写真と解説
冤罪だった青梅線列車妨害脱線事件

 参考文献

 年表

青梅線小作駅・傾斜のある構内から4両の貨車が暴走した

 小作駅構内から流出した4両の貨車が暴走。羽村駅を通過し、福生駅の引込み線で停車中の貨車に激突した。1952年2月19日の早朝のことだった。国鉄(JRの前身)内部では職員の過失事故として処理されたものが、1年後に羽村、瑞穂、青梅の共産党員などによる鉄道妨害事件に仕立て上げられ、10人が逮捕、起訴された。

 福生警察署での拷問による気弱な青年のウソの自白が証拠とされ、第1審で全員が有罪とされた。控訴、上告して無実を勝ち取るまで15年におよぶ裁判が続いた。

福生駅の引込み線の貨車に、流出貨車4両が激突した

線路上に枕木が置かれていた

4両が連結して流出したことを示す写真

ノコギリで切られた線路横の電柱

福生駅でポイントの悪戯による脱線

 悪戯された福生駅のポイント

ポイントに詰められた石

事故原簿の発見を報じる読売新聞記事

国鉄の事故原簿には人為ミスとされていた

 青梅事件は、地元西多摩でも忘れられつつある事件である。戦後の混乱期に多発した冤罪事件の一つであり、警察が拷問による自白を基に事件を捏造した権力犯罪であった。逮捕・起訴された10人は最高裁まで闘い全員無罪を勝ち取ったが、冤罪を晴らすためには15年の歳月を必要とした。

 青梅事件と名付けられてはいるが、事件のあったとされる中心地は小作駅であり、小作事件と称されても良いと思う。しかし、青梅線の河辺、福生までの悪戯までもが一体の事件とされたために、この呼称となったようだ。

 青梅事件は、次の各事件を一体のものとしつくりだされた。

1951年917日  第一回妨害事件    小作駅転轍器にいたずら

  101日  第二回妨害事件    小作・河辺駅周辺二カ所にいたずら

  103日   第三回妨害事件    小作駅電柱切断を含む五カ所にいたずら

  128日  第四回事件      福生駅構内で電車脱線

1952年219日  第五回事件      小作駅から貨車4両流出・暴走

 青梅事件という権力犯罪の犠牲となった元被告の多くは世を去り、当時を語れる人は少なくなった。私は、微力ながら元被告などからヒヤリングをしていたが、元被告・野崎邦夫さんの妻・梅子さんが事件に巻き込まれた人々の人間模様を描いた小説『鉄路の証言』を出版したことで私の取材は中断した。当事者に最も近い人が書き残したものであり、それ以上の記録は私には残せないと痛感したためである。
 青梅事件を知りたいと思う方は、参考に揚げた図書文献とともに、この小説を読んでいただきたい。


   解説部分は、後日、充実させたい

                             記事・写真の無断使用はお断りします