昭和61年(1986年)大成丸 短期航海 2月〜3月 (1ヶ月間)

※ナビゲーションスケジュールを保存しておかなかったので、記憶で書いています。


神戸(第4突堤)

洲本(淡路島)[仮泊]

細島(宮崎県)

古仁屋(奄美大島)[仮泊、運動上陸]

四日市


(外洋で、救助艇部署(落水者救助訓練)を実施。「手近にいた」私めが、救助艇の補助員として乗ることができた。うねりがあった(外洋なら当たり前だけど)ので初心者にとっては結構スリリングでした。)

父島[仮泊、運動上陸](抜錨時、なかなか錨鎖を巻き取ることが出来きません。一同首を傾げつつ、なんとか巻き取っていくと、なんと、係船ブイの大きな錨を釣ってしまっていたのでした。ブイの錨をワイヤーでぶら下げて仮支えとし、本船の錨との絡みを外した後、ワイヤーを切断してブイの錨を海に戻し、事なきを得ました。)

(機関当直を終えて、デッキに出たらハレー彗星が見えました。光害が無いので高度が低い天体でも大丈夫。)

東京[ブイ係留]



船の写真(練習船)のページに戻る