素顔の横田基地をとことんウォッチング 第374空輸航空団 在日米軍 軍民共用 軍軍共用 第5空軍 返還 横田飛行場
横田の名 思いやり予算 米軍再編  航空総隊司令部 ケニー司令部 オープンハウス 横田基地友好祭情報 川島憲治
                                      横田基地とことんウォッチング  横田基地についての誤った理解を正し、正確な情報で基地を巡る諸問題を冷静に考えてもらうことに寄与できることを期待して、このサイトを開設しました。軍事施設である以上、セキュリティーに悪影響を与えると思われる事項については省略しています。
               
対NBC攻撃ドリル中のMOPP4コスチュームの兵士と監察官
 サイト開設の趣旨

横田基地・第374空輸航空団の任務
横田基地のホスト第374空輸航空団の素顔
基地の概要・基本任務・組織AEF派遣

横田基地で見られる航空機
横田基地所属機
飛来機 @戦闘機 A軍用機 B民間機
飛来した《超》珍しい飛行機

横田ZOO
テールコードの研究
横田に集まるテナント組織
第5航空軍司令部兼在日米軍司令部
こんなに多くのテナントが


基地で行われるエクササイズ
ビバリーモーニング総合演習
対クラッシュ消火・救助訓練
遠征医療支援訓練

太平洋空軍の再編と横田
太平洋地域戦争遂行司令部・ケニー司令部の創設
フィットネスプログラムで肥満克服
即応準備
朝鮮有事と横田基地

ケニー司令部ジャパン

変わり行く横田基地と返還への道
航空総隊司令部などの移転で封じられる軍民共用論
横田RAPCONの返還と空自による管制
基地返還の条件は
仮想 軍民共用実現
返還後の跡地利用は

?横田基地命名の謎?
横田にないのに横田基地
横田の名の謎解き
F-13写真偵察機が未知の飛行場を発見
終戦
に付けられたYOKOTAの呼称

横田基地についての雑学
 Y ナンバーの研究 
 基地に侵入する生き物
人種のサラダボール、肌色は24色
基地内に入るには
軍人との恋愛・結婚の現実
米軍人の基本給

基地内の大学
その時 横田は(ANAハイジャック・JALジャンボ墜落)
横田をめぐるウソ情報


横田基地と社会問題
準備中
騒音による環境被害
航空機事故
犯罪・事件
情報公開
Freedom of the Pressの運用は
駐留経費・思いやり予算
基地をとりまく利権
横田周辺での国民保護計画は


     米空軍の階級と階級章   
  
階級・階級章・ペイランク


       空軍歌   空軍歌三番    
   空軍関係のイベントで歌われる歌


横田基地関係参考情報
横田基地理解参考サイト
横田基地関連諸団体



このサイトは「
横田基地とことん」で一発検索できます

『情報に色を付けない』『情報操作に組みしない』サイト運用


       記事・写真の無断使用はお断りします





横田基地友好祭情報
 


 
横田ABの近況
2016


★新型の輸送機C−130Jスーパーハーキュリーの横田配備が間もなく開始されます。4枚プロペラが6枚プロペラに変わり、コックピットデジタル制御になります

★今年(2016年)の基地友好祭は9月17日〈土〉と9月18日〈日)に終了しました。詳しくは右上の友好祭情報を参照下さい。

オスプレイの運用部隊が2017年後半横田基地に移動してくることが決まりました。21年までに10機。
 詳細は地元紙「西多摩新聞」の2015.5.15号2016年.5.6号などで紹介しました。



 ※更新を一時休止していました。



12年
★今年の基地友好祭は8月18日と19日に決定。詳しくは右上の友好祭情報を参照下さい。

★3月26日、横田基地内に建設された航空自衛隊航空総隊司令部ビルの運用が開始した。地下に日米共同調整所も置かれた。

11年
★節電大キャンペーン実施
夏の電力不足をが予測される中、基地をあげての節電が行われている。基地が自主的に行っているもの。エアコン設定温度は78度F以上に。

★東日本災害に対する救援活動「トモダチ作戦」を横田基地としては震災時から4月8日まで行った。

10年
★C-17アラスカで墜落
 7月28日、エルメンドルフAFBで訓練のため離陸した
C-17機が離陸後直ぐに墜落炎上、4人の乗員が全員死亡した。横田にも飛来していた機体であった。原因は調査中とのこと。

★C-130が新装備でベース訓練
 3月から4月に掛けて6機編隊飛行などの基地周辺での飛行訓練を行いました。追尾ミサイルのシーカーを無力化するためのレーザー照射装置などの新装置が装備されていました。



 ※更新を一時休止していました。


08年


落下事故相次ぐ
 7月14日、朝8時頃離陸しC-130が基地の約150Km北で異常を感じ、基地に戻り、機体を点検したところ、10cmx15cmx0.7cmの敵味方識別装置のアンテナがソケットから抜け落ちていることが判明した。アンテナは見つかっていない。
 同基地のヘリUH-1Nが基地の南側でペットボトルを落とした事故があったばかりで、地元市町が抗議したばかりだった。





★米大統領専用機は千歳で大統領を降ろした後、三沢基地に駐機したという。横田は同機に追従するE-4B空中指揮機が飛来し、いつでも離陸できるようエンジンを掛けたまま駐機した。


★7月に開催された洞爺湖サミットを前に、横田基地周辺は1ヶ月に及ぶ前例のない規模の厳戒態勢となった。警視庁機動隊のほか、地方の機動隊も動員され、多数の警察車両のほか自転車による巡回が行われた。


2月25日、在日米軍・第5空軍司令官交代・指揮権交代式が第15格納庫で行われた。ブルース・ライト中将前司令官からエドワード・ライス中将新司令官に司令官旗が移譲された。


航空総隊司令部ビル着工
2月15日、在日米軍・第5空軍司令部前庭で、航空自衛隊航空総隊司令部移転推進式典が行われた。第5空軍司令官ライト中将、航空総隊司令官永田久雄空将など約100名が列席。新しい総隊司令部ビル建設の鍬入れ式が行われた。







07年

★7月2日、航空総隊の新庁舎を横田基地内第五空軍司令部西隣の駐車場の位置におくことで日米合同委員会が合意した。

★7月2日、在日米軍創設50周年を記念する式典が第五空軍司令部前中庭で行われ、日米の防衛関係者など約200人が出席した。

★6月29日、横田所属のC−21リアジェット人員輸送機4機が撤退し、新たにプロペラ機のC−12ヒューロン人員輸送機が3機配属された。

 19人乗り、ターボプロップエンジン。この機体は韓国のオサン基地で使われていたもので、横田しばしば飛来していた。


★5月、横田を拠点に活動していた太平洋空軍音楽隊−アジアが解散した。


07年1月5日、ケニー司令部ジャパンを横田に設置。運用ユニットは、横田に発足した第13空軍第1分遣隊。太平洋空軍と航空自衛隊の統合運用に貢献することを任務とする。



航空ファン2月号
 横田はどう変わる!!
  封じられる「軍民共用論」

 
私が執筆しました。是非、読んでください。まだ図書館にあると思います。