増田川ダムを考える

増田川

【開発側の言い分】
増田川ダムの必要性

 増田川ダムは、洪水を防ぎ、私たちのくらしや産業に役立つ水を供給するため、碓氷川総合開発の一環として、利根川水系碓氷川(支川増田川)の群馬県碓氷郡松井田町大字上増田地先に多目的ダムとして建設するものです。
碓氷川は、急流のため一古くからたびたび台風や集中豪雨等により、河岸の決壊、氾濫を繰り返してきました。
 また、安中市、松井田町、妙義町では近年、市街地への人口集中が急速に進み、水道用水の需要の急増が予想されています。
このため治水はもとより利水においても早急な対策が求められており、増田川ダム計画には大きな期待が寄せられています。
(群馬県安中土木事務所の資料より)
ダムの目的

洪水調節

増田川ダムの建設地点における計画高水流量300立方メートル/Sのうち240立方メートル/Sの洪 水調節を行い、碓氷川沿岸地域の洪水による被害を防除し、川から水があふれないように調節します。

流水の正常な機能の維持

 川は一定以上の水量に満たないと、水が汚れたり、水辺の動植物が生きていけない等さまさまな影響を及ぼします。そのため、景観及び動植物の保護 等に十分な流量が必要です。増田川ダムでは、これらの水を確保し河川本来の機能の維持と増進を図り ます。
水道用水の確保

 近年、市街地の人口増や水洗トイレの普及などによる生活水準の向上につれて、水の使用量は今後ますます多くなることが予想されます。増田川ダム は安中市・松井田町に対し1日最大24,000立方メートル、妙義町に対し1日最大2,000立方メートル、 合計26,000立方メートルの水道用水を供給し、水不足を解消します。

 形式; ロックフィルダム

 堤高; 78.7m

 堤頂長; 278m

 総貯水量; 660万立方メートル

 集水面積; 20.8平方キロメートル















【ダムの必要性への疑問】
水道水は不足しているか

 松井田町と安中市が共同でやっている碓氷上水道企業団は、1日3万6千トンの水利権を持ち、約2万世帯に給水しております。
増田川ダムが完成すると碓氷上水道企業団は、1日2万4千トンの水利権が追加され、1日6万トンの水利権を有することになります。
 碓氷安中地区2万世帯は、現在の水量で十分であり余程人口が増加しない限り水量の不足はありません。13万世帯に対し、1日16万トンの給水を行っている高崎市水道局と比較して、1世帯あたりの給水量は、現状でも碓氷上水道企業団の方が大きく水不足にはなっておりません。


地元負担金について

 増田川ダムの水利権を得るためには、工事費の約10%、金額にして約50億円を地元で負担しなければなりません。現状の水道料金でも下水道料金を含む高崎市よりはるかに高い金額を払わされております。増田川ダムの負担金が賦課されれば、水道料の更なる値上げは避けられないでしょう。


流水の正常な機能の維持はできるのか

 増田川ダムの集水面積は、開発側の資料によれば、倉淵村との境に20平方キロメートルしかなく、貯水量の割に集水区域が狭いという欠点があります。
これは、ダムが出来ると水門が開けられることは殆ど無く、川の流水量をダムにより一定に保ち、景観と動植物を保護するという機能が果たせるのか疑問を持たれる箇所です。


ダム建設に関する世の中の認識の変化

ダム依存の発想を転換しょう

水が足りないならダムをもっと建設すればいい、という意見もあるが、巨額の費用を要するし、環境への影響も重視しなければならない。
 建設省がダム事業ごとに審議委員会を設けて評価を求めたところ、三分の一の事業について中断や大幅変更が提言された。来年度に、少なくとも十事業の建設を中止する方針という。 今後、財政難を背景に、計画を断念するケースが増えるだろう。
 ダム増設を考える前にすべきことも、多いはずだ。天候をにらみながら、ダムからの放水量をもっと機動的に調節して、有効利用を図らなければならない。既設のダム同士を導水管で結び、水をやりくりする仕組みも促進していきたい。
 見逃しがちなのが、森林の保全だ。山林は、「緑のダム」として水を蓄える。その森林が荒れている。造林などコストがかさむのに、木材価格が低迷しているためだ。間伐もされないまま放置されている森林が多い。
国有林野事業は巨額の累積債務を抱えている。この水源地をなんとか守り育てていかなければならない。(読売新聞’97年8月3日社説より抜粋)





