アポイ岳
日高山脈が太平洋に落ち込む稜線上にアポイ岳は、ぽこんと頭を出しています。標高は僅か810.6mと低いのですが、厳しい気象条件と超塩基性のカンラン岩に覆われたアポイ岳は、一般の植物が生育し難いことから高山帯が存在します。標高が低いせいなのか高山帯の上に樹林帯が存在するという不思議な山で、山頂はダケカンバの林に覆われています。ヒダカソウなど独自の進化を遂げた固有の高山植物が多く、国の特別天然記念物に指定されています。
山の名前はアイヌ語のアペオイ(火のある所)に由来します。 花の山として有名ですが、あまりにも低いことから、私は『定年過ぎてから楽しむ山』と決め込んでいました。ところがこの標高の低さが災いし、簡単に登れることから盗掘者に荒らされ、ヒダカソウなどは絶滅状態に追い込まれてしまいました。更に、近年は地球温暖化の影響で平地の一般植物の侵入などにより、高山帯そのものが危機的な状態にあります。 2007年の2月に「アポイ岳ファンクラブ」のWebサイトに掲載された雪が殆ど積もっていないアポイ岳の写真を見て、急に心配になりました。ヒダカソウの季節に登ったのですが、心配していた通りヒダカソウは全く見ることが出来ませんでした。2010年に登山道から見える場所で咲いていたのは1輪だけでした。2011年は開花しなかったようです。アポイ岳では地元のボランティアの方々が中心になって保護活動や植生回復に努めておられます。将来は登山道付近でも再び見られる日が来ることを期待したいものです。
又、アポイ岳は誰でも登れる山として多数の登山者客が訪れ、登山者による環境破壊も問題となっています。登山マナーを守り貴重な花を是非後世に残して行きたいものです。

作品の追加、変更は随時行う予定ですので、ご了解下さい。
様似の海岸より見たアポイ岳
最終更新日;2012年9月15日


アポイハハコ (キク科)
Anaphalis lactea

私が訪れた8月下旬は、この花の季節も終わりで殆どが枯れていました。そんな中でようやく見つけた株です。 タカネヤハズハハコと同一とする学説もありますが、草丈はタカネヤハズハハコよりもずっと大柄で、葉も広くて厚ぼったい感じです。花数も多いです。 アポイハハコは北海道の和寒山地などの他に中国大陸にも分布します。

アポイアズマギク (キク科)
Erigeron thunbergii var. angustifolius

多くの高山で見られるミヤマアズマギクは高山を代表する花ですが、ピンク色が普通で白花は稀にしか見られません。アポイ岳のカンラン岩地帯に特産するアポイアズマギクは白花が圧倒的に優勢です。稀にピンクもあるらしいのですが、私は全く見掛けませんでした。 右上の円内にピンク色の開き始めの花を載せましたが、全開すると殆ど白になってしまうようです。写真では判り難いのですが、僅かにピンクがかかっています。
花茎や葉が暗紫色を帯びるなど超塩基性土壌の変性種に見られる特徴もあります。根生葉もミヤマアズマギクなどよりも細くなっています。

エゾマツムシソウ (マツムシソウ科)
Scabiosa Japonica var. acutiloba

本州に分布するマツムシソウやタカネマツムシソウの近縁種です。 本種は北海道の他に朝鮮や中国にも分布することから、別名をトウマツムシソウと言います。
秋のアポイ岳の避難小屋を過ぎた直後にポツンと2株だけ咲いているこの花を見掛けました。 タカネマツムシソウやマツムシソウとの違いは、葉の裂片の先が鋭く尖っていることです。

サマニユキワリ (サクラソウ科)
Primula modesta var. samanimontana

ユキワリソウの変種でアポイ岳固有種のサクラソウです。ユキワリソウ節ですから葉が外側にカールします。母種よりも葉が細いのが特徴です。この花だけは花期に恵まれ多数の花を見ることが出来ました。稀に白花があるとのことですが、白花は見られませんでした。
ユキワリソウ節には、ユキワリソウレブンコザクラヒメコザクラ等があります。

エゾオオサクラソウ (サクラソウ科)
Primula jesoana var. pubescens

春先のアポイ岳に登ると先ず最初に出会うのがこの花です。一合目の足洗い場付近の登山道脇に大群落を作って 咲いています。薄暗い樹林帯の中でとても華やかな一画です。本州に分布するオオサクラソウとの違いは、花茎や葉裏などに縮毛が生えていることです。

ヒダカイワザクラ (サクラソウ科)
Primula hidakana

アポイ岳と周辺のカンラン岩の岩山に特産するサクラソウです。花茎が先に伸びて、後から葉が出てくるので葉のない植物のように見えることがあります。 別名をアポイコザクラといいます。
アポイ岳の三種類のサクラソウは棲み分けをしており、一番下の樹林帯にはエゾオオサクラソウ、森林限界から馬の背付近まではサマニユキワリ、馬の背以上の場所ではヒダカイワザクラが見られます。アポイ岳は標高が低く樹林帯も入り組んでいるので、馬の背から幌満お花畑に向かう樹林帯では三種類のサクラソウが混生していたりします。 神威岳などの日高山脈にはカムイコザクラ(var. kamuiana)というヒダカイワザクラの変種が特産します。

