Air Logo

2001年に撮影した飛行機の写真


横田基地

**1月

1月3日、離着陸訓練を行う横田基地374AW/30AS所属のC-9A (67-22583)、Kitty Hawk艦載機CVW-5/VRC-30 Det.5所属のC-2A (NF-431/162173)。R/W36に進入する海兵隊岩国基地所属のUC-12F(163558)。厚木基地?に戻るCVW-5/HS-14所属のHH-60H (NF616/164841)は、通常3桁のサイドナンバーが、末尾1桁の「6」しか書き込まれていない変則的なマーキング。
C-9A C-2A UC-12F HH-60H
1月6日、離陸のためR/W36に向かう海兵隊VMFA-212所属のF/A-18C。WD00、WD10とWD03(写真なし)の3機順番に離陸していきました。
F/A-18C F/A-18C
1月21日、R/W36から離陸したEvergreen International Airlines のB.747SR (N478EV)。昔、日本航空で使用していた機体(元JA8126)。離陸したElmendorf基地3WG/517AS[AK]所属のC-130H (74-1690)。
B.747SR-46(SF) C-130H
1月28日、R/W36に着陸後、誘導路に向かうTravis基地60AMW所属のC-5B (84-0060)、同じく60AMWのKC-10A (82-0191)。R/W36を離陸したOsan基地51FW[OS]所属のC-12J (86-0078)。R/W18に着陸するMcChord基地62AW所属のC-17A (99-0169)。空軍に納入されたてホヤホヤの新品機。
C-5B KC-10A C-12J C-17A

**2月

2月3日、R/W36に着陸するCharlston基地437AW所属のC-17A (97-0045)、Illinois州Scott基地375AW所属のC-9A "City of Belleville"(71-0878)、海兵隊VMFA-212所属のF/A-18C (WD02/163725とWD03/163716)。
C-17A C-9A F/A-18C F/A-18C
2月18日、R/W18に着陸したEvergreen International Airlines のB.747 (N480EV)。それと入れ替わりに離陸に向かうVMFA-212所属のF/A-18C (WD00/163716とWD13/163782)。
B.747-121(SF) F/A-18C F/A-18C F/A-18C

**3月

3月11日、R/W36から離陸する62AW所属のC-17A (99-0166)。編隊離陸するVMFA-212所属のF/A-18C (WD02とWD04)。
C-17A F/A-18C
3月18日、R/W36着陸後、駐機場に向かうNASA Wallops飛行施設所属のC-130Q (N427NA)と、同じくNASA Dryden 飛行研究センター所属のDC-8-72 (N817NA)。誘導路でのエンジンテストに向かうATIのDC-8-62F (N728PL)。
C-130Q DC-8-72 DC-8-62F
3月20日、R/W18からの離陸に向かう地元374AW/36ASの長機C-130E (63-7865)。離着陸訓練を行う在日米陸軍78Avn.Bn.所属のUC-35A (98-0006)。着陸したLynden Air CargoのL-100(N405LC)。離陸するFederal ExpressのMD-11F (N583FE)、胴体中央にパンダのイラスト入り。
C-130E UC-35A L-100 MD-11F
3月24日、R/W18を離陸滑走するAltus基地AETC(航空教育訓練軍団)97AMW所属のC-17A (95-0103)"City of Altus"。R/W18に着陸するNASAのWallops飛行施設所属のP-3B (N426NA)とDryden 飛行研究センター所属のDC-8-72 (N817NA)。
C-17A P-3B DC-8-72