【群馬読売、'99年11月25日 「ダムが次世代へ残すもの」八ツ場ダム本体工事の前に(最終回)より引用】


 シリーズ「ダムが次世代へ残すもの」では、三回にわたって長野原町に建設中の八ツ場ダムの必要性やダムを巡る水没地区住民の思いなどを伝えてきた。最終回は「そして未来へ」。ダムが二十一世紀に残す遺産は何なのか。
今、全世界で叫ばれている「自然保護」の視点から考えてみたい。

 鬼石町にある国指定「名勝及び天然記念物」の三波石峡は今、黒い石が転がり、荒涼とした雰囲気を漂わせている。六八年の下久保ダム完成で水がせきとめられ、三波石と清流が醸し出す美しい名勝が姿を消した。
建設省などは二〇〇一年から、三波石峡を回復させるために下久保ダムの水を放流するとしているが、人間のコントロールする自然に、あるがままの姿が戻るのか。

 鬼石町の関口茂樹町長も八ツ場ダム建設反対を唱える一人。「巨大ダムの爪跡を知っているからこそ、一県民としてしっかり発言する責任がある」と姿勢を正す。関口町長が子ども時代、川は生活の一部だった。
遊び、鍛えてくれた川は地域文化を形成する重要な役割を担ってさた。しかしダムの完成で皆、川から遠ざかった。澄んだ水はダムにためられ輝きを失った。関口町長は「ダムが完成して川は死んでしまった」と嘆く。
 「時には渇水し、はんらんする川。あるがままの自然こそ多様な生態系を形成し、川は連綿と生命の営みをはぐくんできた」と関口町長。「高度経済成長を支えるために当時、ダムの建設はやむを得なかった。しかし、今のこの社会で必要はあるのか。
メリットとデメリットを比較した時、八ツ場ダムのデメリットは大きすぎる」と語気を強める。

 建設省関東地方建設局八ツ場ダム工事事務所が今年八月に出した「八ツ場ダム建設事業」によると、この地域に生育するレッドデータ植物は五十二種、レッドデータ鳥類はイヌワシ、クマタカなど十一種。その他、は乳類二種、陸上昆虫類一種とレッドデータブックに記載されている動植物は計六十六種に上る。
 建設省がイヌワシを中心とした猛鮮類の生態調査を開始したのは、本格的工事が始まった二年後の九五年。同事務所ではイヌワシの保護に向けて、「低騒音の工事用機械を使うなど配慮しており、九八年から生態調査などを行う検討委員会を設置した」と説明しているが、工事の進む中でイヌワシが保護でさるのか、擬問の声も多い。

 (財)日本目然保護協会の横山隆一総務部長は、「この地域がイヌワシにとってどんな意味(狩りや繁殖など)を持つのか、検討しなければいけない。もし、生息に肝心な範囲が侵されるとすれば、機械を低騒音にしても何の意味もない」と指摘する。

 現在、イヌワシは本州から九州までの範囲で、約三百羽の生息が推定されている。イヌワシは単に珍しいというだけでなく、イヌワシを含めた猛禽類はけものを狩ることでエサをまかなうため、地域自然の総合力を計る指標生物と言われる。つまり、イヌワシの保護は地域自然の総合力を守ることになる。

