特別天然シャワー付き、誠に良い湯でゴザった!


その夜は、福代さん宅にドヤドヤ押し入り、お世話になった。それも、部屋の窓から、花火観賞付き☆福代さんは、根っから心優しい!今じゃ、伯耆大山の【もひとり祭】で大活躍されてる、剛力さん!なのに、女性の気配が未だにゼンゼンない…。近頃の独身女性ッて、本当に男を見る目ないんじゃナカぁ〜?

前へ 次へ