エゾキスミレ (スミレ科)
Viola brevistipulata ssp. hidakana

アポイ岳以外では、北海道の超塩基性の限られた場所に特産します。 オオバキスミレの亜種ですが、葉は厚く濃緑色で光沢があり、葉の裏や茎は農紅紫色で、超塩基性植物らしい姿をしています。 1輪だけで寂しい写真ですが、手前にカンラン岩の比較的新しい切断面が写っており、アポイ岳らしい雰囲気なので、この写真を掲載しました。
尚、余談ですがカンラン岩(Olivine)とは、ラテン語のoliva(オリーブ)が語源でオリーブ色(濃緑色)をしていることによります。又、日本語のカンランという名称は、オリーブを漢方の橄欖(かんらん)という全く別の植物と誤認してつけられた為とのことです。

アポイタチツボスミレ (スミレ科)
Viola sacchalinensis f. alpina

アポイの名はついていますが、夕張岳や天塩地方の蛇紋岩帯にも分布します。母種のアイヌタチツボスミレの変種で、葉に光沢があるのが特徴だそうです。 カンラン岩や蛇紋岩などの超塩基性土壌に生きる植物は茎や葉が暗紫色を帯びるようですが、本種も同様な特徴を示しています。
尤も花に関しては春先の野山で普通に見られるタチツボスミレと変わりはありません。

サマニオトギリ (オトギリソウ科)
Hypericum kamutschaticum ssp. samaniense

日高地方南部に分布します。この花も花期を終えていました。個体数も少なく私が見掛けた唯一の株です。オトギリソウの仲間は地方変異が多いのですが、サマニオトギリはシナノオトギリなどよりも一回り大きな花をつけます。

アポイキンバイ (バラ科)
Potentilla matsumurae var. glabrescens

アポイ岳やチロロ岳など日高山脈のカンラン岩帯に生えます。ミヤマキンバイと比べて小葉の切れ込みが非常に深いのが特徴です。この花も激減しているようで幌満のお花畑で数株見掛けただけでした。

アポイミセバヤ (ベンケイソウ科)
Sedum cauticolum f. montanum

日高地方に生育するヒダカミセバヤのうちアポイ岳に生えるものは、アポイミセバヤとして別品種に分類されます。 環境省のレッドデータブックにも絶滅危惧II類(VU)として『アポイミセバヤ』の名称で載っています。 ヒダカミセバヤとの違いは葉先が尖るといった特徴があります。葉先が尖るのは、ある程度葉が伸びた開花のころの特徴で、芽生えた頃は丸い葉をしています。
この花も個体数は激減しており、前回登った時は一日探してようやく芽が出たばかりの株を1株見かけただけでした。今回は2株見かけましたが、開花していたのはこの株だけでした。温暖化の影響なのか、秋の花の花期は全体的に遅くなっているようです。
「見せばや」とは、この美しさを「誰に見せようか」という自信たっぷりの意味だそうですが、ピンク色のイワベンケイというだけの花ですね。

ヒダカソウ (キンポウゲ科)
Callianthemum miyabeanum

しょうもない写真で申し訳ありませんが、アポイ岳最大の固有種のヒダカソウです。アポイ岳と周辺の限られた場所に特産しますが、盗掘等により絶滅の危機に瀕しています。 本種を登山道脇で見ることはかなり難しく、最近では毎年精々1株1輪程度の開花状況となっています。写真の花は2010年に登山道から見える場所に咲いていた唯一の花です。まだ咲き始めの花ですが、開花時におそらく霜などの何らかの障害を受けて痛んでしまったのではないかと思われます。登山道から結構離れた場所に咲いていたので望遠で撮影し、ピクセル等倍でようやくこの程度の大きさです。
私が高山植物の写真を撮り始めた1980年台頃には沢山咲いていたようですが、盗掘などにより激減してしまいました。 近縁種にはキタダケソウがあります。キタダケソウを撮っていた頃一緒に登っていれば、とつくづく思いました。
左側のボールのような葉がヒダカソウの芽生え直後の葉です。キタダケソウと同じ3回3出の複葉ですが、芽生えの姿は大 分違うようです。

アポイマンテマ (ナデシコ科)
Silene repens var. apoiensis

アポイ岳に特産します。私が登った時はこの花も盛りは過ぎており、殆ど枯れ花状態でしたが、この1株だけが私を待っていてくれたかように咲いていました。
左下円内は、この花の母種である大平山(オビラヤマ)の岩礫地に特産するカラフトマンテマ(Silene repens)です。カラフトマンテマは全体が緑色であるのに対して、アポイマンテマは超塩基性のカンラン岩の影響で全体に暗紫色を帯びています。 在来種のマンテマにはタカネマンテマなどがあります。

オオバナノエンレイソウ (ユリ科)
Trillium kamtschaticum

日高本線の列車が静内を過ぎて様似に近づくにつれ、線路沿いの山の斜面や湿地などにはミズバショウやエゾノリュウキンカに混じってこの花が沢山の群落を作っているのを見掛けます。 本州の高山で見られるミヤマエンレイソウの花はもっと小さいので、最初は何の花か判りませんでした。
高山植物と呼ぶには高度不足かもしれませんが、ミズバショウやエゾノリュウキンカも紹介していることですので.......
写真のものは、アポイ岳近くの観音山で撮影したものです。 この花は北海道大学の徽章のデザインにもなっています。

尚、当ページに掲載した写真の著作権は中村和人にあります。 無断転載しないで下さい。
トップページに戻る