 こうした環境を守るため、今年六月に施行されたのが環境アセスメント法だが、八ツ場ダムはそれ以前の計画のため適用外となる。同事務所は「すでに環境アセスを完了した」と説明するが、法施行前の環境アセスは「環境破壊の免罪符」と言われており、この地域の環境アセスは不十分と言えるだろう。
東京工業大学の原料幸彦教授は「環境アセス法の基本理念を考えれば、施行前の事業についても適用すべき」としており、八ツ場ダムを考える会も「法に基づいた環境アセスを実施すべき」と訴える。一度壊れた自然を回復させるのは難しい。本体工事の前に、もう一度、県民が自分自身の問題として考える必要がある。
未来へ何を残すのか、今こそ再考を・・・計画から四十七年。すでに工事が進行していることを考えれば、歴史をくつがえすのは難しい。まして、水没地区のほとんどの住民たちは一日も早いダムの完成を願っている。
しかし、ダムが自然へ与える悪影響は計り知れない。半世紀で世論も変わった。世界的にダムの在り方が問われている今、様々な観点から必要性を再検討すべき。

 自然、文化、歴史…。ダムが残す負の遺産はあまりにも大きい。絶滅が危惧されるイヌワシがトキと同じ道を歩んだ時、日本の環境はどうなっているのか。イヌワシ、そして自然を守るのか、それとも人間本意の環境を整えるのか。二つに道は分かれている。
「後世に何を残すのか」を考えた時、おのずと答えは見えてくるはずだ。




【ダムは100年でダメになる】
ダムには寿命がある

 ダムは年月が経つと土砂で埋まり機能しなくなる。寿命末期のダムの例を以下に示す。松井田町裏妙義の仲木川ダム(通称、妙義湖)は建設から50年くらい経っているが、大量の土砂に埋まって貯水量は僅かとなっている。ダム建設に巨額の費用をつぎ込み、後に残るのは自然破壊のみである。

仲木ダム
土砂で埋まった上流側














仲木ダム
土砂で埋まった水門側

















【水利権への投資の疑問】
莫大な投資に見合わぬ水利権の例

 20億投資したが利用の少ない水利権を持て余している吉井町についての新聞記事を以下に紹介する。

 吉井町が四月一日から開設したインターネットのホームページに「(上水道用原水の)水利権を一部売りたい」 という情報を掲載したところ、県が「実現不可能な事なのでこの項目を削除すべきだ」と指摘、町はこの指導に従って十三日に削除していたことが十四日分かった。

同町は右肩上がりの経済成長を前提に水利権を取得したものの、人口の伸び悩みや経済構造の変化で水利権の四分の一程度しか使っていないため、 水利権の″有効活用″を考えたと見られる。

水利権は、県営道平川ダムに設定された日量一万六千五百トンの内、半分の八千二百五十トン。 この水利権は一九八〇年代に将来の水需要を見越し取得した。

 しかし、給水人口や開発事業の伸び悩みで、当初見込んでいたほどの水を確保する必要性が無くなり、町水道課は余剰水利権の有効な運用を図ろうと、 一日から開設した町のホームページに、最新情報として、「水利権を売りたい」という売却希望を入れた。

 県ダム建設室では、この掲載の事実を知り、ダムの計画決定時点で水利権者がダムの共同事業者に組み込まれているため、 水利権の勝手な売買はできないとして、十一日、町に削除を求め、町でも「この項目は混乱を招くと不適切であったことを認め、 指導に従った。

同町の武藤恒正町長は、「水利権取得に二十億円もかかったが、最大量の四分の一程度しか使っていない。売却は無理でも、 有料貸し出しならいいと思うが……。それが『売りたい』という言葉になりてしまった。 紛らわしい表現でまずかった」と釈明、陳謝している。
(読売新聞群馬版 2000.4.15)

因みに、松井田町の増田川ダムへの負担金は50億円といわれております。











【県営ダムの計画見直し】
投資効果の見込めないダム計画の見直しが始まる

 投資効果の見込めぬ(必要性のない)県営ダムの見直しが始まった。

 群馬県の9月定例議会で、甘楽町の雄川ダムが建設中止に、碓氷郡松井田町の増田川ダムが規模縮小の方向で検討されている。

 人口の伸び悩みや経済構造の変化で水の需要はさほど増える見込みは無い。

増田川ダムでは、提高を低くして規模を縮小するという。規模を縮小してまで無理に中途半端なダムを造るより、水需要が増え、ダムの必要性が明白になるまで、ダム計画を凍結すべきである。

