Y ナンバーの研究

 横田基地周辺で「Yナンバー」をつけた自動車をよく見かける。これは駐留軍人や軍属の個人所有の自動車を示す表示で、横田基地関係は全て「多摩」のエリアコードとなっている。「八王子」で「Yナンバー」は存在しない。軽自動車や二輪には「Aナンバー」が使われる。

「Y」はヤンキー????

 駐留米軍関係者の私用車で、課税対象車あることを示すために付けられた「Yナンバー」。俗に、「Y」はヤンキーで「A」はアメリカンが由来であるとの説が信じられているが、これは誤り。「Y」は、この制度が横浜の税務署で始まったことに由来する。「YOKOHAMA」の「Y」である。米国から運び込まれた車には、「Eナンバー」が着いているが、あまり見かけない。

 三沢基地周辺では、八戸コードの「Yナンバー」。沖縄では沖縄コードの「Yナンバー」。横須賀基地周辺では横浜コードの「Yナンバー」が走る。 

  沖縄県内

 三沢基地周辺

 横須賀基地周辺

Yナンバーに気をつけろ!

 「Yナンバーに気をつけろ」という話がある。「Yナンバーの後ろでは車間をとる」ことを心がけている人もいる。ぶつけた傷痕を修理しない走っているYナンバー車を見かけると不安になるのだろう。事故にあっても、基地内に逃げ込まれたら保障が受けられないことになるのではと思う人も。三沢や沖縄でも同じ話がでるので、この言葉は全国共通になっているように思える。

 安全部が安全講習

 初めて日本に来た軍人・家族に対して、基地の安全部が交通ルールなどの講習を行い、事故防止に努めている。しかし、車道が狭く、交通区分が左右逆になることは、慣れない人にはかなり怖いらしい。

 任意保健も加入

 強制保険のほかに任意の自動車保険に加入するよう指導されていることから、保障のトラブルは少なくなっているようだ。

 事故になったら

 運悪く相手がYナンバー車で運転手が米国人であった場合、事故処理に時間がかかることになる。英語の話せる警察官と基地の法務担当の到着を待たねばならない。事故原因の主張が異なれば、更に、時間がかかることを覚悟しなければならない。

「Y」「A」「E」のナンバーは、税金割安

一般国民の支払額の約5分の1となっている。

  小型自動車は一律7500

   軽自動車で3000円

   3ナンバー、8ナンバーは19000

   125cc以上の自動二輪は1000

   125cc以下の自動二輪は500

 

    基地内の公用車の様々なナンバープレート

 基地内で使われている公用車のナンバープレートは、組織により違っているので、様々な書式のものが見られる、

  空軍公用車

 空軍公用車

 基地司令官専用車のプレート

国防総省スクールバス

  空軍公用車
 使命支援群/サービス部

730航空機動中隊車両

   海軍公用車

    空軍公用車
  医療群????
   

個人情報保護のため
   ナンバーの一部を消去しています