♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

とおい日に
「地球」 2005


●花の庭
            Märchen


遙かな日にもやはり
あなたはわたしの手をひいて
見しらぬ花野へと導き
咲きわう草花の名を告げてくれた
その舌から転がりおちる響きを
わたしの耳はこころよく
呪文のように聞いていた

草の種をあつめて
わたしの掌に握らせてくれた
その手の記憶からとおざかり
雲海に映る翼の影のみを
あいまいな想起にかぞえつつ
草花ばかりか ひとよ
あなたの名も忘れてしまったが

覆されようとする世界に
みずからが臨んでいる昂奮と
誇りを握りしめていたころ
稲妻の閃くその下に
叢生する花のあかい色と
鋭い剣のかたちだけはなぜか
心を去ることがなかった

なぜかいま旅の途上で
おのが掌の空しさに
不思議をおぼえて立ちどまると
道のつづく先にひろびろと
明るい野がうかびあがり
その片隅にだれかが
ちいさな庭園を拓いている

つめたく黄ばんだ冬の日の
植生はいかにも乏しいが
年の巡りごとに花ひらいていた
そのなごりの跡に ひとよ
あなたが託した想いを認めて
いつのまにかわたしは
あなたの後姿に呼びかけている




「はじめの扉」へ

表紙に戻る