八ヶ岳登山道情報

硫黄岳山荘ロゴ1

現地最新情報

区切1;

― Home ―

硫黄岳山荘グループ  硫黄岳山荘

―― 2月17日(土曜日) 更新 ――

[掲載内容]

  • 本日の状況 日付・天気・気温 など
  • 小屋の周辺 開花状況 自然の移り変わりなど
  • 登山道 通行可、不可・崩壊箇所・通行止め箇所 など
  • 装備 装備上必携のもの、防寒対策や、持っているとよいものなど
  • 注意 登山する上での注意点、日没、道迷い注意、その他 全般的な注意点
  • その他 営業上のお知らせ、PR、予約混雑状況、送迎の運行状況 など

―― 冠雪して美しい 八ヶ岳 ――八ヶ岳冠雪
11月24日(金)14:00 麓の標高 1100m 付近にて撮影

【 ご案内 】

桜平ゲート、登山口までは、積雪や凍結により車道の状態が不安定で危険です。

入られる方は、状況をよくご認識されて慎重にご判断ください。積雪により車道の幅が狭くなっています。

進入によるトラブルには責任を負いかねますので、ご承知お願いいたします。

―― 最新状況 ――

・桜平ゲート ~ 桜平駐車場(中)~ 河原木場 : 20 ~ 30cm の積雪

・桜平駐車場(下)~ 分岐(唐沢鉱泉と夏沢鉱泉の分岐): 20cm の積雪

2月上旬までの降雪により、桜平登山口まで車道の積雪量が増えています。

積雪の下は、凍結しているところが多数あります。

安全のため、桜平駐車場(中)まで入る車は、冬用タイヤ4WD車でも、2輪チェーンとスコップを念のためお持ちください。

チェーンをお持ちでなければ、桜平駐車場(下)に駐車されることをおすすめいたします。

トピックス

★ 硫黄岳山荘グループ主催 とっておきの「登山教室」

選択-1

★ 便利でお得な「バス利用のツアー」をご紹介いたします。(M.O.C.=モンベル アウトドア チャレンジ)

標高2,603mの根石岳チャレンジ! 冬の八ヶ岳の高山帯を体感してみませんか。

温泉付き、水洗トイレ、ぬくもりの夏沢鉱泉(泊)ガイド付きプラン。 稜線で営業の 根石岳山荘で お茶 + おやつ付。

・大阪/京都発 詳しくは BUS-a

・新宿発 詳しくは BUS-c

情報abc shower-room

【最新 登山道・登山口の情報】

<今日(2月10日 現在)の状況>

夏沢鉱泉 : 標高 2,060 m 7:00 晴れ 気温-12℃ 風があり、寒く感じます。。

上空には、青空が広がっています。

根石岳山荘 : 標高 2,550 m 7:30 くもり 気温-13℃ 風速 10m 視界は良好ですが、

青空が広がっています。

…… 夏沢鉱泉と根石岳山荘の状況 ……

冬の夏沢鉱泉と根石岳山荘の画像 をご覧頂けます。

選択-2

<このところの山の陽気>

これから、しばらく先まで寒気が南下してきて、冷え込む予報になっています。

山の中では、この時期としては平年並みの感覚です。

<降雪状況>

・先週末に15~20cmの降雪ありました。現在、しばらく先まで まとまった降雪の予報あありません。

冷え込みに気をつけるようにしてください。

<積雪量>

・分岐(唐沢鉱泉と夏沢鉱泉の分岐)20 cm:マイカーの方の送迎車待ち合わせ場所

・桜平駐車場(中)20 ~ 30 cm 前後

・夏沢鉱泉 50 ~ 60 cm

・夏沢峠 80 ~ 100 cm強(峠の硫黄岳山荘方面、吹きだまりでは 120~150 cm )

・赤岩の頭(北側)100 ~ 150 cm 以上

・硫黄岳、天狗岳の頂上、稜線の高山帯 10 ~ 30 cm(風で飛ばされて少ない。)

<雪の登山道>

ほとんどのルートにトレース、もしくはトレースの痕跡があります。

トレースの上を歩けば、歩きやすいですが、踏み外すと股~腰まで埋まるところがあります。

風倒木など支障となるものはなく、グリーンシーズンと同じで 下記の2件を除いて 通行可能です。

なお、雪と風と防寒への対策が必要です。

★ 降雪直後、トレースなくとも、

登山道は開いた感じになっていますのでわかりやすい状態です。

★ 森の中は赤テープを、硫黄や天狗への稜線ではオレンジ杭を登山道の目印にしてください。

……(下記のルートは、通行しないでください)……

・赤岩の頭~オーレン小屋の区間は積雪量が増え不明瞭です。

冬道ご存知でない方は、このルートの通過を避けてください。

・白砂新道(東天狗と根石岳の鞍部~本沢温泉)は、不明瞭で危険なため冬期通行禁止です。

<最新の桜平の周辺画像をご覧いただけます> 

周辺画像

<桜平の登山口へのアプローチ>

◆ 新しく整備された 桜平登山口アプローチの簡略図をご覧いただけます。桜平画像

【装備のポイント:冬山に登る支度が必要です】

<具体的に>

・冬用の上下アウター(2,500m までの森林限界まで:透湿性の雨具の上下でも可)

・アイゼン 前爪のある10本歯以上のもの(森林限界まで:軽アイゼン、チェーンスパイクでも可)

・耳までおおえる帽子(できれば目出帽、バラクラバ)、厚手の手袋(できればダブルタイプ)

・ピッケル、ストックをお持ちください。

・登山靴は冷えないように冬用登山靴か、防寒のき効く靴か、防寒の対策をしてください。

・現時点では、降雪後ですがスノーシュー、ワカンは、不要です。なくても、アイゼンのみで歩行できます。

【山荘営業の情報】

・夏沢鉱泉は通年営業中、根石岳山荘は 12月29日 ~ 1月2日 宿泊迄と、1月 ~ 3月の休前日の営業を行います。

稜線の硫黄岳山荘と根石岳山荘は、現在 冬期休業中です。

2018年は、硫黄岳山荘は 4月21日(土)、根石岳山荘は 4月28日(土)、からの営業を予定しております。

【冬期の桜平登山口について:お知らせ】

★ 安全のための「進入制限」について、現地にて 適宜 看板を立てて告知させていただきます。

ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。

<ポイント>

(1)通常は 12月下旬 ~ 4月中旬の期間、積雪量が多いため一般車の通行は、分岐(唐沢鉱泉と夏沢鉱泉の分岐)までとし、

ここに駐車していただいております。約 15台 の駐車が可能(無料)。

(2)上記の期間内で、積雪が少ない場合は、桜平駐車場(下)まで進入して、駐車することができます(70台。無料)。

(* 桜平駐車場(下)は、分岐より 1 km 先。桜平ゲートの手前約 3 km の位置です。)

(3)夏沢鉱泉の「雪上車」や「雪専用の業務用車」が、これより上で運行していますが、同じように進入することは危険です。

(4)進入できるように見えますが、入るとすぐに雪深くなり、Uターンできなくなります。

(5)ごくまれに、無理をして入る車もありますが、とても危険です。脱出をお手伝いすることもありますが、

出来ない場合もございます。

区切り20