ダム湖が出来ることにより、釣り場の出来る娯楽面の利点はあるかもしれないが、本来の川が破壊され、地元負担金で水道料金も値上げになり、住民にとってのメリットは何も無い。


(読売新聞群馬版 2001.9.28)

松井田町の増田川ダムへの地元負担金50億円が無くなれば水道料の値上げもしなくて済むので一般住民は中止の方向を歓迎する。





















【増田川ダム環境アセスメント】
増田川ダム環境影響評価準備書 (平成14年10月答申)

『オオタカ』
a)工事による影響
直接的な影響
 平成13年に繁殖が確認されているが、確認された営巣木は最も近い改変区域から小さな尾根を挟んでいるものの、
一部が営巣中心域の目安である営巣木から200メートル以内にかかっているため、繁殖に影響を与える可能性がある。
間接的な影響
 工事による間接的な影響はないと予測される。
b)存在及び供用による影響
(a)直接的な影響
 湛水により狩場が一部消失する可能性がある。湛水区域は比較的オオタカの営巣木に近く、狩場としての利用もあると
考えられるが、供用後も周辺の樹林環境内や湛水区域との林縁に小鳥類が生息する可能性が大きいことから大きな影響を
与えることはないと予測される。

-------------------
『ホンドカヤネズミ』(群馬県絶滅危惧U類)
 確認された8地点のうち2地点がダム提体工事により消失する。生息環境はススキ等が生える高茎草地であり、湛水区域
により上流部の増田川沿いは生息環境が残るものの、すでにホンドカヤネズミの生息が確認されており、こちらへの生息
範囲の移動は競合が起きるため、生息範囲の移動は困難であると予測される。また、湛水区域周辺は、スギ、ヒノキ植林
等の樹林環境が広がっており、高茎草木群落は存在しないため、周辺への移動、分散も困難である。
 以上のことから、ダム提体及び湛水区域では生息環境が消失するため、増田川上流部の固体の生息は維持されるものの、
生息環境及び個体群の減少が予測される。
------------------ 
『ナガレタゴガエル』
 確認された5地点のうち1地点が消失するが、後述するが工事による間接的な影響で2地点が影響を受け、存在及び供用
による影響で、1地点が水没により消失するため、5地点中3地点が影響を受けることになり、影響があると予測される。

----------------------------------
(注)
オオタカ学名:Accipiter gentiles
日本名:大鷹
英名:northern goshawk
分布:日本全国に生息。1年を通して見られる留鳥。ユーラシア大陸と北アメリカ大陸の中北部に分布。
   大きさ:全長 オス約50cm、メス約57cm。メスのほうが一回り大きい。
特徴:成鳥は背中が暗灰青色。下面は白く、胸に黒色の横斑がある。対して、幼鳥は全身淡黄褐色で成鳥とは異なる種類の
   鳥のよう。
生態:平地から低山帯まで幅広く生息。大きな樹木に枝を積み上げて巣をつくる。一腹卵数は2〜3。抱卵期間は35〜38日。
   主に小型から中型の鳥獣を捕食する。
------------------------------------
ホンドカヤネズミ
日本で最も小さい哺乳動物のひとつ。河川敷の水辺近くに生えるオギ原やススキ・チガヤ草原に住み、葉を裂いて丸め、球形の
巣を造る。

