菅江真澄




「菅江真澄の旅 いでは みちの奥 見にまからん」全6巻



 菅江真澄は今からおよそ二百年前、三十歳の時から四十七年間旅に生きた。
 二十代の終わりに故郷の三河、今の愛知県を旅立ち、信濃、越後を経て念願のみちのくへと入った。それ以降、出羽、津軽、岩手、陸前、蝦夷ヶ島、下北を歩き、一八二九年秋田の仙北にて七十六歳で没するまでの生涯を、雪国の旅空の下に費やした。
 真澄は、当時は辺境とされた東北、北海道の南部をみずからの足で丹念に歩いただけでなく、聞き書きを重ね、文字とスケッチで膨大な記録を残している。当時の民衆の暮らしを彷彿とさせる真澄の図絵に一貫しているのは、偏見の無いまなざしで民衆の生活に触れ、東北、北海道に生きる人々の風俗や信仰、暮らしに欠かせない道具、村のかたち自然の風景などを冷静に記録していることである。
 真澄が七十六歳で亡くなる数ヶ月前に描かせた肖像画がある。誰と会っても冠り物を取らなかったので、秋田では〈常被りの真澄〉と呼ばれたという。なぜ取らなかったのか、今も分らない。

 監修/赤坂憲雄  監督/飯塚俊男
 後援/秋田県教育委員会・菅江真澄研究会・東北芸術工科大学東北文化研究センター
 協力/秋田県立博物館菅江真澄資料センター・田口昌樹(菅江真澄研究会副会長)
    萱野茂(二風谷アイヌ資料館館長)・冨樫泰時(秋田県立博物館館長)
 企画・発行/紀伊國屋書店  製作/ポルケ  制作協力/アムール

<スタッフ>
 ナレーション/伊藤惣一  ナレーション指導/磯沼重治
 衣裳考証/田中忠三郎  題字/鈴木正治

 撮影/重枝昭典  録音/栗林豊彦  編集/飯塚俊男・塩生哲也
 演出助手/内藤薫  CG制作/Pangaea Film(重枝昭典)
 選曲/園田芳伸  脚本/飯塚俊男・内藤薫



監督からのメッセージ




 「菅江真澄の旅」の撮影や制作のようすを毎月、掲載しています。 

 2003年1月

 2002年1月〜10月

 2001年10月〜12月

 2001年1月〜9月
 

各巻紹介




 こちらをご覧下さい。

上映日程




 こちらをご覧下さい。

 

販売価格





紀伊國屋書店の取り扱いについて

 VHSビデオ版は、紀伊國屋書店より発売しています。
 価格は、不特定多数への貸出し、上映が可能な著作権処理済の設定になっています。個人で購入するには高価ですが、図書館、学校、大学、研究機関等で購入していただけるよう働きかけていただけたら幸いです。
 価格は、次の通りです。

 各巻価格 32,000円(本体価格)
 6巻セット価格 192,000円(本体価格)
       



お問合わせ先:紀伊国屋書店映像情報部
 Tel03−5469−5917
 Fax03−5469−5957