小泉清人 (こいずみきよひと) プロフィール

ジャズギタリスト

【履歴】
・東京都杉並区生まれ。    
koizumi_photo1 ・小学校のときに西部劇にハマり、ウクレレを手にして主題歌などをつま弾く。
・中学のとき、当時ブームになり始めたアメリカンフォークに魅せられてギターを始める。
・高校のとき、ボサノヴァの新鮮な響きに魅了され、ジョアン・ジルベルトとバーデン・パウエルの耳コピーに励む。
・大学のとき、ブルーグラスバンドでバンジョーやマンドリンなどを弾く一方で、突然ジャズのウッドベースの魅力に取り憑かれ、ジャズのレコードを聴き漁るとともにウッドベースを始める。
・やがてウェス・モンゴメリーの音楽に出会い、心酔し、ジャズギターを始める。
・アマチュア時代、自己のバンド"OGD"(オルガン〜ギター〜ドラムス)で浅草ジャズコンテストに出場し、グランプリとベストプレイヤー賞を受賞。
・その後、天才ピアニスト菅野邦彦氏に音楽性を認められてプロに転向。10年間余り、菅野グループのレギュラー・ベーシスト/ギタリストを務める。この間、音楽とどう向かい合うべきか、あるいは音楽で大切にしなければならないことは何か、といった根本的なことを菅野氏から学び取る。
・その後、ガットギターによる自分の音楽に真剣に取り組むようになり、自分のスタイルの確立を目指して模索し続けている。

・現在、ジャズ、ボサノヴァを中心に演奏活動を続けている。
・ウェス・モンゴメリーを崇拝し、評伝、教則本、教則ビデオを手がける他、雑誌などの記事執筆多数。
koizumi_photo2
・2006年12月、ガットギターによる入魂のソロアルバム『ダブル・レインボー』をリリース。以降、自己のバンドOGDのライブアルバム、続木力(ハーモニカ)とのデュオアルバム『デュオ・ライブ』『デュオ・ライブ II』、上杉優(歌、トロンボーン)とのデュオによる『ボサノヴァ・アルバム』、最新作(2017年1月)ソロ/デュオ(w/ベース)のアルバム『アローン・アンド・トゥギャザー』をリリース。

【著作物】
リーダーCD参加CD教則DVD/教則本、評伝の翻訳など、多数。