**4月

4月7日、R/W18に着陸するWindbey Island基地VR-61所属のC-9B (RS607/164607) "City of Seatle"。民間で使用していたDC-9-33を米海軍が購入した機体。
C-9B
4月8日、R/W18に着陸するAndrews基地89AW所属のC-32A (98-0002)。
C-32A
4月15日、R/W18に着陸する62AW所属のC-141B(66-0165)。
C-141B
4月28日、R/W18に着陸する30AS所属のC-9A (71-0875)。これまで"UNITED STATES AIR FORCE"だった胴体側面の文字表記が"UNITED STATES OF AMERICA"に変わるとともに、エンジン側面のスターマークが無くなった。尾翼の赤十字マークも無くなった(この他、71-0874と71-0877も塗装変更されているのを確認。赤十字マークはそのままだった。)。R/W18からの離陸に向かうAETC 97AMW所属のC-141B (66-0162)。R/W18に着陸する海兵隊VMFA(AW)-242所属の「色つき」F/A-18D (DT01/164652)。
C-9A C-141B F/A-18D

**5月

5月4日、いつもよりも北寄りでR/W36を離陸するEvergreen International Airlines のB.747 (N470EV)。
B.747-237C
5月6日、R/W18に着陸するOsan基地51OG/25FS所属のA-10A (80-0253)。(80-0213も一緒に来ましたけどピンぼけのためボツ。)
A-10A
5月12日、離陸に向けて誘導路からR/W18に進入する毎土曜日朝出発の定期チャーター便 World AirwaysのMD-11 (N273WA)。垂直尾翼の左側面は、この写真のとおり地球マークが未記入。でも実は垂直尾翼の右側面には、きちんと地球マークが入っている塗装途中の機体(右舷側を写した写真は、陽炎の影響によりヘロヘロになってしまったので、これまたボツ)。
MD-11

**6月

6月3日、R/W18から離陸するVMFA-212所属のF/A-18C (WD12/163775)。R/W18からの離陸に向けて西側誘導路をタキシングするVMFA(AW)-242所属のF/A-18D (DT01/164652、DT06/164662、DT13/164685、DT05/164653の順)。天気にも恵まれ、国道16号線沿いは観客で大賑わいでした。
F/A-18C F/A-18D F/A-18D F/A-18D F/A-18D
6月17日、R/W18からの離陸に向けて西側誘導路をタキシングするVMAQ-2所属のEA-6B (CY03/158801)。
EA-6B EA-6B
6月30日(土曜日)、オープンハウスの初日撮影。天気が悪かったので、離着陸光景はあまり撮れませんでした。
A-10A F/A-10D

**7月

7月1日(日曜日)、オープンハウスの2日目の撮影。前日とはうって変わっての晴天。午後の帰投時などの撮影も光線状態良好でした。
C-1 C-141B DC-8 F-14A
F-14A F-15DJ F-16C F-16C
F/A-18C KC-10A L-100 RF-4E
T-2 T-4 U-125 U-4

**8月

8月26日、R/W18に着陸したMC-130H Combat Talon II (88-0191)。離陸滑走を始めたEvergreen International Airlines のB.747 (N479EV)。
MC-130H B.747-132(SF)

**9月

9月24日、R/W36から離陸するEvergreen International Airlines のB.747 (N479EV)の機首アップ。離陸したAtlas AirのB.747(N535MC)の後ろ姿。基地外周フェンス張り付きを自粛し16号線の西側歩道からの撮影。
B.747-132(SF) B747-2F6B(SF)


下総基地

 5月26日(と27日)開催の航空祭"下総スカイフェスタ"と初日閉門後に滑走路北端から撮影。海上自衛隊のP-3装備全飛行隊(81空を除く)が集合。T-5の曲技飛行も初公開。
AH-1S C-1 P-3C P-3C
P-3C P-3C P-3C P-3C
P-3C P-3C UP-3C UP-3D
UH-60J T-5 YS-11M YS-11T


厚木基地

 7月28日(と29日)開催の航空祭"Wings 2001"にて撮影。飛行展示が無くなり、当日動いていた機体を見かけたのは、海上自衛隊のP-3くらい(あとLC-90)という寂しい状態。
AH-1W EA-6B F-14A F-14A
U-2S P-3C P-3C OP-3C

ToIndexPage 飛行機の写真の目次に戻る

ToTopPageトップページに戻る