ホンドカヤネズミ
学    名  Micromys minutus japonicus (Thomas,1906)
科    名  ネズミ科
形  態
世界のネズミの中で最も小型の仲間であり、毛が無い尾は先を物に巻きつけて体を支えることができる特殊な機能もある。
体毛は柔らかく綿状で、腹面は白色。背面は灰褐色だが腰の部分は赤味が強く、頭部はコハク色をしており、吻はきわめて短い。
頭胴長52〜71mm、尾長52〜91mm、耳介長7〜12oであり、イネ科植物の茎や葉に攀じ登ることができる爪・尾、そして超軽量の
体重(7〜14g)が特徴である。
分  布
本州中部以南(北限は茨城県日立市あたり)の本州と隠岐島、四国と九州全域、対馬に分布する。大陸(旧北区)から朝鮮半島に
生息するカヤネズミの亜種であり、対馬産は中間的な形態を有する。
生息状況
通常、低地の草地・水田・畑・休耕地・沼沢地などのイネ科植物が密生し水気のあるところに生息し、その茎を四肢と尾を使い巧
みに昇り降りし、それらの種子を採食している。
初夏のころ、生息域のイネ科植物の葉を細く裂き、鳥の巣を思わせるような球形の巣を造り、その中で丸裸の仔を4〜5頭産む。
繁殖期は、春秋の二型であるが、まれに夏にも繁殖することがある。植物食性ではあるが、バッタ等も与えると食べる。本県では、
標高の高い山域ではあまり見られないが、おそらく餌や巣材となるイネ科植物の分布と関係していると思われる。
減少の原因
宅地の造成やセメント張り、芝生を植えた河川敷公園など、低地の草地やヨシ・アシの生えていた場所が人工的な環境に変わり、
本種に適したイネ科植物の自然が失われてきた。また、残った草地にはセイタカアワダチソウが入り込み乾いた荒地へと変遷し
ている場所が多くなった。
 特殊な生態をもつ本種は、適応した環境にのみ生息できる弱い種であるため個体数が減少している。
------------------------------------------
ナガレタゴガエル
 体長は3〜5cmで、1990年に学会発表された本州産カエルの新種。トノサマガエルなどが属するアカガエル科の仲間。
メスの方が一回りほど大きい。主に山地の川辺や森林の下草内などで生活する。2〜3月ごろの産卵期になると、足ひれが発達、
水中を自由に泳ぎまわる。関東から関西にかけて約20ヶ所で生息が確認されているが、東海3県では三重県美杉村だけ。
(中日新聞解説より)
 1997(平成9)年5月28日付中日新聞夕刊には、「ダム予定地で生息確認」の見出しで『岐阜県武儀郡板取村にある、
長良川の源流の一つで、中部電力の川浦ダム建設が予定されている「西ヶ洞」の渓谷で、国内の一部でしか確認されていない珍
しいカエル「ナガレタゴガエル」が生息していることが分かり、板取村加部、会社員長屋泰郎さん(45)が捕獲に成功した。』
 さらに、『西ヶ洞は長良川の支流・板取川の源流の一つで、人家から遠く離れた福井県境近くにあり捕獲地点は将来、ダムに
沈む予定地。両生類研究家の松井正文・京大助教授は「このカエルは山地の奥深い渓流で局所的に見つかっているだけの、まれ
な種類。清流にすみ、水質、水温、水深などの環境変化に弱い。もし、ダムができるなどしたら、繁殖は困難になるだろう」と
いう。』と報道しています。

(両生類)
解説[和名]
ナガレタゴガエル
[学名]Rana sakuraii
[目名]無尾目
[科名]アカガエル科
[属名]アカガエル属
[体長]約3.8〜5.6(4.3〜6)cm※()カッコ内はメスです
[生息域]日本固有種
[生息場所]水陸両生
[食性]肉食性
[行動]夜行性
[繁殖形態]卵生
解説
 ナガレタゴガエルは1978年に東京都下奥多摩の日原川で発見され,1990年に新種として記載されましたタゴガエルに形態
が似ていますが、頭部がへん平で吻端(ふんたん)がとがり、鼓膜がほとんど痕跡(こんせき)程度か、全く無いのが特徴です、
後ろ足が特に長く、日本固有種のカエルでは最も水かきが発達しています。
 ナガレタゴガエルの大きな特徴は繁殖がすべて水中でおこなわれることで、水中における皮膚呼吸を助けるために繁殖の
オスは胴側部と大腿部の皮膚が伸びて波打ったり広がったりします。
 水温の低い2〜3月に渓流上流で産卵がおこなわれた後、オタマジャクシは吸盤状の口で岩に吸着して育ちます。奥多摩の
ような人の出入りの多い渓流でも長い間発見されなかったのは、鳴のうが無いので川の流れの外では全く鳴き声が聞こえず、
完全に水中で繁殖するからです。 陸生でありながら、渓流の水中で越冬するものは他には知られていません。









  次回、更新に続く・・・


トップページに戻る