先月の課題は、「山岳信仰と自然保護」。長野覺先生のフィード・ワーク、最もお得意の分野、期待高まらせ参加。すると講座前から、素晴らしいプレゼントがあるんです!と、いつもの冷静な先生らしくなく、超・興奮気味?けれども、講座生でない皆様の分はナイゆえ、修験道のお勉強を、小天狗からクリスマス・プレゼントしましょ!



我が国山岳信仰の方程式  
原始的信仰 

【 naturism(ナチュリズム) /

animism(アニミズム) /

shamanism(シャーマニズム) 】 

+ 神道 + 陰陽道  + 道教(神仙思想) + 仏教(密教) = 修験道


長野覺先生は、このプラス・プラスの方程式に、共通コウを見出された。つまり、ドンドン+されていく方程式だが、宗教が異なるのにもカカわらず、根底にある宗教観が、まったく同じ。だからコソ、我が国独自の山岳信仰が脈々と息づいてきた。プラスばかりの摩訶不思議な方程式を解き明かすコトができる、その答えが、【修験道】なのである!と解された。


我が国のゴッタ煮☆宗教、修験道コソが、世界的にもマレな緑豊かな日本を護ってきた。それは、自然崇拝の内でも、特に霊峰・霊山への信仰があり、自然保護の重要かつ重大な役割を果たしてきたと言うことを…学習されたし!


【神道編】    資料「延喜式 巻三神祇三」日本古典全集
凡神社四至之内。不得伐樹木及埋蔵死人
《およそ神社、四至(境内・東西南北)の内は、樹木を伐り、および死人を埋葬することを得ざれ》
☆ 最も顕著な事例 広島県宮島(厳島) 宮城県金華山          
現在も、人間様のお墓が全くない原生林の聖域。[山の神天狗様の聖地なり!]


   霊峰英彦山の緑豊かな森林が、豊穣の海を護る。落ち葉の腐葉土から染み出た森の滋養を川が海へと運ぶ。そして、植物性プランクトンや良質の海草を育む。エサ良けりゃ、当然旨〜いお魚さん達が、大勢舞い泳ぐ、竜宮城みたいな海!


今回、その竜宮城から、いきなりドヘン!と届いた贈り物。カノ玉手箱を開いて、いきなり、お爺さんになっちゃった浦島さんでなく、【英彦山学講座】で一番の御年配、泉潔さん(95才)からの贈り物、豊前海で取れたて「一番海苔」。けど、全形百枚入なのに、ヤケに軽くて四角い玉手箱?中身は、やっぱり怪し〜い白い煙が…?


何を言う、講座では一番ご熱心。その上、超・達筆!お元気で、ご長寿の泉さんから頂いた、有り難い玉手箱。ゆえに、浦島さんの逆転現象が、必ず起こるハズ!と、小天狗は思った。海からの贈り物、素敵な玉手箱を開けた会員の皆様は、パリ・パリって、タチマチつやや〜かに若返るに違いない!!!

 前へ 次へ