茅の輪くぐり 夏に向かって「除悪疫無病息災」 行事

6月30日午後8時


夏越の祓いは、平安朝の昔より日本の伝統行事として、

鳥越神社に連綿と伝わる神事です。

 六月三十日午後八時 大祓神殿祭の儀(茅の輪くぐりの式)

あらかじめ崇敬者各戸に人形の形をした型紙(ひとがた)

を配り各人の無病息災と身の穢(けがれ)を人形に託して

之を三十日夕刻までに神社へ納めます。当日社前に飾られ

た茅の輪(悪疫にかからぬと古くから伝えられているガマ

の穂で出来た大きな輪)を人々はくぐり、身の汚れをお祓

いして参詣をするのです。

 風そよぐ ならの小川の 夕暮れは

      みそぎぞ夏の しるしなりけり

この古歌にあるように、定刻祭壇を新しくしつらえ、その

前に納められた形代を供え、神殿祭の儀(みそぎまつりの

式)が行われるのです。





TOPページへ