♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

鉄の時をめぐって
「ERA」第5号 (2005.9)


●気象探査機
            Kassandra


四肢を削ぐような気流の渦にもてあそばれ
雲の大海のうえへと一気に牽き上げられていた

もはや引き返すことはかなわぬと想い定めて
真っ青な空のひとところに身の腑を晒している

とおくの銀盤に重なって黒い翼が金色に輝く
その一瞬の露光を漏らさず写し取り送信する

世界にはこの報告を蒐めている者が沢山いる
その数はきっと古の見者の総計を凌ぐであろう

膨らむ地平の向こうから熱い鉤が近づいてくる
雲の柱とともに巨きな拒絶が眼の前に迫っている

だが空の深淵への畏怖を人はとうの昔に棄てた
迫りくる風の源を告げるのはただ嘲りを招くため

饐えた世界の澱に沈んだ粗鉱の輝きは乏しく
引き裂く欲と抱く意志とを見分けることは難しい

西の方の総てを恵み与えるという巧みな唆しを
禍言と告げて言い逆らわれる厭わしい徴となる

探査機としてこの世界から遣わされてはいても
身はむしろ向こう側から開いた覗き窓と知れ

引き裂く嵐に抱かれ身は黒雲の電撃に撓むなかで
破壊しつくしてやまぬ息吹の深い呻きを伝える

宙の軋りを受信して人は驚き訝しむことであろう
遙かな昔に喪ったその感覚が疼きはじめるまで




「はじめの扉」へ

表紙に戻る