笊かぶり犬張り子(鳥越神社子育て守り)
犬張子は郷土玩具として江戸時代後期に発達したと云われます
地方や時代により形も彩色も違うようですが 関西では江戸の犬張子を指して
東犬(アズマイヌ)といいました

平安時代宮中では 獅子や狛犬をおき身の穢れ禍を祓う行事が行われ 犬張子の
元となったとも云われています

室町時代の上流社会では 犬箱(別名:御伽犬)という胴より上下に分かれる
張り子の入れ物雄雌にお守りを入れて 嫁入りに親から渡し 雛祭りの雛段に
飾られた物もありました

今のように立ち姿になったのは 江戸時代中期以降といわれます 享保〜安永期
には口を開き直線的な形をしていたようです

江戸末期になると 縁起物として丸みをおびた形になります
明治から昭和には初宮参りの祝いとして 母の実家や親類知人から贈られました
でんでん太鼓をしょう姿がありますが 太鼓には鈴のかわりに 昔は豆が使われ「まめまめしく」育つ様にとの願がありました
太鼓を結ぶ紐には 麻が使われます 麻はまっすぐのびるので すくすくと育つようにとの願が込められます

また ざるかぶり犬は ざるはよく水を通すので鼻の通りをよくするとか 「犬」
に「笊」の竹冠を合わせると「笑」と云う字に似て よく笑い鼻の穴がよく通る
様にと子育てにも 江戸の粋な洒落が在ったようです
鳥越神社で授与されている「子育て犬張子」もざるかぶり犬です

参考:江戸東京博物館ビデオライブラリー


TOPページへもどる